がん保険の種類と加入するときに確認すべき3つの判断ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
TSU_IMG_2466_TP_V (1)

がん保険を選ぶ時、いろいろな会社が同じようなものを出しているし、保険料や保険期間等もまちまちだし、どうやって判断すればいいのか迷ってしまうと思います。

がん保険は保険の中で最も多種多様ですので、なおさらですね。

しかし、何のためにがん保険に加入するのかということを考えれば、おのずと答えは決まってきます。

がん保険の意義とは、『がん保険の必要性|加入するなら知っておくべき3つのポイント』の記事の中でもお伝えさせて頂いている通り、例えば、ご主人様ががんになって、手術だけでは腫瘍を取りきれず、抗がん剤治療や放射線治療が必要になった時に、一家が経済的な困窮状態に陥らないようにすることです。

このように、それぞれのご家庭のリスクの中でも、それが発生した場合に、最も大きなダメージを受けるような状況から家族を守るのが保険の目的です。少なくとも、私はこの目的のために保険に関わる仕事をさせて頂いております。

さて、その目的から言うと、一般的なご家庭にとって、がん保険として優れているのは以下のタイプです。

  • 診断一時金、抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金が基本保障となっている新しいタイプのがん保険
  • 保険期間が一生涯続く終身タイプ(余裕があれば定期タイプを追加)
  • 上記2つの条件を満たす掛け捨て型(貯蓄型はそもそも保障内容が現在のがん治療に即していない)

ということになります。

例外として、会社経営者や自営業者などで、収入が高く、会社員と違って社会保障が十分に使えない場合は、必ずしもこれがベストでない時があります。しかし、私も含めて一般的なサラリーマンや共働きのご家庭の場合は、上の3種を満たすタイプのものを選択して頂ければ、後悔するようなことにはなりません。

そこで、この記事では、なぜこれらの3種の条件を満たすがん保険が良いのかを詳しく説明させて頂きます。ご自身とご家族をしっかり守れるがん保険を選ぶのにお役立てください。

1. 古いタイプのがん保険と新しいタイプのがん保険

がん保険を選ぶために、最初に知っておいて頂きたい事があります。それは、現在のがん保険は大きく分けて、以下の2つの種類があるということです。

  • 古いタイプのがん保険
  • 新しいタイプのがん保険

結論として、古いタイプのがん保険は選ぶべきではありません。古いタイプに加入しているままだと、いざ、がんになって治療が必要になった時に、困り果ててしまいます。

なぜそうなのでしょうか。具体的に説明させていただきます。

1.1. 古いタイプのがん保険は現在のがん治療の現場と乖離

古いタイプのがん保険は、一般的に以下の3つの保障がメインとなっているものがほとんどです。「古いタイプ」と呼んではいますが、未だに多くの保険会社がこのタイプの保険を販売しています。

  • がん診断給付金:がんと診断された際に100万円~のまとまった給付を受けられる。
  • 手術給付金:特定の手術を受けるたびに10万円~の金額を受けられる。
  • 入院給付金:入院すると1日当たり1万円~の金額を受けられる。

これを主契約として、これに加えて、死亡保険金や抗がん剤治療給付金や外来治療給付金などのオプションを選んでいきます。一見充実しているように見えますが、このタイプのものはがん治療の最新事情に即していません。

なぜなら、現在のがん治療は医療の進歩により、手術の回数は最小限(ほぼ1回)で済むようになりました。それに伴い、がんによる入院日数も平成8年は40.8日だったのが平成26年には18.7日と半分以下になりました。つまり、そもそもの給付要件である手術と入院の機会がほとんどないため、いざがんになって長期の治療が必要になった場合に十分な給付を受けられないのです。

このような古いタイプのがん保険に加入されている方は、心から見直しをお勧めします。

※がんの入院給付金が役に立たなくなった具体的な理由とデータ
がん保険の入院給付金は必要か?治療の時に後悔しないためのポイント』というページでは、現在のがん治療の平均入院日数の動向や、現在のがん治療の内容などを簡潔に説明させて頂いています。がん保険を検討されている方は是非一度ご覧下さい。

