赤ちゃんの準備費用で実際にかかった金額と内訳まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
あかちゃんじゅーす

現在妊娠している方も、子作りを考えている方も、赤ちゃんの準備費用がいくら必要なのかを知っておきたいものですよね。

そこで、今回は、私自身の経験をもとに、出産前・出産時・出産後の3つのシーンで、それぞれ具体的にどれだけお金がかかったのかをお伝えいたします。

さらに、その後に、出産や育児に当たって、やっておいて良かったことと、これはやっておけば良かったなと思ったことを共有させていただきます。

ぜひ、参考にしていただけますと幸いです。

1. 私の赤ちゃんの準備費用は40万円でした

結論から申し上げると、私の場合、赤ちゃんの準備費用の合計額はおよそ40万円で、妻の携帯電話代などの1年分の生活費までを考慮にいれるとおよそ140万円でした。これは妊娠が発覚してから赤ちゃんが1歳になるまでの費用をもとに計算をしています。

赤ちゃんの準備費用は出産前・出産時・出産後の3つのタイミングで発生します。

  • 出産前(平成26年7月~平成27年3月)
    妊娠発覚から出産までの9ヶ月
  • 出産(平成27年3月~4月)
    出産直前から出産までの1か月(帝王切開)
  • 出産後(平成27年4月~平成28年4月)
    赤ちゃんが1歳になるまで

それでは、それぞれのシーンで私の家庭で実際にかかった費用の内訳を見てみましょう。

1.1. 出産前にかかった費用(6万円程度)

私の家庭で、出産前にかかった費用は約6万円でした。内訳は以下の通りです。

  • 定期検診代
  • 母子手帳ケース代
  • マタニティウェア代
  • 妻の里帰り費用
  • その他

それぞれ詳細を解説させていただきます。

1.1.1. 定期検診代(1万円程度)

定期検診は、妊娠の経過や赤ちゃんの成長を確認するためのもので、費用は自治体によって違いますが1回当たり3,000円~6,000円程度かかります。

妊娠初期は4週間に1回、中期は2週間に1回、後期は1週間に1回に行きました。ただし、実際に検診代を払わなければいけないのは最初の一回ぐらいです。なぜなら、妊娠すると母子手帳が発行されて定期検診の助成券が支給されます。

そして、助成券が交付された後は、定期検診は無料で受けられるようになるのです。

私の場合は、妻が妊娠してから引っ越したので途中で医療機関が変わりました。そのため、初診料は2回支払いました。その上で、実質的な負担は1万円程度で済みました。

*定期検診の助成について
なお、助成内容は自治体によって異なります。詳しくはお住いの地域の役所にご確認ください。また、出産予定日を過ぎてもなかなか赤ちゃんが生まれてこない場合などは助成券がなくなってしまうこともあります。その場合の定期検診費用は自己負担になります。

1.1.2. 母子手帳ケース(5,000円程度)

母子手帳が発行されると、記入を忘れないためにも、なくさないためにも、ケースを使う方が多いです。妻も活用しておりましたが、大体3,000~5,000円程度で購入できます。私たちはamazonで購入しました。

1.1.3. マタニティウェア(3万円程度)

妊娠をしてから意外とお金がかかったのがマタニティウェアでした。

私の妻の場合は、ユニクロやGUで洋服を選んでもらっていたため、秋~冬シーズンのマタニティウェアとして、パンツやワンピース、腹巻ショーツなどすべて合わせても2~3万円で済みました。

1.1.4. 里帰り費用(1.5万円程度)

妻が妊娠したのは、実家の埼玉を離れ富山県に赴任していたときでした。そこで妊娠後は、妻には里帰りをしてもらいました。

里帰りをしてからは、相手方の実家の生活支援もあり、私自身の負担はほとんどありませんでした。かかった費用は片道1万5,000円の電車料金ぐらいでした。

1.1.5. その他

私の妻の出産前にかかる費用は上記のとおりなのですが、以下のような費用がかかる方もいらっしゃいます。念のためお伝えさせていただきます。

・母親学級・・・1回1,000円程度(私の妻が参加していた母親学級は無料でした。)

母親学級とは、同じ時期に出産予定の妊婦さんたちが集まり、一緒に出産について学び、交流する場です。分娩時の呼吸法や、栄養指導、産後の過ごし方、赤ちゃんの沐浴のやり方といった出産前後の知識を実際に体験しながら学ぶことができます。無料のところが多いようですが、1回1,000~2,000円程度の費用がかかる場合もあります。

・マタニティレッスン・・・5,000円/月・6万円程度

マタニティレッスンとは、妊婦さん向けのフィットネスジムでのレッスンでスイミングやヨガなどがあります。フィットネスジムですので、入会金や月会費などがかかります。ジムによって金額は異なりますが、毎月5000円から1万円程度の費用がかかります。

