遺留分減殺請求を有効に活用するのに必要な5つのポイント

a1180_010273

あなたは、遺留分、つまり相続人の最低限の相続分が受け取れなくなっており、そのことについてフォローもしてもらえない状態で、遺留分減殺請求について調べていることと思います。

遺留分減殺請求権は、遺留分が受け取れない場合、つまり遺留分の全部または一部が他の人に行ってしまっている場合に、その人から遺留分の不足分を取り返すことができるという強烈な権利です。

相続がうまくいくためには、最低限、相続人の遺留分への配慮がなされていることが欠かせません。

言い換えれば、あなたが遺留分減殺請求権を行使しなければならないような事態は、好ましいものではありません。やむをえず行使しなければならないというのはまさに断腸の思いでしょう。

この記事では、遺留分減殺請求権とはどういうものか、やむを得ず行使する場合にはどうやって行使するのかということにスポットを当ててお伝えします。

なお、「遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント」とあわせてお読みいただけたら幸いです。

続きを読む

結婚・子育て資金の一括贈与|注意点と唯一のメリット

a0027_001924

いわゆる「結婚・子育て資金贈与」とは、お子様の結婚・出産・子育ての資金としてまとまった額を一括でプレゼントすると、贈与税の優遇を受けられ、相続税対策になるとされている制度です。

ご自身が健在なうちに、20歳~49歳までのお子様・お孫様に対して1,000万円まで、結婚資金だけならば300万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、その時点では贈与税がかからないという制度です。

ただし、似たような制度である教育資金贈与」と比べると効果は非常に限られており、考えられるメリットは1つしかないので、注意が必要です。

この記事では、結婚・子育て資金の一括贈与に関する優遇措置の内容を説明したうえで、注意点と唯一のメリットについて詳しくお伝えします。

続きを読む

代襲相続とは何か?孫、おい・めいが相続人になる3つの場合

a0780_000901

「代襲相続」とは、お子様や兄弟姉妹の方が相続人となっているケースで問題になります。本来の相続人が訳あって相続できない場合に、その下の世代の人が、代わりに相続人になるケースです。

円満な相続のためには、それぞれのご家族への配慮のゆきとどいた公平な内容の遺言を作成しなければなりません。たとえば、お子様が既にこの世にいらっしゃらないのであれば、お孫様にご自身の財産を遺してあげたいと考えるのが人情だと思います。

代襲相続は、まさに、故人のそのような切実な思いに応えようという制度です。したがって、遺言を作成する上で大いに参考になると言えます。

ただ、ややこしいことに、代襲のルールは、本来の相続人が子か兄弟姉妹かで違いがあります。

この記事では、代襲相続について、どのような場合に誰が代襲相続人となるのかを詳しくお伝えします。

続きを読む

相続の順位|遺言作成のため絶対に押さえたい4つのパターン

GAK95_yuuguretocapple_TP_V

円満な相続のためには、ご家族のどなたにどの程度遺産を分けるべきかについて、遺言を残しておく必要があります。

その時に、必ず知っておいて参考にすべきなのが、法律ではどのような場合にどのご家族の方が相続をすることになっているのか、つまり、相続の順位です。

相続人が誰なのか、どれほど受け取れるのかについて、家族構成に応じて取り決めがされています。そして、そのルールは、どのように遺産を分け合うのが公平なのかということを考え抜いて作られたものです。したがって、遺言で遺産の分け方を決める時はきちんと考慮に入れなければなりません。

この記事では、相続の順位について、4つのパターンに分けて分かりやすくお伝えします。どのような家族構成だったとしても、これから説明する4パターンのいずれかに集約されます。是非最後までお読みになって、円満な相続のためにお役立ていただけたらと思います。

続きを読む

教育資金贈与の5つのメリットと5つの注意点

PAK85_desk15215645_TP_V

お子様、お孫様の教育のためになり、しかも相続税対策も兼ねることのできる制度として「教育資金贈与」があります。

ご自身が健在なうちにお子様・お孫様に対して、30歳になるまでの教育資金として1,500万円までの「まとまったお金を一括でプレゼント」してあげた(贈与した)場合に、贈与税がかからず、相続税も減らせるという制度です。

つまり、お子様・お孫様に、ご自身がこの世を去った後の教育資金までプレゼントしてあげられて、相続税対策にもなるという便利な制度です。

ただし、活用するには条件・注意点があります。

この記事では、教育資金贈与のメリットと注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

譲渡制限株式のメリットと3つの落とし穴

photo0000-5357

あなたは、ご自身の会社の全ての株式がきちんと譲渡制限株式になっているか、定款を確認したことはありますでしょうか。

あるいは、全ての株式が議決権制限株式になっていなくて、株式がいろいろなところに分散してしまわないか、頭を悩ませていませんでしょうか。

それとも、投資したお金を回収したい株主や、株主から株式を譲り受けた第三者から、「譲渡を認めろ!」と要求されているでしょうか。

全株式を譲渡制限株式にしておくことは、特に、親族や仲間内といった少人数の親密な間柄の人々で経営している会社にとっては、経営がスムーズにいき、運営コストも抑えることができます。

