法人が医療保険を有効活用できる3つの方法

fukuoka_0i9a4520_tp_v

会社の経営が軌道に乗ってきて資金の余裕が出てきた法人のお客さまから、医療保険を法人で活用する方法について相談を受けます。

一口に医療保険と言っても、経営者の方のためと、従業員の福利厚生のためとでは、活用法が違ってきます。

というのは、医療保険には、保障が一生涯続いて保険料が変わらない「終身医療保険」と期間が短期で更新ごとに保険料が上がる「定期医療保険」とがあります。いずれも、保険料全額を損金算入でき、会社を守り発展させていくのに大いに役立つ可能性があるものです。ただし、それぞれ使い道が違うので、注意が必要です。ごく大雑把に言ってしまうと終身医療保険は経営者の方向け、定期医療保険は従業員の福利厚生向けとして使うのがおすすめです。

この記事では、医療保険の法人向けの3通りの活用法について説明します。

続きを読む

役員報酬の設定で節税効果を最も高める方法と3つのテクニック

sgf01a201501130800

家族や個人で会社を経営していると、役員報酬の設定で悩まれることはありませんか。

会社を経営していると、「法人税」だけでなく「所得税」「住民税」そしてなにより「社会保険」も負担しなくてはなりません。「こんなに売り上げをあげているのに、手元に残るのはこれしかない・・・」と嘆きたくなることもあることでしょう。

私は、法人のお客様のコンサルティングをさせて頂くことが多く、様々な経営者の方からこのような悩みを聞いています。

そこで、本日はこのような経営者の方々が少しでもより多くのお金を個人にも法人にも残せるような役員報酬の設定金額を解説いたします。

役員報酬の設定次第で個人・法人の節税に大きなインパクトを与えることができます。

そして税金だけでなく、法人でも個人でも負担しなければならなくなってしまう社会保険に関しても考慮して、結論を導き出しだして解説していきます。また、今回の結論に、追加の対策次第でさらに手元の資金をより多く残せる3つのテクニックまでご紹介しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

経営者の退職金を約30%多く積み立てられる5つのポイント

tc160130290i9a6551_tp_v

会社の経営者の方の大きな関心事の一つとして、ご自身のリタイア後の生活資金、つまり退職金をどのように確保するかということがあります。

できることならば、限られたキャッシュの中から税金の負担を抑えながら効率よく積み立てたいとお思いでしょう。また、退職金を支出する時は会社から多額のお金が出ていくので、その際に赤字のリスクは極力避けたいものです。

つまり、会社の財務状態を安定させることを考えると、退職金の資金を積み立てている間は損金を計上して税負担を軽減でき、逆に退職金として支出する時は益金を計上して赤字を防げるというのが理想です。

そして、その方法としては、法人保険、中小企業倒産防止共済、小規模企業共済があります。ただ、これらにはそれぞれ向き不向きがあります。したがって、ご自身の会社の現状や将来の見通しも含めて、入念なプランニングが必要です。そして、弊社ではこれまで、それぞれの法人のお客様の実情やお悩みを詳しくおうかがいした上で、コンサルティングを行ってきました。

このページでは、実際に弊社でコンサルティングを行ったお客様の実例を一つご覧いただき、その効果を得るためにどのようなプランニングを行い、どのように実行に移したか、全てお伝えします。

なお、法人保険の最も重要な役割は、経営者・役員の方に万一のことがあった場合の保障ですが、今回は、退職金を積み立てる機能にフォーカスしてお伝えします。

また、お客様の情報は、実例をそのまま掲載したのでは支障がありますので、少しずつ変えてあります。

このページと、リンク先のページの内容をお読みいただき、是非とも参考にし、実践していただければと思います。

続きを読む

長期平準定期保険で会社のキャッシュを多く残す4つの活用法

a0003_000941

法人保険の中でも「長期平準定期保険」は、よく、「節税」に役立つと言われます。それは、長期間にわたって保険料の1/2を損金に算入することができ、税金の負担が軽くなることをさしています。

ただ、それだけではなく、ある程度の長期的な見通しを持って上手に活用すれば、退職金等の資金にあてるキャッシュを効率よく積み立てることができます。また、それと同時に事業承継の準備もできます。さらに、急な経営危機の時には赤字を埋めることができ、ここぞというチャンスにはすぐに融資を受けることができるといううまみもあります。40歳くらいまでの経営者の方には非常に使い勝手の良い保険です。

この記事では、長期平準定期保険をどのように活用すれば効果を発揮するのか、具体的なケースをまじえて余すところなくお伝えします。

また、長期平準定期保険の中でも退職金を効率よく準備する機能を強化した「低解約返戻金型定期保険」というものがありますので、これについても活用の条件・注意点を説明します。

続きを読む

逓増定期保険で会社のキャッシュをより多く残す4つの活用法

a0001_008211

逓増定期保険はよく「節税に役立つ」と言われています。それは、保険料の1/2など、一部が損金に算入されることをさして言われることが多いです。確かに、税負担を軽くする効果は非常に魅力的です。

