学資保険で学費を貯蓄するときに必ず知っておくべきこと

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

学資保険で貯蓄をしようと思っても、本当に学資保険でいいのか迷っていませんか?

子供の将来の学費を貯めていく学資保険ですが、私はこれまで学資保険を適当に選んでしまって後悔した人をたくさん見てきました。

せっかく子供の将来のためにお金を貯蓄をしているのに払込んだお金よりも少なくなる「元本割れ」するものに入ってしまったり、受取り時期の違いによって使いたいときに使えなかったりと非常にもったいないです。

学資保険で貯蓄をする場合は加入する目的をしっかり決めて、そして1番お得なものに入ることです。

そこでこの記事では学資保険で貯蓄をするときに重要なポイントをお伝えします。これを見ていただければ将来後悔しなくなります。

続きを読む

配当還元方式とは?株式の相続税対策に使える知識まとめ

a0001_013647

あなたは、株式の相続や事業承継の対策について調べていて、株式の財産価値の評価方法として「配当還元方式」というのがあることを知ったことと思います。ただ、他に「純資産価額方式」「類似業種比準方式」があり、それらと何が違うのか、どういう場合に使うのか、ということがなかなか分かりにくいと感じているのではないでしょうか。

株式を評価するには、原則として、会社の財産価値全体を見る必要があります。なぜなら、株式は、会社の財産価値を細かく均等に分けたものだからです。

しかし、配当還元方式は、会社の財産価値全体ではなく、一部だけ、つまり会社が利益の中から株主に分配するお金、つまり配当金に注目した評価方法です。したがって、株式の評価額は低めに出ます。その意味で、異例の評価方法なので、この評価方法が適用される株式は限られています。

ただし、その点を逆に利用して、経営者の方等が相続・事業承継対策に役立てることが考えられます。

この記事では、配当還元方式とはどのようなものか、そして、このような異例の方法が使われるのはどのような場合なのかということについて、分かりやすく説明します。

また、その上で、経営者の方が相続・事業承継対策に配当還元方式をうまく利用する方法についてもお伝えします。

続きを読む

類似業種比準方式とは?株式の相続税対策に必要な知識まとめ

-shared-img-thumb-YUKA863_korekore15202501_TP_V3

あなたは、株式の相続対策について調べていて、株式の財産価値の評価方法として「類似業種比準方式」というのがあることを知ったことと思います。

しかし、ややこしそうな数式が出てきて意味が分からなくなっていたり、他の「純資産価額方式」「配当還元方式」といった評価方法との使い分けが分からなかったりしているのではないでしょうか。

類似業種比準方式は、ごく大ざっぱに言えば、株式にかかる相続税が高くなりすぎないようにするための評価方法です。

というのは、本来、相続税を課す時は、その財産の評価は、その時の「ナマの資産価値」を見ることになっています。したがって、本来、株式の価値は、会社の「ナマの資産価値」によって決まるはずです。

しかし、会社の場合、資産が豊富にあったとしても、会社の業績、キャッシュフローの良し悪しは、それと別の問題です。また、よほどの大株主でも、会社の資産価値の全てを握っているとは言えないでしょう。

そのため、株式の価値を評価するのに会社の「ナマの資産価値」をストレートに反映させてしまうと、あなたから株式を相続する方の株式にかかる相続税が重くなりすぎることがあります。そうなると最悪の場合、会社自体が立ち行かなくなってしまうケースも出てくるでしょう。

そこで、株式の評価額が高くなりすぎないようにするために使われるのが、類似業種比準方式です。

この記事では、類似業種比準方式とはどのようなものか、どのような株式が対象となるのか、どう使われるのかについて説明します。

ややこしそうな数式に惑わされることのないよう、かみ砕いて説明しますので、最後までお付き合いください。

続きを読む

純資産価額方式とは?自社株の相続税対策に必要な知識まとめ

-shared-img-thumb-TC160130010I9A6565_TP_V

あなたは、ご自身が経営している会社の株式、あるいは役員を務めている会社の株式について、相続対策をお考えになっていると思います。そして、株式の財産価値の評価方法の一つとして、純資産価額方式という方法があるということで、その内容について調べようとしていると思います。

株式の評価方法についてはややこしい話がいっぱいあります。たとえば、同じ会社の株式でも、株主によって評価方法が違うのです。

株式の評価方法の中でも、純資産価額方式は、会社のナマの資産価値に着目した評価方法です。そして、会社の財産価値を強く支配していればいるほど、純資産価額方式が適していることになります。したがって、特に、株主と会社との結びつきが強い中小企業では、最も多くのケースで用いられる評価方法なのです。

この記事では、純資産価額方式とはどのようなものか、どのような株式が対象となるのか、どうやって使われるのかについて、分かりやすく説明します。

続きを読む

小規模宅地等の特例とは?土地の相続税を最大80%下げる方法

photo0000-5369

あなたが不動産、特に土地をお持ちであれば、その土地を相続したご家族にかかってくる相続税を大幅に下げられる制度として、「小規模宅地等の特例」というものがあります。

この特例が適用されると、土地にかかる相続税が最大で80%割り引かれるという大きな節税の効果が得られます。

しかし、この制度について法令等を調べてみると、長くて複雑な文章や細かい表がたくさん出てきたりして、頭の中がパンク状態になってしまうのではないでしょうか。

実はこの小規模宅地等の特例の中身については、税金のプロである税理士でも、誤って理解している方が多いのです。実際に、税理士が加入する損害賠償責任保険の相続税の事故の中で、最も多いのは、小規模宅地等の特例の解釈のミスなのです。

ただ、制度の目的をしっかりと押さえておけば、どのようなケースがこの特例を受けられるかを理解するのはそれほど難しくはありません。

この記事では、小規模宅地等の特例について、分かりやすく説明します。土地の相続対策にお役立てください。

続きを読む

子供保険は本当に必要?絶対に知っておくべき5つのポイント

a0001_011706

子供が生まれると子供保険を考えることでしょう。ただ、子供保険のことをよくわからず、加入するのが当たり前と思っていませんか?