また、事業承継、つまり経営者の方から後継者の方への株式の引き継ぎをスムーズにするのにも役立ちます。

そして、実際、大部分の中小企業では、全ての株式に譲渡制限が付けられています。

ただし、株主が株式を手放したい、つまり会社への出資をやめて経営から離れたいということになった場合、株主がお金を取り返せる道を確保してあげる必要があります。

また、後継者の方への相続の際にも、思わぬ落とし穴があります。

この記事では、譲渡制限株式のメリットを確認するとともに、3つの落とし穴について分かりやすく説明します。

続きを読む

遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント

26NJ_g-matitosorawomiwatasu_1_TP_V

相続、つまりご自身の遺産をご家族にどのように分けようかについて、遺言を作成する際、必ず注意しなければならないものが、「遺留分」というものです。

どういうことかというと、円満な相続のためには、遺言で遺産の公平な分け方を指定しておくのが一番です。しかし、特に、不動産等、大きくて分割するのが難しい財産がある場合には、どうしても公平に分けるのが難しいことがあります。

遺留分の制度は、そういう場合に、大きな財産を相続する人以外の相続人のため、最低限の相続分を保障するものです。「完全に公平とはいかなくても、これだけは保障してあげるよ」というものです。

そして、この遺留分は、遺言によっても奪うことはできないという強いものです。

この記事では、遺留分とは何か、どうやって計算されるか、そして、遺留分を侵害してしまうおそれがある場合にどのような対処法があるか等について、6つのポイントに分けて分かりやすく説明します。

続きを読む

特別受益とは?円満相続のために絶対に必要な3つの知識

gftdrsedrftgy_TP_V

あなたは、ご自身に万一のことがあった場合の相続における遺産の分け方をどうしようかとお考えになって、参考とするために「特別受益」についてお調べになっていることと思います。

特別受益とは、あなたのご家族の中に、特別に他の人よりも多く財産をもらった人がいた場合、その人の相続分を少なくし、その他の人の相続分を多めにするという制度です。

相続が円満にいくために大切なことは、あなたご自身があらかじめ、財産がご家族に公平に分配されるよう配慮し、それを遺言として残しておくことです。

その際、特別受益の制度の内容を理解しておくと、大いに参考になるはずです。

この記事では、特別受益の制度について、どのような内容なのか、具体的な相続分の計算にどのように反映されるのかを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

寄与分とは?円満相続のために絶対に必要な4つの知識

a0007_001765

あなたは、ご自身に万一のことがあった場合の相続の際の遺産の分け方をどうしようかとお考えになって、「寄与分」についてお調べになっていることと思います。

寄与分は、言ってみれば、ご家族の中に、あなたの事業の成功に貢献した方とか、あなたの病気療養や介護の世話をした方がいた場合、相続の時にその方に多めに遺産を相続させてあげようという制度です。

相続が円満にいくためには、あなたご自身があらかじめ、財産がご家族に公平に分配されるよう配慮し、それを遺言として残しておくことです。

その際、寄与分の制度の内容を理解しておくと、大いに参考になるはずです。

この記事では、寄与分について、どのような制度なのか、具体的な相続分の計算にどのように反映されるのかなど、円満な相続のために役立つ知識を分かりやすくお伝えします。

続きを読む

株式の評価方法|株式の相続税対策に役立つ全知識まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あなたは、経営している会社の株式の相続や事業承継の対策を立てるため、手始めに、株式の財産価値の評価方法をお知りになりたいことと思います。

大多数の会社の株式は、上場しておらず取引もされていないため、財産価値をどうやって評価するかが問題になります。

法令・通達に定められている株式の評価方法は、「純資産価額方式」「類似業種比準方式」「配当還元方式」の3種類です。これらはいずれも耳慣れない言葉で、調べてみるといかにもややこしそうな数式がたくさん出てきます。また、使い分け方も細かく定められていて、非常に複雑で分かりにくくなっています。

そこで、この記事では、株式の評価方法3種類について、それぞれどのようなケースでどの方法が使われるかということと、それぞれの方法の具体的な内容について、イメージしやすいように解きほぐし、分かりやすくお伝えします。

この記事の内容を理解すれば、ご自身の株式の価値がどのように評価されるのか分かり、相続税対策を組み立てていくのに役立つはずです。是非、最後までお付き合いください。

続きを読む