企業財産包括保険とは?多くの建物を持つ企業に必要な補償

a0003_000218

あなたは、企業財産包括保険と聞いて、「包括」という言葉のイメージから、たくさんあるあなたの会社の財産をまとめて保障してもらえる保険を想像するかと思います。

実際、企業財産包括保険は、簡単に申し上げると、火災や天災によって企業の工場、店舗、ビルや施設と損害に伴う利益損失までカバーしますよという保険です。ですから、多くの建物・施設をお持ちであれば、業種関係なく、リスクヘッジとして必ず加入しなければならない保険といえるでしょう。

この記事では企業財産包括保険がどんな場合に役に立つか、ポイントを押さえて説明します。大切な企業財産をきっちり守る保険ですので、是非、最後までお読みになって、お役立て下さい。

続きを読む

0

施設賠償責任保険とは?意外に知らない補償内容と必要性

PAKS_9V9A8467_TP_V

損害賠償責任を負った場合をカバーする「●●賠償責任保険」というのはいろいろありますが、「施設」賠償責任保険とはどんな保険なのか、どんな補償なのか、あまり馴染みがないと思います。

しかし、施設賠償責任保険は、それほどよく知られていない割に、意外と重要なものです。

「施設」の欠陥が原因で会社が損害賠償責任を負った場合、最悪の場合、会社を揺るがすほどの経済的ダメージになる可能性すらあります。したがって、多くの会社にとって施設賠償責任保険は大変重要な保険です。保険料は非常に安くてコストパフォーマンスが優れていますので、加入しておくに越したことはありません。

この記事では、意外に知られていない施設賠償責任保険の内容と必要性について分かりやすくお伝えします。お読みになって、是非、リスク防止にお役立てください。

続きを読む

0

自動車管理者賠償責任保険とは?有効活用のためのポイント

a1180_011007

自動車管理者賠償責任保険は、日常生活では聞きなれない保険で、どんなものかイメージしにくいと思います。

自動車管理者賠償責任保険は、「自動車」とついていますが、自動車保険とは全くの別物です。一言で言えば、自動車をお客様から預かる業務を扱う業者様のための保険です。

たとえば、預かった自動車が盗難されたり壊されたりしたら、お客様から管理責任を問われることがあります。そういった場合に、賠償金等を補償してもらえる保険です。

自動車は高価な財産ですので、お客様から大切な自動車を預かる業者様には加入を強くおすすめしたい保険です。

この記事では、自動車管理者賠償責任保険とはどういう場合に役に立つか、保障内容はどのようなものか、必ず押さえていただきたい点に絞ってわかりやすくお伝えします。

お客様から大切な自動車を預かる業者様にとって役に立つ内容となっていますので、是非、最後までお読みになって、お役立て下さい。

続きを読む

0

自社株の相続について経営者が考えるべきことまとめ

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

経営者にとって、自社株をどのようにスムーズに、後継者に相続するかは、非常に重要な問題です。もし、ここでミスをしてしまうと、それこそ会社を乗っ取られたり、倒産したりする可能性すらあります。

また、相続についても、家族に対して不均等な財産の分け方をすると、後々のトラブルの元にもなりかねません。

経営は戦いですし、家族といえども、それぞれ各々の事情があります。人間である以上、こればかりは仕方ありません。大切なことは、その前提の上で、どのようにスムーズに相続を実現することです。

今回は、そのために知っておくべきことをご紹介します。

続きを読む

0

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s

ドクターの皆様は、いつか独立と考えることも多いかと思います。そして独立開業をした場ときには、まずは個人診療所として独立し、数年後に診療所の経営も軌道にのったころ、医療法人への「法人化」を考えだすことでしょう。

法人化を決断するにあたっては、特に節税や福利厚生の充実、退職金の準備ができるなどのメリットを考慮にいれて法人化にするケースもあります。先ずは法人化のメリットを簡単にご説明いたします。

続きを読む

0

法人が死亡保険金を受け取るときの税金の処理と軽減方法

a0002_009087

経営者の皆様は、さまざまな目的をもって法人保険に加入されていると思います。中小企業の経営者にとって、事業保障対策、退職金準備、利益の繰り延べなど、会計財務の関心事は尽きないことと思います。

その中でも、法人保険(生命保険)の最大の特徴は、社長に万が一のことがあったときでも、安心して事業を存続できるようになるということにあります。

しかし、せっかく会社を守るために保険に加入されたのに、死亡保険金を受け取った時の税金がどのくらいかかるのかを知らなかったために、「こんなはずではなかった」という事態になる会社様もあります。

会社の大黒柱を失って、会社が一丸となって頑張らないといけないという時に、適正額を超える死亡保険金の税金を支払わなければいけないとなったら、今後の会社存続にも影響しかねません。

そこで、今回は、いざという時に、「こんなはずではなかった」とならないように、事前に、加入されている死亡保険金の税金がどれぐらいになるのか?回避方法はあるのか?についてわかりやすく解説いたします。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社