相続税路線価と土地の評価額の算出方法

a0002_008482

土地の相続税対策をお考えの方は、ご自身の土地の評価額がだいたいどのくらいになるのかということが気になるのではないでしょうか。

そして、大まかにでも試算してみようと考えていろいろ調べていて、「相続税路線価」という聞きなれない言葉にぶつかると思います。

「路線価」は、土地の相続税・贈与税を計算する上できわめて重要です。

なぜなら相続税法では土地の評価額は基本的に

路線価(1㎡あたり) × 面積(㎡)

で計算されるからです。(例外として路線価のない土地は「倍率法」を用います。詳しくは後述します。)

そこで、この記事では、路線価がどのようなものか、どうすれば分かるか、また、路線価のない土地はどのような価値評価がなされるかということについて、分かりやすく説明します。

この記事を読めば、ご自身の土地の評価額がだいたいいくらくらいになるか、自分自身で算出できるようになるはずです。

どうか最後までおつきあいください。

続きを読む

素人でもできる!アパートの相続税の評価価値の算出法

a1180_011347

たとえば、あなたが賃貸用アパート・マンション(この記事では以下、単に「アパート」とします)を所有して賃料収入を得ていたとして、そのアパートはいずれあなたのご家族が相続することになります。

その時、どの程度の相続税がかかってくるのか、評価額の計算方法を知っておきたいのではないでしょうか。

実は、アパートについては、相続税の計算上、独特の評価方法がとられています。特に、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

  1. 敷地と建物は価値が別々に評価される
  2. 敷地は資産価値の評価が市場価値よりも3段階で引き下げられる
  3. 建物は資産価値の評価が市場価値よりも2段階で引き下げられる

この記事では、アパートの財産価値が相続税の計算上、どのように評価されるかについてお伝えします。そして、おまけとして、アパート経営において是非とも注意していただきたいことについてもお伝えします。

賃貸用のアパート・マンションを現在所有している方だけでなく、これから建てようとお考えの方にとっても役に立つ内容ですので、是非最後までおつきあいください。

続きを読む

マンションの相続税を抑えるため必ず押さえておきたい3つのポイント

マンション 相続税

マンションを相続した方、あるいは、いずれ将来マンションを相続する予定がある方は、相続税がかかってくるのかどうか、かかるならばどの程度お金を準備しなければならないのか、お悩みのことと思います。

そして、相続税を支払うにしても、何とかして金額を下げられないかとお考えになっているのではないでしょうか。

特に、平成27年から相続税法が改正され、課税される人の範囲が広がっています。そのため、これまで相続税を気にしなくてよかった方も、他人事ではなくなってきました。

この記事では、マンションの相続について悩みや不安を抱いている方のために、マンションにかかる相続税の計算方法がどうなっているか説明します。

そして、その上で、相続税の負担を軽くする方法について、分かりやすくお伝えします。

押さえておいていただきたいポイントは3つです。

  • マンションの評価額の計算方法
  • 基礎控除
  • 配偶者控除(配偶者の税額軽減)

これらのポイントを押さえておけば、マンションの相続税の負担を大幅に軽くするのに役立つはずです。

この記事をお読みいただきたいのは、これからマンションを相続する方だけではありません。いずれ相続させる立場になる方、つまり現在マンションを所有している方や、これからマンションの購入をお考えの方にとっても、役に立つ内容になっているはずですので、是非最後までおつきあいください。

続きを読む

死亡保険金の相続税を抑えるのに絶対に知っておくべき3つの制度

死亡保険金 相続税

生命保険の死亡保険金は、一家の大黒柱に万が一のことが起こった時に、残された家族にとって、その後の生活の当てとなる大切なお金です。

そして死亡保険金は、「みなし相続財産」として相続税を徴収される対象となっています。

しかし、残された家族の生活がかかっているので、国は死亡保険金の相続税の軽減措置として以下の3つの制度を用意しています。

  • 死亡保険金の非課税枠
  • 基礎控除
  • 配偶者の税額軽減(配偶者控除)

これらの3つの制度を知っているのと知らないのとでは、場合によっては支払う相続税額を大きく減らせる時もあります。そこで、この記事では、これらのすべてを詳しく解説させていただきます。

大事な保険金を、しっかりとご家族で管理できるようになるためにも一度はじっくりと目を通して見ていただければと思います。

続きを読む

相続税の計算方法|マスターするための5つのステップ

-shared-img-thumb-PPU_huruioyashiki_TP_V

あなたは、相続税対策をするために、まず、相続税の基本的な計算方法を知りたいと思っていることと思います。しかし、複雑で分かりにくいと感じているのではないでしょうか。

