要確認!保険積立金と解約返戻金の経理処理

a0002_011008

法人で保険に加入をしていると、将来解約した時に解約返戻金がある商品があります。その場合解約返戻金をどう経理処理をしていいのかわからないのではないでしょうか。

保険積立金がある場合、将来「解約返戻金」、「満期保険金」、「死亡保険金」という形でお金が戻って来ることが予定されています。

その際の経理処理がよく勘違いされていて間違っていることがあるので、注意しなければいけません。

そこでこの記事では保険積立金がある保険を解約した時にどのように経理処理をすればいいのか具体例を交えてお伝えします。経理処理は複雑ですが、できれだけわかりやすく解説していきますので、是非参考にしてください。

続きを読む

0

店舗休業保険とは|押さえておきたい2つのポイントと注意点

a0001_015626

店舗を運営されている方は、トラブルなどで大きな被害が出ないかと毎日不安な日々をお過ごしのことでしょう。店舗ではいつ何が起こるかわからず、店舗を閉めなければならなくなることも考えられます。

店舗休業保険は、お店が休業した際に、その間の粗利益が補償してもらえる保険です。不意の災害による休業の場合はもちろん、隣接する店舗の事故による休業や、電気・ガス・水道などの公共施設の事故による場合の休業についても、粗利益が補償してもらえます。

したがって、店舗を運営する場合に有用な保険と言えます。

この記事では店舗休業保険のことをわかりやすくお伝えします。少しでも店舗を安心して運営できるよう加入を考えている方はぜひ参考にしてください。
続きを読む

0

クリーニングの弁償から店舗を守るために必ず行う2つのこと

a0001_001309

クリーニング店を営まれているとき心配なのは服を傷つけ、弁償を迫られたときではないでしょうか?

よく、ボタンが取れた、穴が開いた、汚れが落ちていない、シワが残っているなどお客様から出てくるクレームに、不安は大きいでしょう。

「一般のお客様」からのご要望やクレームには真摯に対応すべきですが、中には「モンスター」「クレーマー」と言われるようなお客様もいらっしゃいます。「半年以上も前に引き取った洋服にシミがついていた」「穴が開いていた」など、今頃そんなことを言われても…ということがあり、クリーニング業界は「クレーム産業」と言われています。

この記事ではクリーニング店でお客様から弁償を求められた場合の対策、そしてその予防法をお伝えします。クリーニング店を営む場合は必ず知っておかなければいけないことなので、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

0

総合賠償責任保険とは?必ず確認しておきたい補償範囲と基礎知識

a0960_000106

総合賠償責任保険と聞いて、具体的にどういう補償内容なのかイメージできる方は、あまりいらっしゃらないと思います。

本来、「賠償責任保険」と呼ばれるものは様々な種類があります。それらは損害賠償を負うケースごとに設計がされています。しかし、あなたの会社の損害賠償のリスクを一種類の「賠償責任保険」だけでカバーしきれることは稀です。最悪の場合、損害賠償責任を追及されて初めて「保険に入っておけばよかった」ということになってしまうかも知れません。

そこで思いつくのが、もし企業が抱える典型的なリスクをセットにしてある「賠償責任保険」があればいいなあ、ということではないでしょうか。

総合賠償責任保険は、そういうあなたのニーズに答える保険です。ただし、補償内容が100%全ての会社のニーズにマッチしているわけではありません。したがって、基本的な中身を理解した上で、総合賠償責任保険を選ぶのかどうかを考える必要があります。

この記事では総合賠償責任保険について、具体的にイメージしていただけるように基本的なことから説明しようと考えています。どうか最後までお読みになってお役立てください。
続きを読む

0

機械保険とは?必ず確認しておきたい補償範囲と基礎知識

a0006_002186

機械が故障したときに補償されるのは文字通り機械保険ですが、どのようなときに補償が受けられるのか、なかなかイメージしにくいことと思います。

簡単に言うと、機械保険は、機械設備・装置が故障したときに補償される保険です。また、従業員の操作ミス、ショート・アーク等の過電流など機械設備・装置に生じた損害でも補償されます。

