独身女性の保険|リスクから考えるオススメしたい保険

78d2bd670a5eabf8c53ca9a4217dd3e8_s

女性の社会進出が進んでいる現代において、仕事にプライベートに多忙な毎日を送られている独身女性の方はとても多いのではないでしょうか?何を隠そう、私もそんな女性の1人です。

独身女性が保険を考えるきっかけは、「周囲から勧められて…」「友人が病気になったから…」「漠然とした将来の不安」などがあると思います。とはいえ、自分にとって本当に必要な保険を選ぶとなると、何がベストな選択なのかはたいへん難しい問題です。

そこで、この記事では、独身女性が保険を選ぶ時のポイントについて、代表的な保険種類ごとにお話しさせていただきます。

すでに保険に加入しているけれど見直しを考えている方、今まで保険に加入したことはないけれど新しく加入を検討している方、全ての独身女性にお役に立てるように、ご案内させていただきます。

続きを読む

要注意!定期保険特約の必ず知っておくべき3つのこと

a0003_001904

あなたは、ご自分の「終身保険」の保険証券を見て、「定期保険特約」って何だろうと疑問に思っているのではないでしょうか。

定期保険特約とは一定期間の死亡に備えて保障を厚くするための「掛け捨て」の保険がくっついているものです。

「特約」なので単体では契約できず、あくまでも「終身保険」等のオプションの一種になります。

若く働き盛りでお金が必要の時だけ大きな保障を得ることができるので、昔はほとんどの保険に付加されていました。

今日は定期保険特約についてご説明します。自分の保険に疑問をお持ちの方は、是非お読み頂き参考にしていただければと存じます。

続きを読む

法人の火災保険|加入・更新の時に必ずおさえておくべきポイント

a0790_000629

企業の重要な財産である社屋や倉庫、工場などが火災や自然災害によって被害を受けると、膨大なダメージをもたらす恐れがあります。それをカバーするために絶対に加入しておいていただきたいのが、火災保険です。

しかし、火災保険が火災以外にも役立つことはあまり知られていません。また、火災保険に一応入っていても、きちんと会社の損害をカバーできるようになっていない例もよくあります。

私はこれまで、数多くの法人様の火災保険のご相談をお受けしてきました。その中で、火災保険の設計が不十分だったためにいざという時に十分なお金を受け取れなかったという話をうかがったことがあります。そして、そのたびに、もっと早くにご相談をいただいていたらと悔しい思いをしています。

この記事では、特に法人様・事業者様向けに、火災保険の基本的な補償内容と、プランニングの際に押さえておくべきポイントについて、分かりやすくお伝えします。是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

経営者必見!事業活動のリスクに備える企業保険の選び方

ed3664a371407eb7a9292cb34cd5e5f8_s

企業向けの保険には様々なものがありますから、経営者である皆さまは「会社にとって本当に必要な保険はなんだろうか?」とお悩みになることもあるかと思います。

そもそも、保険の役割というのは、万が一の事態に備えてリスクを最小限に留める、という点にあります。特に、企業保険に関しての「万が一」というのは、会社の経営が立ち行かなくなってしまうような重大な危機のことを言います。

そして、そういう危機に備える企業保険は大きく2種類です。1つは生命保険、もう1つは損害保険です。この記事では主に、「企業のリスク」を考えた時の保険について、これら2つの分野に分けてご案内させていただきます。

なお、生命保険の中には、税金を抑えながら積立ができる保険もありますので、そういった保険についてもお伝えします。是非、最後までお読みになって、お役立てください。

続きを読む

法人保険の保険料が支払えなくなった時の7つの対処法

a0001_001642

会社の経営は予測通りにはいかないことが多いものです。

急に業績が悪化してまとまったお金が必要になって、会社で契約をしている法人保険の保険料が負担になることがあるかも知れません。

あるいは、赤字が出そうになったりして、保険料を払うと赤字がさらに大きくなってしまうこともあるかも知れません。

しかし、だからといって即、解約ということにはなりません。それが有効であればそうすべきですが、損をしてしまう可能性がありますし、全部解約せずに済む可能性もあります。

