知らないと損をするかも?「日帰り入院」と「通院」の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
日帰り入院

「日帰り入院から保障!」という内容の医療保険をパンフレットなどでよく見かけるようになりました。日帰り入院から保障してくれるなんてとても魅力的ですよね。

しかしながら、「通院」や「日帰り入院」の区別がよくわからなかったり、「そもそも日帰り入院って何?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

日帰り入院の保障がある医療保険に加入している人で、日帰り入院を知らなかったために、給付金を請求しないで損をしている人もいます。毎月保険料を支払っていても、いざというときの備えにならなければ、保険の意味がありません。そこで本日は「日帰り入院」の定義についてお伝えしていこうと思います。

これから医療保険に加入を考えている方も、既に加入されている方も、これから手術を受ける可能性がある方も必見です。「知らなくて損をした!」なんてことがないよう、ぜひ最後までお読みくださいね。

1. 「通院」と「日帰り入院」の違いは?

日帰り入院で入院給付金が受取れる医療保険や特約がありますが、「通院」と「日帰り入院」はどのような点が違うのでしょうか。通院は医師による治療が必要なため、外来や往診によって治療を受けることをいい、日帰り入院は入院料などの支払いが必要であり、かつ入院日と退院日が同じことをいいます。

日帰り入院の例として、以下の2つが挙げられます。

【日帰り入院の例】

1.朝入院し、当日に検査や手術を行い、夕方に退院した。
2.深夜に緊急入院したが、容態が落ち着いたため、その日の夕方に退院した。

2. 日帰り入院の定義とは?

日帰り入院は保険に携わる人でも判断するのが難しいため、一般の人がわからないのは当然だと思います。
病院や保険会社から様々な判断基準がありますが、基本的には医師が入院が必要と判断したときで、かつ入院日と退院日が同じであることが日帰り入院の条件となります。

2-1. 病院の「日帰り入院」の判断基準とは?

【病院の説明】

1.朝入院し、当日に検査や手術を行い、夕方退院すること。

【日帰り入院にならない場合】

・外来のベッドを使用して人工透析・点滴・手術を行った場合
・単なる休養・覚醒などが目的な場合

診療報酬点数表には同じ日に入院や退院をした場合、医師が入院が必要だと判断して医療行為が行われた場合は、入院基本料などの算定ができますが、休養や覚醒などの目的でベッドを使用した場合は、算定しない規定となっているため、日帰り入院とはみなされません。

【日帰り入院手術が可能な疾病】

・鼠径ヘルニア
・痔疾患
・下肢静脈瘤
・内視鏡検査(二次検診等)
・内視鏡的ポリープ切除
・抗がん剤等の化学療法
・腱・靭帯の手術
・上肢の骨折によるインプラント固定手術
・親知らずの両側抜歯(全身麻酔下)
・口腔内腫瘍切除術等

などがあります。しかしこれは一例で、どのようなものが日帰り入院で対処する検査・手術になるのかは病院や医師の考え方、患者さんの状態によって異なります。

2-2. 保険会社の「日帰り入院」の判断基準とは?

【保険会社の説明】

1.入院日と退院日が同じであること。
2.入院基本料の支払いの有無があるか。

この2つの条件を満たしていることが「日帰り入院」の条件となる保険会社が多いです。
1については入院日と退院日が同じ日であることが条件のため、深夜0時までに退院をする必要があります。
注意点としては、「休養や覚醒でベッドを使用しても対象にならない」ということです。

2については、会計のときに病院の窓口で渡される医療費請求書の「入院料等」の欄に点数や金額の記載があるかどうかで「日帰り入院」か判断できます。入院料はその名の通り入院にかかわる費用のことで、医療機関の設備や環境、病棟の看護師の人数や体制、入院期間によって異なります。

入院料について支払いがあれば、医師が入院が必要と判断したことになりますので、「日帰り入院」となります。こちらは日帰り入院を判断する上でほぼ決定的な基準になります。

3. 手術をしても日帰り入院にならない場合がある

日帰りで手術をしても、日帰り入院にならず、入院給付金がおりない場合があります。
そこで「日帰り手術」と「日帰り手術入院」の違いついてご説明したいと思います。

【日帰り手術】

手術をしたが、医師が入院の必要はないと判断し、その日の内に帰宅した場合。
病室等で覚醒や休養等をしても入院料(入院基本料)の算定がされないときは入院とはなりません。

【日帰り入院手術】

手術を行い、医師が入院の必要を認めて病室に入院させ入院治療を行い、さらに同一の日に退院した場合をいいます。
入院料(入院基本料)の支払いがあったか否かで入院を判断します。

まとめ:「日帰り入院」は医師の判断によって決まる

つまり、日帰り入院の対象となる条件は以下の通りになります。

【日帰り入院になる場合】

・医師が入院が必要だと判断したとき(入院料等の支払いがあるとき)
・入院日と退院日が同じ日であるとき

【日帰り入院にならない場合】

・外来のベッドを使用して人工透析・点滴・手術を行った場合
・単なる休養や覚醒が目的のとき
・医師が入院が必要ないと判断したとき

【注意点】

・手術をしても、医師が入院の必要がないと判断したときは日帰り入院にはなりません。

最終的に入院になるかならないかは医師の判断に委ねられますので、日帰り入院から入院給付金がおりる保障に入っている方は、その旨を医師に伝えておくことで、入院になる可能性が高くなることがあります。日帰り入院になると、入院給付金がおりるだけでなく、その後通院が必要な場合は、通院給付金も受け取ることができますので、メリットが非常に大きくなるでしょう。

医療保険をご検討の方は医療保険まとめ:突然の怪我や病気で慌てないためのお金と保険の知識を是非参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。