従業員の退職金を準備するために絶対に知っておきたい3つの手段

退職金・花束

最近、中小企業の経営者の皆様から、従業員にできるだけ長く働いてもらいたいから退職金の制度を整えたいという相談を受けることが多くなっています。そのうちほとんどの方が法人保険の利用を検討したいとおっしゃいます。ただし、法人保険の利用には条件があり、全ての会社に向いているわけではありません。また、法人保険以外にも、従業員の退職金を積み立てる公的な制度もあります。

この記事では、従業員の退職金を準備する上で、どのような方法を選ぶにしても絶対に知っておいていただきたい3つの手段について説明します。

続きを読む

事業承継とは|スムーズな承継のために絶対に押さえておくべきこと

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-26NJ_soudensentoyuuyake-thumb-1000xauto-14001

個人事業主と会社とを問わず、中小企業経営者の皆様にとって事業承継、つまり、自分が経営する事業を誰にどうやって引き継ぐのかということは、重要な問題だと思います。事業を存続させたいのであれば、まずは後継者を見つけ、育成しなければなりません。また、後継者が決まっている場合も、引き継ぎをスムーズに行う必要があります。この記事では、後継者を見つけて育成するのをサポートする制度と、事業承継に伴うリスクに対処するための制度について、できるだけ分かりやすく説明します。

続きを読む

経営者の退職金を生命保険で積み立てるための絶対条件

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-03-PAK15_notepenhikkiyougu20140312500-thumb-1000xauto-4327

経営者の皆様は、「退職金の準備に生命保険が使える」という話を聞いたことがあるかも知れません。確かに、法人向けの生命保険の中には、保険料の一部を損金に算入しながら「解約返戻金」という形で退職金を積み立てることができる商品があります。「逓増定期保険」と「長期平準定期保険」と呼ばれるものです。

ただし、これらの保険はそれぞれに特徴があり、上手に利用するにはそれなりの条件が必要です。また、これらの保険を利用しなくても、小規模事業共済のような公的な制度もあります。そのため、全ての会社にお勧めできるとは言えません。

この記事では、「逓増定期保険」と「長期平準定期保険」のいずれにも共通するメリットとデメリットを分かりやすく説明したうえで、それぞれの保険の内容と、利用できる会社の絶対条件を導き出します。

続きを読む

法人保険の前に必須!中小企業倒産防止共済のメリット6つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500-thumb-1000xauto-4998

「中小企業倒産防止共済」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?なんとなく、倒産を防止するためのお金を積み立てておくものかな、くらいのイメージはあるかもしれません。しかし、具体的にどういう場合にどのように役に立つのかということはあまり考えたことがないのではないでしょうか。

実は、中小企業倒産防止共済(セーフティ共済)には、「倒産の防止」以外にも便利な活用法があり、税制上の配慮もされているため、加入しておいて損はないどころか、絶対に加入すべきと言っても過言ではありません。

この記事では、中小企業倒産防止共済のしくみと加入のメリットについて、分かりやすく説明します。

続きを読む

養老保険「福利厚生プラン」の活用のための絶対条件3つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-PAK85_MBAdesagyou20140312500-thumb-1000xauto-4524

法人向けの養老保険の商品の一つとして、「福利厚生プラン」という言葉を聞いたことがあると思います。この「福利厚生プラン」は、福利厚生をしながら保険料の1/2を損金に算入できる商品として有効であると言われ、実際に広く活用されています。しかし、どこがどのように有効なのかということはなかなか理解しづらいと思います。また、どんな法人にも向いているというわけではなく、有効活用するためには条件があります。

この記事では、「福利厚生プラン」のしくみと活用法について説明した上で、有効活用するために絶対に充たさなければならない3つの条件について説明したいと思います。

続きを読む

法人税の節税の全てが理解できる19のテクニック解説

法人税 節税

会社の経営を実際に行っていくうえで、節税対策というものを避けて通ることはできません。最終的に税理士等の専門家に相談するにしても、ある程度は、自分の頭で考えることができるようになる必要があります。

世の中には、経営者の方へ向けて書かれた、法人税の節税対策と銘打った本やサイトは星の数ほどあります。そして、それらの中には優れたものもたくさんあります。しかし、細かい知識や専門的知識が含まれていたり、複雑な計算方法や図が紹介されていたりして、途中で読むのが面倒になってついつい後回しにしてしまってはいないでしょうか。

その気持ちは良く分かります。しかし、せっかく有益な情報に触れることができるのに、それを生かすことができずにいるとしたら、大変もったいないことだと思います。

そこで、この記事では、法人税の節税方法について全てを理解できるようにするために、重要な19のテクニックを厳選し、それが一体どういう意味を持つのか、3つのポイントから具体的に、できる限り分かりやすく説明していきます。なお、法人税の基本的な枠組みから知りたいという方はこちらをご覧ください。

