遺留分減殺請求を有効に活用するのに必要な5つのポイント

a1180_010273

あなたは、遺留分、つまり相続人の最低限の相続分が受け取れなくなっており、そのフォローもない状態で、遺留分減殺請求について調べていることと思います。

遺留分減殺請求権は、遺留分が受け取れない場合、つまり遺留分の全部または一部が他の人に行ってしまっている場合に、その人から遺留分の不足分を取り返すことができるという強烈な権利です。

相続がうまくいくためには、最低限、相続人の遺留分への配慮がなされていることが欠かせません。

言い換えれば、あなたが遺留分減殺請求権を行使しなければならないような事態は、好ましいものではありません。やむをえず行使しなければならないというのはまさに断腸の思いでしょう。

この記事では、遺留分減殺請求権とはどういうものか、やむを得ず行使する場合にはどうやって行使するのかということにスポットを当ててお伝えします。

なお、「遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント」とあわせてお読みいただけたら幸いです。

続きを読む

老後の仕事|幸せな老後を送るために準備するべきこと

5253c305ff09f0302cdf29fd8edbfc5a_s

「豊かな老後を送りたい」というのはすべての人の願いでしょう。ただ、老後を豊かに暮らすのは難しい時代になりました。

老後の備えで真っ先に頭に思い浮かぶのが「お金を貯める」ということでしょう。ただ、老後に仕事をして、収入を得ることで、生活が安定し老後を豊かに暮らせる可能性が高くなります。

国や民間企業も高齢者の雇用に力を入れており、しっかりと準備をしていれば60歳以降も仕事を続けていくことは大いに可能です。

今日は幸せな老後を過ごすために行う仕事について重要なポイントをお伝えします。お金を貯めていくのも大切ですが、老後に仕事をして収入を得ることが老後の安定した生活に繋がります。

続きを読む

結婚・子育て資金の一括贈与|注意点と唯一のメリット

a0027_001924

いわゆる「結婚・子育て資金贈与」とは、お子様の結婚・出産・子育ての資金としてまとまった額を一括でプレゼントすると、贈与税の優遇を受けられ、相続税対策になるとされている制度です。

ご自身が健在なうちに、20歳~49歳までのお子様・お孫様に対して1,000万円まで、結婚資金だけならば300万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、その時点では贈与税がかからないという制度です。

ただし、似たような制度である教育資金贈与」と比べると効果は非常に限られており、考えられるメリットは1つしかないので、注意が必要です。

この記事では、結婚・子育て資金の一括贈与に関する優遇措置の内容を説明したうえで、注意点と唯一のメリットについて詳しくお伝えします。

続きを読む

代襲相続とは何か?孫、おい・めいが相続人になる3つの場合

a0780_000901

「代襲相続」とは、お子様や兄弟姉妹の方が相続人となっているケースで問題になります。本来の相続人が訳あって相続できない場合に、その下の世代の人が、代わりに相続人になるケースです。

円満な相続のためには、それぞれのご家族への配慮のゆきとどいた公平な内容の遺言を作成しなければなりません。たとえば、お子様が既にこの世にいらっしゃらないのであれば、お孫様にご自身の財産を遺してあげたいと考えるのが人情だと思います。

代襲相続は、まさに、故人のそのような切実な思いに応えようという制度です。したがって、遺言を作成する上で大いに参考になると言えます。

ただ、ややこしいことに、代襲のルールは、本来の相続人が子か兄弟姉妹かで違いがあります。

この記事では、代襲相続について、どのような場合に誰が代襲相続人となるのかを詳しくお伝えします。

続きを読む

教育資金が不足しても進学を実現できる3つのローンをご紹介

439549f187596821f605ae72fb352d8f_s

皆さんの中には、子どもの大学進学のために学資保険には加入してきたけれど、実際に大学の学費を調べたら学資保険の満期金ではお金が足りないし、しっかりと貯金もしてこられなかった、、、という方はいらっしゃいませんか。

実は子供の大学進学のための貯蓄はなんとなく行っている方がほとんどで、実際に進学をするタイミングで大学の費用の金額の大きさに唖然としてしまう方は少なくありません。

今回はそのような事態になってしまったとしても可愛いお子さんの希望の進路を実現させられる教育資金の3つのローンをご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

