生命保険の種類

ドル建て終身保険とは?押さえておきたいメリットとデメリット

18d7c6ebba390e8fee999afb721d4c20_s

保険で貯蓄を考える1つの選択肢として、ドル建て終身保険があります。

ドル建て終身保険は「保険で資産運用してお金を増やしたい!」という人におすすめの保険商品です。予定利率が円建てより高めに設定されており、保険料も割安なのが特長です。

とは言うものの、「危険なのではないか?」とか「難しそうでよくわからない」「怖くて手が出せない」というイメージも多いと思います。確かに、ドル建て終身保険にはたくさんの魅力とそれに伴うリスクがあります。

そこで今回の記事では、ドル建て終身保険のメリットとデメリットを中心にお伝えしたいと思います。

外貨建て保険はリスクはありますが、リターンも期待できる商品です。メリット・デメリットをしっかり理解した上で活用しましょう。外貨建て保険に興味がある方やドル建て終身保険に加入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

保険を検討するときに必ず役に立つ生命保険の種類とその特徴まとめ

a0055_000843

一昔前までは、1つの契約で死亡から医療まで幅広く保障することが多かったですが、最近では種類別に契約するほうが主流になってきています。

ですから自分で生命保険を検討しようと思っても、どの保険でどんな保障を受けられるのかよく分からず、混乱している人も多いのではないでしょうか?

生命保険は商品の種類がたくさんあり複雑ですが、実は基本的な部分はシンプルで、それほど難しくはありません。

今日は生命保険の種類とその特徴についてお伝えします。生命保険を検討するときに必ず役に立つ情報なので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

0

要注意!定期保険特約の必ず知っておくべき3つのこと

a0003_001904

あなたは、ご自分の「終身保険」の保険証券を見て、「定期保険特約」って何だろうと疑問に思っているのではないでしょうか。

定期保険特約とは一定期間の死亡に備えて保障を厚くするための「掛け捨て」の保険がくっついているものです。

「特約」なので単体では契約できず、あくまでも「終身保険」等のオプションの一種になります。

若く働き盛りでお金が必要の時だけ大きな保障を得ることができるので、昔はほとんどの保険に付加されていました。

今日は定期保険特約についてご説明します。自分の保険に疑問をお持ちの方は、是非お読み頂き参考にしていただければと存じます。

続きを読む

0

終身保険とは?今だから知っておきたい本当の活用法

7a794f5859eff6a997ae31e8fab74400_s

生命保険の中でも、終身保険は、保障が一生涯続き、しかもお金も貯められる保険と言われてきました。この記事をお読みのあなたも、興味がおありのことと思います。

実際、さまざまな年代・性別のお客様から終身保険に関するご相談を数多くいただいています。

特に、最近では、20~30代の若年層のお客様が「将来の年金がもらえないかもしれない」という不安感から、貯蓄のために終身保険をご検討されることもめずらしくありません。

しかし、少し前と今とでは、終身保険の活用法は変わってしまっています。なぜなら、マイナス金利で利率が切り下げられ、貯蓄目当てで加入するメリットは小さくなってしまっているからです。

また、万一の場合の保障として活用するにしても、掛け捨ての保険と上手に使い分ける必要があります。

そこで、この記事では終身保険が持つ2つの機能「死亡保障」「貯蓄」に注目し、終身保険を選ぶ時のポイントについて分かりやすくご案内してまいります。なお、おまけとして、資産家の方の相続対策として活用できる「一時払い終身保険」についても触れています。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

定期保険とは?2つのタイプからピッタリな保険を選ぶ方法

0a54e6b7dff02048f13a5f4e668957c4_s

定期保険は、一定期間のみを保障する生命保険です。保険期間の終わりや解約の時にお金が戻ってこない「掛け捨て」の保険なので、割安な保険料で保障を備えたい人に向いている生命保険となります。

中には「途中で保障が終わるのは不安・・・」とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。確かに、人の死はいつ何時おとずれるか誰にも分かりませんので、保障が一生続く終身保険といわれる生命保険もございます。ただし、終身保険は定期保険に比べると保険料がとても高額になります。

ですから「まとまった保障は必要だけれど、大きな保険料は負担できない」というようなご家庭にとっては、定期保険の方が合理的な保険といえるでしょう。定期保険の中でも、年数の経過に伴い必要保障額が少しずつ少なくなっていく、収入保障保険も注目してほしい保険の1つです。

この記事では、定期保険を選ぶ時に知っておきたい全知識について、

  • 定期保険とは?
  • 定期保険の種類
  • 定期保険を選ぶポイント

の順番に解説していきます。この記事をお読みいただければ、あなたにとって、本当に必要な定期保険の内容が分かるはずです!

