従業員の福利厚生に役立つ法人保険3種類の活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-KAZ852_tuyutokidokiajisai-thumb-1000xauto-18395

会社の経営が軌道に乗って安定してお金を稼げるようになってくると、次は従業員の福利厚生をどうやって整えるかということが課題になってきます。稼ぎ出したキャッシュを使って福利厚生を整え待遇を改善することは、従業員のやる気を引き出し、会社がよりいっそう多くのキャッシュを稼ぎ出す原動力になるという良い循環を作り出します。有能な人材も集まりやすくなるでしょう。

そこで、法人保険を利用すれば、福利厚生の制度をより効率的に整えるのに役立ちます。

この記事では3種類の法人保険、退職金制度を整え従業員の家族の福利厚生にも役立つ「養老保険」と、従業員の医療費をサポートする「医療保険」と「がん保険」(解約返戻金のないタイプ)について、実際の契約例を紹介しながら説明します。なお、退職金を整える手段についてはおまけとして、「中小企業退職金共済」という公の制度も紹介します。

続きを読む

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

a1020_000054

この記事をお読みの経営者の方は、事業承継の準備に生命保険が利用できるということをお聞きになったことがあると思います。

株式会社の場合、後継者に株式の全部または大部分を引き継がせることになります。

後継者が血縁者でも、従業員等でも、事業の引継ぎに伴う混乱やダメージをできる限り抑えて、承継がスムーズに行われるようにしなければなりません。

事業承継は、どの企業もいつかは必ず直面する問題です。この記事では、法人保険3種類(逓増定期保険、長期平準定期保険、終身保険)と、個人契約の生命保険を利用した対策について、できるだけ分かりやすくご紹介します。十分に理解して、将来を見据えて有効な対策をとっていただければと思います。

続きを読む

経営者の相続税対策につながる死亡退職金について詳しく解説!

PPG_anteli-kunatokei_TP_V1

退職金についてはなんとなく知っていても、死亡退職金となると死亡時に会社からもらえる退職金ということくらいしか頭に浮かびませんよね。

死亡退職金とは、通常の退職金のように会社に長く務めている方の功労の対価として会社から遺族へ支払われる死亡時の退職金のことです。

死亡退職金が通常の退職金と異なる点は、死亡退職金は死亡時に遺族へ支給されるお金なので、相続税の対象になるということです。

本日は、この死亡退職金についてご説明していきます。また、死亡退職金を活用した相続税の対策方法や生命保険を活用した死亡退職金の備え方も記載しておきますので、是非最後まで読んでみてください。

続きを読む

小規模企業共済で退職金を積み立てるメリット・デメリット

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GAK96_tesuriniokaretahanataba-thumb-1000xauto-16302

個人事業主の方や、中小企業の役員・従業員の方は、どこかで一度は「小規模企業共済」という言葉を耳にしたことがあるかも知れません。小規模企業共済は平たく言えば、経営者のための公の退職金制度のようなものです。そして、実際に多くの経営者の方が加入されています。ただ、加入する前にメリットとデメリットの両方を把握し、掛金・共済金(≒退職金)の額や、共済金の受取時期について、ある程度計画を立てておく必要があります。今回は、小規模企業共済とは何かということと、メリット・デメリットについて説明します。

続きを読む

経営者・役員の退職金に関する法人税法上の扱いまとめ

a0001_012732

この記事をお読みの会社経営者・役員の方は、会社の資金を使ってご自身の退職金を準備することをお考えのことと思います。退職金の準備の方法はいろいろありますが、必ず突き当たるのが、法人税が「どの段階で」「どのように」かかってくるのかという問題です。

この記事では、中小企業の退職金準備について、退職金の金額の決定の時に税法上注意すべき点、積立方法に関する税法上の扱いについて説明します。ぜひ最後までおつきあいください。

続きを読む

中小企業のための経営者・従業員の退職金準備方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPS_samuraibara-thumb-1000xauto-12983

相談に訪れる経営者の皆様の中には、会社の経営の基盤が固まってきたから次のステップとして福利厚生、特にご自身と従業員の退職金の制度を整えたいとおっしゃる方がいらっしゃいます。

経営者の退職金と従業員の退職金とでは、準備方法・手段が少し違ってきます。また、どの方法をとるにも、時間もお金もかかることですので、それぞれの会社の資金状況等を踏まえて、無理のない方法を選ぶ必要があります。

この記事では、中小企業が退職金を準備する上で現実的に利用しやすいと思われる方法について、経営者・役員のための退職金準備の手段4つ、従業員のための退職金準備の手段3つを取り上げ、それぞれのメリットとデメリットを説明します。

続きを読む

法人の収入保障保険が事業安定化に最適である3つの理由

syunyuhoisyo

法人の事業保障というと定期保険がぱっと頭に浮かぶ方が多いかと思いますが、最近では収入保障保険で事業保障を備えている企業が増えています。

収入保障保険と聞くと個人保険のイメージが強く、法人でも掛けられることを知らない方がいらっしゃいますが、実は保険料の削減ができることや保険金受取時の会計上のメリットもあるので非常に有効的な手段として活用されています。

本日は法人の事業保障を収入保障保険で備えることをおすすめできる理由を3つにまとめてご紹介していきますので、是非最後まで読んでみてください。

続きを読む

中小企業の決算対策|厳選重要11テクニックと落とし穴5つ

工場地帯

中小企業の経営者の方からよく、決算対策についての相談をいただきます。大きな収益が出て法人税が心配なので、何とか決算対策をしたいというのがほとんどです。そして、中には、「保険を契約して保険料を年払いで支払う」とか、「社用車として高級外車を買う」といった具体的な方法について相談をされる方もいらっしゃいます。

しかし、それらはいずれもかなりのお金がかかるもので、簡単に決めていいものではありません。しかも、会社の資金を使わずに決算対策ができるならばそれに越したことはないと思います。また、お金を使うにしても、そのお金が無駄にならず、会社や従業員の将来にとって意味のある使い方を選ぶべきだと思います。

この記事では、お金がかからないか、お金を使う意味のある11のテクニックを厳選して説明します。また、「決算対策」をしようとする時に陥りがちな落とし穴を5つ取り上げて説明します。ぜひ最後までおつきあいください。

続きを読む

福利厚生の最重要課題・退職金制度を整える3つの方法

a1180_014301

会社の経営が軌道に乗ってきて毎年コンスタントに利益を出せるようになると、次は従業員の福利厚生をどうやって整えるかということが課題になってきます。中でも、特に退職金の制度は、従業員の老後の生活資金をある程度会社が保障し、老後の心配をすることなく安心して働いてもらうという点から、最も重要な福利厚生と言えるでしょう。

この記事では、これから福利厚生の制度、特に退職金の制度を整えようとお考えの中小企業経営者の皆様のために、最初の一歩として取り組みやすいと思われる方法を3つ選び、分かりやすく説明します。

続きを読む

従業員の退職金を準備するために絶対に知っておきたい3つの手段

退職金・花束

最近、中小企業の経営者の皆様から、従業員にできるだけ長く働いてもらいたいから退職金の制度を整えたいという相談を受けることが多くなっています。そのうちほとんどの方が法人保険の利用を検討したいとおっしゃいます。ただし、法人保険の利用には条件があり、全ての会社に向いているわけではありません。また、法人保険以外にも、従業員の退職金を積み立てる公的な制度もあります。

この記事では、従業員の退職金を準備する上で、どのような方法を選ぶにしても絶対に知っておいていただきたい3つの手段について説明します。

続きを読む