相続税対策の初歩・「基礎控除」について徹底解説

a1380_000234

あなたは、相続税の負担を軽くするための制度の一つとして、「基礎控除」の枠の活用を考えていることと思います。

基礎控除の枠は、基本的には法律で固まっているもので、あなたの意思で増減できないものです。なので、その範囲をはっきりさせておくことは、相続税対策の第一歩と言っても過言ではありません。

ただ、間違いやすい点や、分かりにくい点もあります。

この記事では、基礎控除に関して注意すべき点を解説します。また、基礎控除そのものではありませんが、おまけとして、配偶者のための「配偶者控除」の制度についても触れます。

続きを読む

遺留分にご用心!|絶対に知っておきたい3つの対策

遺留分

あなたは、不動産や株式等の遺産の相続について考えていて、「遺留分」という言葉にぶち当たっているのではないかと思います。

遺言書を作成するために弁護士等の専門家に相談すると、必ず「遺留分を侵害しないように」とのアドバイスを受けることになります。

遺留分は、簡単に言えば、遺族の最低限の取り分です。

いくらあなた自身の財産の処分が自由だからといっても、遺留分を侵すことは許されないのです。

特に、資産の多くが不動産の方や、事業用財産・自社株を跡取りに相続させたい方にとっては、遺留分は絶対に忘れてはならないことであり、悩みの種でもあります。

この記事では、遺留分を侵害してしまったらどういうことになるのかということと、遺留分の対策として是非とも押さえておいていただきたい3つの方法について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法定相続人とは?必ず押さえておくべき5つのポイント

-shared-img-thumb-PAK66_koibitototewotunagu20140301_TP_V

ここをお読みの皆様は、相続対策について書物やウェブサイトを調べていて、「法定相続人」という言葉をよく目にしていることと思います。

しかし、専門用語がからんできてとっつきにくかったり、「法定相続人」をめぐる法律上のルールが複雑に見えたり、いまいちよく理解できなかったりするのではないでしょうか。

「法定相続人」という言葉を理解することは、相続対策を考える上で、絶対に避けて通れないものです。そして、「法定相続人」に関するルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られているので、根本的な考え方を知れば、理解するのは意外に簡単なものです。

この記事では、「法定相続人」について、絶対に押さえていただきたい5つのポイントに絞って、すっきりと理解できるようにお伝えします。難しい専門用語をできるだけ使わず、細かすぎる知識に立ち入ることもなく、具体的なイメージを持っていただけるよう説明しますので、是非、最後までお読みになってください。

続きを読む

法人保険とはどんなもの?6つの加入目的と基礎知識

会社の保険を検討しようと調べると「法人保険」という言葉が出てきたと思いますがどのような商品なのか疑問なのではないでしょうか?

法人保険とは契約者を法人(会社)にして加入する保険のことです。

法人(会社)で保険に加入することによって保障だけではなく法人税対策、退職金の準備、福利厚生など商品や活用法によってさまざまな効果があります。

今日は法人保険とはどういうものなのか、そして加入する目的をお伝えします。法人保険を検討するときは必ず知っておかなければいけない基礎知識なので押さえておきましょう。

続きを読む

法人で生命保険を考えるとき知っておくべき4つの目的と最適な使い方

法人で生命保険を検討しようと思っても、実際どういった商品があるのかよくわかりませんよね。

生命保険に入る目的はあると思いますが、会社にとってどの保険に入ればいいのかわからないと思います。当然のことながら会社の規模、業種、従業員数などによってニーズが違います。

法人で生命保険を活用するときに1番重要なのが目的を明確にして商品を選択することです。

今日は法人で生命保険を考えるときに重要な目的別にどの商品を選択すればいいのかをお伝えします。商品によって特徴があるのでしっかり把握しておきましょう。

続きを読む

養老保険で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

a0100_000021

多くの会社で、従業員の退職金を準備するのに利用されているのが、養老保険(福利厚生プラン)です。

個人向けの養老保険があまりメジャーでないのに比べ、法人向けの養老保険はわりとよく活用されています。それは、保険料の1/2を損金に算入できるという形で税制上優遇されるというメリットがあるためです。ただ、メリットはそれ以外にもあります。また、デメリットもあります。

