癌でも入れる保険の3つのパターンと具体的な告知事項と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0001_013731

過去にがんになった方から、それでも入れる保険がないかという問い合わせをいただくことがあります。「インターネットで検索するといろんな情報があるが、何が何だかよく分からない」といった声もいただきます。

また、ごくまれにですが、現在がんを患っている方からのお問合せもいただきます。

できれば普通の保険に加入したいでしょうし、「がんは仕方なくても、せめてがん以外の病気やけがの場合だけでも保障はないか」と、皆様がとても真剣に保険を探されています。

結論からお伝えすると、がんの病歴がある方は以下の2つの可能性があります。

  • 通常の保険に、他に条件が付くこともなく加入する
  • 緩和型保険といって保険料は割高な保険に加入する

きっと、「がんの病歴があるから保険は難しいかもしれない」と思いながら、保険を探している方にとっては希望が見えてくることだと思います。一方で、現在がんを患っている場合は無選択型保険という選択肢があるにはあります。これについても解説させていただきますが、条件的には厳しいということを先にお伝えしておきます。

がんになったことがある方、現在がんの方の保険探しに少しでもお力になれればと書かせていただきました。参考にしていただけますと嬉しく思います。

1. がんの病歴がある方が通常の保険に加入できる場合

まず、過去にがんになったことがある方の場合、追加の条件なしでも通常の生命保険や医療保険に加入できる場合があります。その時の私たちの経験からお話しさせていただきます。なお、がん保険に関しては条件なしで加入するのはほぼ不可能だと思います。

1.1. がんの病歴のある人が条件なしで加入できた事例

それでは最初に、がんの病歴がある方が条件なしで保険に加入できた例を一つご紹介します。

今まで『保険の教科書』にご相談に来られたお客様の中で、最も印象的だった例です。この方は、以前にがんになったことがありました。がんによって命を失うかもしれない恐怖に直面し、人生にも大きな影響があったようです。そして、がんになったことがあるので、保険は無理だろうと諦めていました。

私たちも、条件付きになるかもしれないとお伝えしてから生命保険と医療保険に申し込みました。何度か現在の健康状態を確かめるためのやり取りや、そのための書類の送付を不足なく行ったところ、何と保険料割増等の追加条件は一切なしで加入することができました。

この方の当時のがんの状況は以下の通りでした。

お客様の当時の健康状態

  1. がんの部位:脊髄
  2. 症状の程度・転移のリスクの大小:「良性腫瘍」で転移するリスクなし
  3. がんが完治してからの経過年数:13年
  4. がん以外の持病、病歴(既往歴):なし
  5. 現在の健康状態:良好

このように、過去にがんになったことのある方でも、保険会社によってはケースバイケースで加入できる可能性があります。したがって、上の具体例をご覧になって「もしや」と思い当たる方は、まずは、通常の保険に加入できないかトライしてみることをおすすめします。

トライしてみて、保険料割増等の条件が付いた場合や、加入できなかった場合には、後でご紹介する「引受基準緩和型」「限定告知型」の商品を検討することになります。なお、「トライしてみる」と書きましたが、もちろん、現在の健康状態・過去の病歴をありのまま保険会社に伝えた上でのことです。

※トライする際の告知に関して
がんの病歴がある方で、他の追加条件などが一切ない通常の保険にトライする際に、私たちが心がけているのは、徹底的に細かく分かりやすく告知書に記述することです。『持病で医療保険を検討する時に重要な4つのポイント』で簡潔にポイントを書いておりますので、参考にして下さい。なお、健康状態に関して偽ることは論外です。『要注意!告知義務違反で知っておきたい3つのポイント』も併せてお読みください。

1.2. がんの病歴がある場合の保険会社の審査のパターン

このように、がんになったことがある人でも、生命保険と医療保険については、普通の保険に加入できる可能性があります。しかし、その基準については、残念ながら明確にこうとは言えません。保険会社の側でも明確な基準を示すのが難しいようです。

ただ、私たちが、これまでに保険会社の担当者に問い合わせた経験によると、保険会社の対応は以下の3つのパターンに別れます。

  1. 過去にがんになったことがある場合は一切引き受けない
  2. 個別具体的・総合的に判断する(保険料割増等の条件付きの場合あり)。
  3. 上皮内がん等の良性腫瘍(注1)だった場合だけ個別具体的・総合的に判断する。(保険料割増等の条件付きの場合あり)

パターン1だと取り付く島もありません。しかし、パターン2、パターン3の場合は、条件付きになる場合はありますが引き受けてもらえる可能性があります。従って、がんになったことがある方は、後者2つの対応をしてくれる保険会社の商品の中から選択することになります。

