労働災害総合保険とは?2つの補償内容と加入のメリット

a0002_008406

会社が従業員の怪我・病気に備えて、国の労災保険にプラスするために加入する保険で、「労働災害総合保険」というものがあるのをご存知ですか?

おそらくあなたは「災害」という字面を見て、体を動かす作業中の事故をイメージすることと思います。「うちは運送業でも建設業でもないから関係ないかな。」「うちはオフィスワークだから関係ないね。」そう思われるかもしれません。

しかし、労働災害総合保険は、肉体労働を伴う業種のためだけのものではありません。オフィスワークを原因とする病気も補償対象です。たとえば、過労死や、業務のストレスによる長期休業も対象となっています。

その場合、国の労災というものがあります。しかし、労災はあくまで最低限の給付です。それだけで従業員の方やそのご家族の方の生活を守れるでしょうか?また最悪の場合、あなたの会社が、「安全への配慮が足りなかった」「労働環境の整備が不十分だった」などとして、従業員の方から多額の損害賠償を請求されるリスクもあります。

特に、ストレス社会と言われる現代では、「労働災害」が起こってしまった場合の費用は、肉体労働とデスクワークとを問わず、あなたの会社を脅かすことになりかねません。

労働災害総合保険は、そういったケースから、あなたの会社と従業員の双方を守ってくれるものです。

今日はそんな労働災害総合保険の中身と加入のメリットについて、分かりやすくお伝えしていきます。
続きを読む

土木工事保険とは?意外に知らない補償内容と使い分け

ELLsyuumeigiku150928087713_TP_V

土木工事を行う事業者の方は、必ず土木工事保険に加入することと思います。しかし、補償内容について、どの程度理解していらっしゃるでしょうか。

土木工事保険は、工事の目的物や工事用資材等の損害を幅広くカバーするものです。しかし、補償対象となっている損害が発生した場合も、その全てがカバーされるわけではありません。また、たとえば、工事中に作業員の方が怪我を負った場合等はカバーされません。

したがって、土木工事保険は補償内容をしっかり理解した上で加入していただく必要があります。そして、その上で必要に応じて別途、他の保険をプラスする必要があります。

この記事では、土木工事保険がどんなものかという補償内容に関することと、他の保険との役割分担等、土木工事保険に加入する前にかならず知っておきたい最低限の知識について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

事業活動総合保険とは?休業損害・損害賠償もカバーする保険

e850de10011cca0adad28195c87aa159_s

事業活動総合保険は店舗や事務所・工場など建物の火災や事故による損害を幅広く補償する保険です。

火災保険の一種ですが、火災だけでなく、補償範囲は広くなっています。まず、台風やゲリラ豪雨などの自然災害に対しても補償され、それ以外の偶然な事故までカバーすることができます。

また、建物の補償だけでなく、休業時の補償や、予期せぬ事故での損害賠償責任などが補償の対象となります。たとえば、事務所や店舗が事故に遭ってしまった場合、当然のことながら社員は出勤することができませんし、業務は全てストップしてしまいます。結果、会社の売上はダウンしてしまい、被害の規模によっては大きな損害を被る可能性もあります。

事業活動総合保険は、そういったあらゆる損害から会社を守ることのできる保険です。

この記事では、このような損害を補償する事業活動総合保険の補償内容について解説させていただきます。

続きを読む

施設賠償責任保険とは?意外に知らない補償内容と必要性

PAKS_9V9A8467_TP_V

損害賠償責任を負った場合をカバーする「●●賠償責任保険」というのはいろいろありますが、「施設」賠償責任保険とはどんな保険なのか、どんな補償なのか、あまり馴染みがないと思います。

しかし、施設賠償責任保険は、それほどよく知られていない割に、意外と重要なものです。

「施設」の欠陥が原因で会社が損害賠償責任を負った場合、最悪の場合、会社を揺るがすほどの経済的ダメージになる可能性すらあります。したがって、多くの会社にとって施設賠償責任保険は大変重要な保険です。保険料は非常に安くてコストパフォーマンスが優れていますので、加入しておくに越したことはありません。

この記事では、意外に知られていない施設賠償責任保険の内容と必要性について分かりやすくお伝えします。お読みになって、是非、リスク防止にお役立てください。

続きを読む

使用者賠償責任保険(EL保険)とは?補償内容と必要性

PAK150412400I9A0308_TP_V

従業員が業務災害で身体に傷害を負った場合への備えとして、「使用者賠償責任保険」という保険があります。しかし、果たしてご自身の会社に必要かどうか、悩むところだと思います。

ひょっとしたら、「うちは労災があるから大丈夫ではないか?」とお考えかもしれません。

もちろん、労災で賄えれば、それに越したことはありません。しかし、近年、従業員に対する賠償金の額は年々増加傾向で、最悪の場合、億単位になります。場合によっては多額の賠償金が支払えず、倒産してしまうリスクがあります。