この記事では、養老保険で退職金を積み立てることのメリット・デメリットについて、実践的な活用法の具体例を交えて、分かりやすくお伝えします。

なお、従業員の退職金を準備するメジャーな方法として、他に中小企業退職金共済という制度があります。そのため、それとの比較も意識しながら説明していきます。

よろしければ中小企業退職金共済についてのこちらの記事も併せてお読みください。

続きを読む

養老保険の保険料の「全額損金」・「1/2損金」の真実

養老保険 損金

経営者の皆様は、養老保険に法人加入すると保険料が損金に算入できるという話を耳にしたことがあると思います。

しかし、養老保険の中には保険料を1円たりとも損金に算入できないタイプがあります。

また、保険料の全額を損金に算入できるとされているタイプは、実際のところ、法人で加入する実益が乏しいもの、あるいは保険商品としての合理性や税法上の根拠がなく否認のリスクがあるものなので、敢えておすすめできるものではありません。

残るは保険料の1/2が損金に算入できるとされているタイプですが、これも、必ずみたさなければならない条件があります。

この記事では、養老保険の保険料の全額、または1/2を損金に算入できる条件について、基本的な考え方からお伝えします。

続きを読む

医療保険を福利厚生で活用するとき必ず知っておくべきポイント

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s

福利厚生で保険を考えようと思ったときにまず思い浮かぶのが従業員が病気・ケガになった時の医療保険ではないでしょうか。

法人で医療保険に加入をすると保険料を損金としながら、従業員が病気・ケガで入院をしたときに保障を受けることができます。会社の利益が出たときに考えたい保険です。

ただ正しく活用しなければ会社にとって有意義なものにはなりません。

この記事では医療保険を福利厚生で活用するときに知っておくべきことをお伝えします。最後に福利厚生規定についても解説していますので是非参考にしてください。

続きを読む

法人加入の意味がある養老保険2種類のメリットとデメリット

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_kougyouchitai-thumb-1000xauto-12666

この記事をお読みの皆様は、養老保険の活用をお考えのことと思います。そして、メリットとデメリットをある程度詳しく知りたいとお思いになっているのではないでしょうか。

養老保険はよく、保険金の受取人を誰に設定するかのパターンが4タイプあり、それぞれ活用法が違うと言われます。しかし、実は、それを全て検討する意味は全くありません。

法人加入の「意味」があるのは2タイプです。しかも、そのうちメジャーなのは「福利厚生プラン」というもので、もう1つのタイプはそれほど多く利用されているわけではありません。

この記事では、法人向け養老保険の商品2種類について、それぞれのメリットとデメリットを端的に説明します。ご自身の会社に合っているかどうかチェックしてみてください。

続きを読む

逓増定期保険を法人で活用するとき重要な4つのポイント

a0002_011034

あなたは逓増定期保険で法人税対策を考えているのはないでしょうか?逓増定期保険は法人保険の中でも1番活用される商品ですが、もし決算が迫っていて焦って契約しようとしているのであればちょっと待ってください。

もしかすると他のサイトまたは書籍などで逓増定期保険で税金対策するのはメリットがたくさんあるようなことがことが書いてあったかもしれませんが、それだけで目の前の節税だけを考えると後で「結局節税にならなかった」「解約をして損をした」など後悔をすることになるかもしれません。

それは逓増定期保険にはデメリットやリスクがあるからです。会社の将来にとって最大限生かすためには確実にリスクを理解し、正しく活用をするしかありません。

この記事では決算直前でも逓増定期保険を活用してするのに必要なことをすべてお伝えします。ご覧いただければ必ず会社の将来に役に立つ逓増定期保険の加入の仕方がわかるようになっています。

続きを読む