学資保険は損をする!?誤った情報に惑わされず損をしない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

インターネットで学資保険を探していると「学資保険は損をする」といった情報を見たのではないでしょうか?

誤った情報に惑わされてはいけません。確かに学資保険を適当に選んでしまうと損をする可能性がありますが、正しく選ぶと損をしないようになっています。

大切なお子様の将来の学費を貯めていくものですから、正しい知識で真剣に検討をしましょう。

今日は学資保険で損をしない方法をお伝えします。正しく選べば損をしない商品なので、これから学資保険にご加入を検討させている方は是非参考にしてください。

学資保険で損するのは「元本割れ」をしている商品

学資保険で損をするのは元本割れしている商品に加入したときです。

元本割れとは「支払った保険料よりも受け取る金額が少ない」ことです。せっかく将来の学費の積立をしているのに、お金が増えるどころか減ることです。

例えば、、、

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 210万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

この契約の場合

18年間で216万円支払うことになりますが、満期金は210万円しか受取ることができません。

18年間積立をして、6万円減っていることになりますので損してますよね。

このよう契約が「元本割れ」といいます。

学資保険で損をしないのはシンプルな商品

将来子供の学費を長い間積立をしていくのに元本割れをせずに、できるだけ増える商品を選びたいと思うのは当然です。では元本割れしない商品とはどのような商品なのでしょうか

一言でいうと「シンプルで無駄のない商品」です。

例えば、、、

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 240万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

この契約の場合

18年間で216万円支払いをして満期金が240万円受取ることができます。

18年間積立をして26万円増えていることになります。

このような商品が元本割れをしていない商品です。この商品の特徴としては医療保険特約や育英年金など必要のない特約が付いていません。

特約などで保障が付いているとその分保険料が発生しているので将来受取れるお金が減ってしまい元本割れをします。

学資保険の特約については学資保険の特約は注意が必要で詳しくお伝えしています。

学資保険は低金利の時代となり損をする商品が多くなってきている

近年、元本割れをして損をする商品が多くなってきています。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目が長引く低金利の影響です。バブルのころは利率が高く(1990年ごろの予定利率は5~6%程度)保険会社も運用が計画どおりにいっていましたがバブル崩壊をして長引く低金利によって保険会社の運用も苦戦を強いられ予定利率も下がってきています。

2つ目が保障が付いているケースです。先ほどもお伝えしました、医療保険や育英年金など保障が付いているとその分保険料が発生しているので、元本割れする可能性があります。

よって、保険の営業から保障のたくさん付いているものを言われるがままに加入をしてしまうと元本割れして、将来受取れる金額が減ってきます。

学資保険で元本割れしない商品の見分け方

ここまで元本割れのする商品、しない商品の特徴をお伝えしてきましたが、やはり営業に勧められるがままに加入するのではなく、自分で元本割れしている商品とそうではない商品を見分けられるのが1番です。

学資保険で重要なのは「保険料をいくら払って将来いくら戻ってくるか」です。

元本割れをしているかどうかは「返戻率」を計算することで見分けることができます。

返戻率とは支払保険料総額に対して将来いくら受取れるかを%であらわしたものです。

100%を超えると元本割れしていない商品で100%を下回ると元本割れです。

高ければ高いほどお金が多くもらえるのでお得になります。

以下の計算式になります。

学資返戻率

先ほどの例だと、、、

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 240万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

給付金受取総額(満期金)240万円÷保険料支払総額216万円×100=返戻率111%

返戻率は111%となり、将来11%増えて受取れることになります。

この計算をできると保険の営業から元本割れしている商品を勧められても、自分で計算して見分けることができます。

学資保険は早期解約をすると損をする

これまで学資保険は正しく選ぶと損をしないとお伝えしましたが、比較して1番いい商品に加入をしても早期解約をしてしまうと損をしてしまいます。

学資保険は銀行預金のように元本保証をしている商品ではありません。

ただし、学資保険は積立の保険なので、通常の掛け捨て型の生命保険と違い、途中で解約しても支払った保険料のほとんどが戻ってきます。

ただ、解約のタイミングによって戻ってくる金額(返戻金)は大きく違います。

例えば以下の契約のケースを見てみましょう。

  • 契約者:30歳男性
  • 子ども:0歳
  • 保険料:13,030円(月々)
  • 保険料払込期間:18年

この場合、返戻率(支払った保険料全額に対する返戻金の比率)は図のようになります。

学資保険解約3年

これは、学資保険に加入して3年経ってから解約すると、それまでに支払った保険料の91.2%に相当する金額を返してもらえるということを意味します。9年目以降はこの比率(返戻率)は100%を越えます。。

ただし、元々、学資保険のほとんどは契約ご15年から18年後には10%前後増えるように設計されています。当然、途中で学資保険を解約すると、この本来増えるはずだった分が入ってこなくなります。

やはり、それでは多少もったいないですよね。

しかし、少し工夫をするだけで、解約による損失を減らすことができます。

もし早期解約を考えている場合は学資保険で解約するか迷ったときに必ず知ってほしい4つの対処法を参考にしてください。

まとめ

学資保険は損というのは誤りの情報です。正しくは学資保険を適当に加入しては損ということです。

確かに学資保険は銀行預金のように元本保証をするものではありません。誤った商品選択をしてしまったり、早期解約をしてしまうと損をしてしまいます。

ただ、正しく選び、問題なく保険料を支払っていける金額を設定すれば、損する可能性を限りなく減らすことができます。

損しないためにも適当に選ぶのではなく、正しい情報を元に自分にとって1番いい商品を選びましょう。

学資保険の選び方については学資保険はどれがいい?元本割れせず最も利率の良い商品の選び方を是非参考にしてください。

プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。