共済

小規模企業共済で退職金を準備する5つのメリットと3つの注意点

a0001_013540

中小企業の経営者・役員の方が老後の生活資金を準備する手段として、小規模企業共済があります。

小規模企業共済は、中小企業の経営者・役員の方が個人で加入し積立をするものです。

ある程度の長期間きちんと掛金を支払い続けていれば、着実に、払い込んだ額以上のお金が受け取れるようになります。

また、あなたと会社の双方にとって節税になるというメリットがあります。その結果、加入せず掛金の額を単に貯蓄する場合と比べて、手持ちのお金が60%くらい増やせることもあります。

ただし、掛金を減額した場合や中途解約した場合にデメリットを被るおそれがあることも忘れてはいけません。

この記事では、小規模企業共済の5つのメリットを分かりやすく説明した上で、3つの注意点についてもお伝えします。

続きを読む

0

中小企業倒産防止共済を活用する時の7つのメリットと4つの注意点

bsYUKA150701038569

あなたは、「中小企業倒産防止共済」(経営セーフティ共済)が節税に役立つという話を聞いたことがあると思います。

中小企業倒産防止共済は、掛金の全額が損金になりますので、節税の効果があります。また、決算対策としても有効です。また、それ以外にも、様々なメリットがあります。

しかも、注意すべき点に気を配っておきさえすれば、リスクはそれほど大きいものではありません。そのため、中小企業であれば、加入しておいて損はありません。

この記事では、中小企業倒産防止共済の加入のメリットと注意点について、似たはたらきをする「法人保険」との比較も意識しながら、分かりやすく説明します。

続きを読む

0

中小企業退職金共済で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

a0001_016527

この記事をお読みの経営者の方は、従業員の退職金制度を整備するのに、中小企業退職金共済の活用をお考えのことと思います。

中小企業退職金共済は、掛金が全額損金扱いなので、会社の税負担が軽くなります。

また、何事もなければ、着実に、支払った掛金よりも多くの額の退職金を準備することができます。つまり、会社が掛金を減額せずに支払い続け、従業員が一定期間勤務した後で退職するという前提の下に制度設計がされています。

しかし、逆に言えば、イレギュラーな事態に弱いということでもあります。

また、従業員の退職金準備に特化した制度なので、融通が利かない面もあります。

そこで、この記事では、中小企業退職金共済を活用するメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

中小企業倒産防止共済とは?誰でもわかるメリットと注意点

YKYK0I9A1197_TP_V

「中小企業倒産防止共済の仕組みってよくわからないな…。」「倒産防止って名前なのに、どうやって節税になるの…?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

中小企業倒産防止共済(経営セーフティー共済)とは、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。取引先の予期せぬ倒産から会社を守ることができる制度で、掛金800万円までが法人なら損金算入、個人事業主なら必要経費になります。

ただし、注意しなければならないことがあります。

今回は、そんな中小企業倒産防止共済のメリットと注意点について、分かり易くお伝えしていきます。
続きを読む

0

小規模企業共済とは?誰でもわかるメリットとデメリット

OOK151107010I9A8224_TP_V

「小規模企業共済って、名前だけは耳にしたことがあるけれど、どんな内容なのだろう…?」「節税に良いって聞くけれど、具体的にどんな効果があるのだろう?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

小規模企業共済は、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。掛金の支払い時と、受取り時に節税になるメリットがあり、個人事業主の方の退職金準備には非常に有効な手段です。ですが、もちろん良いことばかりではありませんから慎重に選ぶ必要があります。

今回は、そんな小規模企業共済のメリット、デメリットについて分かり易くお伝えしていきます。

続きを読む

0

小規模企業共済で退職金を積み立てるメリット・デメリット

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GAK96_tesuriniokaretahanataba-thumb-1000xauto-16302

個人事業主の方や、中小企業の役員・従業員の方は、どこかで一度は「小規模企業共済」という言葉を耳にしたことがあるかも知れません。小規模企業共済は平たく言えば、経営者のための公の退職金制度のようなものです。そして、実際に多くの経営者の方が加入されています。ただ、加入する前にメリットとデメリットの両方を把握し、掛金・共済金(≒退職金)の額や、共済金の受取時期について、ある程度計画を立てておく必要があります。今回は、小規模企業共済とは何かということと、メリット・デメリットについて説明します。

続きを読む

0

法人保険の前に必須!中小企業倒産防止共済のメリット6つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500-thumb-1000xauto-4998

「中小企業倒産防止共済」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?なんとなく、倒産を防止するためのお金を積み立てておくものかな、くらいのイメージはあるかもしれません。しかし、具体的にどういう場合にどのように役に立つのかということはあまり考えたことがないのではないでしょうか。

実は、中小企業倒産防止共済(セーフティ共済)には、「倒産の防止」以外にも便利な活用法があり、税制上の配慮もされているため、加入しておいて損はないどころか、絶対に加入すべきと言っても過言ではありません。

この記事では、中小企業倒産防止共済のしくみと加入のメリットについて、分かりやすく説明します。

続きを読む

0

年間240万円までの節税は全額損金にできる倒産防止共済

tousanboushi-setsuzei

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は全額損金にできると聞いたものの、具体的にどんな仕組みなのかわからないという経営者の方は多いのではないでしょうか。

倒産防止共済は、年間240万円(累計800万円)まで掛け金を全額損金計上できるため、節税対策に有用です。

今回の記事では、この倒産防止共済を用いた節税について、詳しくお伝えしていきます。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社