マタニティレッスンを行う方は少ないと思いますので、この費用は一般的には掛からないでしょう。

1.2. 出産時にかかった費用(自己負担8万円程度~実質無料~)

出産支払い
*上図は、実際に私が出産時に負担した費用と受け取った給付金を時系列に並べたものです。

出産に関わる入院費用は病院によって異なりますが、おおよそ50万円程度です。

私の妻も、地元の埼玉県の病院でおよそ50万円の入院費用がかかりました。(帝王切開手術あり)

しかし、実際の自己負担は8万円程度で、最終的には支払った費用よりも受け取った給付金が1万円上回りましたので、出産時の費用は実質無料となりました。

これは、多くの病院には『出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度』という制度があるためです。
出産育児一時金とは、出産をすると健康保険から42万円の給付金が出産後に受け取れるという制度です。さらに、この『出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度』があるため、事前に病院へお金をほとんど支払わず、最後に出産に関わる入院費用と出産育児一時金を清算して、その差額のみを病院へ支払うことができます。

よって、本来は50万円を支払い、退院後に42万円が支給されて自己負担は8万円となりますが、私もこの制度を活用しましたので、事前に病院へ支払う費用は3万円程度で、退院時に追加で5万円程度を支払い、合計で自己負担は8万円となりました。

ちなみに『出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度』の申請が遅れた場合(一般的に妊娠30週目まで)では、事前に30万円程度のお金を医療機関に支払いますが、後ほど出産一時金は受け取ることが出来ます。制度の詳細は『出産一時金で出産費用を抑えるために知っておくべきことと申請方法』でご確認ください。

健康保険組合によっては手厚い給付金がある場合も

私は、『関東IT健康保険組合』という健康保険組合に加入しており、この組合には出産育児付加金として9万円が支給される制度がありました。

この給付金は加入している健康保険組合によって金額が異なります。私の加入している健康保険組合は、この出産育児給付金に関しましてはとても充実していたため、自己負担8万円も出産育児給付金9万円が支給されたことで、むしろ給付金額が1万円上回りました。

よって、最終的に私の場合、出産によって出費よりも給付金の支給が上回ったため、実質無料となりました。

出産後にかかる費用(34万円・妻の生活費を考慮すると134万円程度)

出産後にかかる費用を並べます。

私の家庭で、出産後にかかった費用は約134万円でした。内訳は以下の通りです。

  • 定期検診でのワクチン費用
  • ベビー用品
  • 妻の生活費

それぞれ詳細を解説させていただきます。

1.3.1. 定期健診でのワクチン費用(4万円程度)

自治体にもよりますが、基本的には赤ちゃんの医療費は無料で受診できます。

しかし、予防接種のワクチンは有料なものもあります。1回で5,000円程度かかりますので、案内のあるワクチンを受診していくと結局は4万円程度は支払うことになります。

例えば、ロタウィルスは2回で2万円程度、B型肝炎ウィルスは3回で15,000円程度、インフルエンザウィルスは5,000円程度です。

子どものためなので、このワクチンはほとんどの方がしっかりと受けているのではないでしょうか。

1.3.2. ベビー用品(1年間で30万円程度)

ベビー用品で揃えるものは意外と多いので、並べてみました。

身に付けるもの(3万円程度)
・肌着・外出着・靴下・帽子・ベビーウエア・よだれかけ

おむつ関係(6~13万円程度)
・おむつ・おしり拭き・おむつ用バケツ

ミルク関係(6万円程度)
・哺乳瓶・哺乳瓶消毒セット・離乳食・ミルク

お風呂道具(1万円程度)
・ベビーバス・ベビーソープ・沐浴布・湯温計

お出かけ用品(3~5万円程度)
・抱っこひも・ベビーカー・チャイルドシート

布団類(2万円程度)
・ベビーベッド・布団

その他(2~4万円程度)
・ベビーパウダー・爪切り・おもちゃ・写真撮影代

上記でもっとも高いものは『ベビーカー』です。

私は、「グレコ」というブランドのベビーカーを25,000円で購入しました。ベビーカーはよく使うので、しっかりとしたものを購入しようと考えると、やはり2~5万円程度は掛かってしまいました。

ベビーカーと並んでお金がかかるのは車に取り付けるチャイルドシートです。これも商品によりますが1~5万円程度かかります。ただし、私の場合は車を所有していないため、このお金はかかりませんでした。(妻の親の車のチャイルドシートは親に負担してもらいました。)

また、1つ1つの料金は安いですが、トータルでもっとも高いものはオムツです。私の家庭では1か月6,000円程度のお金がかかっています。おむつ1枚あたり20~30円程度で、1日8~12枚程度使いますので、1日160~360円、1か月で4800~10800円、1年間で6~13万円程度かかります。

