障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて

b4a6e7ea40902f15e0fe3365ba25d237_s

障害年金とは、病気やケガが原因で、肉体的・精神的に障害を持っている人が、日常生活や仕事をすることが難しい場合に受け取れる年金のことを言います。

この障害年金については、障害の程度により、1級から3級まで等級が区分けされています。一般的に知られている老齢年金とは異なり、働き盛りの世代の人が、収入を得ることが難しくなった時のための年金なので、受け取れる年金額については、お子様の人数などにより、加算される仕組みになっています。

この記事では、

・障害年金の等級基準と具体的な障害の状態
・職業により異なる対象となる障害年金の等級
・障害者の等級変更

の3点を中心に障害年金について解説させていただきます。

普段は考えることは少ないと思いますが、もしもご自身が障害年金に頼らざるを得ないような状態になってしまった時、どれくらいの年金額が受け取れるのかを知っておくことは非常に大切です。ぜひ、最後までお付き合いください。

障害年金の各基準については、日本年金機構「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」より抜粋となります。

続きを読む

0

就業不能保険の必要性|知っておきたい社会保障と受取条件

3226eac96342cdecd9be9ce69d601fcc_s

みなさんは、ご自身が病気やケガをして働けなくなった時のことを考えたことがありますか?一家を支える大黒柱が、ある日、突然寝たきりのような状態になり、収入が途絶えてしまったら、家族の生活はどのように変わるでしょうか?

最近、話題になっている保険で「働けなくなった時の保険」があります。一般的には就業不能保険という名称で、その名の通り、病気やケガで働けなくなった時の収入をカバーするための保険です。保険会社によっては、お給料保険、家計保障保険など名称は様々です。

この記事では、働けなくなった時に

・就業不能保険を検討する前に知っておくべき社会保障
・就業不能と死亡のリスクの比較
・就業不能保険の基本的な内容

の3点について、順に解説させていただきます。

将来の教育費用がかかってくる小さなお子様のいるご家庭や、ご主人様の収入が家計の大部分を占めているような方には是非お読みいただければと思います。

続きを読む

0

知って得する!役員社宅で節税するメリット

616a2778ae9c17219454eaeb6a49cb12_s

法人税の節税方法は数多くありますが、意外と知られていないのが役員社宅という制度です。役員が支払っている家賃の一部を会社の経費として落とすことができるのですが、この制度を活用している経営者の方は少ないように思います。

役員の住まいについて社宅制度を取り入れることにより、会社の節税になるばかりでなく、役員個人にとっても家賃負担の軽減など、様々なメリットが発生するので、ぜひ取り入れていただきたい節税方法の一つです。

この記事では、

・役員社宅で節税できる3つのポイント
・家賃の具体的な設定方法
・役員社宅を取り入れる際の注意点

の3点について分かりやすく解説してまいります。

役員社宅を取り入れようとお考えの経営者の方や、すでに導入済みの方にとっても、役員社宅で最大限の節税効果を生み出す方法についてお伝えいたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

死亡保障が重要な2つの理由と本当にオススメできる死亡保険

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

人生には様々なリスクがあります。災害によるケガ、病気による長期間の入院や治療などは、いつ誰に起こるか分かりません。

若い間に重い病気になったり、大きな交通事故に合うことはあまりイメージできないかもしれません。事実、そうなる確率はとても低いです。

しかし、死が突然やってくることがあるというのも事実なのです。そして、それは残された家族へ精神的ダメージと同時に、経済的ダメージをもたらし、その後の生活を変えてしまうこともあります。

愛する家族にもしものことがあったら、立ち直るためにとても時間がかかります。生きる意味や、心の支えをなくし、それをもう一度取り戻さなくてはいけません。

死亡保険(生命保険)は、そのようなことがあったとしても、残される家族を、せめて経済的にだけは守ることができる大切な選択肢です。そして、「何があっても家族を守る」ということは、特にお子様のいるご夫婦や、歳をとったご両親のいる大人にとって、大切な責任なのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

  • 死亡保障が持つ2つの役割
  • 死亡保障が必要なケースと不要なケース
  • オススメの死亡保障(保険)

の3つの観点から、生命保険の中で死亡保障が果たせる役割について、お伝えしたいと思います。生命保険をご検討の全ての皆様にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

0

生命保険の必要保障額|無駄をなくすために確認すべき4ステップ

559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s

生命保険は、一家の大黒柱に万が一の事があった時、残された家族が経済的に辛い状況に陥らないように守るための保険です。

しかし、残念ながら、本当に必要な保障額を考えたうえで加入している人は多くありません。また、保険に関わる人間ですら、生命保険で本当にカバーすべき保障額をどのように算出するかを明確に定義していない者がほとんどです。

そのため、必要以上に高額なものに加入させてしまったり、逆に、保障が足りないものに加入させてしまったりというケースが後をたちません。特に前者のケースは非常に多いです。そのため弊社にご相談に来られるお客様の大半が、以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 今の保障で安心していいのか分からない。
  • 不要に高額な保障に入ってしまているような気がする。

そこで、今回は、生命保険の必要保障額の具体的な算出方法を、どこよりも詳しく解説させて頂きます。ここでご紹介しているやり方を知って頂ければ、今、あなたが加入されている、または検討している生命保険が妥当なものかどうかを正確に判断できるようになります。