そして、そのような場合に備えられる最も有効な手段が「使用者賠償責任保険」です。迅速な対応で従業員に対する責任を果たすことが、今後の会社経営を守ることに繋がるのです。

この記事では、「使用者賠償責任保険」の補償内容と必要性についてお伝えしていきます。

続きを読む

動産総合保険とは?他の保険との違いと正しい活用法

a1180_009845

動産総合保険という主に法人向けの損害保険がありますが、名前を聞いただけではどんな保険なのかいまいちピンとこないのではないでしょうか。

「動産」というと、「不動産以外の財産」を思い浮かべると思います。しかし、ややこしいことに、動産総合保険は、全ての動産をカバーするわけではありません。

しかも、単に「動産の損害を補償する」と言うならば、そういう保険は他にもあります。特に、「火災保険」と何が違うのか、悩んでしまうところです。

この記事では、他の保険、特に火災保険との違いを意識しながら、動産総合保険とは何か、どんな業種に向いているのか、どんな点に注意が必要なのか、イメージしやすく、かつ分かりやすく説明します。

続きを読む

役員賠償責任保険とは?あなたと会社を守るための備え

a0002_000169

役員賠償責任保険という保険があります。この保険は、会社の経営陣である役員が損害賠償責任を求められた時の賠償金などを補償する保険です。通称「D&O保険」とも呼ばれています。

「D&O」とは「Directors and Officers」の略で、取締役や監査役といった会社役員のことをいいます。

賠償責任が発生するような場合に備える保険というと、上場企業のような大きな会社が対象となるとお考えになる方もいらっしゃることでしょう。しかし、中小企業の場合であっても賠償責任問題が発生するリスクはゼロではありません。例えば、取引先に誤って欠陥商品を販売してしまい、それに対する損害賠償を取締役個人が求められることがあります。その場合、裁判にかかる弁護士費用や敗訴した時の賠償責任金の全額は、訴えられた役員の個人負担となります。

そんな時に役立つのが、役員損害賠償責任保険です。これは、役員個人が損害賠償責任を負った場合にその負担を軽くすることができます。また、会社が保険料を負担して損金にすることもできます。

この記事では、役員賠償責任保険について分かりやすく解説していきます。上場企業の方だけでなく、これから会社を大きくしようと奮起されている役員の皆さまにもお読みいただければ幸いです。

続きを読む

自動車管理者賠償責任保険とは?有効活用のためのポイント

a1180_011007

自動車管理者賠償責任保険は、日常生活では聞きなれない保険で、どんなものかイメージしにくいと思います。

自動車管理者賠償責任保険は、「自動車」とついていますが、自動車保険とは全くの別物です。一言で言えば、自動車をお客様から預かる業務を扱う業者様のための保険です。

たとえば、預かった自動車が盗難されたり壊されたりしたら、お客様から管理責任を問われることがあります。そういった場合に、賠償金等を補償してもらえる保険です。

自動車は高価な財産ですので、お客様から大切な自動車を預かる業者様には加入を強くおすすめしたい保険です。

この記事では、自動車管理者賠償責任保険とはどういう場合に役に立つか、保障内容はどのようなものか、必ず押さえていただきたい点に絞ってわかりやすくお伝えします。

お客様から大切な自動車を預かる業者様にとって役に立つ内容となっていますので、是非、最後までお読みになって、お役立て下さい。

続きを読む

組立保険とは?知っておきたい保障内容と活用場面

N612_kemikarukoujyounoyakei_TP_V

組立保険と聞いても、「なんとなく工事に関する保険かな」というイメージしか持てないと思います。

確かに工事に関係する保険なのですが、全ての工事をカバーするわけではありません。

実際にどんな仕事で必要なのか、保障の範囲や他の保険との守備範囲の違い、保障金額、保障を受けられる期間など、基本的な知識を理解してから加入を検討された方が良いでしょう。

まずは基礎知識として、保険内容から順を追ってご説明しますので是非ご覧下さい。

続きを読む

中小企業倒産防止共済とは?誰でもわかるメリットと注意点

YKYK0I9A1197_TP_V

「中小企業倒産防止共済の仕組みってよくわからないな…。」「倒産防止って名前なのに、どうやって節税になるの…?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

中小企業倒産防止共済(経営セーフティー共済)とは、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。取引先の予期せぬ倒産から会社を守ることができる制度で、掛金800万円までが法人なら損金算入、個人事業主なら必要経費になります。

ただし、注意しなければならないことがあります。

今回は、そんな中小企業倒産防止共済のメリットと注意点について、分かり易くお伝えしていきます。
続きを読む