女性向け医療保険とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
female-3

最近は女性向けの医療保険が注目されています。

ちょうど結婚や出産など、ライフイベントが起こるタイミングで医療保険について調べてみたら「女性向け」のものがあるということを知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性向けの医療保険と一般の医療保険にはどんな違いがあって、女性の医療保険に入ったほうが得なのか?を知りたいという方も多いと思います。

今回の記事では、女性向け医療保険と一般向け医療保険の違いと、女性は医療保険にいつ加入するのが良いのかについて、注意すべき3つのポイントをお伝えします。

1.女性向けと一般向け医療保険の違いとは?

一般的な医療保険では、男性・女性どちらにも対応できる保障内容になっていますが、女性向けの医療保険は、女性特有の病気に対して保障が手厚く設計されています。

厚生労働省「平成23年患者調査」(平成23年10月 総患者数)によると、女性特有の病気の人は約111万人もいます。

女性特有の病気とは、たとえば、以下のようなものがあります。

  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 乳がん
  • 乳腺症
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 帝王切開
  • 流産
  • 卵巣の機能障害
  • 卵巣のう腫など

ほかにもたくさんあります。

女性向け医療保険では、これらの病気等になった場合に入院給付金や手術給付金が一般的な医療保険よりも保障が1.5倍~2倍になるように手厚く設計されています。

たとえば、女性向け医療保険には以下のような手厚い保障例があります。

  • 女性特有の病気の場合の入院保障日額に5,000円がプラスされる
  • 5年ごとに生存給付金が受け取ることができる
  • 女性特有の病気で入院した場合、入院保障日額が一般の2倍になる
  • 女性特有のがんになった時、初めてがんになった時に支払われる一時金が50~100万円増加する

これらは女性特有の病気には手厚い保障がありますが、一般的な医療保険よりも保険料が割高になります。

「乳がんになりやすい家系でどうしても心配」だとか、「出産に備えて妊娠前に加入しておきたい」など、明確な目的があれば、女性向け医療保険を選択するのはよいと思います。

しかしながら病気やけが全般に対してのリスクを守りたいということであれば、一般向け医療保険と女性向け医療保険の保険料を比較してしっかりと検討するのが良いでしょう。

2.若いうちに乳がんや子宮頸がんにかかった時のリスク対策として検討の価値アリ?

女性特有の病気には、比較的若い時期からリスクが高まるものもあります。

異常分娩、帝王切開、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、卵巣のう種、パセドゥ病、乳がん、関節リウマチなどの病気は20代・30代からリスクが高まると言われています。特に乳がんは20代後半からリスクが高まり、かつ近年増加傾向にあります。

以下は、1980年と2007年の「がん情報サービス」による、乳がんの年齢別羅漢率推移です。

female-1

一度「がん」になってしまうと、一般的な死亡保険・医療保険・がん保険に加入できる可能性が限りなくゼロに近づきますので、女性特有の病気にできるだけ早い時期から備えておきたいと思われる方も多いと思います。

では、医療保険はいつごろから検討するのがよいのでしょうか。

3.女性が医療保険に入るタイミングはいつがいい?

女性の場合はがん以外にも妊娠中の医療保険加入にも注意が必要です。妊娠中だと医療保険に加入できないということはありませんが、ほとんどの場合、部位不担保という条件付きでの加入になってしまいます。

部位不担保というのは、「特定の体の部分または指定の疾病については保障の対象外」となることです。たとえば以下のような項目が「異常妊娠、異常分娩」ということで不担保となります。

  • 帝王切開
  • 切迫早産
  • 切迫流産
  • 子宮頸管無力症
  • 吸引分娩
  • 早期破水
  • 子宮外妊娠
  • 前置胎盤
  • 妊娠中毒症
  • 死産など

日本では約16%が帝王切開となっており、近年増加傾向にありますので、これから子供がほしいと考えている方は妊娠前に加入しておくと部位不担保での条件付き加入というのを避けることができます。

20代、30代から女性特有の病気のリスクは高まりますので、加入を検討するのによいタイミングといえるでしょう。中でも特にこれから子供を作りたいと思った時期は、医療保険を検討するには絶好のタイミングといえます。

まとめ

女性向けの医療保険は、女性特有の病気等になった場合には、入院給付金や手術給付金が一般的な医療保険よりも保障が1.5倍~2倍になるように手厚く設計されている分、一般的な医療保険よりも保険料は割高になります。

「乳がんになりやすい家系でどうしても心配」だとか、「出産に備えて妊娠前に加入しておきたい」など、明確な目的があれば、女性向け医療保険を選択するのはよいでしょう。しかしながら病気やけが全般に対してのリスクを守りたいということであれば、一般向け医療保険と女性向け医療保険の保険料を比較して検討してみてください。

女性特有の病気には20代・30代からリスクが高まるものも多く、より大きな安心を加入を検討するのによいタイミングといえるでしょう。中でも特にこれから子供を作りたいと思った時期は、医療保険を検討するには絶好のタイミングといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
長谷川桂介

長谷川桂介

今まで10年以上、法人や個人の資産運用に従事。また保険だけでなく投資や節税、資金調達など法人の財務に関する実務をこなしてきた企業財政のエキスパート。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。