更に、必要保障額を厳密に計算することによって、第一に、「自分に万が一のことがあっても家族は大丈夫」という安心を得られます。第二に、無駄に不要な保障に加入することがなくなるので、保険料の払いすぎなどの問題がなくなります。つまり、それだけお金を大切な家族のために使えるようになります。

そのためにも、是非、この記事をご活用いただけますと幸いです。

続きを読む

0

高齢者の生命保険の必要性と検討して頂きたい2つのケース

4a27906e84bf79cfb02e275c22c69cc6_s

高齢者が生命保険を考える理由として、「お葬式代程度は残したい」「家族に負担をかけたくない」というものが多いです。

しかし、お子様が独立し、夫婦二人の年金生活の暮らしであれば、平均的な年金受給額や退職金から計算すると、多くの場合で生命保険はなくても何とかなる場合が多いです。また、高齢者が生命保険に加入すると高額な保険料がかかり、保険そのものが大きな負担となってしまいます。

この記事では、

  • 高齢者の生命保険の必要性
  • 葬儀代を生命保険で賄いたい場合のアドバイス
  • 相続対策で有効な生命保険の使い方

の3つをお伝えしていきます。

先にお伝えすると、基本的には、高齢になってから生命保険を検討するのは難しい場合が多いです。だからこそ、私たちは、若い内にできるだけ具体的に検討して頂けるように活動させて頂いています。しかし、相続対策で生命保険を扱うのは、とても効果的ですし、葬儀代の補填のためというのも悪くはありません。

その理由や、具体的な使い方をこれから詳しく説明させて頂きます。その上で、再度、生命保険についてお考え頂ければ幸いです。

続きを読む

0

社長が知っておくべき法人税と節税の基本

長期平準定期保険・改

会社にかかる法人税は、個人で支払う所得税のようなものです。個人にかかる所得税は、入ってくるお金(収入)が多ければ多いほど、払う税金も増えていく仕組みになっています。一方、法人税は一定の税率が決められており、法律の定める範囲で節税という対策を立てることができます。

日本における法人税率は海外と比べると、とても高い率になっています。最近では、日本の高い税率を嫌って海外に拠点をおく企業も増えてきているようです。消費税10%への増税は先延ばしとなったものの、近い将来、実効されることは間違いありません。このような状況から考えても、会社経営における節税対策はたいへん重要なものだと言えるのではないでしょうか。

この記事は、経営者の方に知っておいていただきたい節税に関するポイントをまとめてあります。すでに節税対策を実行されている方も、これから対策を考えたい方も、すべて経営者の方にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

0

定額個人年金保険で老後の資産形成を行うためのポイントと選び方

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

定額個人年金保険は、リスクを取らずに確実な貯蓄をしたい方のための保険です。支払った保険料を保険会社が運用し、将来は支払った保険料よりも受け取る年金額が増えて戻ってきます。

現在の日本社会では、少子化と超高齢化が凄まじいスピードで進んでいます。そんな中、公的年金に対する不安を感じている方も多く、また銀行の普通預金にもほとんど金利がつかないのは、皆さんもご存知のことと思います。そのような背景から、若い世代から老後の備えについて、個人年金保険などを活用している方も多くいらっしゃいます。

この記事では、定額個人年金保険について、具体的な保障内容を例にご説明したいと思います。外貨で支払うタイプについても解説しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

0

変額個人年金保険のキホン|注意点と類似商品との違いについて

20a8a0b85ea29e36447e1b21db4b774e_s

変額個人年金保険は平成11年に発売されたばかり新しいタイプの商品です。その仕組みを簡単に言うと、「支払った保険料を保険会社が運用し、その実績に応じて将来受け取れる年金が大きくなって戻ってくる可能性がある」というものです。

逆に「支払った保険料よりも受けとれる額が減ってしまうリスキーな部分を含む」という面もあります。

つい先日もマイナス金利政策の継続が発表され、景気が良くなる気配は、私たち国民にはまったく感じることができない厳しい時代が続いています。そのような背景から、老後の備えは国に頼るのではなく、個人の自助努力でカバーするという流れの中、変額個人年金保険などで、資産を増やしたいというお客様も増えてきています。

この記事では、変額個人年金保険の基本的な仕組みと加入の際の注意点をお伝えすると同時に、定額個人年金保険や投資信託との違いについても解説していきます。

続きを読む

0

学資保険はいつから入る?加入年齢による受取額の違い

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

学資保険は、ご両親がお子様の将来のためを考えて加入する「大切な想い」がこめられた保険です。最近では、祖父母の方が可愛いお孫さんに学資保険をかけることも多くなっています。

お子様が生まれ、家族の笑顔が増えることは、人生において最も幸せな出来事のひとつと言えるでしょう。お子様の誕生を機に、父親として母親として「この子のためならどんなことでもしてあげたい」と強く思えることは、本当に素晴らしいことだと思います。

そんな学資保険ですが、いつから加入するのが良いのでしょうか?早い時期から入る方がいいとも言われていますが、その理由はどんな点にあるのでしょう?

この記事では、学資保険の最適な加入のタイミングについて

  • お子様と契約者の契約年齢はいつから?
  • 加入時期はいつから?
  • 学資保険の受取時期はいつから?

という3つの疑問についてお伝えしていきます。

最後に、学資保険と同じような役割がある終身保険の内容についても解説しています。いつから学資保険に入ろうか検討されている方のお役立ち情報がたくさんありますので、どうぞ最後までお読みいただきいと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社