経営者必見!法人保険の保険金の限度額3つのポイント

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_onajiyounamadonobiru-thumb-1000xauto-12813

生命保険を検討するときに「いくらまで」加入できるのか考えたことはありませんか。

実際に、経営者の方が法人保険を活用して、退職金の準備や事業保障を確保するときに加入できる生命保険の保険金額は思っている以上に大きなものとなることもあります。

ただ単に生命保険に加入の限度があるということだけならば、なにも問題はないのですが、会社として備えたい保険金額をより多く確保しなければならないときや、法人保険を活用してお金を貯めていくときなどには、これからご紹介するポイントを知っておかないと思うように法人保険に加入できなくなってしまうこともあります。

わかりやすくポイントをまとめましたので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、最後にはより多くの保険料を損金算入させながら会社の資産を増やしていきたい向けに、ちょっとしたテクニックもご紹介いたします。

続きを読む

起業家が助成金で圧倒的に得するための10のポイント

9.30記事

起業をする時の悩みの種は、人を雇ったり設備を整えたりするための初期投資に思いのほか多くのお金がかかってしまうことだと思います。そこで思いつくのが、「公的な助成金・補助金をなんとか活用できないか」ということでしょう。しかし、どうやって見つけたらいいか分からなかったり、申請の手続が面倒くさそうだったり、「どうせ審査に通らないだろう」と思ったりして、尻込みをしている方も多いのではないのでしょうか。

実は、助成金・補助金の中には、条件さえみたせば必ず受け取れるものがありますし、審査があっても意外に通りやすいものもあります。金額も高額なものがあったりするので、申請して絶対に損はありません。

この記事では、公的な助成金・補助金の見つけ方、審査に通りやすくなる方法等、助成金・補助金が受け取れるチャンスをぐっと高めるために押さえておきたいポイントについて、分かりやすく説明します。

続きを読む

担保不要!起業に役立つ融資を上手に引き出す10のポイント

9.28記事

「起業したいけどお金が足りない!」「銀行でお金を借りたくても担保なんて用意できない!」そんな理由で、起業をあきらめようとしてしまってはいませんか?

たしかに、自分で準備できるお金は限られています。また、親戚や友人にお願いして借りるというのは、のちのち人間関係を壊す原因になりかねません。そして、銀行等の金融機関から借りるというのも、何の実績もなく、担保(不動産、保証人等)を準備できないのでは非常に難しいものです。

しかし、あきらめるのはまだ早いです。そんなあなたに是非活用を考えていただきたいのが、公的な融資制度、特に、自分で担保を用意しなくても利用できる制度です。

それは、市区町村・都道府県といった地方公共団体の「制度融資」と、日本政策金融公庫の「新創業融資」です。

この記事では、無担保で受けられる「制度融資」と「新創業融資」の2種類の公的融資制度について、融資を効率よく引き出すために絶対に押さえておきたい10のポイントを分かりやすく説明します。

続きを読む

終身保険は危険!法人が加入するデメリット4つと活用の鉄則2つ

終身保険

この記事をお読みの経営者の方は、保険の営業マンから終身保険への法人加入を勧められたことがあると思います。その時、「保険料を支払い終わった後で解約返戻金を受け取れば銀行預金よりも率が良い上に、いざという場合には死亡保険金を受け取って保障も受けられる」という売り文句をお聞きになったかも知れません。

確かにこの言葉自体は、あながち嘘とまでは言い切れません。実際、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりと、メリットが大きいものです。しかし、法人加入の場合、個人加入と同じように考えてはいけません。保険料や解約返戻金の会計上の扱いを考えると、実は終身保険はむしろデメリット、リスクが非常に大きいのです。強いて言えば、終身保険を敢えて活用するメリットがあるのは、死亡保険金で事業承継対策をする場合だけです。私は、終身保険を法人に対して敢えて勧めてくる営業マンの多くが、終身保険のリスクをどの程度理解しているのか、疑問だと思っています。

この記事では、終身保険のメリットとデメリット、特にデメリット4つにスポットを当てて説明した上で、メリットが生きる活用法と、活用のための鉄則2つをお話します。

続きを読む

会社を守り発展させる!法人向け医療保険の徹底活用法4つ

a1170_000192

医療保険には「法人向け」の商品があります。しかし、経営者の皆様から、「個人向け」とどう違うのか、具体的にどんな活用法があるのか、よく分からないといった相談を受けます。

実は、法人向けの医療保険は、保険の内容自体は個人向けの商品とほとんど変わりません。しかし、保険料を損金に算入できる上、上手に活用すれば、経営者にとっても、従業員にとっても大きなメリットがあり、会社を守り発展させていくのに大いに役立つ可能性があるものです。

ただし、経営者と従業員のどちらにかけるか、保険期間をどのように設定するかによって、そこにかかるコストや活用法が変わってきます。

この記事では、医療保険の契約のパターンを4つに分類したうえで、会社を守り発展させていくのに役立つ4通りの活用法について説明します。

続きを読む

全額損金で節税は危険!生活障害保障型定期保険の活用のための鉄則3つ

a1180_011345

「生活障害保障型定期保険」という保険商品は、よく「全額損金」とか「節税商品」として紹介されますが、それがどういうことなのか、きちんと理解できている人はほとんどいないのではないでしょうか。