しかし、逓増定期保険の効用はそれだけではありません。逓増定期保険には特徴があり、それを押さえた上でご自身の会社のニーズに合った上手な活用をすれば、短期間で会社に必要な資金を効率よく積み立てることができ、同時に事業承継の準備もできる保険です。また、タイミングによっては、急な経営危機の時の緊急資金・赤字の穴埋めをすることができます。それに加え、ここぞというチャンスに面倒な審査を経ずすぐに融資を受けることも、できなくはありません。

ただし、それらの効用を得るには、加入する際に身の丈に合った保険料の額を設定した上で、十分なプランニングをして、会社にフィットした保険を選ぶことが条件です。

この記事では、そんな逓増定期保険の特徴と有効活用法のすべてを、具体的なケースをまじえて、分かりやすく、余すところなく説明します。また、一時期もてはやされたいわゆる「名義変更プラン」とそのリスクについてもお伝えします。

続きを読む

全額損金の保険で会社のキャッシュを守る最適の活用法

tc160130040i9a6542_tp_v

法人保険、つまり法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になると言われるものがあります。特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものです。保険会社によって名称はまちまちですが、よく「全額損金定期保険」と呼ばれ、人気があります。

この全額損金定期保険は、実は、活用の条件や会社ごとの向き不向きがはっきりしていています。そこで、この記事ではまず、「全額損金定期保険」のメリット・デメリットと、有効活用する上で守るべき鉄則についてお伝えします。

また、全額損金の保険はその他にもあります。解約返戻金は受け取れませんが、その代わり、低い保険料で効率よく会社のキャッシュを守り、増やしていくのに大いに役に立つことがあります。したがって、そういった保険(解約返戻金のない定期保険、収入保障保険、医療保険・がん保険)の有効活用法についてもお話しします。

全額損金の保険の活用をお考えの方は、是非ともお役立てください。

続きを読む

本当に知ってほしい養老保険のメリット・デメリット

a1130_000286

昔から、養老保険は、貯蓄の機能と保険を兼ね備えたものと言われていて個人法人問わず人気がありました。今でも一定の人気があります。

しかし、個人加入については、うまみは現在、失われています。

なぜなら、以前と違って、現在は利率・返戻率が低く、ほとんどの保険でキャッシュが目減りします。しかも、貯蓄の機能だけでも他の保険より見劣りします。

養老保険のメリット・デメリットは、個人で加入する場合と法人で加入する場合とで区別して考えなければなりません。個人加入のうまみがなくなった一方で、法人加入の場合は、唯一、従業員の退職金準備を目的として加入するのであれば、会社に大きなメリットをもたらしてくれる可能性があります。

この記事では、個人と法人の場合に分けて、個人加入と法人加入のそれぞれのメリット・デメリットを検証します。

養老保険の活用を考えている方に役立つ内容ですので、是非とも最後までお読みください。

続きを読む

法定相続分とは?相続対策に欠かせない3つの基礎知識

a0001_000045

法定相続分は、遺言等が残されていなかった場合に、各相続人が遺産を相続できる割合です。円満な相続のためには遺言を残していただくことを強くおすすめしますが、そのためには、遺言がない場合にどのように遺産が分けられることになるのか、法定相続分についてしっかり理解しておくことがスタートとなります。

ただ、だからといって、身構える必要はありません。法定相続分に関する民法のルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られているので、背後にある根本的な考え方から理解すれば、必要最低限のことはマスターできます。

この記事では、法定相続分について、必ず押さえていただきたい3つの基礎知識をお伝えします。この記事をお読みになれば、相続対策を立てる上での必要最低限の基本をマスターできるはずです。是非とも最後までお読みになって、役に立てていただけたらと思います。

続きを読む

単純承認に注意!相続で損しないため必ず知っておくべきこと

a1180_014458

単純承認とは、故人の財産状態をありのまま全て受け入れて全て相続することです。つまり、プラスもマイナスも全部ひっくるめて相続することになります。

この場合、プラスがマイナスを上回っていれば特に問題はありません。しかし、借金等のマイナスの方が多いと、遺産だけでそれをまかなうことができないので、結果として、相続した人は借金等を自分で引き受けなければならなくなります。

ただ、相続が始まったことを知ってから3か月以内であれば、それを避ける手段・方法もあります。

この記事では、単純承認とその他にとりうる選択肢についてお伝えした上で、最終的に態度を決める上で注意すべき点について説明します。相続で損しないために必要なことですので、最後までお読みになっていただけたらと思います。

続きを読む

限定承認は危険?限定承認のメリットと3つの注意点

a1180_010278

相続をする時になって、遺産(相続財産)をチェックしたところ、借金等が多くてマイナスになっていることがあります。その場合には、選択肢の一つとして、限定承認という方法があります。

限定承認は、相続財産のうちプラスの財産の範囲で借金を引き受けるというものです。

故人の借金の貸主等に対して最低限の義理が果たせるということで、義理人情を重んじると言われる日本人のセンスになじみやすい制度と言えます。しかし、だからといって、常におすすめできるわけではありません。むしろ、義理人情を考えても、端的に相続放棄した方が良いこともあります。

この記事では、限定承認とは何か、どのように行うものか、そして、どのような点に注意する必要があるかについてお伝えします。

続きを読む