おむつの消費量は、新生児なのか幼児なのかにもよりますが、私の息子が3か月くらいまではやはり1日10回はおむつを取り替えていました。1歳になることには1日6~8枚程度です。年齢を重ねると紙おむつのサイズが大きくなるので、1枚当たりのおむつの料金があがりますので、結局1年たってもオムツの料金は下がりません。

着るものに関しては、季節ごとに揃える必要がありますし、お子さんの成長に合わせて購入する必要があります。

また、1歳近くなると歩き始めるようになりますので、ここのリストに加えて靴代(1足5,000円程度)がかかります。赤ちゃんの靴は小さいですが値段は大人以上で1足5,000円程度です。

ミルクは母乳で育てるかどうかにもよりますが、月3缶程度(約7,000円)は消費すると考えておいた方がよいです。

また、意外にかかる費用としては記念写真の撮影代です。生後1か月程度でお宮参り、生後100日記念、1歳の記念日などのタイミングで記念写真を撮ります。写真撮影のプランや衣装代によって金額に差が出ますが、私の場合はお宮参りの写真撮影で衣装代込み2万円でした。

上記のどの商品もある程度値段の差はありますが、1歳になるまでに30万円程度はかかります。

1.3.3. 妻の生活費(5万円/月、20カ月で100万円)

妻が妊娠をしてしまうと、どうしても仕事を辞めてもらう、あるいは産休・育休をとってもらうことになります。私の妻の場合は、富山県へ赴任をして間もなく妊娠が発覚しましたので、仕事はしておりませんでした。

しかし、仕事を見つけている最中でしたので、妻の生活費は自分自身で支払ってもらおうと考えておりましたが、妊娠が発覚してからは私が負担をすることにしました。

妻の生活費は以下のとおりです。

  • 携帯電話料金・・・1万円/月
  • 生命保険料・・・2万円/月
  • お小遣い(美容院や化粧品代など)・・・2万円/月
  • 合計5万円/月

よって、毎月5万円程度の支払いが発生したため、妻の妊娠発覚~子供が1歳になるまでの期間(20カ月)で約100万円の負担がありました。

実は、赤ちゃんの出産や育児の費用を心配される方で共働きのご家庭は、奥様の生活費でもっとも負担が増える項目は、奥様の生活費です。

この負担を予めに備えておくと経済的な心配はあまりないのではないでしょうか。

2、やっておいて良かったことと、これはやっておけば良かったなと思ったこと

ここまででは、赤ちゃんの準備費用についてお話ししてきましたが、ここからは赤ちゃんに関するお金の面でやっておいて良かったことと、これはやっておけば良かったなと思ったことをお伝えします。

やっておいてよかったこと

  • 社会保険制度をチェックしておいたこと
  • 出産のためにコツコツ貯金をしていたこと

やっておけばよかったこと

  • 正社員の雇用をキープしておくこと
  • 中古でのベビー用品の検討

それでは、ここから上記のことを解説いたします。

2.1. やっておいてよかったこと

2.1.1 社会保険制度をチェックしておいたこと

私はファイナンシャルプランナーの仕事をしていることもあり、社会保険制度についてある程度の知識はありましたので、予め出産・育児に関わる費用の計算を行いました。

しかし、実際に自分自身が社会保険制度を活用するとなると、申請時期や給付金の金額、その詳細の手続きなど、経験しないとわからないことばかりだと感じました。このように、ある程度の社会保険の知識があっても、活用するとなると住まいの地域の自治体ではどのように手続きをするのかはわからなくなってしまいますので、実際に住まいの地域の出産・育児に関わる社会保険制度の資料を集めて、スケジュール・給付金額・手続き方法・必要書類などを確認しておくと安心です。

赤ちゃんの出産・育児をするにあたって、社会保険制度はお金の面でのサポートは大きいです。

出産育児一時金制度や児童手当、子どもの医療費の免除などの制度の申請方法まで調べておくことで、いつまでにいくらお金を準備しなければならないかがわかり、安心できます。また、私が加入しているIT関東健康組合のように出産育児付加金(9万円)のように健康保険組合独自の給付金がある場合もあります。

2.1.2 出産のためにコツコツ預金をしていたこと

私は、実際に出産・育児をするにあたり、必要になる費用などを計算していました。
そこで、妻の生活費のサポートで出費が多くなることを見越してしましたので、節約を心がけて毎月2~3万円は今までよりも多めに預金しました。
ボーナスが支給されても、なるべく使わないように心がけ、そのまま貯めておきました。

このおかげで資金面では大きな不安を抱えることもなく、出産・育児の体制へ入ることが出来ました。

出産をしてからは主婦(主夫)はどうしても赤ちゃんのことで毎日が慌ただしく過ぎていきますので、収入はどうしても世帯主の方に頼るしかなくなってしまいます。
しかし、世帯主が若い場合は、収入もまだ多くはないという場合がありますので、出産をする前までに夫婦で貯金をしておかなければその後の生活が厳しくなってしまいます。