続きを読む

0

収入保障保険とは?必ず知っておきたい特徴とメリット・デメリット

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

生命保険の中で注目をされているのが「収入保障保険」です。少ない保険料で大きな保障が受けられるのが特徴です。

ただ、一般的にはまだなじみがないので、本当にどのようなものなのか、そしてどのようなメリットとデメリットがあるのかなど疑問も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では

  • 収入保障保険のメリット・デメリット
  • 収入保障保険・定期保険・終身保険の比較
  • 収入保障保険を活用した場合の事例

をお伝えします。収入保障保険は低い保険料で大きな保障を得られる有用な保険です。ただ、メリットとデメリットなど必ず知っておいて頂きたいこともありますので是非参考にしてください。

続きを読む

0

収入保障保険とは?知っておきたい特徴とおすすめする人

a0055_000853

生命保険の中で注目をされているのが「収入保障保険」です。死亡保障の一種ですが、少ない保険料で大きな保障が受けられるのが特徴です。

私もおすすめしたい商品ですが、すべての人におすすめなわけではありません。あくまでも大きな保障が必要な人におすすめしたい保険です。

この記事では収入保障保険の特徴と私がおすすめする人、しない人をお伝えします。これから収入保障保険を検討する人また保険見直しを考えている方は是非参考にしてください。

続きを読む

0

シニア必読!一時払い終身保険の3つのメリットとデメリット

tokei2

一時払い終身保険は保険会社だけでなく銀行窓口などでもよくおすすめしている商品ですが、具体的な活用方法まではなかなか知る機会がないですよね。

セールスの人に「一時払い終身保険にはどういうメリットがあるの?」なんて聞いてしまうと熱心に商品を勧められてしまいそうなので、なかなか聞けずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、一時払いの終身保険は保険会社にもよりますが0~85歳までの幅広い年齢層の方が加入できるので、実際に多くの方が加入しています。また、一時払い終身保険は3つの活用方法があり、様々なシーンで役に立つ商品です。しかし、一定期間以内に解約をすると払込保険料よりも解約返戻金が少なくなり損をしてしまうというデメリットがあります。そのため、このようなデメリットも知らないで加入してしまうと後悔することになってしまいます。

本日は、一時払い終身保険のメリットとデメリットをしっかりと理解をしてもらえるように要点をまとめましたので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む

0

低解約返戻金型定期保険とは?そのメリットとデメリット

teikai

貯蓄型の生命保険を探していると『低解約返戻金型定期保険』という商品に遭遇することがあるかもしれませんが、実際にどのような内容かまでは、あまりわからないのではないでしょうか。

『低解約返戻金型』と『定期保険』のように言葉を分けると、それぞれの意味はわかるのに、合体すると想像がつかなくなってしまいますよね。

定期保険は基本的には掛け捨ての商品なので、「そもそも解約返戻金なんて存在するの?」と混乱してしまう方も多いようです。

今回は他の保険に比べると知名度が低い低解約返戻金型定期保険のメリットとデメリットについてお伝えしますので、是非最後まで読んでいただければと思います。

続きを読む

0

払い済み保険って何?具体的な活用方法と注意点

払い済み保険(払済保険)とは、以後の保険料を払うことなく、今まで支払った保険料での責任準備金で一定の保障額の保険に変更する制度のことです。

もっと簡単に説明するならば、現在の保険に積み立てられているお金で一括払いをして変更する保険です。

払済保険という言葉は知っているけれど、詳しくはわからない。ましてや、どういうときに払済保険にするのが有効なのか?どういうときには払い済みにしないほうがいいのか?など、わからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、この方法を理解していないがために、保険の見直しで大失敗してしまったという事例もあります。今回の記事では、みなさんがこのような事態に陥らないように、払済保険のメリット・デメリットとその具体例をご紹介していきます。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社