法人化するならどのタイプ?法人4タイプの種類別活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-11-PAK86_machinamiwomiorosu1145500-thumb-1000xauto-3819

個人事業主の方が法人化(法人成り)を決めた場合、今度は、どの会社のタイプを選ぶのかという問題が出てきます。

「株式会社」ならばなんとなく分かる。「合名会社」「合資会社」はたまに見るけどよく分からない。最近新しくできた「合同会社」なんてのもあるらしい。・・・そんなところではないでしょうか。

法人成りする場合、特に、どうやったら事業資金を集めやすくなるか?発言力はどの程度維持できるのか?ということが、法人の種類を選ぶ時に重要なポイントです。

この記事では、法人成りを考えている個人事業主の方のために、わが国の制度で認められている法人(会社)の種類とそれぞれの違い、メリットとデメリットについて、分かりやすく説明します。

なお、株式会社については、ここでは、機関が「株主総会」と「取締役・代表取締役」しかないタイプの株式会社、つまり、社長(取締役・代表取締役)が唯一の株主だったり筆頭株主だったりする小規模の株式会社を念頭におくものとします。

続きを読む

法人向け養老保険4タイプそれぞれのしくみと活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-02-TSU82_toukyouieji500-thumb-1000xauto-12031

企業経営者の皆様は、「養老保険で退職金準備」とか「養老保険で福利厚生」とか「養老保険で『節税』」といった話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、養老保険は、「定期保険」や「終身保険」といった他の生命保険と違い、あまり耳慣れない保険だと思います。また、4つのタイプがあるとされており、それぞれ利用目的や税法上の扱いがかなり違います。しかも、どのタイプがどのように役に立つのか、どのタイプがよく利用されているのか、といった実態が分かりにくくなっている傾向があります。

この記事では、法人向け養老保険4タイプそれぞれのしくみとその実態、つまり有用性・実用性、税負担の軽減といった点について、利用目的と税法上の扱いに着目して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人向け養老保険2タイプの保険料の「損金処理」の落とし穴

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_nanigaokotta15122053-thumb-1000xauto-14194

法人向け養老保険は、保険期間中に経営者・従業員(被保険者)が死亡した場合には死亡保険金が支払われ、保険期間が満了した際には満期保険金が支払われます。そのため、被保険者の身に万が一のことがあった場合の会社の事業保障の目的や、被保険者の遺族の生活保障や被保険者の退職金の準備等といった福利厚生の目的を両立できるという、大変有用な生命保険です。

しかし、保障が手厚い分、養老保険の保険料は高額なので、加入をお考えの場合には、保険料が損金として処理されるかどうか、税法上最終的にどんなメリットとデメリットがあるのかを知りたいのではないでしょうか。

一口に「養老保険」と言っても、実は4つのタイプがあります。そして、そのうち、保険料が損金処理できるのは3つで、ややこしいことに、それぞれに損金処理の方法をはじめとして、それ以外の税法上の扱いが全部違います。しかも、保険料が損金に算入される点だけに気を取られると、思わぬ落とし穴があります。

この記事では、養老保険の4タイプの中から2つのタイプをとりあげて、それぞれについて、保険料の損金処理と、最終的な税法上の扱いについて詳しく説明します。是非ご参考にしていただきたいと思います。

続きを読む

損金の基本|法人税法上、損金に算入できるモノとタイミング

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-YOU85_PCsousasuru20131019130818500-thumb-1000xauto-5430

会社が黒字の時には、法人税の心配をしなければなりません。多額の利益が出て益金が高くなれば、何とか損金の額を大きくしてバランスをとりたいものです。

しかし、ややこしいことに、法人税法の損金に関するルールは単純ではありません。費用として支出しても損金と認められないものがあります。また、支出のタイミングと損金への計上のタイミングがずれるものもあります。

そのため、「何が」「どの年度の」損金に算入されるか、つまり、損金に算入できるものの種類と、算入のタイミングを、大まかにでも押さえておいて、広く長い視野をもって税金対策を行うことが重要です。この記事では、そんな損金の基本的な知識と考え方について、メリハリをつけて分かりやすく説明します。

なお、法人税の大まかな仕組みについてはこちらで説明していますので、お読みください。

続きを読む

決算期末間近に駆け込みでできる決算対策6つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-01-CSS85_hurikaeruyouko20131019500-thumb-1000xauto-4014

経営者の皆様は、いざ決算期末が近づくにつれ、たとえば、例年よりも多くの利益が上がったために益金が多額になりそうな場合の対応に頭を悩ませたりしてはいないでしょうか。

会社は、黒字の年にはその中から国に税金を納めなければなりませんが、赤字の年に国からお金を補填してもらえるわけではありません。なので、大幅に黒字が見込まれて益金が多くなりそうな年には、多額の出費が必要なプロジェクト等をぶつけて損金を多くするなど、バランスをとらなければ損です。しかし、そうそう都合よく収支のバランスがとれるとは限りません。

