長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ

a0002_012127

長期平準定期保険は、経営者・役員の方に不幸があった場合に会社を救うだけでなく、20~30年くらいかけて税金の負担を抑えながら必要な資金、特に退職金を効果的に積み立てられる保険です。

また、その他にも様々な使い道があり、リスクも比較的低いと言われています。

ただ、そうは言っても、長い間保険料を支払い続けることになるので、どんな仕組みで資金が積み立てられるのか、どんなリスクがあるのか気になるでしょう。そこで、経理処理がどうなっているのか知りたいとお考えになると思います。

この記事では、長期平準定期保険の経理処理を、難しい法令や通達の文章を使うことなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

この記事をお読みになれば、長期平準定期保険の経理処理、ひいては税務について理解が深まり、最もあなたの会社に合った保険を選び、有効に活用するのに役立つと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

法人保険の見直しで無駄をなくすために必要な5つの手順

a0002_007150

あなたは、「今入っている保険どうなんだろう」という漠然とした不安をお持ちではありませんか?

一般的に法人保険は、税理士の先生や保険会社の営業マンから「節税ができるよ」と勧められて入ることが多いと思います。

しかし、税理士の先生は、税務のエキスパートではありますが、保険の商品に関しての知識は豊富というわけではありません。

また、保険会社の営業マンは、税金のことをよく知っているわけではありません。そのため、実は、彼らから勧められて入った保険が良くなかったというケースは非常に多いのです。

今日は法人保険の見直しをご自分でするときに必ずやっていただきたい5つの手順をお伝えします。ぜひ、お手元に紙とペンを用意してご覧ください。この記事でお伝えする通りにしていただけば、今の保険が会社に合っているかどうかが何となく分かるようになると思います。

続きを読む

航空機のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

kuukou0i9a1168_tp_v1

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、航空機のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

航空機リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

しかし、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリットをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。そこで、当記事では、航空機リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 航空機リースによる節税のメリットとデメリット
  • 航空機リースを活用すべき法人様とその条件
  • 航空機リースの仕組みとお金の流れ
  • 航空機リースで想定されるリスク
  • 航空機リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

逓増定期保険名義変更プランのしくみと3つの注意点

a0001_000186

オーナー社長の方は、会社の資産は自分自身が築き上げてきたものだという自負をお持ちの方が多いと思います。しかし、会社から受け取れる給与や退職金は損金算入できる額に制限があり、意のままには設定できないものです。

そこで、会社の資産を合法的に自分自身のものにできると言われる方法として、逓増定期保険の名義変更という方法があると聞いたことがあると思います。そして、どんな方法なのか、リスクがあるとしたらどんなものなのか、お知りになりたいことと思います。

逓増定期保険の名義変更プランは、保険料を払い続けるだけのキャッシュフローの見通しと、保険料の1/2以上の営業利益を出し続けられる見通しが確実であれば、会社の資産を個人にある程度移転させることができるものです。

しかし、私たちは、逓増定期保険の名義変更プランを積極的にはおすすめできないと考えています。なぜなら、他により確実でリスクの少ない方法がある上、この先、課税逃れ目的(租税回避)とされて否認されてしまうリスクが高まるおそれもあるからです。

この記事では、逓増定期保険の名義変更プランのしくみを説明した上で、3つの注意点についてお伝えします。

続きを読む

逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ

a0002_003098

逓増定期保険は、法人向けの生命保険の中でも、短期間で税金の負担を抑えながら、必要な資金を効率よく積み立てるのに役立つ保険です。ただ、本当にそんな効果があるのか気になるところだと思います。そして、どういうしくみでそうなるのか、まずは経理処理から知りたいとお考えになると思います。

しかし、本やウェブサイトで逓増定期保険の経理処理を調べてみると、多くは通達の長い文章を紹介していて理解しにくく、しかもなぜそういう扱いがされているのかもよく分からないのではないでしょうか。

逓増定期保険には「1/2損金」「1/3損金」「1/4損金」がありますが、経理上なぜそういう扱いになるのか、その時に損金にならなかった部分(「1/2損金」なら残り1/2、「1/3損金」なら残り2/3、「1/4損金」なら残り3/4)が最終的にどういう扱いになるのか理解しておくと、より有効に活用できます。

この記事では、逓増定期保険の経理処理について、最もよく活用されている「1/2損金」のタイプにスポットを当てて、イメージしやすいように分かりやすくお伝えします。なお、「1/3損金タイプ」「1/4損金タイプ」も理屈は同じと考えていただいて結構です。