注1:上皮内がん等とは
簡単に言えば、「良性腫瘍」は上皮内新生物と同程度の転移しないがんだと考えて頂ければ大きくズレることはありません。詳しくは「上皮内新生物とは?がん保険に加入するとき知っておくべき基礎知識」をご覧ください。

1.3. がんでも引き受けて貰えるかを判断する5つのポイント

それは、引き受けてもらえる可能性がある場合とはどういう場合でしょうか。

「個別具体的・総合的判断」ということなので、明確な基準をお伝えすることはできません。ただ、これまでの私たちが経験してきた事例や、保険会社の担当者の話を総合したところでは以下の5つのポイントが重要だと考えています。

  1. 過去にかかったがんの部位
  2. 症状の程度・転移のリスクの大小(上皮内新生物等の良性腫瘍か悪性新生物か、悪性新生物ならばどのステージか)
  3. がんが完治してからの経過年数
  4. がん以外の持病、病歴(既往歴)の有無
  5. 現在の健康状態

保険会社の側でこういったことを全て考慮に入れ、「総合的に判断する」ということです。ただ、これはあくまでも一般論で、どこの部位だとダメで、経過年数が何年以内ならダメという明確な基準はありません。

保険会社内でも様々なお客様のニーズに応えるために、審査基準の見直しなどを厳正に行っているようですので、過去にがんになったことのある方でも、トライしてみる価値はあると思います。

2. がんの病歴がある方のための引受基準緩和型保険

上記は、がんの病歴のある人が通常の保険に入れたというケースです。次に、引受基準緩和型保険といって、もともとがんになったことがある人のために用意されている保険をご紹介します。

なお、引受基準緩和型がある保険は以下の通りです。

保険種類 引受基準緩和型の有無
生命保険 終身保険
定期保険
収入保障保険 ×
医療保険 終身タイプ
定期タイプ ×
がん保険 終身タイプ
定期タイプ

○:多くの保険会社で用意されている
△:非常に少ない
×:ない

※定期保険、収入保障保険、終身保険について
定期保険・収入保障保険については詳しくは「月3千円で毎月10万円!収入保障保険の全知識まとめ」をお読みください。終身保険については詳しくは「終身保険とは?目的別の効果的な5つの活用法」をお読みください。

2.1. 引受基準緩和型の生命保険(終身保険)

それでは緩和型生命保険について説明させていただきます。

2.1.1. 緩和型生命保険(終身保険)の特徴

引受基準緩和型の生命保険の中で最もメジャーなのは終身保険です。定期保険に関してはほぼ目にすることがなく保障内容も一般的ではありません。そのため、ここでは終身保険に絞ってお伝えします。

終身保険は、保障が一生涯続く生命保険です。

そして、引受基準緩和型の終身保険が適しているのは、以下のようなニーズのある方です。

  • ご自身に万一のことがあった場合の整理費用を準備しておきたい
  • ご自身に万一のことがあった場合、ご家族にある程度の保障を残してあげたい

なぜなら、引受基準緩和型の特徴として以下が挙げられるからです。

  • 保険金額の上限が低い:1200万円まで
  • 保険料が引受基準緩和型が割高
  • 契約日から1年以内での死亡(特定の伝染病等を除く)の場合は保険金が半額になる
  • 貯蓄の機能(注1)が低い

このように、緩和型終身保険は保険料が割高で、貯蓄の機能も低いのです。このことからすれば、保障重視、つまり「とにかく少しでも家族のために万一の場合の保障を備えておきたい」という方のための保険と言えます。

注1:終身保険の貯蓄の機能について
貯蓄の機能については、詳しくは「終身保険とは?目的別の効果的な5つの活用法」をご覧ください。

2.1.2. 緩和型生命保険(終身保険)の告知事項

緩和型の生命保険(終身保険)告知書はごく簡単な内容になっています。保険会社にもよりますが、3~5項目の「はい」か「いいえ」の単純な質問に答え、全て「いいえ」の場合にのみ加入できます。

告知事項は例えば以下のようなものです。

  • 最近3カ月以内に、医師から入院、手術、検査のいずれかをすすめられたことがありますか?または入院中ですか?
  • 最近3カ月以内に、がん(上皮内新生物を含む)、慢性肝炎、肝硬変で、医師の検査、治療、投薬のいずれかを受けたことがありますか?
  • 過去2年以内に、病気やけがで入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に、がん(上皮内新生物を含む)で入院をしたこと、または手術をしたことがありますか?