日頃からの節税対策が重要なのはもちろんですが、決算期末が近くなった時になって慌てないために、駆け込み的な決算対策として何ができるかを押さえておくのも大切なことです。そこで、この記事では、そのような決算対策6種類について説明します。

いずれも適法かつオーソドックスな方法なので、是非とも最後までお読みになって、いざという場合に備えていただければと思います。

続きを読む

会社にかかる税金(法人税等)の支払時期と注意点

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

会社が事業活動を行う上で、税金の支払いのための資金(納税資金)を確保することはきわめて重要です。特に、法人税や消費税等、決まった時期にまとまったお金を納付しなければならないことになっている場合、税金の支払時期に備えて予め納税のための資金を準備しておかないと、資金繰りに支障をきたしかねません。ましてや、納税資金が足りなくて期限までに支払ができないという状況に陥ってしまえば、延滞税や加算税を支払うはめになります。

しかし、厄介なことに、税金の支払時期は必ずしも分かりやすいとはいえません。

そこで、この記事では、法人税を始めとして、決まった時期にまとまったお金を納付しなければならない税金のうち、特に重要な以下の4種類の税金の支払時期について、整理して分かりやすく説明します。納税資金の準備、資金繰りの計画に役立てていただければと思います。

続きを読む

中小企業経営者必見!今すぐできる正攻法の節税対策7つ

d5b2312e2747ab36482d0f37002b7a1d_s

中小企業の経営者の皆様はよく、「節税対策」の「テクニック」「ノウハウ」「スキーム」と称するものをよく耳にすると思います。しかし、それらは法律に違反していたりしないでしょうか。

また、「節税」ということに気をとられるあまり、貴重な資金を無駄遣いしてしまってはいないでしょうか。

「節税」という言葉の意味を正しく理解しないと、根本から間違った節税対策をしてしまうことになりかねません。税金を余計に払うはめになったり、最悪の場合、刑罰が課されたりもします。

そこで、この記事では、まず、「節税対策」以前に絶対に理解しておかなければならないことを3つ説明します。そして、その次に、主に中小企業向けの、すぐに実行できるごくオーソドックスな節税対策を7つ厳選し、分かりやすく説明したいと思います。

この記事を読めば、あやしげな「テクニック」「ノウハウ」に簡単に惑わされることなく、また、大事な資金を無駄にしてしまうことなく、節税対策というものを考えることができるようになるはずです。是非最後までおつきあいください。

続きを読む

個人事業主が法人化をする時に知っておきたいメリットとデメリット

個人事業主の方であれば、一度は「法人化」「法人成り」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

例えば、「法人化すれば税金が安くなる」「法人化すれば無限に責任を負わなくてすむ」「法人化すれば後継者への事業の引き継ぎがスムーズにできる」「法人化すれば大きな信用を得られる」など、法人化した場合のメリットについての話を耳にしたことが多いと思います。

しかし、それらのメリットが具体的にどういう意味なのかということは、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。また、リスクやデメリットがないのかということも気になると思います。

そこで、この記事では、個人事業主が法人化することを考える上で押さえておくべきメリットとデメリットを、重要な点に絞って説明していきたいと思います。

続きを読む

法人税とは何なのか|もっとも分かりやすい法人税入門

「法人税」という税金は、会社というものを語る上で避けて通れません。会社の活動には必ず法人税が絡んでくるため、会社を経営している人だけでなく、会社で働いている人、これから会社を起こそうとしている人にとっても、無関心では済まされないものです。

しかし、法人税は日常生活を送る上ではあまり馴染みがありません。しかも、「益金」や「損金」といった耳慣れない言葉や、はては「無償取引」「繰延資産」「減価償却費」「貸倒損失」「評価損」といったこむずかしそうな言葉まで登場するので、わけがわからなくなってしまっていることと思います。実は私もかつてはそうでした。

そこで、この記事では、法人税のごく基本的なしくみについて、わかりやすく説明します。この記事を読み終わる頃には、法人税とは何なのか、どのように計算されるのかが分かり、一通り説明できるようになっていることと思います。是非最後までご覧ください。

続きを読む

節税とは|法人税節税を考えるときに押さえておきたい益金と損金の関係

D0011_udemakuri420140830142954500

会社の利益が出ると法人税の節税を考えると思いますが、法人税はどのようにすれば節税できるのかよくわからないですよね。

一般的には経費を増やし、利益を減らす方法を取りますが、仕組みを理解していないと間違った節税方法をしてしまうかもしれません。

この記事では法人税を節税するときの益金と損金の関係についてお伝えします。法人保険を活用して法人税を節税を考えるときに知っておかないといけない基礎知識なので抑えておきましょう。

続きを読む