赤ちゃんの学資保険を検討している人が必ず知っておくべき基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s

赤ちゃんが生まれると考えるのが学資保険でしょう。ただ「本当に加入しなけばいけないのか?」「そもそも何ができるのか?」など疑問がいっぱいありますよね。

赤ちゃんが生まれると将来何とかいい人生を送らせてあげたいという気持ちが強くなり、慌てて学資保険に加入してしまいがちですが、まずは本当に学資保険が必要か見極めることからはじめてください。

それが有益な学資保険を選ぶ第一歩となります。

今日は赤ちゃんが生まれたときに考える学資保険の疑問とおすすめする商品をお伝えします。ぜひこのページの内容をしっかり読んで頂いて、学資保険選択の役に立てて頂けると嬉しいです。

赤ちゃんが生まれても学資保険は必ず必要なわけではない

まずお伝えしたいのは赤ちゃんが生まれたからといって「学資保険は必ず入らなければならないものではない」ということです。あくまでも将来の学費を貯めていく1つの方法にすぎません。もしかすると「赤ちゃんができると学資保険を必ず入るもの」と思い込んでいませんか。それは間違いです。

それではどういう人が活用したほうがいいのでしょうか。

私が考える学資保険を活用したほうがいい人とそうでない人は以下のようになります。

学資保険をおすすめする人

  • 自分でお金を貯められない
  • 銀行に預けておくのはもったいないと感じている
  • 毎月安定して積立をしていきたい

学資保険をおすすめしない人

  • 自分で株などの運用で増やしたい
  • 将来の学費がすでに準備できている人
  • こどもの医療保険をメイン考えている

このようにすべての人に必要な商品ではありませんが、将来の学費を貯めていくのに有効な商品であることは間違いありません。ただ具体的にどのような学資保険に入ればいいのかわからないですよね。

それでは具体的にどのような学資保険に入ればいいのかお伝えします。

学資保険に加入をするのであればお金が将来増える商品

学資保険でおすすめする商品は簡単にいうと「将来増える商品」です。子供の将来の学費を貯めていく商品ですから、将来できるだけ増える商品がいいと思うのは当然です。もっと具体的にお伝えすると「無駄な特約などが付いていないシンプルな商品」です。

例えば以下のような商品になります。

  • 年齢:30歳男性 子供0歳
  • 保険料:12,618円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金300万円

学資 大学

この契約だと、18年間で総額約273万円支払ったのに対して、18歳の時に300万円受取れます。それに対して保険料が月々12,630円×12か月×18年で総額272.8万円支払うことになり、300-272.8=27.2万円

18年間で27.2万円増えることになり、払込保険料総額に対して返戻率が109.9%となります。この返戻率が高ければ、高いほどお得な商品となります。

ただし比較するときは、同じ条件で比較しなければいけません。例えば満期金などお金を受け取りの後になればその分保険会社の運用期間が長くなるので返戻率はよくなります。、満期金や一時金をできるだけ同じにして商品を比較しなければいけません。

そして、いつ受取れるのかしっかり確認しておかなければいけません。上記の例では大学の入学時に給付金が受けてれる契約になっていますが、契約によって受取れる時期が変わります。自分が使いたいときに使えなければ意味がありません。

逆におすすめしないのがこれからお伝えする元本割れしている商品です。

学資保険の元本割れしている商品とはお金が減る商品

学資保険の元本割れとは「支払った保険料よりも受け取る金額が少ない」ことです。せっかく将来の学費の積立をしているのに、お金が増えるどころか減ることです。そのような商品には入りたくないですよね。

例えばこのような商品です。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料:10,000円(月々)
  • 保険料払込:18歳まで
  • 満期保険金:210万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

この契約の場合

18年間で216万円支払うことになりますが、満期金は210万円しか受取ることができません。

18年間積立をして、6万円減っていることになります。このよう契約が「元本割れ」といいます。

そもそもなぜお金を積立てているのにお金が減る商品があるのか

近年、元本割れをする商品が多くなってきています。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目が長引く低金利の影響です。バブルのころは利率が高く(1990年ごろの予定利率は5~6%程度)保険会社も運用が計画どおりにいっていましたがバブル崩壊をして長引く低金利によって保険会社の運用も苦戦を強いられ予定利率も下がってきています。

2つ目が保障が付いているケースです。先ほどもお伝えしました、医療保険や育英年金など保障が付いているとその分保険料が発生しているので、現在の低金利では元本割れする可能性があります。

よって、保険の営業から保障のたくさん付いているものを言われるがままに加入をしてしまうと元本割れして、将来受取れる金額が減ってきます。

赤ちゃんの医療保険については赤ちゃんが生まれたときに医療保険を検討する時に知っておくべきことを参考にしてください。

まとめ

赤ちゃんが生まれると周りの人からたくさんのアドバイスを受けると思いますが、「学資保険に入ったほうがいい」というのもその1つでしょう。学資保険は将来の学費を確実に貯めていくために有用な商品ですが、赤ちゃんが生まれたからといってすべての人が入らないといけないわけではありません。

特に無駄な特約が付いて元本割れしている商品は要注意です。

商品を選ぶときには複数の商品を比較検討して1番将来増えるものを選択しましょう。

学資保険の選び方は学資保険はどれがいい?元本割れせず最も利率の良い商品の選び方で詳しく解説していますので是非参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。