法人損害保険

貨物保険とは?よくわかる基本的なしくみと補償内容

0a78a184b9a232da252c573713529032_s

貨物保険はその名前の通り「輸送中に貨物が損害を受けた場合に損害額を補償してくれる保険」です。

一口に貨物と言っても、その輸送方法は様々で、運送地域やルートによって貨物保険の名称は異なります。日本と海外を海路・陸路・空路を使い、貨物を輸出・輸入する時にかける「外航貨物海上保険」、国内にある港から港へ海路で貨物を輸送する時の「内航貨物海上保険」などがあります。

日本は海に囲まれた島国であることから、多くの貨物が船や飛行機で毎日のように輸出入されています。そして、海外との間の貨物の輸送中に予期せぬ事故が発生した場合、その被害は甚大なものになる可能性があります。ですから、一般的に貨物保険が表すものは、主に海路で船を使用して運ぶ貨物にかけられる保険のことを言います。

そこで、この記事では、貨物保険の中でも日本と海外の国際貿易における物流リスクをカバーする「外航貨物海上保険」(以下、貨物保険)を中心に解説していきます。輸入・輸出の業務に関わっている方、国際貿易に携わる方は是非最後までお読みください。

続きを読む

0

特定医療法人とは?税制上のメリットと注意点まとめ

a0001_014027

医療法人にとって、法人税の優遇が受けられる制度の1つに「特定医療法人制度」と呼ばれるものがあります。

特定医療法人として認定されれば、軽減税率が適用されるなどのメリットが得られます。

しかし一方、特定医療法人として承認されると、かえって収益を得る方法等が制限されてしまうことも多く、申請する際にはメリットとデメリットを比較することが大切です。

今回は特定医療法人になることのメリットとデメリット、特定医療法人として認められるための手続等、基本的な情報を紹介します。医療法人の法人税を抑える方法を探している方は、ぜひご参考にしてください。

続きを読む

0

PI保険(船主責任保険)|知っておきたい基本的な補償内容

8c8e4d0b39850c0d478ba135c878ce65_s

PI保険とは、船舶の運行によって生じる様々なリスクをカバーする保険です(P&I保険とも呼ばれます)。

「PI」とは、「Protection(保護) & Indemnity(補償)」の略で、船の事故が起きた時に所有者の方が負う損害賠償責任等の費用をカバーする保険です。

わかりやすくいうと、船舶保険や貨物保険といった海上保険を「物保険」とするならば、PI保険は「賠償責任保険」ということになります。

船が航行中に沈没や座礁、衝突や火災等の事故が起こると、他の船舶や第三者に対して損害を与えてしまうリスクを含んでいます。また、積んでいた貨物の損害に関する費用を負担する必要も出てくるかもしれません。そんな時に備えるのがPI保険です。

PI保険の対象は品物の輸出入に関わるような商船はもちろんのこと、漁船を対象とした保険もございます。

この記事ではPI保険の基本的な補償内容について、注意点を踏まえながら、わかりやすくご案内いたします。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

エステの保険|あなたの会社とお客様を守るために知っておきたいこと

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

エステティシャンの仕事は、お客様の顔や身体に直に触れるので、細心の注意が必要です。

最近では価格競争がすすみ、低価格でサービスを提供する店舗が増える一方、エステティシャンの技術が伴わず、事故が起きてしまったようなケースもあります。

事故が起きてしまうと、お客様に多額の賠償責任金を支払わなくてはならなくなったり、営業停止になったりして、その後の経営にも影響がでてしまうこともあるでしょう。これは会社にとって大きな痛手となります。

この記事では、エステティック業における様々なリスクをカバーする保険について、具体例を上げながら、分かりやすく説明していきます。ぜひ最後までお付き合いいください。

続きを読む

0

美容室の保険|意外なリスクと本当に必要な保険とは?

9690be70a8e686b4f4ab6eb7b2cd4be0_s

美容師や理容師の皆様は、いつも、お客様が気持ちよく過ごせてキレイになってもらえるよう、細心の注意を払っていらっしゃることと思います。

しかし、どんなに細心の注意を払っていても、またご自身に落度がなくても、事故が絶対に起きないとは言い切れません。

たとえば、ヘアーカット中にお客様がくしゃみをした拍子にお客様の体を傷つけてしまったという話や、シャンプーが原因で頭皮が炎症を起こしてしまったという話をたまに聞きます。

そういう場合、賠償責任問題に発展する可能性があります。また、そればかりでなく、悪評が立つとその後の店舗経営にも大きなダメージを与えてしまうかもしれません。

この記事では、美容室で起こりうる具体的な事故の例を念頭に置いて、美容業界などで起こりうる万が一のリスクに備えるために、どんな保険に入っておくべきなのか、分かりやすく解説してまいります。