1.2. 加入するなら新しいタイプのがん保険一択

このような事情から、現在のがん治療の事情に即した新しいタイプのがん保険が登場してきました。このタイプのがん保険は、主に以下の3つを基本保障としています。

  • がん診断給付金:がんと診断された際に100万円~のまとまった給付を受けられる。
  • 抗がん剤治療給付金:抗がん剤治療を受けた月は回数を問わず毎月10万円~を受け取れる。
  • 放射線治療給付金:放射線治療を受けた月は回数を問わず毎月10万円~を受け取れる。

厚生労働省の資料『がん対策について』によると、現在のがん治療は、80.5%が化学療法(抗がん剤等)、71.5%が手術,32.3%が放射線療法です。手術よりも抗がん剤などの化学療法を受ける人の方が多いということです。

そして化学療法は入院ではなく通院して行うのが一般的になっています。さらに化学療法は長期に渡る可能性がとても高いものです。そのため古いタイプのがん保険では、治療費をまかなうことが不可能になりました。

そこで、このような新しいタイプのがん保険が登場し人気を博するようになりました。通院給付金や、先進医療特約、がん緩和療養給付金などのオプションもあるので、より保障を充実させることもできます。さらには、定期保険と言って5年ごとに保険料が上がる形態のものではありますが、がん診断給付金100万円と、通院・入院を問わずがんの治療にかかったあらゆる費用を日数も回数も無制限で保障してくれるという内容のものすら出てきています。

※どのような保障が最も安心か?
がん保険を検討する時に迷うことがあったら、診断給付金をゼロにするか100万にするか300万にするかなどを決めて、それを軸にして長期治療になった場合にどうするかという観点で、抗がん剤や放射線を検討いただくと安心を感じられる方が多いです。『がん保険の診断給付金の必要性と確認すべき2つの注意点』をご確認下さい。

2.終身がん保険と定期がん保険

続いて知って頂きたいのが、終身がん保険と定期がん保険の違いです。どちらも素晴らしい保険があります。両者の違いは以下の2点です。

保険期間 保険料
終身タイプ 一生涯 変わらない
定期タイプ 一定期間 更新ごとに上がる

終身がん保険は、保障が一生涯続き月々の保険料も変わりません。また、保険料の支払いを60歳までにするなど払込期間を指定することができるものもあります。この場合も、60歳までの保険料支払いは高くなりますが、保険料支払いが終わった60歳を越えても最後まで保障が続きます。

定期がん保険は5年~10年と期間を決めて、その間だけ保険料を支払い保障を受けられるというものです。期間が来るごとに再加入となり、その度に保険料が上がっていきます。しかし、30代40代などの若い間は、終身よりも安い場合が多いです。

加入者数を比べると終身がん保険の方がはるかに多いです。私がお手伝いさせて頂いたご家庭も、大半が終身を選びます。私のおすすめとしては基本は終身を選び、さらに現役世代の保障を充実させたい場合は定期を追加するというものです。

詳しく説明します。

2.1. 終身がん保険を基本に据える

繰り返しになりますが、終身がん保険は一生涯保険料は変わりません。また払込を60歳や65歳で終わらせることもできます。一方で、定期がん保険は歳をとればとるほど保険料が高くなります。

両者の保険料はどれぐらい違うのでしょうか?以下の図をご覧ください。

がんの治療にかかったあらゆる費用を日数も回数も無制限で保障してくれるという定期がん保険があります。この保険は、30歳の男性の場合、月々1430円で入ることができます。その後、49歳までは定期保険より終身がん保険より安いです。しかし、50歳以降は保険料がグングン上がっていきます。年金受給開始の65歳時点では保険料は11,660円、70歳では15,550円になっています。

引退後に年金暮らしになったら、この出費はかなり大きいですね。これが終身がん保険を基本に据える方が多い理由です。

余談ですが、がんは歳をとればとるほど罹患リスクが高くなります。だからといって、30歳前後では不要かというとそうではありません。30歳から60歳の間に、ご夫婦のどちらかが、がんになる確率は18%もあるからです。そして、現役世代の間にがんになると、お子様の教育プランは狂いますし、住宅ローンを払えなくなってしまうご家庭もいらっしゃいます。

下記の記事も確認して、改めて、なぜがん保険を検討するのか、その理由をご自身で考え直してみてください。

※若い時に一家の大黒柱ががんになったら家族の生活が破綻するリスクがある
医療保険とがん保険の違い|加入前に必ず知っておくべき基礎知識』では、一般的な病気になった場合とがんになった場合の治療費平均の違いや、収入に対する影響の違いを、官公庁の資料をもとに示しています。こちらをご覧いただくと、むしろ現役世代の時の方ががん保険の重要性は高いと言えます。ぜひご覧ください。

