逓増定期保険

逓増定期保険の損金の3つのタイプを最大限に活用するポイント

00_PP27_PP_TP_V

逓増定期保険は、保険料のうち一定の割合を損金にできる保険で、よく「節税」に活用できると言われます。ただ、損金にできると言っても、保険料が全額損金になるタイプ、1/2損金、1/3損金があり、どれを選べばいいのか、なかなか分かりづらくなっています。

保険料が損金になることだけ注目するならば、全額損金がもっとも有利なように思えます。しかし、実際に一番広く使われているのは、1/2損金タイプ、次が1/3損金タイプです。どうして、1/2損金タイプがもっとも多くの方に好まれているのでしょうか?実は、これら3タイプはそれぞれ活用法や向き不向きが違うのです。

そこで今日は、逓増定期保険の損金タイプ別の特徴と、それぞれの活用条件についてお伝えしていきます。

あなたの会社にどのタイプが適しているのか判断するのにお役立てください。

続きを読む

0

逓増定期保険で必ず知っておきたい税務の仕組み

4f6777e6ba7a152dce904f74c4672938_s

法人のお客様がよく活用される保険の1つに逓増定期保険があります。

逓増定期保険を活用する目的は、保険料が損金算入される特徴を生かして会社のキャッシュを最大限に活用することでしょう。大企業でも中小企業でも、ムダな税金を支払いたくないという点は共通していると思います。

しかしながら、逓増定期保険の税務に関する仕組みを理解しないままで加入してしまうと、思い描いていたようなメリットを活かしきれません。そればかりか、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうことになりかねません。

そこで、この記事では、逓増定期保険の税務処理に関する注意点について

  • 保険料を支払っている時
  • 解約返戻金を受け取った時
  • 保険金を受取った時

の3つの段階に分けて、順に分かりやすく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

0

逓増定期保険名義変更プランのしくみと3つの注意点

a0001_000186

オーナー社長の方は、会社の資産は自分自身が築き上げてきたものだという自負をお持ちの方が多いと思います。しかし、会社から受け取れる給与や退職金は損金算入できる額に制限があり、意のままには設定できないものです。

そこで、会社の資産を合法的に自分自身のものにできると言われる方法として、逓増定期保険の名義変更という方法があると聞いたことがあると思います。そして、どんな方法なのか、リスクがあるとしたらどんなものなのか、お知りになりたいことと思います。

逓増定期保険の名義変更プランは、保険料を払い続けるだけのキャッシュフローの見通しと、保険料の1/2以上の営業利益を出し続けられる見通しが確実であれば、会社の資産を個人にある程度移転させることができるものです。

しかし、私たちは、逓増定期保険の名義変更プランを積極的にはおすすめできないと考えています。なぜなら、他により確実でリスクの少ない方法がある上、この先、課税逃れ目的(租税回避)とされて否認されてしまうリスクが高まるおそれもあるからです。

この記事では、逓増定期保険の名義変更プランのしくみを説明した上で、3つの注意点についてお伝えします。

続きを読む

0

逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ

a0002_003098

逓増定期保険は、法人向けの生命保険の中でも、短期間で税金の負担を抑えながら、必要な資金を効率よく積み立てるのに役立つ保険です。ただ、本当にそんな効果があるのか気になるところだと思います。そして、どういうしくみでそうなるのか、まずは経理処理から知りたいとお考えになると思います。

しかし、本やウェブサイトで逓増定期保険の経理処理を調べてみると、多くは通達の長い文章を紹介していて理解しにくく、しかもなぜそういう扱いがされているのかもよく分からないのではないでしょうか。

逓増定期保険には「1/2損金」「1/3損金」「1/4損金」がありますが、経理上なぜそういう扱いになるのか、その時に損金にならなかった部分(「1/2損金」なら残り1/2、「1/3損金」なら残り2/3、「1/4損金」なら残り3/4)が最終的にどういう扱いになるのか理解しておくと、より有効に活用できます。

この記事では、逓増定期保険の経理処理について、最もよく活用されている「1/2損金」のタイプにスポットを当てて、イメージしやすいように分かりやすくお伝えします。なお、「1/3損金タイプ」「1/4損金タイプ」も理屈は同じと考えていただいて結構です。

この記事をお読みになれば、逓増定期保険の経理処理、そして税務について理解が深まり、より有効に活用するのに役立つと思いますので、最後までお付き合いください。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社