店舗総合保険とは?火災保険との違いと補償内容のポイント

tsukijibagai_TP_V

店舗総合保険という保険は名前からして漠然としていて、イメージしにくいのではないでしょうか。

店舗総合保険は火災保険の一種で、店舗や事業所にある事業用資産を幅広く補償するものです。店舗や事業所として使用としている建物の場合、火災保険でカバーすべき財産の種類が一般の住宅と異なるので、専用の火災保険が設けられているのです。

しかし、その補償内容や注意点については、意外と理解されていません。

そこで、この記事では、店舗総合保険について、普通の火災保険との違いと基本的な補償内容、活用上の注意点についてわかりやすく説明します。
続きを読む

0

地震保険の仕組み|加入前に知っておくべき基礎知識

相続税

熊本大地震から、2年が過ぎましたが、最近でも地震保険に関心を持つ人が多いです。テレビでも「マグネチュード8クラスの地震が南関東で今後10年に起こる可能性がある。」など、今後の大地震について様々な試算が行われ、話題を集めているからです。

大地震がいつどこで起こるかはわかりませんが、いざという時の備えとして、地震保険が注目されその契約も年々増えています。

2017年1月1日に改定となった地震保険ですが、意外とそのしくみはわからない方は多いです。今回は地震保険に正しく入っていただくために地震保険の改定ポイントを確認します。

続きを読む

0

経営者が知っておくべき交際費と接待飲食費に関する課税ポイント

a1180_012097

平成26年に交際費課税制度の改正があり、中小企業(期末資本金又は出資金1億円以下の会社)については、交際費が年間800万円まで、全額経費として損金算入とされるようになったことはご存知でしょうか。中小企業にとっては、とても有り難い改正ですね。

また、もし、今まで経理に関して人に任せていた社長様は、交際費の金額を改めて確認することで、損金算入額が増えるかもしれません。

このページでは、特に、中小企業の社長様が活用されることの多い、接待飲食費の損金に算入できる範囲、または注意しておく点などをご紹介します。

続きを読む

0

住宅ローン控除の要件と要注意の2つのポイント

a0008_002312

住宅ローンを利用して住宅を購入したとき、一定の要件を満たしていれば、入居から10年間にわたって税金のいくらが戻ってきます。これを住宅ローン控除と言います。

住宅ローン控除の制度自体は有名ですが、どういう場合に利用できて、どういう場合にできないのかという要件となると意外と知られていません。そのため、たまにですが、後になって住宅ローン控除が下りないことがわかって驚かれる方もいます。

そこで、今回は住宅ローン控除の要件に、あらためて解説させていただきます。また、ライフプランナーとしての経験から、間違えやすい2つの注意ポイントを指摘します。

これから住宅購入を検討している人はぜひ確認いただければと思います。

続きを読む

0

マンションと一戸建てはどちらが得?3つの比較ポイント

a1180_010282

現在、マイナス金利の影響で、金融機関の住宅ローン金利も低く抑えられています。そのため、マイホーム購入のタイミングだと考えている方も多いことでしょう。そして、マイホーム選びで、最初に悩むのはマンションにするか一戸建てにするかということだと思います。

結論からお伝えすると、これには確実な正解はありません。なぜなら、お一人お一人ライフスタイルが異なるからです。しかし、それだと尚更悩んでしまいますよね。

そこで、ここでは、ご判断の助けとなるように、ファイナンシャルプランナーとしての観点から、マンションと一戸建てのどちらが良いのかをお伝えしたいと思います。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

なお、マンションか一戸建てかと言っても、新築か中古かで、それぞれのメリットやデメリットが異なってきます。そのため、ここでは新築の場合に限定してお伝えしていこうと思います。また、一戸建ては土地付きのものとして、借地権に関しては除外させていただきます。

続きを読む

0

住宅ローン控除とは|利用するときの2つの注意点

a0002_003677

マイホームを購入で、不動産屋さんから「今なら住宅ローン控除が使えて、お得に購入できますよ」と言われることがあります。しかし、住宅ローン控除の内容については、それほど詳しく説明してくれないし、説明されてもよくわからないことが多いのでしょう。