実は「節税商品」というのは大きなミスリーディングで、クセが強い商品である上、それなりのリスクがあり、活用方法は限られています。

ところが、そういったことを整理して説明している書物やサイトはほとんど見当たりません。恐ろしいことに、法人保険を扱っている営業マンでも、生活障害保障型定期保険についてはよく理解できていないまま「全額損金」という点だけを売りにして販売している人がいたりします。

この記事では、まず、生活障害保障型定期保険のことを知らない方が多いことを踏まえ、商品の内容を詳しく説明します。そして、生活障害保障型定期保険の活用を考える上で是非知っておいていただきたいメリットとデメリットを踏まえた上で、絶対に守るべき3つの鉄則について説明します。

生活障害保障型定期保険の活用をご検討の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

起業するなら知っておきたい合同会社のメリットとデメリット

合同会社とは(昼顔)

会社を起業しようとする時には、必ず会社のタイプを選ばなければなりません。起業家を志している方は、これからご自身が起こす会社を、世の中で圧倒的に多い「株式会社」にしようか、最近増えている「合同会社」というタイプにしようか悩んでいて、特に「合同会社」について、「株式会社」と比べてどんなメリット・デメリットがあるのか、よく分からなくなっているのではないでしょうか。

実は、合同会社は、設立費用とランニングコストが安くて済む上、株式会社のメリットをできるだけ活かしつつデメリットをカバーしたタイプで、とりわけベンチャー企業には向いています。しかし、まだまだ合同会社がどんなタイプの会社でどういったメリット・デメリットがあるのかは、世の中に広く知られていないように思います。

そこで、この記事では、合同会社とは何なのか、しくみとメリット・デメリットを大づかみすることができるように、分かりやすく説明していきます。特に、最もメジャーなタイプである「株式会社」との比較を重視して説明しますので、株式会社のメリット・デメリットもばっちり理解できるようになっています。今後、起業を考えている方は、是非、参考にしていただきたいと思います。

続きを読む

経営者ならば絶対に知っておくべき!法人税の計算方法

法人税 計算

経営者の皆様から、よく、「税金対策を経理担当者や税理士だけに任せておきたくないが、そもそも法人税のしくみが分かりにくくて困っている」といった声をお聞きします。

確かに、法人税を知ろうとすると、「資本等取引」「減価償却費」「貸倒引当金」「繰越控除」・・・などなど、いかつい用語やテクニカルな概念がたくさん登場します。しかも、本やインターネットで調べようにも、複雑な図や表や計算式が出てきたりして、どうすればいいのか分からなくなってしまっているのではないでしょうか。何を隠そう、私も同じ思いをした経験があります。

しかし、実は、法人税法は一見とっつきにくそうですが、基本的なところをきっちり押さえておけば、そんなに難しいものではありません。

そこで、この記事では、法人税の計算方法についてのごく基本的なことをピックアップして、特に、とっつきにくいものをイメージしやすく噛み砕いて説明します。

この記事を読んで理解すれば、経理担当者の方や税理士と法人税の話ができるようになり、主体的に税金対策にかかわっていけるようになるはずです。一度に全部が理解できなくても大丈夫です。とりあえず全体をおおまかにとらえるつもりでおつきあいください。

続きを読む

事業保障に役立つ法人保険10種類の特徴と活用方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N745_sukusukuhimawari-thumb-1000xauto-14570

経営者の皆様は、「法人保険」という言葉をよく耳にすると思います。特に、経営者・役員を対象として加入する法人保険については、「退職金の準備」「利益の繰り延べ」等に役立ちそうだというイメージも漠然と抱いているのではないかと思います。ただ、そういった法人保険には多くの種類があるので、何がなんだか分からないのではないでしょうか。

保険の本来の役割は、あくまでも事業保障、つまり、企業の経営者・役員が死亡した場合や病気・けがの場合に、事業活動の資金をカバーするということにあります。したがって、活用法を考える以前の問題として、まずは、どの保険がどのような保障内容をもっているのかを把握する必要があると思います。

この記事では、事業保障に役立つ法人保険10種類について、それぞれの特徴と活用法を整理して説明します。法人保険の活用を考える前提として、まず、それぞれの保険の内容を大まかに理解するためにお役立てください。

続きを読む

法人保険で必要な資金を準備する方法のメリットとデメリット

a0002_005488

たとえば、10年かけて1年あたり500万円・合計5,000万円の利益から、必要なお金を積み立てるとします。もしも、法人保険を活用すれば現金・預金で貯めるよりも900万円、つまり約30%多くキャッシュが手元に残るとしたら、その活用法を試してみたいと思いませんか?

法人保険の種類によっては、上手に活用すれば、損益の計上のタイミングを調整することによって、それが実現できる可能性があります。しかも当然、保険の契約内容通りの保障を受けながらです。さらに、保険の場合、いつ、どのような場合に、いくら受け取れるかということが予め決まっているので、株式投資などと違って特別な知識・経験は不要です。

この記事では、法人保険を活用した損益の計上のタイミング調整の方法について、メリットとデメリットを含めて詳しく、分かりやすく紹介します。また、法人保険と似た機能がありリスクが少なく安心して利用できる公の制度・中小企業倒産防止共済についても簡単に説明したいと思います。

続きを読む