果たして本当に子供保険は必要なのでしょうか?たしかに子供保険は将来の学費を貯めていくのに有効な方法ですが、すべての人が必要なものではありませんし、学費を貯めていく方法の1つにすぎません。

そして子供保険は適当に契約してしまうと、後で取り返しがつきません。私はこれまで考えずに契約をして後悔した人をたくさん見てきました。そうならないためにも正しく活用しなければいけません。

そこで今日は子供保険の必要性と検討するときに必ず押さえておかなければいけない5つのポイントをお伝えします。これを読んで将来後悔しない子供保険選びにお役立て頂ければ幸いです。

続きを読む

住宅資金贈与の非課税枠を相続税対策に最大限活用する方法

IMG_5195

あなたは、いわゆる「住宅資金贈与」が相続税対策に有効だと聞いたことがあると思います。

「住宅資金贈与」とは、平成31年6月までに、お子様・お孫さんに対し、住宅を購入・新築・増改築するための資金としてお金を援助してあげると(「贈与」と言います)、お子様・お孫さんの側で、そのお金のうち一定の金額(「非課税枠」と言います)について、贈与税が非課税になるというものです。

他の制度と併せて活用することによって、より大きな効果を得られることがあります。

一方で、併用する意味がない制度もあるので、注意が必要です。

また、あなたの所有する土地の上に住宅を建てさせてあげる場合には、後で相続の時になって、相続税が大幅に抑えられる可能性があります。

この記事では、まず、住宅資金贈与の非課税枠について、どのような条件が必要で、いくらまで認められるのかを説明します。そして、その上で、この制度を最大限活用するために必要なポイントについてお伝えします。

続きを読む

学資保険で人気のある商品と鵜呑みにしてはいけない注意点

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_s

学資保険は数が多くてどれを選んでいいのかわからないですよね。そこで気になるのが今どんな商品が人気があるのかではないでしょうか?

学資保険で人気があるのはシンプルで利率の高い商品です。ただし学資保険は人気があるからといってすべての人にその商品がいいというわけではありません。

サイトの中には売りたい商品がランキングで並んでいるものや、情報が古く料率が変わってしまっているものなど信用性が疑わしいものがたくさんあります。

あくまでも人気は参考程度にしておかなければいけません。

そこで今日は学資保険の人気がある商品の特徴と自分で1番いい商品を見分ける方法をお伝えします。ぜひ学資保険を選ぶときの参考にしてください。

続きを読む

相続時精算課税制度で相続税対策を確実に行う3つのポイント

photo0000-5350

あなたは、いずれご家族にかかってくることになる相続税を少しでも抑えるために、「相続時精算課税制度」が活用できないかとお考えのことでしょう。

相続時精算課税制度は、一言でいえば、価値の高い財産を、生きているうちにお子様・お孫さんに渡す(生前贈与)ケースを対象として、その場合にかかる贈与税の負担を軽くし、結果的に相続税の負担を減らしてあげようという制度です。

ただし、財産の種類によってはこの制度を活用する意味がないことがあります。また、他の制度との使い分けが必要で、正しく活用しないとあまり効果が上がらないことがあります。

この記事では、相続時精算課税制度がどのような場合に相続税対策として効果的なのか、対象となる財産や、他の制度との使い分けの基準等について、3つのポイントに焦点を当てて詳しくお伝えします。

続きを読む

暦年贈与で相続税を減らすのに絶対に押さえたい3つのこと

a0008_000126

あなたは、ご家族にかかる相続税の負担を軽くしてあげたいとお思いになり、そのための対策として、「暦年贈与」の活用をお考えになっているのではないかと思います。

暦年贈与(贈与税の基礎控除)は端的に言えば、年間110万円まで贈与した、つまり無償で譲り渡した場合に贈与税がかからないというもので、最も初歩的で手軽にできる相続税対策です。

つまり、相続させたい財産を早くから長期にわたって、年間110万円まで暦年贈与していけば、その分については贈与税を支払わなくてよく、また、当然、贈与してしまったものには相続税がかからないので、相続税対策になるということです。

ただし、「初歩的で手軽」と言っても、闇雲に活用すればよいというものではありません。

相続まで待って相続税を納税した方が良い場合があるので、「損益分岐点」を見極める必要があります。また、人によっては、暦年贈与ではなく他の制度を選んだ方が良いケースも考えられます。

この記事では、暦年贈与の基本的なしくみと、相続税対策として活用する際に絶対に押さえておくべき3つのポイントについて、他の制度との使い分け等にも触れながら分かりやすく説明します。

続きを読む