2.2. 家計に余裕があれば定期タイプを追加する

終身を基本に据えた上で、家計に余裕があれば定期がん保険を追加しましょう。

定期がん保険は、全ての自由診療の実費を負担してくれるものなど、終身より手厚いものがあります。がんの治療は、最新のものであればあるほど、途方もない金額がかかります。例えば、自分ががんになった時に、何としてもあらゆる治療を行いたいという場合は、それらの費用を全てまかなうことができます。

なお、終身タイプに加入しておいて、保険料の安い若いうちだけ、定期がん保険にプラスして加入するという選択肢もあります。実は、私もそうしています。

3.掛け捨て型がん保険と貯蓄型がん保険

がん保険を検討する際の最後の分類が、掛け捨て型か貯蓄型かというものです。「保険料を支払うなら、貯蓄の機能もあるものを選びたい」というニーズには根強いものがあります。現在のがん保険はほとんどが掛け捨て型ですが、一方で、貯蓄型のがん保険として扱えるものもあります。

結論からお伝えすると、がん保険は掛け捨て型を選ぶのが賢明です。そこで、掛け捨て型と貯蓄型を比べてみましょう。

3.1. 貯蓄型がん保険は古いタイプのがん保険に見られる

まず、貯蓄型がん保険は、最初の方でお伝えした「古いタイプのがん保険」に該当します。その保障内容は、現在のがん保険の実情と乖離したものです。そのため、いざがんとなった時に、保障が足りずに、経済的にも精神的にも困り果ててしまう可能性があります。

つまり、今ある貯蓄型がん保険は、そもそもがん保険としての役割を果たしているとは言えないのです。

3.2. 貯蓄型がん保険はお金を引き出すと保障がなくなってしまう

貯蓄型がん保険は保険料が掛け捨て型の3倍はかかります。そして、保険料払込の期間中に、もし保険料の支払いが厳しくなって解約してお金を引き出してしまったとすると保障も受けられなくなります。

さらに着目して頂きたいのが返戻率といって、解約した時にいくら戻ってくるかです。”貯蓄型”がん保険といっても、実際に戻ってくるのは、支払った保険料の50%~85%ほどです。

つまり、貯蓄型がん保険は、がん保険としてみても保障が不十分ですし、貯蓄としてみても中途半端なのです。

3.3. 資産運用は保険とは別に考える

貯蓄型のがん保険がないかとお考えの方は、「少しでも老後の資金の足しににしたい」という思いがあるのだと思います。その場合、安易に貯蓄型保険が良いと思い込む前に、まず以下のことをしてから、改めて、本当に貯蓄型保険が良い選択なのかどうかを冷静に判断して頂きたいと思います。

  • 老後の生活のための必要額(必要最低額ではなくしたい生活ができる額)を計算する
  • 現在から未来の家計収入と支出を計算して老後に十分な額になるかを計算する(年金収入や退職金も含める)

もし、これを行って老後資金が足りる場合は、そもそも保険によって貯蓄する必要はありません。

もし、老後資金が足りない場合はどうすべきでしょうか。そもそも貯蓄型がん保険といっても、支払った保険料が全額戻ってくるわけではありません。そのため、がん保険で貯蓄しようと考えると、結果的に、より貯蓄が足りない状況になります。

プロのファイナンシャルプランナーとしては、そのように金銭的に確実にマイナスとなる行動をお勧めするわけにはいきません。資産運用と保険は基本的には別と考えてください。

まとめ

ここまでお話させて頂いたように、がん保険を選ぶ際に結果的に最も満足していただけるのは、以下の3種の条件を満たすものです。

  • 新しいタイプのがん保険
  • 終身タイプのがん保険
  • 掛け捨てタイプのがん保険

なぜなら、この3つを満たすものが、もしがんになって治療が必要になった時に、治療費もご家族の精神的・金銭的安心も守ることができるからです。私は、このように選んでいただければ外れはないということを自信を持ってお伝えします。

ぜひ、ご検討や見直しの際の判断基準としていただければ幸いです。

がん保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリのがん保険を選んで加入したい
・現在加入中のがん保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんながん保険に加入すればいいのか分からない

もしも、がん保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

がん保険の無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や企業関係法、民法、行政法といった分野について幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。