福利厚生を考えるときの生命保険の活用法

a1180_011775

中小企業経営者の方は利益が出たときに従業員のために福利厚生を考えているのではないでしょうか?

福利厚生の手段の1つとして生命保険があります。

福利厚生で生命保険を利用する目的としては従業員の入院したときの保障または死亡時の遺族の保障などがあります。

保険料が損金算入できるのもメリットとしてあります。

今日は生命保険を福利厚生で活用するときに知っておくべき特徴と活用法をお伝えします。

続きを読む

決算対策をするときの生命保険の活用法と注意点

a0002_005490

中小企業の経営者の方は決算が近づいてきて利益が出ているときに税金対策を考えるのではないでしょうか?

決算対策はいろいろとありますが方法の1つに生命保険があります。

法人で生命保険に加入をすると保険料の一部を損金計上できますので利益を圧縮することができます。

今日は法人の決算対策での生命保険の活用法と注意点をお伝えします。

続きを読む

生命保険で事業承継対策するとき5つのポイント

a0002_001592

中小企業経営者の方は事業承継対策をどうしようか考えている人もいるのではないでしょうか?

事業承継対策の方法はたくさんありますが、その1つに生命保険の活用があります。

生命保険は主に万が一があったときの死亡保障として活用しますがお金が貯まる商品もあるので活用方法は多数あります。

ただし、生命保険を活用する目的と注意点を知っておかなければいけません。

事業承継で生命保険を活用するときに知っておくべき5つのポイントをお伝えします。相続税の大規模な改正もあるので早めに対策を考えましょう。

続きを読む

経営者の退職金を準備するときの生命保険活用方法

a0002_004012

中小企業経営者の方は生命保険で退職金を準備される人が多いですが、なぜ生命保険で退職金を準備するのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

生命保険は万が一の時の保障ですが商品によってはお金が貯まっていきます。また、保険料の一部を損金として計上できるので退職金を貯めるのに有効な手段と言えます。

今日は経営者の退職金を生命保険でどういう商品で貯めていくのかを中心にお伝えします。メリット・デメリットがあるので検討する前にしっかり確認しておきましょう。

続きを読む

長期平準定期保険活用法と経理処理

a1180_011316

会社の法人契約で生命保険を検討するときに営業から長期平準定期保険を勧められるケースが多いのではないでしょうか?

ただ、本当に加入したほうがいいのか疑問を感じることもあると思います。

法人保険は加入するときに将来を見据えて目的を明確にしておくことが重要です。

長期平準定期保険は主に経営者の死亡保障・節税・退職金の準備を目的として加入をする商品です。

今日は長期平準定期保険の活用法と経理処理をお伝えします。

続きを読む

「資産移転」?「節税」?逓増定期保険5つのポイント

setsuzei-teizou-2

最近はアベノミクスによる利益急増によって、節税を検討しているという経営者もいらっしゃるようです。

そして、決算直前の「節税対策」として生命保険が有効だと言われています。

「節税」という表現が適切かどうかは別として、保険料支払段階で税負担が軽減されるのは事実です。また、実際のところ、法人の生命保険には、税負担の軽減だけでなく、他の金融商品にはない、非常に魅力的な側面があります。そのため、私自身も活用しています。

今回の記事では、多くの経営者に選ばれている逓増定期保険(ていぞうていきほけん)を活用する上での5つのポイントをお伝えします。

逓増定期保険は、上手に活用すれば、退職金の積み立てや万一のリスク補てん等、会社のキャッシュを守り、増やすのに役立ちます。

「逓増定期保険で『節税』対策を」などとお考えになっている経営者の方は、ぜひ読み進めてみて下さい。

続きを読む

がん保険は「節税」に有効?経営者が知っておくべき税制改正ポイント

法人がん保険 損金

中小企業の経営者などのあいだで全額損金算入できるということで「節税商品」と言われ人気の高かった、いわゆる「法人向けがん保険」は、2012年4月27日に国税庁より税制改正の発表があり、「2分の1損金」に変更となりました。

本来、この保険は事業主や社員の治療費など福利厚生や事業保障を目的とするものでしたが、条件を満たせば保険料を全額損金扱いできたため、課税対象となる利益を保険料に回して税負担を軽減することができました。

しかし、税制改正で「2分の1損金」扱いとなったことにより、その効果は大きく薄れたといえます。

この記事では、事業保障及び税負担の軽減の観点から、「法人向けがん保険」の有用性について考えてみたいと思います。

続きを読む