美容室の関係者の方だけでなく、同じ業界で活躍されている経営者の方にお役に立てる内容となっていますので、是非最後までお付き合いください。

続きを読む

0

海上保険とは?安心して海外と貿易するための3つのポイント

446f2658f2542789b85145d552223eee_s

外航貨物海上保険は、海外へ輸送中の貨物が事故で被害をうけた時の損害をカバーする保険です。

「海上保険」というネーミングから「海の上」にいる時の損害しかカバーしてもらえないような気がしてしまいます。

しかし、実際には「航空・陸上」を運送中についても補償の対象とできることがあります。

悪天候など自然現象によって引き起こされる「沈没・座礁・転覆」などの海上危険だけではなく、人為的ミスによる「火災・爆発・衝突」までカバーしてもらえます。また、場合によっては「戦争・内乱・ストライキ」といった様々なリスクもカバーしてもらえます。

輸送中の事故で貨物が損害を受ければ、輸送費用や貨物そのものの損害額、取引先への損害賠償金など、あなたの会社が被る負担は多額なものとなることが予想されます。

また、事故の責任が船会社や航空会社にある場合でも、これらの会社に運送契約上の賠償責任限度額があるため、十分な補償を受けられない場合も考えられます。

このようなことから、外航貨物保険は、貿易に関わる企業の皆さまにとってかかせない保険です。

外航貨物海上保険は専門的な分野なので専門用語も多く登場しますが、ひとつずつ分かりやすく解説していきます。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

法人の火災保険|加入・更新の時に必ずおさえておくべきポイント

a0790_000629

企業の重要な財産である社屋や倉庫、工場などが火災や自然災害によって被害を受けると、膨大なダメージをもたらす恐れがあります。それをカバーするために絶対に加入しておいていただきたいのが、火災保険です。

しかし、火災保険が火災以外にも役立つことはあまり知られていません。また、火災保険に一応入っていても、きちんと会社の損害をカバーできるようになっていない例もよくあります。

私はこれまで、数多くの法人様の火災保険のご相談をお受けしてきました。その中で、火災保険の設計が不十分だったためにいざという時に十分なお金を受け取れなかったという話をうかがったことがあります。そして、そのたびに、もっと早くにご相談をいただいていたらと悔しい思いをしています。

この記事では、特に法人様・事業者様向けに、火災保険の基本的な補償内容と、プランニングの際に押さえておくべきポイントについて、分かりやすくお伝えします。是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

0

中古車の減価償却|最短1年で減価償却できるため知っておきたい基礎知識

a0782_000852

法人で購入した自動車は、減価償却することができます。あなたも、車を法人で買う時は4年落ちの中古車が良いとか、新車より中古だとか、なんとなく耳にしたこともあるのではないでしょうか?

でも、新車と中古車では減価償却の仕方や期間に違いがあるのをご存知ですか?また、同じ購入価額でも、償却方法が違えば計上できる金額も変わるのです。

今日は、なぜ新車ではなく中古車が有利と言われているのか、減価償却の仕組みから丁寧に、詳しくお伝えしていきます。

続きを読む

0

工事保険の選び方|3つのリスクから考える本当に必要な補償内容

334bea04325c9317908c7cd8e46957cd_s

この記事にたどり着いた皆さまは、ご自身の会社で行われている工事に対して、どんな保険があるのか?どんな保険が必要なのか?をお調べになっていることと思います。

工事というと、一般的にはビルや家屋などを作る建築工事のことを表すことが多いのですが、実際には電気工事、土木工事、内装工事、ダムやトンネルなどの大規模施設の工事など、数え上げればキリがない程の多くの種類がございます。

保険という分野で考えてみると、工事中に起きた事故では、補償の対象となるモノやヒトによって、最適な保険種類や補償内容が異ってまいります。

そこで、この記事では、

  1. 工事の対象となるモノの損害をカバーする保険
  2. 第三者へ損害を与えてしまった時の保険
  3. 従業員のケガや損害に備える保険

の3つのリスクごとに分けて、工事保険の選び方をご案内してまいります。

工事の時に起こるリスクをカバーする保険選びのご参考になるよう、ポイントを絞って分かりやすく解説いたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

海外PL保険|海外での賠償リスクから会社を守る4つのポイント

E146_shinagawahutougteihakusuru_TP_V

経営者の方々から、国内向けのPL保険以外に、海外PL保険(海外生産物賠償責任保険)に加入したほうがよいか?というご相談をお受けすることがあります。

PL保険とは、作ったモノや仕事の結果に欠陥があったことによって、お客様などに損害を与えてしまったときに賠償責任をカバーしてくれる保険です。

もしもあなたの会社が海外で製造、販売などの事業活動を行っているのであれば、安定した経営を維持するためには海外PL保険の活用が不可欠となります。

また、もしもあなたの会社の製造した製品が他の製品の部品となって海外に出回る可能性があるならば、やはり海外PL保険に加入しておいた方が良いことになります。

そして、「海外」PL保険の場合、当然のことながら、日本国内とはまた違う問題があることを理解した上で、補償内容等を吟味して、想定されるリスクをしっかりカバーできるように加入する必要があります。

私はこれまで長年、多くの法人様の海外PL保険を担当してきました。その経験から、この記事では

  • なぜ海外PL保険が必要なのか
  • 海外PL保険の基本的な補償内容とはどんなものか
  • つけていた方がよい特約
  • 保険金を受取る時の通貨の選び方

という4つのポイントについて、分かりやすくお伝えします。保険会社の資料やインターネットの記事等でほとんど触れられていない注意点についても丁寧に説明していますので、是非、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社