この記事では、機械保険について、必ず押さえておいていただきたいことを、分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、機械保険について基本的なことが理解でき、火災保険との違いなどが理解できますので、是非最後までお読み頂き、お役立て頂ければと幸いです。

続きを読む

0

請負業者賠償責任保険とは?必ず知っておきたい基礎知識

a0960_006397

工事現場や建設現場で事故が起きて損害賠償責任を負う場合に備え、請負業者賠償責任保険を検討しているのではないでしょうか。

請負業者賠償責任保険は建設業者を初め、工事を請け負う業者は必ず加入しておくべきものです。ただ、実際にどこまで保障をされるのか、逆にどういう場合に保障をされないのかなど、イメージしにくいと思います。

そこで、この記事では請負業者責任保険の基本的なことの中でも、特に、必ず知っておかないといけないことをお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

0

職場定着支援助成金とは?申請するときに知っておきたいこと

a0782_000742

インターネットで助成金で受けられるのはないかと、調べていると「職場定着支援助成金」が出てきたけれど、内容がよくわからずいろんなページを見ているのではないでしょうか?

職場定着支援助成金は比較的申請が通りやすく、これから職場環境を良くしたいと考えている経営者の方には是非活用してほしい助成金です。しっかりと制度を作ると助成金が受けられますので内容と申請方法を確認しておきましょう。

職場定着支援助成金は主に以下の4種類があります。

  • 雇用管理制度助成金
  • 介護福祉機器等助成金
  • 保育労働者雇用管理制度助成金
  • 介護労働者雇用管理制度助成金

この記事ではこの4つについて基本的なことから申請手順までお伝えしたいと思います。職場環境を整えながら申請すればお金が受け取れるものなので有効に活用しましょう。

続きを読む

0

保険料はいつから損金算入できる!?必ず知っておくべきこと

a0055_000848

決算期直前で予想以上の利益が出ることが確実になって慌てて法人税の対策を考えていらっしゃるのではないでしょうか?

その時に心配なのが今からでも決算に間に合うのかでしょう。

法人保険は急ぎの場合数日あれば間に合います。ただし、すべての法人保険が損金算入できるわけではありません。たまに勘違いをしている方がいるので注意しましょう。特に急ぎで考えている人には要注意です。

そこで今日は法人保険に加入をした場合の保険料の損金算入のタイミングを中心に法人保険を活用するときに必ず知っておかなければいけないことをお伝えします。

続きを読む

0

遺族年金の受給期間|万が一の時に知っておくべき3つのルール

a0001_013648

遺族年金は残された家族にとっては、生活費を確保するための大切な保障です。ただしすべてが一生涯受けれれる保障ではありません。遺族基礎年金、遺族厚生年金それぞれに受給期間は決まっています。

遺族年金の受給期間は生命保険を設計する上でも重要なことです。

そこでこの記事では

  • 遺族基礎年金の受給期間
  • 遺族厚生年金の受給期間
  • 遺族年金の受取りイメージ

をお伝えします。遺族年金は年金に加入していれば受けられる保障ですが、この記事をお読みいただきいつまで受給を出来るのかご理解頂ければ幸いです。

続きを読む

0

遺族年金の受給条件|必ず知っておきたい4つのポイント

a1130_000328

遺族年金とは、大黒柱の方に万が一のことがあった際に、残された遺族に支給される公的年金のことです。

残された家族にとっては、生活費を確保するための大切な保障です。ほとんどの人が受けられる保障ですが、受けられない方もいるので受給条件は必ず確認しておかなければいけません。遺族基礎年金と遺族厚生年金は少し受給条件が違うので注意が必要です。

そこでこの記事では

  • 遺族基礎年金の受給条件
  • 遺族厚生年金の受給条件
  • 遺族年金の寡婦年金と死亡一時金
  • 遺族年金の支給目安金額

をお伝えします。遺族年金は年金に加入していれば受けられる保障ですが、ご不安な方は自分が受給対象となるのかこの記事をお読みいただいて確認頂ければと存じます。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社