住宅資金贈与の非課税枠を相続税対策に最大限活用する方法

IMG_5195

あなたは、いわゆる「住宅資金贈与」が相続税対策に有効だと聞いたことがあると思います。

「住宅資金贈与」とは、平成31年6月までに、お子様・お孫さんに対し、住宅を購入・新築・増改築するための資金としてお金を援助してあげると(「贈与」と言います)、お子様・お孫さんの側で、そのお金のうち一定の金額(「非課税枠」と言います)について、贈与税が非課税になるというものです。

他の制度と併せて活用することによって、より大きな効果を得られることがあります。

一方で、併用する意味がない制度もあるので、注意が必要です。

また、あなたの所有する土地の上に住宅を建てさせてあげる場合には、後で相続の時になって、相続税が大幅に抑えられる可能性があります。

この記事では、まず、住宅資金贈与の非課税枠について、どのような条件が必要で、いくらまで認められるのかを説明します。そして、その上で、この制度を最大限活用するために必要なポイントについてお伝えします。

続きを読む

相続時精算課税制度で相続税対策を確実に行う3つのポイント

photo0000-5350

あなたは、いずれご家族にかかってくることになる相続税を少しでも抑えるために、「相続時精算課税制度」が活用できないかとお考えのことでしょう。

相続時精算課税制度は、一言でいえば、価値の高い財産を、生きているうちにお子様・お孫さんに渡す(生前贈与)ケースを対象として、その場合にかかる贈与税の負担を軽くし、結果的に相続税の負担を減らしてあげようという制度です。

ただし、財産の種類によってはこの制度を活用する意味がないことがあります。また、他の制度との使い分けが必要で、正しく活用しないとあまり効果が上がらないことがあります。

この記事では、相続時精算課税制度がどのような場合に相続税対策として効果的なのか、対象となる財産や、他の制度との使い分けの基準等について、3つのポイントに焦点を当てて詳しくお伝えします。

続きを読む

暦年贈与で相続税を減らすのに絶対に押さえたい3つのこと

a0008_000126

あなたは、ご家族にかかる相続税の負担を軽くしてあげたいとお思いになり、そのための対策として、「暦年贈与」の活用をお考えになっているのではないかと思います。

暦年贈与(贈与税の基礎控除)は端的に言えば、年間110万円まで贈与した、つまり無償で譲り渡した場合に贈与税がかからないというもので、最も初歩的で手軽にできる相続税対策です。

つまり、相続させたい財産を早くから長期にわたって、年間110万円まで暦年贈与していけば、その分については贈与税を支払わなくてよく、また、当然、贈与してしまったものには相続税がかからないので、相続税対策になるということです。

ただし、「初歩的で手軽」と言っても、闇雲に活用すればよいというものではありません。

相続まで待って相続税を納税した方が良い場合があるので、「損益分岐点」を見極める必要があります。また、人によっては、暦年贈与ではなく他の制度を選んだ方が良いケースも考えられます。

この記事では、暦年贈与の基本的なしくみと、相続税対策として活用する際に絶対に押さえておくべき3つのポイントについて、他の制度との使い分け等にも触れながら分かりやすく説明します。

続きを読む

相続対策|死ぬ前に家族のためにやっておくべき10の事

a0001_015161

「相続対策」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「『相続税』対策」だと思います。確かに、相続税の節税対策はきわめて重要です。なぜならば、相続税は残されたご家族にとって大きな負担になるリスクがあるからです。また、納税のための資金をどう準備しておいてあげるかということも、頭の痛い問題でしょう。

しかし、相続対策の本筋・最大の難問はむしろ別のところにあります。それは、「誰に」「何を」「どれだけ(いくら)」相続してもらうか、ということです。そのことを決めておかなければ、誰にいくら相続税がかかってくる可能性があるか分からないので、相続「税」対策も意味をなしません。

特に、先祖伝来の家屋敷等の大きな不動産をお持ちの方は、それを切り売りすることなく一人の人に引き継ぎたいでしょう。また、オーナー企業の経営者の方は、自社株式の全部または大部分を後継者に渡したいことでしょう。

ところが、そうしようとすれば、他のご家族に分ける財産がどうしても少なくなってしまいます。考えたくもないことだとは思いますが、最悪の場合、後々、残されたご家族を苦しめてしまうかも知れません。

この記事では、あなたが亡くなった後、残されたご家族が幸せに暮らせるようにするためにやっておくべき10のことについて、筋道を立てて分かりやすく説明していきます。

是非、ご自身の相続対策の方針を立てるのにお役立てください。

続きを読む

相続税対策に借金を有効活用する2つの条件

a0006_002418

相続税は、プラスの財産にかかってきます。そのため、相続税対策の中心は、プラスの財産をいかに少なくするかということです。

そこで思いつくのが、借金をすれば良いのではないか、ということではないでしょうか。

その理屈としては、「借金すればその分マイナスの財産が増えることになり、相続税対策になるのではないか?」ということだと思います。

しかし、それは多分に誤解があり、借入金の使い道について条件があります。また、そもそも借金をすること自体がリスクを伴うので、慎重に検討する必要があります。

この記事では、相続税対策にとって借金が有効となるための条件とはどのようなものなのか、ということについて詳しく説明していきます。

相続税対策のために「借金」をお考えの方は、是非、お読みいただきたいと思います。

続きを読む

相続税は分割払いできるか?知っておきたい延納と利子税の話

a0055_000580

あなたは、相続税の納税申告をする段になって、支払わなければならない金額の大きさに、途方に暮れているのではないでしょうか。

そして、何とか分割して支払ができないか、利息がつくのではないか、何とか利率を抑えることはできないか、とお考えになっていることと思います。

実は、相続税は、どうしても一括で全額を支払えない場合には、「延納」という方法が認められ、事実上、分割払いにすることができます。

ただし、その場合、「利子税」を納める必要があります。

この記事では、多額の相続税を支払わなければならない方のために、相続税を分割して納税するにはどのような条件・手続が必要か、その場合のコストがどのくらいなのか、という点について、分かりやすくお伝えします。