私も妻の出産で、子育ての大変さを目の当たりにしましたので、想像以上に奥様に職場に復帰してもらう、あるいは新しい仕事を見つけてもらうということはとても難しいことだと実感しました。

赤ちゃんの費用だけでなく、奥様の収入がなくなることで今まで奥様が負担してきた費用をご主人様が負担しなくてはならないということまで踏まえて、コツコツと積み立てを行うと安心できます。

特に、出産・育児のような1~5年以内に起こりうるイベントへの備えは、すぐにお金を引き出せる普通預金・定期預金で行うことを推奨します。

2.2.やっておけばよかったこと

2.2.1 正社員の雇用をキープしておくこと

私がもっともやておけばよかったと感じてるのは、妻に正社員で産休・育休を取れる状況にいてもらうことでした。

私の家庭では、埼玉県から富山県へ転勤をしたこともあり、妻は働いていませんでした。このため、1年後に保育園へ入れられるかの不安もありましたし、収入面での不安もありました。

赤ちゃんの準備費用自体は40万円で済みますし、貯蓄がない場合も毎月の出費を抑えて、赤ちゃんのためにお金を使えば費用を工面できるでしょう。

しかし、最も経済的に苦しくなってしまう要因は、奥様の収入がなくなってしまうことです。仕事を退職してから妊娠が発覚した場合、新しい仕事を見つけることも大変です。子どもを保育園にいれようと思っていても仕事をしていなければ、保育園にいれることも難しくなってしまいます。

私の友人の奥様は公務員として働かれており、出産・育児休業中もある程度の給与が支給されているということも聞き、私の家庭と比較すると経済的に数百万円の差が出ているということに気が付きました。

このようにお金の面を考えると、奥様が働かれている場合は、可能な限り、産休・育休の制度を活用して雇用を継続してもらうことが大切です。

2.2.2 中古のベビー用品の検討

私の家庭では、ベビー用品はすべて新品で購入をしてしまったのですが、中古品も多く出回っていることを知り、うまく活用しておけばよかったと後悔しています。

ベビーカーや洋服などは、数カ月~2年ほどで、その活用は終わりますので、フリーマーケットなどでもよく出品している方がいることを知りました。

新品のベビーカーや洋服は確かに素敵なのですが、数カ月で使わなくなってしまうものなので、勿体ない買い物をしてしまったかもしれないと感じることもあります。

現在ではベビー用品のレンタルもありますので、実際にはレンタルの方がお得なのか、中古のベビー用品を購入したほうがお得なのかなど、事前に情報収集しておけばと感じています。

私の場合、出産後は赤ちゃんの世話で時間的な余裕がなくなってしまい、ベビー用品が必要になってから急いで購入をしにいってしまったため、全て新品で購入してしまいました。

先々に必要になることが予測されるベビー用品は、身内や友人の子供のおさがりでも、中古でも、レンタルでも、手軽に入手できないかどうかの情報を集めておき、先に準備をしておくことでもっと節約できたのではないかと感じています。

特にベビーカーやチャイルドシートは、新品で良いものだとそれぞれ3~5万円程度かかってしまうため、大きな負担になってしまいます。

私は、たまに埼玉のフリーマーケットに参加したり、メルカリやジモティなどのネットフリマを見ていますが、やはりベビー用品は必要な時期が過ぎ去った方々が出品しているので、お手頃価格でよく見かけます。

皆さんには少しでも選択肢を広げてもらえるように、予め出産・育児に関わるベビー用品は事前に中古やおさがりやレンタルなどの情報を集めていておいてほしいと思います。

まとめ

今回は赤ちゃんの出産・育児に関わる費用の準備に関わる内容を説明しましたが、いかがでしたでしょうか。赤ちゃんを出産する前・出産するとき・出産した後の3つのポイントに分けてかかる費用をまとめました。

もちろん準備の仕方は人それぞれですので、かかる費用に差はありますが、40~140万円は準備しておくと安心ができそうです。

この費用はご主人様の毎月の収入でやりくりができるのであれば準備できていなくても大丈夫なのですが、出産後はなるべくお子様の将来の学費の積み立てに充ててもらうたいので、事前に貯蓄をしておくことがベストです。

また、私の経験でやっておいたほうがいいことと、やっておけばよかったこともお伝えしましたので、参考にしていただければと存じます。

出産や育児に関わる費用の準備やその後の学費の準備方法で適切な方法を考えたい方は是非プロのファイナンシャルプランナーへ相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

松澤 正宣

松澤 正宣

大手生命保険会社にてオフィス長を経験。
これまで200名以上のセールスに教育・研修を行ってきた保険のコンサルタント。
得意分野は資産家・経営者の税金対策。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。