たしかに、相続税の計算方法はやや複雑で、とっつきにくいのは否定できません。しかし、5つのステップに整理して、どこの話をしているのかということを見失わないようにすれば、ある程度整理して理解することができます。

この記事では、細かい枝葉の話に入るのを極力避け、具体例を用いて、相続税を計算するうえで最低限、是非とも押さえておくべき5つのステップについてすっきり整理して説明します。

続きを読む

中小企業倒産防止共済を活用する時の7つのメリットと4つの注意点

bsYUKA150701038569

中小企業経営者の方は、「節税」の手段として、「中小企業倒産防止共済」(経営セーフティ共済)が有効だという話を聞いたことがあると思います。

「倒産防止」という言葉からは、「節税」とは何となく思い浮かびにくい気がしますが、加入して掛金を支払い続けている間は税負担が軽くなるのは事実です。また、その他にも、便利な活用法があります。

他方で、リスクもあると言えばあります。しかし、注意すべき点に気を配っておけば、リスクはそれほど大きいものではありません。そのため、中小企業であれば、加入しておいて損はありません。

この記事では、中小企業倒産防止共済の加入のメリットと注意点について、似たはたらきをする「法人保険」との比較も意識しながら、分かりやすく説明します。

続きを読む

中小企業退職金共済で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

a0001_016527

この記事をお読みの経営者の方は、従業員の退職金制度を整備するのに、中小企業退職金共済の活用をお考えのことと思います。

ただ、他にも、養老保険(福利厚生プラン)等の手段もあるので、どれを選んだら良いか分からなくなっているのではないでしょうか。

中小企業退職金共済は、掛金が全額損金扱いなので、会社の税負担が軽くなります。

また、何事もなければ、着実に、支払った掛金よりも多くの額の退職金を準備することができます。つまり、会社が掛金を減額せずに支払い続け、従業員が一定期間勤務した後で退職するという前提の下に制度設計がされています。

しかし、逆に言えば、イレギュラーな事態に弱いということでもあります。

また、従業員の退職金準備に特化した制度なので、融通が利かない面もあります。

そこで、この記事では、特に養老保険との比較にスポットを当てながら、中小企業退職金共済を活用するメリットとデメリットを説明します。

続きを読む

法人保険とはどんなもの?6つの加入目的と基礎知識

会社の保険を検討しようと調べると「法人保険」という言葉が出てきたと思いますがどのような商品なのか疑問なのではないでしょうか?

法人保険とは契約者を法人(会社)にして加入する保険のことです。

法人(会社)で保険に加入することによって保障だけではなく法人税対策、退職金の準備、福利厚生など商品や活用法によってさまざまな効果があります。

今日は法人保険とはどういうものなのか、そして加入する目的をお伝えします。法人保険を検討するときは必ず知っておかなければいけない基礎知識なので押さえておきましょう。

続きを読む

小規模企業共済で退職金を準備する5つのメリットと3つのデメリット

a0001_013540

中小企業の経営者・役員の皆様は、ご自身の老後の生活資金を準備する手段として、小規模企業共済に興味を抱いていらっしゃることと思います。

小規模企業共済は、中小企業の経営者・役員の方のための公の退職金制度とも言えるものです。

個人で加入して、ある程度の長期間きちんと掛金を支払い続けていれば、着実に、払い込んだ額以上のお金が受け取れるようになるものです。

また、あなただけでなく会社にとってもメリットがあります。

ただし、老後の生活資金の準備という役割に特化したしくみをとっているので、デメリットや、不足している点もあることを忘れてはいけません。

この記事では、小規模企業共済のメリット5つとデメリット3つについて、分かりやすく説明します。

続きを読む

法人で生命保険を考えるとき知っておくべき4つの目的と最適な使い方

法人で生命保険を検討しようと思っても、実際どういった商品があるのかよくわかりませんよね。

生命保険に入る目的はあると思いますが、会社にとってどの保険に入ればいいのかわからないと思います。当然のことながら会社の規模、業種、従業員数などによってニーズが違います。

法人で生命保険を活用するときに1番重要なのが目的を明確にして商品を選択することです。

今日は法人で生命保険を考えるときに重要な目的別にどの商品を選択すればいいのかをお伝えします。商品によって特徴があるのでしっかり把握しておきましょう。

続きを読む