相続税対策

結婚・子育て資金の一括贈与|注意点と唯一のメリット

a0027_001924

いわゆる「結婚・子育て資金贈与」とは、お子様の結婚・出産・子育ての資金としてまとまった額を一括でプレゼントすると、贈与税の優遇を受けられ、相続税対策になるとされている制度です。

ご自身が健在なうちに、20歳~49歳までのお子様・お孫様に対して1,000万円まで、結婚資金だけならば300万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、その時点では贈与税がかからないという制度です。

ただし、似たような制度である教育資金贈与」と比べると効果は非常に限られており、考えられるメリットは1つしかないので、注意が必要です。

この記事では、結婚・子育て資金の一括贈与に関する優遇措置の内容を説明したうえで、注意点と唯一のメリットについて詳しくお伝えします。

続きを読む

0

教育資金贈与の5つのメリットと5つの注意点

PAK85_desk15215645_TP_V

お子様、お孫様の教育のためになり、しかも相続税対策も兼ねることのできる制度として、「教育資金贈与」があります。

ご自身が健在なうちにお子様・お孫様に対して、30歳になるまでの教育資金として1,500万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、贈与税がかからず、相続税も減らせるという制度です。

つまり、お子様・お孫様に、ご自身がこの世を去った後の教育資金までプレゼントしてあげられて、相続税対策にもなるという便利な制度です。

ただし、活用するには条件・注意点があります。

この記事では、教育資金贈与のメリットと注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

小規模宅地等の特例とは?土地の相続税を最大80%下げる方法

photo0000-5369

あなたが不動産、特に土地をお持ちであれば、その土地を相続したご家族にかかってくる相続税を大幅に下げられる制度として、「小規模宅地等の特例」というものがあります。

この特例が適用されると、土地にかかる相続税が最大で80%割り引かれるという大きな節税の効果が得られます。

しかし、この制度について法令等を調べてみると、長くて複雑な文章や細かい表がたくさん出てきたりして、頭の中がパンク状態になってしまうのではないでしょうか。

実はこの小規模宅地等の特例の中身については、税金のプロである税理士でも、誤って理解している方が多いのです。実際に、税理士が加入する損害賠償責任保険の相続税の事故の中で、最も多いのは、小規模宅地等の特例の解釈のミスなのです。

ただ、制度の目的をしっかりと押さえておけば、どのようなケースがこの特例を受けられるかを理解するのはそれほど難しくはありません。

この記事では、小規模宅地等の特例について、分かりやすく説明します。土地の相続対策にお役立てください。

続きを読む

0

住宅資金贈与の非課税枠を相続税対策に最大限活用する方法

IMG_5195

あなたは、いわゆる「住宅資金贈与」が相続税対策に有効だと聞いたことがあると思います。

「住宅資金贈与」とは、平成31年6月までに、お子様・お孫さんに対し、住宅を購入・新築・増改築するための資金としてお金を援助してあげると(「贈与」と言います)、お子様・お孫さんの側で、そのお金のうち一定の金額(「非課税枠」と言います)について、贈与税が非課税になるというものです。

他の制度と併せて活用することによって、より大きな効果を得られることがあります。

一方で、併用する意味がない制度もあるので、注意が必要です。

また、あなたの所有する土地の上に住宅を建てさせてあげる場合には、後で相続の時になって、相続税が大幅に抑えられる可能性があります。

この記事では、まず、住宅資金贈与の非課税枠について、どのような条件が必要で、いくらまで認められるのかを説明します。そして、その上で、この制度を最大限活用するために必要なポイントについてお伝えします。

続きを読む

0

相続時精算課税制度で相続税対策を確実に行う3つのポイント

photo0000-5350

あなたは、いずれご家族にかかってくることになる相続税を少しでも抑えるために、「相続時精算課税制度」が活用できないかとお考えのことでしょう。

相続時精算課税制度は、一言でいえば、価値の高い財産を、生きているうちにお子様・お孫さんに渡す(生前贈与)ケースを対象として、その場合にかかる贈与税の負担を軽くし、結果的に相続税の負担を減らしてあげようという制度です。

ただし、財産の種類によってはこの制度を活用する意味がないことがあります。また、他の制度との使い分けが必要で、正しく活用しないとあまり効果が上がらないことがあります。

この記事では、相続時精算課税制度がどのような場合に相続税対策として効果的なのか、対象となる財産や、他の制度との使い分けの基準等について、3つのポイントに焦点を当てて詳しくお伝えします。