ご覧の通り、告知内容は、現在、または過去の一定期間の間にがんの治療を受けたことがあるかどうかという点に絞られています。

つまり、がんが完治してから一定期間が経過していれば、入れる可能性が高いと言えます。

2.2. 引受基準緩和型の医療保険

次に、引受基準緩和型の医療保険について説明します。

2.2.1. 緩和型医療保険の特徴

緩和型医療保険がおすすめなのは、以下のようなニーズのある方です。

  • 現時点で貯蓄が少なく、高額療養費制度があることを考えても、医療費が心配

通常の医療保険の場合、手術給付金について日帰り手術は5万円、入院を必要とする手術は10万円など、手術の内容に応じて給付金が違うタイプが主流です。また、いわゆる三大疾病などの重大な病気の場合は、以降の保険料の支払が免除されるなど特約が充実しているのが特徴です。

しかし引受基準緩和型の医療保険の場合、手術給付金は一律(初年度半額)となり、特約も著しく限られます。中には先進医療特約しか選べないものもあります。その上で保険料も割高です。同じ入院給付金額にしたと仮定すると約1.5倍とお考えください。

覚えておいていただきたいのは、日本には高額療養費制度があり、月々の自己負担が限られていることです。したがって、現時点で貯蓄が少なく、高額療養費制度で自己負担額が限られていることを計算に入れても医療費の負担が心配な方には、緩和型医療保険はおすすめです。

※高額療養費制度を知っておこう
手術やそれに伴う入院などで治療費が高額になった場合、高額療養費制度といって、家庭の医療費負担を軽減してくれる公的保障があります。これは誰でも使えて、国によって保障されている公的制度です。詳しくは『高額療養費制度とは?押さえておくべき申請方法と活用するポイント』をご覧ください。

2.2.2. 緩和型医療保険の告知事項は生命保険と共通

引受基準緩和型の医療保険の告知事項は、多くの保険会社では生命保険と共通です。つまり、上述のとおり、3~5項目の「はい」か「いいえ」の単純な質問に答え、全て「いいえ」に○が付けば加入できます。そのため、具体的項目の例に関しては省略させて頂きます。

2.3. 引受基準緩和型のがん保険

緩和型がん保険の特徴と告知事項は以下の通りです。

2.3.1. 引受基準緩和型のがん保険の特徴

がん保険にも、ごくまれにですが、過去にがんになったことのある方のための引受基準緩和型の商品があります。中には、乳がん等、特定のがんの病歴がある方のみを対象とした商品もあります。

引受基準緩和型のがん保険がおすすめなのは、以下のニーズのある方です。

  • 過去のがんが再発、転移した場合に備えたい
  • がんになった場合の治療費・生活費をカバーしたい

主流なのは、入院給付金、手術給付金等がセットになった商品です。ただし、同じ保険会社の商品と比べると、どうしても保障内容は薄く、保険料は割高になっています。

しかし、そのような点を考えても、引受基準緩和型の大きなメリットは、過去のがんの再発・転移の場合も保障されるということです。一度がんの闘病を経験された方は、がん保険の必要性が骨身に染みていることと思います。「保険料が多少割高でも、どうしても安心を買いたい」とお考えになるのであれば、有効な選択肢だと思います。

2.3.2. 引受基準緩和型のがん保険の告知事項

緩和型がん保険の告知書は、生命保険や医療保険と違い、「はい」と「いいえ」の二択ではありません。できる限り詳細な記述が求められます。以下のような内容です。

  • 告知日時点で治療を受けた最後の日から5年以上経過しているがん(悪性新生物)についてご記入ください。
  • 過去5年以内にがん(悪性新生物)の診断や治療を受けたこと、あるいは治療を受けるようにすすめられたことがありますか?(再発・転移を含む)
  • 過去2年以内に、質問1で告知されたがん(悪性新生物)に対する経過観察で以上を指摘され、再発・転移・新たながん(悪性新生物)が発見されたことはありますか?または経過観察で、再発・転移・新たながん(悪性新生物)の疑いを理由に追加検査を受けるよう勧められ、追加検査を受けないままにしていませんか?
  • 現在入院中ですか?または最近3ヶ月以内に病気で入院、手術、または先進医療を受けるように勧められたことがありますか?(完治して診療完了している場合は除く)

2.4. 緩和型保険を検討する時は入念なライフプランニングが必要

以上が緩和型保険の説明です。まとめると、それぞれの保険が適しているのは以下のようなニーズのある方です。

〈緩和型終身保険(生命保険)〉

  • ご自身に万一のことがあった場合の整理費用を準備しておきたい
  • ご自身に万一のことがあった場合、ご家族にある程度の保障を残してあげたい

〈緩和型医療保険〉

  • 現時点で貯蓄が少なく、高額療養費制度があることを考えても、医療費が心配

〈緩和型がん保険〉

  • 過去のがんが再発、転移した場合に備えたい
  • がんになった場合の治療費・生活費をカバーしたい

これらのニーズがある方は、緩和型の保険を検討する価値があると言えます。

ただし、緩和型の保険は、保険料が割高で、保障内容も普通の保険よりも薄くなっています。したがって、加入を検討する際は、保険料と保障内容が見合ったものかを確認するため、ぜひ入念なライフプランニングを行うことをおすすめします。どういう場合に保障が必要で、そのための保険料は支払っていくことができるか、加入していることで安心感が得られるという点も含めて、割高な保険料を支払うだけの価値があるのかを冷静に判断することが必要です。

