生命保険の基礎

生命保険の必要性|検討する前に考えて欲しい3つのこと

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

あなたは生命保険は本当に必要なのか疑問をお持ちで調べていることでしょう。

残念ながら、保険会社や業界の怠慢で、「保険は無理やり無駄なものに入らされる」というようなネガティブなイメージがあります。保険業界の人間ですら、その本質を理解されている人が少ないのが現状です。

それでは、その本質とは何なのか?

それは、「万が一のことがあっても、愛する家族を守る」ということです。私たちは、まさにこのために生命保険を扱っています。

そこで、この記事では生命保険の本当の意義を考えて頂くために、

  • 生命保険を検討する前に知っておくべきこと
  • 一般的なご家庭の保険加入時と未加入時のシミュレーション
  • 生命保険で保障すべき金額についての考え方

をお伝えします。

この記事を読んで頂ければ、生命保険が本当に必要なのかどうか正しい判断ができるようになります。私個人は、ぜひ加入していただきたいと考えていますが、この記事を読んで逆に不要だと結論する方もいらっしゃるでしょう。いずれの結論になるにせよ、ご自身で考えて頂くことが重要です。

そのために、是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

生命保険の責任準備金とは?是非知ってほしい保険の仕組み

ねこ1

責任準備金という言葉は聞いたことがあっても、その意味までは理解していないことが多いですよね。

実は責任準備金は、生命保険の仕組みを理解する上でとても大切なキーワードなのです。よって、今後の保険の見直しや現在の保険の仕組みを理解する上でとても役に立ちます。

本日はこの『責任準備金』についてご説明しますので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む

0

何歳まで生命保険に加入できるの?気になる保険の加入年齢

「自分の保険は終身タイプだと思っていたら、80歳で入院関係の特約が終わってしまうということを保険会社からの通知で知った。いまから新規で保障を持つことはできないか?」私は、最近このような相談をよく受けています。

しかし、相談者の方に新規加入を勧めることができないケースもありました。なぜならば、加入年齢の問題でおすすめできる保険がなかったからです。

今回は、このような状況に陥らないために、『生命保険の加入年齢の限度』と『高齢で保険加入をする際の注意点』について、お伝えしていきたいと思います。

続きを読む

0

生命保険の予定利率って何?押さえておきたい3つのポイント

保険会社が保険料を決めるときに重要なのが「予定利率」。言葉だけ見てもよくわからないですよね。

簡単にお伝えすると予定利率とは、契約者に約束する運用利回りのことです。そして、予定利率が高い保険は条件のいい「お得な保険」です。

自分が入っている保険はバブル期の金利が高かったときに契約したものなので、もしかしたら現在販売されている保険よりもいいものなのではないかと考え、見直すべきか迷っているのではないでしょうか。

この記事では昔の保険を見直す時に知っておかなければいけない予定利率について詳しく解説します。難しい専門用語ですが、わかりやすく解説していますので、保険の見直しを検討する時の参考にしてください。最後に私が考える見直し方法もお伝えしていますので是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

生命保険の保険料は平均どれくらい!?気になる参考データ

a0001_016191

私が保険の相談を受けるときによく聞かれるのが、「みなさん保険料はどれくらい払っているのですか?」ということです。

家族構成や考え方によって保険料はぜんぜん違いますが、これから保険に検討する人はどれくらいの保険に入ったらいいのかぜんぜんわからないのではないでしょうか?

他の人はどれくらい保険に入っているのかは気になるところでしょう。

この記事では参考までに生命保険の保険料の平均データについてお伝えしたいと思います。あくまでも参考程度にご覧ください。

続きを読む

0

必ず知っておきたい!生命保険の全情報と全知識

a0002_000169

あなたは、あまり深く考えずに生命保険に入ってしまっていませんか?

実際に、知人や家族、職場の上司に勧められて、何となく入らなければいけないと思い契約してしまったという方はとても多いです。

そして、ほとんどの人が全く必要のなさそうな保障も申し込んだりしてしまっています。

生命保険は必要とする人が多いのも事実ですが、誰にでも必要というものではありません。数十年と長い期間保険料の支払いをしていくものなのでしっかり検討して、本当に必要なものだけに加入することをオススメします。

そこで、今日は生命保険を検討するときに絶対抑えておきたいことと、生命保険の加入や見直しを検討する時に、少しでも得するために知っておきたいことをすべてをお伝えします。

続きを読む

0

生命保険の気になる加入率と参考データ

seimei-entry-3

2012年のサラリーマンなど民間企業で働く人の平均年収は408万円で、前の年より1万円減ったことが分かりました(国税庁調査)。

年収ダウンで生活が苦しい中、万が一病の床についたら働けなくなるため、いざというときの手立てのひとつとして、「保険」を検討したいという人も多いと思います。

これから保険を検討しようとしたとき、そもそも年収の低い若い世代でどれくらいの人がどの程度の死亡保障を付けているのか?また、実際に保険金を受け取る際どれくらいおりるものなのか?は興味があるところです。万一の際に保険会社から支払われる保険金の平均額はおそらく想像していないほど少ない数字です。

そこで、今回の記事では、加入率だけに惑わされてはいけない生命保険見直し、加入を見極めるための以下3つのポイントについて解説します。

  1. 生命保険加入率はどのくらいか?
  2. 生命保険に加入している人は平均でいくらの死亡保障に加入しているのか?
  3. 実際に受け取った保険金額はどれくらいなのか?

この記事を読めば、保険の新規加入や見直しに役立ちます。

それではまず最初に、生命保険の加入率から見ていきましょう。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社