この記事をお読みになれば、逓増定期保険の経理処理、そして税務について理解が深まり、より有効に活用するのに役立つと思いますので、最後までお付き合いください。

続きを読む

個人事業主が法人化するメリット5つとデメリット3つ

moon-and-cat_tp_v1

個人事業を営まれていると、一度は「法人化すべきなのか」と考えますよね。

法人化することの最大のメリットは、個人事業主と比べて、お金を管理するための方法が広がることです。それは、資金調達がやりやすくなったり、節税の幅が広がったり、退職金や福利厚生を充実させられたりできるようになることを意味します。

しかし、法人化することによって、

  • 社会保険料の負担が発生してしまう
  • 経費にするのが難しくなる
  • 税理士の顧問料がかかる

というようなデメリットも発生することを考慮すると、果たして本当に「法人化」すべきなのか悩んでしまうのではないかと思います。

実は、そのとおりで、すべての個人事業主の方が法人化するべきではわけではありません。

ここでは、個人事業主の方が法人化をするメリットとデメリットをしっかりとお伝えしますので、是非最後まで読んで法人化すべきかをご検討ください。

続きを読む

みなし配当課税とは?2つのパターンとそれぞれの注意点

a0001_012633

みなし配当とは、会社が株主に配当金を払っていないのに、払ったと同じことにされるものです。みなし配当とされると、みなし配当を受けた株主の側で税金(所得税)が取られることになります。

みなし配当にあたるケースの多くは、所得とされる額が多額になることが多いので、税金の負担も重くなりがちです。

しかし、どういうケースがみなし配当にあたるかは非常に分かりにくくなっています。そして、それを防ぐには少なくとも、「ひょっとしたらこれはみなし配当にあたるんじゃないか?」と気付けるようになっていただく必要があります。

この記事では、みなし配当について、どんなケースがみなし配当にあたるのか、株主の側でどのような課税がされるのかということを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

みなし贈与|なぜか贈与税が取られてしまうパターンと注意点

a0002_009635

みなし贈与とは、贈与を受けていない、つまり財産をタダでもらってはいないはずなのに、贈与税が取られてしまうケースです。みなし贈与をした側もしてもらった側もそんなつもりがないことが多いのです。しかも、贈与税は非常に高額になることが多いので、みなし贈与にあたるとされてしまうと大変なことになります。

ところが、どんな行為がみなし贈与にあたってしまうのか知ろうとしても、いまいちイメージしにくく、ピンとこないことが多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、みなし贈与のイメージを大づかみしていただくために、贈与税が取られてしまう根本的な理由と、知らず知らずのうちにみなし贈与になってしまっていることが多いケースについて十分に理解していただくことを目標として、お伝えします。

難しいこと、細かいことには極力立ち入らずに済むようにしますので、最後までご覧いただけたらと思います。

続きを読む

個人事業主が法人化して節税できるケースとシミュレーション

rewtyufi_tp_v1

個人事業を営まれていると、一度は「法人化した方が節税できるのではないか」と考えますよね。

しかし、法人化することで

  • 社会保険料の負担が発生してしまう
  • 経費に算入づらくなる
  • 税理士の顧問料がかかる

というようなデメリットを考慮すると、果たして本当に「法人化」すべきなのか悩んでしまうのではないかと思います。

実は、そのとおりで、すべての個人事業主の方が法人化して節税できるわけではありません。

ここでは、個人事業主の方が法人化をして節税ができるケースとできないケースをご紹介いたしますので、ご自身が本当に法人化すべきかどうかの参考にしていただければと思います。

法人化することで節税できるケースでは個人事業主のままでいるよりも、法人化した方が手元に残るお金を2倍以上にすることも可能ですので、是非最後まで読んでご検討ください。

続きを読む

社長が知っておくべき法人税と節税の基本

長期平準定期保険・改

会社にかかる法人税は、個人で支払う所得税のようなものです。個人にかかる所得税は、入ってくるお金(収入)が多ければ多いほど、払う税金も増えていく仕組みになっています。一方、法人税は一定の税率が決められており、法律の定める範囲で節税という対策を立てることができます。

日本における法人税率は海外と比べると、とても高い率になっています。最近では、日本の高い税率を嫌って海外に拠点をおく企業も増えてきているようです。消費税10%への増税は先延ばしとなったものの、近い将来、実効されることは間違いありません。このような状況から考えても、会社経営における節税対策はたいへん重要なものだと言えるのではないでしょうか。

この記事は、経営者の方に知っておいていただきたい節税に関するポイントをまとめてあります。すでに節税対策を実行されている方も、これから対策を考えたい方も、すべて経営者の方にお読みいただければ幸いです。

続きを読む