続きを読む

0

暦年贈与で相続税を減らすのに絶対に押さえたい3つのこと

a0008_000126

あなたは、ご家族にかかる相続税の負担を軽くしてあげたいとお思いになり、そのための対策として、「暦年贈与」の活用をお考えになっているのではないかと思います。

暦年贈与(贈与税の基礎控除)は端的に言えば、年間110万円まで贈与した、つまり無償で譲り渡した場合に贈与税がかからないというもので、最も初歩的で手軽にできる相続税対策です。

つまり、相続させたい財産を早くから長期にわたって、年間110万円まで暦年贈与していけば、その分については贈与税を支払わなくてよく、また、当然、贈与してしまったものには相続税がかからないので、相続税対策になるということです。

ただし、「初歩的で手軽」と言っても、闇雲に活用すればよいというものではありません。

相続まで待って相続税を納税した方が良い場合があるので、「損益分岐点」を見極める必要があります。また、人によっては、暦年贈与ではなく他の制度を選んだ方が良いケースも考えられます。

この記事では、暦年贈与の基本的なしくみと、相続税対策として活用する際に絶対に押さえておくべき3つのポイントについて、他の制度との使い分け等にも触れながら分かりやすく説明します。

続きを読む

0

死亡保険金の相続税を抑えるのに絶対に知っておくべき3つの制度

死亡保険金 相続税

生命保険の死亡保険金は、一家の大黒柱に万が一のことが起こった時に、残された家族にとって、その後の生活の当てとなる大切なお金です。

そして死亡保険金は、「みなし相続財産」として相続税を徴収される対象となっています。

しかし、残された家族の生活がかかっているので、国は死亡保険金の相続税の軽減措置として以下の3つの制度を用意しています。

  • 死亡保険金の非課税枠
  • 基礎控除
  • 配偶者の税額軽減(配偶者控除)

これらの3つの制度を知っているのと知らないのとでは、場合によっては支払う相続税額を大きく減らせる時もあります。そこで、この記事では、これらのすべてを詳しく解説させていただきます。

大事な保険金を、しっかりとご家族で管理できるようになるためにも一度はじっくりと目を通して見ていただければと思います。

続きを読む

0

農地を相続する後継者の税金を軽くしトラブルを防ぐ4つの条件

a0001_013918

農家の方の多くは資産の大部分を農地が占めていることと思います。その場合、悩みは大きく2つ考えられます。

第1に「後継者に農地を相続させると相続税の負担が大きくなりすぎてしまうのではないか?」ということ、第2に「後継者と他の相続人との間でトラブルが起こらないためにはどうしたらいいのか?」ということでしょう。

実は、わが国では、それらの問題に対処するための制度が用意されています。たとえば、後継者の相続税の大部分が、事実上免除してもらえるのと同じ効果がある制度があります。

この記事では、農地の相続の場合に後継者の相続税の負担を抑えるための2つの条件後継者と他の相続人の争いを防ぐための2つの条件、合計4つの条件について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

相続税対策ができる!二世帯住宅の活用法と注意点

a0002_010699

ここをお読みの方は、二世帯住宅を建てることが相続税対策として有効だという話を聞いたことがあることでしょう。

たしかに、それは一面で当たっている部分があります。しかし、本当に有効なのかというのはケースバイケースです。また、二世帯住宅と言っても、ライフスタイルの異なる別の世帯が一つ屋根の下に住むことに変わりはなく、トラブルを避けるために事前の配慮が必要です。

この記事では、二世帯住宅で相続税対策をする具体的方法と、注意点について、分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

0

相続税対策になり孫の教育資金にも役立つ生前贈与5つのポイント

a1600_000035

新学期を控え、お孫さんがいる方は、教育資金としてまとまったお金を出してあげたいとお思いのことと思います。そして、教育資金の生前贈与が相続税対策につながると聞いたことがおありではないでしょうか。

実は、子・孫に教育資金を出してあげる趣旨での生前贈与については、一定の条件のもとで相続税法上の優遇措置が受けられることになっているのです。これは、国の政策として、上の世代が若い世代へと資産の生前贈与をうながすことによって、若い世代の消費活動を刺激し、経済の発展につなげようという方向性の一環です。

ただし、注意すべき点もあります。

この記事では、孫に充実した教育が受けられるようまとまった額の生前贈与を行うことで、贈与税、ひいては相続税の節税になる制度について説明します。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社