知らないと損をする!がん保険の解約前に知っておくべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
gan-kaiyaku

今加入している保険と比べて良い保険を見つけたときは「今すぐ解約して新しい保険に乗り換えたい」と思うかもしれません。

しかし、現在加入している保険を「安い」「保障内容が充実している」だけで解約してしまうのは最善の方法であるとはいえません。

解約のタイミングによっては損をしてしまう可能性もあるのです。

今回の記事ではがん保険の解約の際に抑えておくべき3つのポイントについてお伝えします。

保険は一度解約してしまうと元の契約に戻すことができませんので、解約前にきちんと確認しておきましょう。

1.がん保険を解約と同時に新規契約する場合

「見直しの目処も立ったことだし、あとは今の契約を解約するだけだな」と思ったそこのあなた。
解約する前にいくつか確認しておかなければいけないことがあります。

解約のタイミングによっては思わぬ「損」をしてしまうこともあります。そんなことにならないためにも、解約の前にきちんと確認しておきましょう。

解約して損をしてしまうパターンは以下の3つです。

1-1.保険の空白期間で「損」をする

まずは、保険を解約するとがんになった場合の保障はなくなると覚えておきましょう。新規契約してもがん保険には「待機期間」というものがあります。

gan-kaiyaku1-1
解約と同時に新規契約すると、新しい保険の保障が始まるまでに90日間の待機期間がありますので、保障が開始されるまでの90日間「無保険」と同じ状態になります。

「90日間くらいならがんにならないから大丈夫」と思っていてもがんにならない保障はありません。解約までの保険料はかかりますが、リスクを回避するには旧契約と新契約の保障が重なることを承知で加入しておくことが安全です。

免責期間については免責期間がある?!がん保険の加入前に知っておくべき4つのポイントで詳しく解説してます。

1-2.乗り換えようとした保険に入れず「損」をする

「新しい保険に入るつもりだったけれど、健康状態の問題などの審査で落とされてしまった」

解約してからこのような事態になってしまうと、これまで受けられていた保障が受けられなくなったり、これまでの保険よりも高い保険に加入しなければならなくなる可能性もあります。このようなケースにならないために、保険を乗り換える場合には必ず新しい契約が完了し、保障が確定してから保険を解約することが大切です。

1-3.予定利率が下がったり、解約返戻金が減り「損」をする

予定利率や満期返戻金などを考慮すると今の生命保険に加入し続けたほうがお得なケースはよくあります。

年齢によっては、新たな保険に入り直すと余計なコストがかかる保険も多く、保険料が安いのも「最初の数年だった」なんてことも。比較する際には保険料の支払総額に注目して比較することで、どちらがお得か良く分かりますのできちんと確認しておきましょう。

2.解約しないで保障を継続する方法

2-1.減額

減額とは、加入してから保険を一部解約して保障額を節約する方法です。

その分保険料が安くなります。貯蓄性のある保険を減額すると、減額した比率に応じて解約返戻金が支払われます。

高すぎる保険金で契約している人は、減額を考えてみてはいかがでしょうか。大抵の保険は減額することができます。

2-2.特約の解約

保険の特約部分のみを解約することで、保険料を抑える方法です。

オプションでつけていた特約を解約することで保障を小さくし、保険料の負担を抑えることができます。

2-3.契約者貸付

一時的に支払いが難しい場合は、契約者貸し付けを利用することができます。

契約者貸付とは、資金が必要なときなどに、解約返戻金の一定範囲内で貸付する制度です。

 まとめ

がん保険を解約して「安くて保障内容が充実している保障」に乗り換えを検討している方は、以下の3点に注意が必要です。

  • 「待ち期間」で保険金を受け取れずに損をする
  • 乗り換える予定だった保険に加入できず損をする(健康状態による謝絶等)
  • 予定利率が下がったり、解約返戻金が減り損をする

新しい保険への乗り換えによる解約ではなく、保険料の支払いが厳しくなり解約するという方は、先ほどご紹介した「解約しないで保障を継続する方法」を読んで、ぜひご検討ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。