こうした保険を検討する時ほど、優秀で信頼のおけるファイナンシャルプランナーを探すことが重要です。

3.現在がんの人でも入れる無選択型保険

最後に、現在がんを患っている人でも入れる保険についてお伝えします。数は非常に少ないですが、あることはあります。それは「無選択型」「無告知型」と言われるもので、生命保険と医療保険に用意されています。

これは、過去の病歴の告知も、現在の健康状態の告知も一切必要ありません。ただ、残念ながら、現在患っているがんについては保障されません。また保険金を受け取ることのできる条件もとても厳しいです。そのため役に立つケースは少ないのではと思います。

念のため解説させていただきます。

3.1. 無選択型の生命保険(終身保険)

無選択型・無告知型の終身保険は、健康状態についてはほぼ無条件で入れる代わりに、その他の加入条件が限られていたり、死亡保険金の支払条件が厳しくなっていたりします。

緩和型よりもさらに厳しくなっています。以下は、そういう厳しい条件の具体例です。

  • 保険金額の上限が非常に低い:ex.40~60歳は500万円まで、61~75歳は300万円まで
  • 保険料が非常に割高
  • 契約日から2年以内での死亡:病気(特定の伝染病等を除く)での死亡の場合は、「月払保険料×加入月数」の額のみ
  • 高度障害保険金(注1)がない
  • 20~30年間加入していると最終的に保険金の額よりも保険料の総額の方が高くなってしまう
  • 貯蓄の機能が非常に低い

このように、無選択型・無告知型の生命保険は、加入の時の健康状態が問題にならない代わり、他の条件が非常に厳しくなっています。ただ、ある保険会社の担当者の方によると、それでも、数少ないながらニーズは一定数あるそうです(詳しいデータは明らかにしてもらえませんでしたが)。

3.2. 無選択型の医療保険

無選択型・無告知型の医療保険も、あるにはあります。特徴は以下の通りです。

  • 保険期間が短期・更新のみ(5年など)
  • 保険料が非常に割高(もともと割高で更新ごとに上がっていく)
  • 設計の自由度が低い(給付金の額など)
  • 保障開始が遅い(最初は保障が全くない)
  • 保障開始前の病気は全く保障されない

これも、加入時の健康状態は一切問われない代わりに、それ以外の点が非常に厳しくなっています。実際には、役に立てられるケースが限られすぎているため、使えるケースはとても少ないと言わざるを得ないものになっています。

3.3. 無選択型が活用できるケースは限られている

私たちの経験の及ぶ限り、無選択型保険に加入した例は御座いません。ファイナンシャルプランニングを行った結果、保障が受けられる状況が限られすぎているのと、保険料が高過ぎる関係で、家計的には悪影響になると判断した場合が大半だからです。

これはお伝えすることが非常に辛いことではありますが、何か他にできることはないかと探し続けているというのが現状です。

もちろん、「それでも何らかの道筋を見つけたい」とお思いの方も少なからずいらっしゃると思います。その場合は、しっかりとファイナンシャルプランニングを行い、保険料の支払いと保険金による金銭的リターンを数字で判断して、それによって精神的な安心を得られるかどうかを真剣にご検討ください。

まとめ

過去にがんにかかったことのある方、現在がんを患っている方のために、保険の選び方や種類について説明してきました。

まず、過去にがんになったことのある方でも、通常の保険に加入できる場合があります。まずは、この記事でお伝えした判断要素や実例をお読みになってもしや、と思った方は、一度トライしてみることをおすすめします。そして、それでもだめだった場合に、引受基準緩和型・限定告知型を検討してみましょう。

また、現在がんを患っている方も、どうしても加入されたいのであれば、加入できる保険商品はないわけではありません。ただし、加入時の健康状態が問題にならない代わりに、支払い条件等が非常に厳しくなっているので、それらの点を踏まえ、本当に必要なのかどうか、慎重に判断することをおすすめします。

また緩和型を検討する場合も、無選択型を検討する場合も、それに加入することによって、家族に対して経済的なプラスになるのかをしっかりとシミュレーションすることが必要です。大変なこととは存じますが、そういう時こそ、入念にファイナンシャルプランニングを行ってください。

また、私たちにご相談いただいても、誠心誠意お応えさせて頂きます。

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や企業関係法、民法、行政法といった分野について幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。