というのは、私のところに来るマイホーム購入相談者の多くが住宅ローン控除についてなにも知らないからです。

結論からお伝えすると、住宅ローンを利用してマイホーム購入するならば、住宅ローン控除制度をしらないと損してしまいます。特に、「税金を少しでも安くしたい」と思っている方には、住宅ローン控除は、支払った税金が戻せる絶好のチャンスです。

一方で間違った利用の仕方をすると、損をすることもあります。

そこで、まず、「住宅ローン控除」とはなにかについてわかりやすく説明し、その上で、「住宅ローン控除」を正しく利用するために、2つの注意点を指摘します。この2つの注意点を読めば、「住宅ローン」の恩恵を受けられるため、最後まで読んでください。

続きを読む

0

住宅ローンの繰上げ返済を行なうときの2つの注意点

a0002_008747

「住宅ローンの繰り上げ返済は、最高の資産運用術だ。」と言われています。そのため、日本人は、貯金ができれば、すぐに繰り上げ返済という方が多いと感じています。

確かに、繰り上げ返済を行なうと総返済額を減らすことができます。しかし、そこだけにとらわれると、家族でより幸せな時間を持つために買った住宅なのに、節約で頭が一杯になるということにもなりかねません。

また、なんでもかんでも繰り上げ返済にあてていると、預貯金が減り、事故や災害など突発的なことがあった時に、首が回らなくなってしまいます。

答えから言うと、基本的に、繰上げ返済は最高の資産運用などではありません。むしろ、最悪の部類になることもあり得ます。

今回は、繰上げ返済の基本から、どう言う人がどう言う場合に活用すべきかなども解説しています。ご覧いただくと、繰り上げ返済が最高の資産運用なんかではないということを感じていただけることでしょう。

続きを読む

0

住宅ローンの諸費用の算出方法と節約の3つのポイント

ece23223e8fb08f2320b3b5143dc23c5_s

マイホームを購入する時の費用は、土地代と建物代ばかりに目が行きがちです。しかし、忘れていけないのが購入時の諸費用です。諸費用を計算することを忘れると、結局、予算を大きくオーバーしてしまったということになりかねません。

事実、諸費用の見落としが原因で、住宅ローンを借りすぎたり、突然数十万円の現金を用意しなくてはいけなくなってしまったり、思ったより貯金が減ってしまって不安を抱えたまま新しいマイホームでの生活をスタートするという方が結構多いからです。

あなたはそんなことにならないように、今回は、住宅購入時や住宅ローンを借入するときにどんな諸費用がいくらくらいかかるのかをまとめました。また、諸費用の中には節約できるものがあります。その節約方法に関しても詳しく解説させて頂きます。

続きを読む

0

住宅ローンの借り換えのメリット・デメリットと判断基準

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s

日本が初めてマイナス金利政策を導入し、金利が大幅に下がった今、「住宅ローンを借り換えたら、返済額を減らせるかも?」と思われている方は多いのではないでしょうか。そして、どうしていいかわからず、とりあえず放置している方も多いことでしょう。

正直にお伝えすると、住宅ローンの借り換えは面倒です。しかし、今がそのチャンスだと言うのも事実です。そこで、本日は、今住宅ローンを借り換えるべきかどうかを判断する方法と、実際に借り換える時に注意すべきポイントをご紹介します。

これで大きな節約を実現できる方もいらっしゃると思いますので、ぜひご確認ください。

続きを読む

0

住宅ローンを安全に返済するための5つのポイント

a0002_003790

夢のマイホーム購入は一生に一度の買い物です。最近では、マイナス金利の影響で0.5%を切るローンが登場したりしているので、これを好機とばかり、マイホーム購入を考えている方は多いことと思います。

しかし、住宅ローンは簡単にいうと借金です。そのため、「返していけるだろうか?」と不安を感じる方も多いでしょう。

住宅ローンは、数千万円という大金を借入れしますから、金利や契約内容が違うだけで、結果的に利息の支払いが数百万円変わってくることもあります。それだけに、不動産会社や銀行任せではなく、自分で住宅ローンについて調べ、理解を深めることが大切です。

まず、マイホーム購入を住宅ローンで考えている方が賢い借り方・返し方が理解できるようにわかりやすく基本的なことを確認します。その上で、5つのポイントを絞って整理します。本記事は、マイホーム購入を考えている方のほか、購入してしまった方も参考になると思いますので、ぜひ確認の意味で読んでいただけると幸いです。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社