多額の相続税の支払いに迫られてお悩みの方だけでなく、これから相続税対策をお考えの方にもお役に立つ内容だと思いますので、最後までお読みになっていただけたらと思います。

続きを読む

相続税路線価と土地の評価額の算出方法

a0002_008482

土地の相続税対策をお考えの方は、ご自身の土地の評価額がだいたいどのくらいになるのかということが気になるのではないでしょうか。

そして、大まかにでも試算してみようと考えていろいろ調べていて、「相続税路線価」という聞きなれない言葉にぶつかると思います。

「路線価」は、土地の相続税・贈与税を計算する上できわめて重要です。

なぜなら相続税法では土地の評価額は基本的に

路線価(1㎡あたり) × 面積(㎡)

で計算されるからです。(例外として路線価のない土地は「倍率法」を用います。詳しくは後述します。)

そこで、この記事では、路線価がどのようなものか、どうすれば分かるか、また、路線価のない土地はどのような価値評価がなされるかということについて、分かりやすく説明します。

この記事を読めば、ご自身の土地の評価額がだいたいいくらくらいになるか、自分自身で算出できるようになるはずです。

どうか最後までおつきあいください。

続きを読む

素人でもできる!アパートの相続税の評価価値の算出法

a1180_011347

たとえば、あなたが賃貸用アパート・マンション(この記事では以下、単に「アパート」とします)を所有して賃料収入を得ていたとして、そのアパートはいずれあなたのご家族が相続することになります。

その時、どの程度の相続税がかかってくるのか、評価額の計算方法を知っておきたいのではないでしょうか。

実は、アパートについては、相続税の計算上、独特の評価方法がとられています。特に、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

  1. 敷地と建物は価値が別々に評価される
  2. 敷地は資産価値の評価が市場価値よりも3段階で引き下げられる
  3. 建物は資産価値の評価が市場価値よりも2段階で引き下げられる

この記事では、アパートの財産価値が相続税の計算上、どのように評価されるかについてお伝えします。そして、おまけとして、アパート経営において是非とも注意していただきたいことについてもお伝えします。

賃貸用のアパート・マンションを現在所有している方だけでなく、これから建てようとお考えの方にとっても役に立つ内容ですので、是非最後までおつきあいください。

続きを読む

マンションの相続税を抑えるため必ず押さえておきたい3つのポイント

マンション 相続税

マンションを相続した方、あるいは、いずれ将来マンションを相続する予定がある方は、相続税がかかってくるのかどうか、かかるならばどの程度お金を準備しなければならないのか、お悩みのことと思います。

そして、相続税を支払うにしても、何とかして金額を下げられないかとお考えになっているのではないでしょうか。

特に、平成27年から相続税法が改正され、課税される人の範囲が広がっています。そのため、これまで相続税を気にしなくてよかった方も、他人事ではなくなってきました。

この記事では、マンションの相続について悩みや不安を抱いている方のために、マンションにかかる相続税の計算方法がどうなっているか説明します。

そして、その上で、相続税の負担を軽くする方法について、分かりやすくお伝えします。

押さえておいていただきたいポイントは3つです。

  • マンションの評価額の計算方法
  • 基礎控除
  • 配偶者控除(配偶者の税額軽減)

これらのポイントを押さえておけば、マンションの相続税の負担を大幅に軽くするのに役立つはずです。

この記事をお読みいただきたいのは、これからマンションを相続する方だけではありません。いずれ相続させる立場になる方、つまり現在マンションを所有している方や、これからマンションの購入をお考えの方にとっても、役に立つ内容になっているはずですので、是非最後までおつきあいください。

続きを読む

死亡保険金の相続税を抑えるのに絶対に知っておくべき3つの制度

死亡保険金 相続税

生命保険の死亡保険金は、一家の大黒柱に万が一のことが起こった時に、残された家族にとって、その後の生活の当てとなる大切なお金です。

そして死亡保険金は、「みなし相続財産」として相続税を徴収される対象となっています。

しかし、残された家族の生活がかかっているので、国は死亡保険金の相続税の軽減措置として以下の3つの制度を用意しています。

  • 死亡保険金の非課税枠
  • 基礎控除
  • 配偶者の税額軽減(配偶者控除)

これらの3つの制度を知っているのと知らないのとでは、場合によっては支払う相続税額を大きく減らせる時もあります。そこで、この記事では、これらのすべてを詳しく解説させていただきます。

大事な保険金を、しっかりとご家族で管理できるようになるためにも一度はじっくりと目を通して見ていただければと思います。

続きを読む