医療保険はいつから保障されるの?契約するとき必ず確認すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
医療保険 いつから

「医療保険の保障開始日はいつ始まるの?」「保険の申込みをしてからすぐに病気になった場合の保障はどうなるの?」

保険を申込んだはいいものの、病気やケガをしたときに保障がおりなければ保険に入っている意味がありませんよね。

しかし実際のところ、保障が開始される日がいつなのかぴったりわかる人は少ないと思います。保障が開始される期間のことを専門用語では「責任開始日」といいますが、通常の契約だと申込みをした時点では保障は始まっていません。

ではいつから保障が開始されるのでしょうか。今回の記事では医療保険の責任開始日について気をつけておきたい注意点と、いくつかのポイントをお伝えしたいと思います。医療保険にこれから加入する人、現在検討している方はぜひ最後までお読みください。

医療保険の保障が開始される条件って何?

保険会社が保険契約を承諾した場合、保障が開始する時期を責任開始日といいます。保険会社によって違いがありますが申込書を提出すると「もう保険に入ったから、病気になっても安心!」と思うかもしれませんが、保険会社に申込書を提出しただけでは、保障は始まりません。当然、保障されていないので病気やケガになっても給付金はおりません。

通常の保険契約の場合申込みを含め、以下の3点が全て揃った時点が責任開始日になります。

医療保険 いつから(図)

  • 申込み(申込書への署名・捺印)
  • 1回目の保険料払込
  • 告知(告知書への記入・健康診断・人間ドックの結果・嘱託医による医的診断)

責任が開始するには、次の1と2のどちらかが遅い時点から開始することになっています。

  1. 第1回目の保険料を保険会社が受け取ったとき
  2. 被保険者に関する告知が保険会社になされたとき

※がん保険は免責期間が設けられているので3点のセットがそろった日を含め、90日間経過した日の翌日が責任開始日となります。

ただし、保険会社によっては申込みをした時点で保障が開始されるケースもあり、保険会社ごとにルールが違いますので契約をするときには必ず確認しましょう。

医療保険に加入する際、注意しておきたいこと

医療保険に注意しておきたいことをまとめると以下のようになります。

  • 責任開始期は「申込み・1回目の保険料払込後・告知」の3つが揃ったとき
  • クレジット決済の場合は保障開始が早くなる
  • 口座振替の場合は手続きから1回目の引き落としが1ヶ月から2ヶ月かかるケースがあるので注意しておく(その間は保障されない)

保険の見直しなどで今の保険を解約し、新しい保険に加入することになった場合、新しい保険の責任開始前に今の保険を解約してしまうと、保障がない「保険の空白期間」ができてしまいます。

健康状態に問題があり、新たに保険契約ができない可能性もあるので、新しい保険の保障が開始されるのを確認してから、今の保険を解約すると良いでしょう。

がん保険の保障期間に関する記事はぜひ下の記事をご参考にして下さい。
参考記事:「免責期間がある?!がん保険の加入前に知っておくべき4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。