この記事ひとつでは、全ての節税方法を網羅しきれるものではありません。しかし、最後まで読んで3つのポイントから19のテクニックを理解すれば、どのような節税方法についても、それがどのような意味を持つのか、本当に自分の会社にとって有益な方法なのか、整理して考えることができるようになるはずです。中には高度な内容も含まれていますので、1回読んで分からないところはとりあえず飛ばしていただいてかまいません。軽い気持ちで最後までおつきあいください。

続きを読む

法人向け養老保険4タイプそれぞれのしくみと活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-02-TSU82_toukyouieji500-thumb-1000xauto-12031

企業経営者の皆様は、「養老保険で退職金準備」とか「養老保険で福利厚生」とか「養老保険で『節税』」といった話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、養老保険は、「定期保険」や「終身保険」といった他の生命保険と違い、あまり耳慣れない保険だと思います。また、4つのタイプがあるとされており、それぞれ利用目的や税法上の扱いがかなり違います。しかも、どのタイプがどのように役に立つのか、どのタイプがよく利用されているのか、といった実態が分かりにくくなっている傾向があります。

この記事では、法人向け養老保険4タイプそれぞれのしくみとその実態、つまり有用性・実用性、税負担の軽減といった点について、利用目的と税法上の扱いに着目して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人向け養老保険2タイプの保険料の「損金処理」の落とし穴

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_nanigaokotta15122053-thumb-1000xauto-14194

法人向け養老保険は、保険期間中に経営者・従業員(被保険者)が死亡した場合には死亡保険金が支払われ、保険期間が満了した際には満期保険金が支払われます。そのため、被保険者の身に万が一のことがあった場合の会社の事業保障の目的や、被保険者の遺族の生活保障や被保険者の退職金の準備等といった福利厚生の目的を両立できるという、大変有用な生命保険です。

しかし、保障が手厚い分、養老保険の保険料は高額なので、加入をお考えの場合には、保険料が損金として処理されるかどうか、税法上最終的にどんなメリットとデメリットがあるのかを知りたいのではないでしょうか。

一口に「養老保険」と言っても、実は4つのタイプがあります。そして、そのうち、保険料が損金処理できるのは3つで、ややこしいことに、それぞれに損金処理の方法をはじめとして、それ以外の税法上の扱いが全部違います。しかも、保険料が損金に算入される点だけに気を取られると、思わぬ落とし穴があります。

この記事では、養老保険の4タイプの中から2つのタイプをとりあげて、それぞれについて、保険料の損金処理と、最終的な税法上の扱いについて詳しく説明します。是非ご参考にしていただきたいと思います。

続きを読む

損金の基本|法人税法上、損金に算入できるモノとタイミング

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-YOU85_PCsousasuru20131019130818500-thumb-1000xauto-5430

会社が黒字の時には、法人税の心配をしなければなりません。多額の利益が出て益金が高くなれば、何とか損金の額を大きくしてバランスをとりたいものです。

しかし、ややこしいことに、法人税法の損金に関するルールは単純ではありません。費用として支出しても損金と認められないものがあります。また、支出のタイミングと損金への計上のタイミングがずれるものもあります。

そのため、「何が」「どの年度の」損金に算入されるか、つまり、損金に算入できるものの種類と、算入のタイミングを、大まかにでも押さえておいて、広く長い視野をもって税金対策を行うことが重要です。この記事では、そんな損金の基本的な知識と考え方について、メリハリをつけて分かりやすく説明します。

なお、法人税の大まかな仕組みについてはこちらで説明していますので、お読みください。

続きを読む

決算期末間近に駆け込みでできる決算対策6つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-01-CSS85_hurikaeruyouko20131019500-thumb-1000xauto-4014

経営者の皆様は、いざ決算期末が近づくにつれ、たとえば、例年よりも多くの利益が上がったために益金が多額になりそうな場合の対応に頭を悩ませたりしてはいないでしょうか。

会社は、黒字の年にはその中から国に税金を納めなければなりませんが、赤字の年に国からお金を補填してもらえるわけではありません。なので、大幅に黒字が見込まれて益金が多くなりそうな年には、多額の出費が必要なプロジェクト等をぶつけて損金を多くするなど、バランスをとらなければ損です。しかし、そうそう都合よく収支のバランスがとれるとは限りません。

日頃からの節税対策が重要なのはもちろんですが、決算期末が近くなった時になって慌てないために、駆け込み的な決算対策として何ができるかを押さえておくのも大切なことです。そこで、この記事では、そのような決算対策6種類について説明します。

いずれも適法かつオーソドックスな方法なので、是非とも最後までお読みになって、いざという場合に備えていただければと思います。

続きを読む