老後貧乏にならないために必ず行うべき5つのポイント

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

老後は何となく不安と感じているのではないでしょうか。老後に生活が困窮すると老後貧乏と言われます。

誰もが老後に豊かな生活をしたいと願いますが、現実は年々老後に生活に困窮する人が増加しています。

老後に不安を持つ人が80%を越えるにも関わらず、増加している原因は多くの人が対策する方法を知らないことが大きな要因です。

今日は老後貧乏にならないために今からすぐにできる対策をお伝えします。対策は早めに取ればとるほど優位になります。不安な人はすぐにでも行動しましょう。

続きを読む

相続の順位|遺言作成のため絶対に押さえたい4つのパターン

GAK95_yuuguretocapple_TP_V

円満な相続のためには、ご家族のどなたにどの程度遺産を分けるべきかについて、遺言を残しておく必要があります。

その時に、必ず知っておいて参考にすべきなのが、法律ではどのような場合にどのご家族の方が相続をすることになっているのか、つまり、相続の順位です。

相続人が誰なのか、どれほど受け取れるのかについて、家族構成に応じて取り決めがされています。そして、そのルールは、どのように遺産を分け合うのが公平なのかということを考え抜いて作られたものです。したがって、遺言で遺産の分け方を決める時はきちんと考慮に入れなければなりません。

この記事では、相続の順位について、4つのパターンに分けて分かりやすくお伝えします。どのような家族構成だったとしても、これから説明する4パターンのいずれかに集約されます。是非最後までお読みになって、円満な相続のためにお役立ていただけたらと思います。

続きを読む

教育資金の貯め方|FPの私がやっている基本的な4つのコトと運用術

あかちゃんすまほ

皆さんはお子様の教育資金について『どのくらい』貯めるのか、『どのように』貯めるのかについて悩まれた経験はありませんか。

実際、多くの方が教育資金についてよくわからずに、なんとなく大学に入学する前に200万円程度学資保険で備えておけばいいかな、とアバウトにお子様の教育資金の備えをしています。

その結果、奨学金を使わざるを得ない学生は増えていますし、学費の関係で希望の進学をさせてあげられなかったと嘆く方が多くいます。

今回は最愛のお子様が借金を背負うことなく、希望の進路に進めるような教育資金の貯め方をお伝え致します。

実は私にもこの記事を作成している現在で1歳の息子がいます。ファイナンシャルプランナーの私が、実際に行っている教育資金の貯め方を全て包み隠さずお伝えしますので、是非最後までご覧いただければ幸いです。

続きを読む

教育資金贈与の5つのメリットと5つの注意点

PAK85_desk15215645_TP_V

お子様、お孫様の教育のためになり、しかも相続税対策も兼ねることのできる制度として、「教育資金贈与」があります。

ご自身が健在なうちにお子様・お孫様に対して、30歳になるまでの教育資金として1,500万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、贈与税がかからず、相続税も減らせるという制度です。

つまり、お子様・お孫様に、ご自身がこの世を去った後の教育資金までプレゼントしてあげられて、相続税対策にもなるという便利な制度です。

ただし、活用するには条件・注意点があります。

この記事では、教育資金贈与のメリットと注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

老後破産の原因|なぜ起こる老後の生活難になる7つの原因

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s

「老後破産」最近よく聞く恐ろしい言葉です。そもそも老後破産はなぜ起こるのでしょうか?

一昔前はまじめに仕事をしっかりとしていれば、老後の生活はできるようになっていました。ただ最近では、一般的には高所得者と言われる人でも老後破産すると言われる時代になりました。年金不安、終身雇用制度の崩壊などの外部要因はありますが、1番の原因はお金の使い方にあります。

将来、老後破産をしないためにもなぜ起こるのか原因を知ることが幸せな老後を送る第一歩となります。

今日は老後破産の原因をお伝えします。老後に不安がある人は自分が将来、老後破産しないようにお伝えする7つの原因に注意してください。

続きを読む