また、苦しい時ほどメリットとデメリットを見極め、冷静に対処する必要があります。

本日は、法人保険の保険料の支払いがきつくなった時の対処法を、パターンに応じて7つお伝えします。ぜひ参考にしてください。

続きを読む

終身保険とは?意外と知られていない正しい活用のポイント

7a794f5859eff6a997ae31e8fab74400_s

生命保険の中でも、終身保険は、保障が一生涯続き、しかもお金も貯められる保険として、人気があります。

しかし、本当に正しい活用法については意外と知られていません。実際には、終身保険は全ての方におすすめというわけではなく、向き不向きがありますし、他の保険を選ぶべきケースもあります。

さまざまな年代・性別のお客様から「本当に必要なの?」「保険金はいくらにすればいいの?」「終身保険の他に、もっと良い保険があるかも…」というご相談を数多くいただいています。

特に、最近では、20~30代の若年層のお客様が「将来の年金がもらえないかもしれない」という不安感から終身保険をご検討されることもめずらしくありません。

そこで、この記事では終身保険が持つ2つの機能「死亡保障」「貯蓄」に注目し、終身保険を選ぶ時のポイントについて分かりやすくご案内してまいります。なお、おまけとして、資産家の方の相続対策として活用できる「一時払い終身保険」についても触れています。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

法人保険と損金の関係|全額損金・1/2損金・1/3損金それぞれの活用法

a0002_007034

あなたは法人保険で「節税」したいとお考えのことと思います。

法人保険には、保険料の全部または一部が損金になるものがあります。

インターネットなどで調べると「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」等が出てきますが、それぞれ、どういう使い道があるか、あなたの会社に向いているのはどのタイプか、なかなか分かりづらいと思います。

そこで今日は、法人保険の「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」のそれぞれの活用法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

続きを読む

退職金を現物支給する3つのメリットと注意点

NEKO9V9A9131_TP_V1

経営者の退職金を現物支給するという話を聞いたことはありませんか。

実際に、経営者の方には、退職金を現金ではなく、不動産や自動車や生命保険などで受け取っている方もいらっしゃいます。

それはなぜかというと、退職金を現金で受け取るよりも、不動産屋や自動車や生命保険などで現物支給を受ける方が、老後の資金をより多く確保できると判断しているためです。

今回の記事では、退職金の現物支給の3つのメリットとその注意点をご説明していきます。これから退職金をどのように準備しようかとお悩みの経営者の方には、是非最後までご覧になっていただきたいと思います。

続きを読む

海外旅行保険|知らなきゃ損する中身と選び方のポイント

20381f371f3ca7c31984b3bede15734d_s

海外旅行にいく時に、必ずといっていいほど加入するのが海外旅行保険です。

しかし、ほとんどの方は、なぜ必要なのか、補償内容が分からないまま、「何となく」加入していらっしゃることが多いように思います。ひょっとしたら、補償が足りなかったり、逆に無駄な補償に余計な保険料を払っていたりするかも知れません。

また、最近ではクレジットカードに付帯している海外旅行保険もあるので、それ以外にプラスして海外旅行保険に入る必要があるのか、といったご質問も多くいただきます。

そこで、この記事では、

  • 海外旅行保険の必要性
  • 海外旅行保険の基本的な補償範囲
  • クレジットカードに付帯している海外旅行保険

の3点にわけて、ご説明させていただきます。

初めて海外旅行保険の加入を検討している方にとっても、分かりやすく、お役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

税金対策に保険が最大の効果を発揮する活用のポイント

77e07a915b6f46f75f2d22dc1d7d3016_s

生命保険は、あなたの身に万一のことが起こった時に残された家族を経済的に守るものです。

ただし、それだけでなく、ご家族にかかる相続税や贈与税の負担を抑えるのにも役立ちます。

相続や生前贈与であなたからご家族に資産が移る時には、その資産価値が高いほど税金が高くなります。したがって、きちんと税金対策をしておかないと、本来であれば豊かな生活を送ることが出来るはずの資産が「負の遺産」となってしまうこともあるのです。

そこで、生命保険の活用法を知っておくと、ご家族にかかる税金を抑えることができます。決して難しいものではないので、知っておくに越したことはありません。

この記事では、保険の仕組みを活用して行える税金対策の基礎知識について、個人保険と法人保険に分けてご説明いたします。ご覧いただきたいのは、経営者や資産家等、相続税や贈与税が発生する可能性がある全ての方です。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む