先進医療はどの保険に入れば保障される?知っておきたい基礎知識

cbfebbb9ce4a1b264040f2d13ce32a44_s

最近注目されている「先進医療」。テレビCMなどでもよく見かけますが、どの保険に加入すれば保障を受けられるのかよくわからないですよね。

先進医療は、治療の際の肉体的な負担が軽く、治療効果も高いなどのメリットがあるといわれています。ただし、先進医療にかかる費用は健康保険の適用外ですので、治療費が全額自己負担になってしまいます。

そこで、現在の多くの医療保険やがん保険は、先進医療の保障が初めから付けられるようになっています。

この記事では、「医療保険とがん保険の先進医療特約の特徴」や「先進医療特約の必要性」をお伝えしたいと思います。保険加入をご検討されている方や見直しを考えている方は必見です。ぜひ参考にして頂いて、自分に合った保険選びに役立てて頂ければ幸いです。

続きを読む

0

がんの治療費はいくら?知っておきたい公的保障と保険適用外の治療法

fd51d1ad7ab948a0cad7ac1de999cd28_s

がんになったら治療費がかかるとは言いますが、実際どれくらいの治療費が必要なのか気になると思います。

国立がん研究センターがん対策情報センター「年齢階級別罹患リスク(2013年)によると、男性は62%、女性は46%の確率でがんになるといわれています。このように、がんは私たちの身近に潜む病気です。

がんになったら治療費だけでなく、治療のために働けなくなったり何かと余分な出費がかさみます。

そこで今回はがんの治療費がいくらかかるのかお伝えしたいと思います。

続きを読む

0

リビングニーズ特約の7つの特徴と2つの注意点

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_s

生命保険のリビングニーズ特約が注目されています。

この特約は、医師から余命6カ月の宣告を受けた時、契約している死亡保険金の一部または全額を生前に受け取れるというものです。

いざというとき自分や家族の救いになる可能性が大きい特約です。また、いわゆる終活を考える上でも、役に立つものです。

しかも、どの保険会社でも無料で付けられます。

しかし、この特約で救われている人がいるにも関わらず、内容を知らない人も多いのが現状です。

今日は、リビングニーズ特約を活用するために知っておかなければいけないことをすべてお伝えします。うまく使えば有効な特約なので、ぜひご参考にしてください。

続きを読む

0

医療費控除の対象となるものと必ず押さえておくべき7つのポイント

PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602500

確定申告の時期になると注目されるのが「医療費控除」です。

医療費控除は、かかった医療費の一部を納税申告の時に所得から差し引くことができる制度です。

そこで気になるのが、「予防接種はどうなのか?風邪薬はどうなのか?」など、医療費控除の対象にはどんなものがあるのか?ということでしょう。そこで、この記事では、医療費控除の対象となるもの、ならないものについて、分かりやすくお伝えします。

医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制についても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

0

ドル建て終身保険とは?押さえておきたいメリットとデメリット

18d7c6ebba390e8fee999afb721d4c20_s

保険で貯蓄を考える1つの選択肢として、ドル建て終身保険があります。

ドル建て終身保険は「保険で資産運用してお金を増やしたい!」という人におすすめの保険商品です。予定利率が円建てより高めに設定されており、保険料も割安なのが特長です。

とは言うものの、「危険なのではないか?」とか「難しそうでよくわからない」「怖くて手が出せない」というイメージも多いと思います。確かに、ドル建て終身保険にはたくさんの魅力とそれに伴うリスクがあります。

そこで今回の記事では、ドル建て終身保険のメリットとデメリットを中心にお伝えしたいと思います。

外貨建て保険はリスクはありますが、リターンも期待できる商品です。メリット・デメリットをしっかり理解した上で活用しましょう。外貨建て保険に興味がある方やドル建て終身保険に加入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

個人年金は税金がお得!?知っておきたい控除に関する5つのポイント

b11e49fbc73229f0924030161ddb0205_s

ここ数年、公的年金への不安がニュースなどで報じられています。

もしかしたら老後の生活資金を自助努力で積み立てなければならない時代がやってくるかもしれません。

将来の積立ができる金融商品はたくさんありますが、代表的な商品の1つが個人年金保険です。

個人年金保険は老後への積立ができるだけでなく、保険料について税金の控除も受けられます。

会社員の方であれば年末調整、個人事業主の方は確定申告により、還付が受けられます。

ただ、気になるのは、実際どれくらい還付が受けられるかということだと思います。

そこで本日は、個人年金保険に加入をしたときの税金の控除についてお伝えします。

続きを読む

0

差額ベッド代とは?入院費用を抑えるために知っておくべき基礎知識

差額ベッド代

入院費を左右するといっても過言ではないのが「差額ベッド代」です。

通常の医療費は健康保険によりほとんどの方が3割負担となり、さらに高額療養費制度を使えば一定の割合で医療費が払い戻されます。

ですが、差額ベッド代というものは健康保険対象外ですので、全額自己負担しなければなりません。

そもそも差額ベッド代とは何の「差額」なのでしょうか?

本日は差額ベッド代についてお伝えしたいと思います。入院費の負担は差額ベッド代を使うかによって大きく変わってくるので、医療保険を検討するときは必ず知っておいていただきたい知識です。ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

医療費控除まとめ|確定申告で必ず押さえておくべき全知識

PAK85_notetokakutei

確定申告の時期になると注目されるのが「医療費控除」です。医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

医療費控除は確定申告をしなければいけませんが、ルールを知らなければうまく活用できません。どのようなものが対象となるのか、そして申請方法など知っておかなければいけないことがたくさんあります。

この記事では医療費控除で確定申告するときに押さえておくことをすべてお伝えします。これから確定申告を考えている方も来年以降に考えている方も必ず役立つものになっていますので、ご覧いただき、お役立て頂ければ幸いです。

続きを読む

0

生命保険の見直し|保険料を抑える正しい見直し方法

79857a1193685112791775c6883a8761_s

生命保険は、万が一があった時に残された家族が困らないようにしておくためのものです。しかし無駄に多く保険に入るのもよくありません。

私も「自分は生命保険に入り過ぎではないか?」とご相談をいただくことがよくあります。そして、実際に入りすぎているケースも多いのが現状です。

万が一の時の保障は、生命保険以前に、遺族年金などをはじめ、公的保障でも一定の範囲はカバーすることができます。ですから、まず、必要保障額をチェックした上で、それが公的保障でどこまでカバーできるか確認するようにしましょう。

この記事では、保険の見直しの際の基本的な考え方、つまり、将来を見据えた上で、無理のない保険料でバランスよく生命保険に加入をするにはどうしたらいいかを、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

がん保険の解約返戻金はどれくらい?その金額と加入時のポイント

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s

これからがん保険の見直しを考えているけれど、今のがん保険を解約するとどれくらい解約返戻金が戻るのか疑問ですよね。

もちろん契約内容によって大きな違いはありますが、がん保険の中には大きな解約返戻金がタイプがあります。

がん治療は目覚ましい進化を遂げており、併せてがん保険の保障内容も進化してますので、がんになった時にも安心できるがん保険に見直しをする人も増えています。

そこでこの記事では

  • がん保険の解約返戻金はどれくらいあるか
  • 貯蓄と保障を両立させたい時の最善の選択肢
  • がん保険を解約して返戻金を受け取り新たにがん保険に加入する時の3つの注意点

を解説したいと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社