持病で保険を検討するときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a1380_001495

最近注目されているのが「持病でも入れます」とCMやインターネットで見かける「引受緩和型」といわれる保険です。

保険は健康な人しか加入ができないものですが、病気になってから保険の必要性を感じる人も多いのではないでしょうか?

病気になってから保険に加入を検討するときは注意が必要です。

「引受緩和型」の商品は加入はしやすいですが保険料は割高になっています。

まずは一般の保険を検討するのですが、重要なのは各保険会社によって健康状態による引受の基準が違うということです。病気によっては一般の保険に加入できる可能性があります。

今日は持病がある人が保険を検討するときに重要なポイントをお伝えします。

1. まずは一般の保険を検討する

生命保険に加入をするときは審査があります。そこで重要となるのが健康状態の審査です。

保険会社には引受基準があり、持病や入院歴などによっては生命保険に加入できないケースがあります。もちろん病気によっては加入できる可能性があります。

最近注目されているのが持病でも加入できる「引受緩和型」といわれる商品は加入はしやすいですが一般の保険に比べて保険料が割高です。

病気によりますが、検討の余地があるのであればまずは一般の保険を検討するのをお勧めします。

ここで注意したいのは各保険会社によって引受基準が違うということです。

例えばA社で断られたがB社では加入ができたということもよくあります。

また健康状態を告知するときに記入するのが告知書といわれるものです。書き方によって審査結果が変わるので注意しましょう。

できれば経験のある専門家にアドバイスを受けるのがいいでしょう。

2. 健康状態によっては特別条件付契約になる

一般の保険に加入をするときに持病・入院歴などがある場合審査で特別条件付の契約というものがあります。

生命保険会社は多数の人と契約を行っており、はじめから健康状態等に問題のある人が加入した場合は健康な人との公平性を保つために、この条件を付加します。もし厳しい条件がついた場合は「引受緩和型」商品も検討してみましょう。

たとえば以下のような特別条件があります。

2-1 割増保険料により保険料が上乗せになるケースがある

生命保険を契約しようとする被保険者に関するさまざまな条件が、生命保険会社の定める基準に合わない場合などに上乗せ分として加算される保険料の事をいいます。特別保険料ということもあります。

2-2 死亡保障は保険金削減がつく場合がある

被保険者が契約時から一定期間内(5年を超えることはありません)に死亡したときは、経過年数に応じた死亡保険金額を削減して支払うことです。したがって削減期間が過ぎてからの死亡については、保険金額全額が受け取れます。ただし、不慮の事故などによる死亡・高度障害の場合は、削減期間中であっても保険金の全額が受け取れます。

削減                  ※特別条件は保険会社によって異なります。

 2-3 医療保険は特定部位不担保がつく場合がある

医療保険の場合ですが、告知によって一定の部位のみ病気で入院しても給付金はでません。それ以外の病気やケガは保障されるというものです。

不担保期間が終了すればその部位についても保障されるようになります。

3. 一般の保険に加入できなかったら引受緩和型保険を検討する

一般の生命保険に加入できなかった場合または厳しい特別条件がついた場合に検討するのが引受緩和型の商品になります。

通常3つ~5つの健康状態に関する質問をクリアできれば加入ができるというものになります。

一般の生命保険よりも加入がしやすくなっているので保険料は割高になります。

3-1 医療保険は引受緩和型医療保険

一般の医療保険に加入できなかった場合または厳しい特別条件がついたときに検討するのが引受緩和型医療保険です。

この引受緩和型医療保険には具体的に以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 持病があっても加入がしやすい。
  • 過去の病気で入院をしても保障してもらえる。

デメリット

  • 通常の医療保険よりも割高
  • 契約日から一定期間に保障が半額になる。
  • 特約が少ない。

3-2 死亡保障は引受緩和型終身保険

一般の死亡保障に加入をできなかった場合または厳しい割増保険料、削減がついた場合に検討するのは引受緩和型終身保険です。

この引受緩和型医療保険には具体的に以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 持病があっても加入がしやすい

デメリット

  • 一般の生命保険に比べて保険料が割高
  • 保障が1年間は半額になる
  • 保障額が低額

4. 無選択保険は無審査で加入ができる

引受緩和型でも加入ができなかったとき次に検討するのは無選択型の保険です。さらに保険料が高くなり、条件も悪くなります。

4-1 無選択型医療保険

引受緩和型医療保険に加入できなかった場合に検討するのが無選択型医療保険です。無条件で加入はできますがさらに保険料が高くなり、条件も悪くなります。慎重に検討しましょう。

また、以下の条件が付く可能性があります

  • 既往症の再発や悪化による入院・手術は保障の対象外
  • 保険契約してから90日の間に病気で入院や手術をしても保険金や給付金は支払われない

 保険会社によって内容が違うので検討するときには内容をしっかり確認しましょう。

4-2 無選択型終身保険

引受緩和型終身保険に加入できなかった場合に検討するのが無選択型終身保険です。無条件で加入はできますが条件はさらに悪くなります。

以下のような特徴があります。

  • 無審査で誰でも加入できる
  • 引受緩和型よりもさらに割高
  • 契約から2年間病気での死亡の場合払込保険料が戻ってきます
  • 保障が低額

 ※保険会社によって保障内容は異なります。

5. 持病を持っている場合保険の見直しは注意が必要

新たに保険の契約をするときは健康状態の告知が必要になります。現在保険に加入をしている場合、その保険を生かすのも一つの方法です。

ただ、加入している保険、病気の状態によっては全部または一部を見直しをしたほうがいい場合もありますので専門家に相談をして慎重に検討しましょう。

まとめ

生命保険は健康な人しか加入できないと思われがちですが、病気によっては一般の保険でも加入できる可能性があります。保険会社も引受基準を緩和している傾向にあり、病気によりますがまずは一般の保険を検討しましょう。

注意したいのは保険会社によって引受基準が違うということです。できれば複数の保険会社の取扱いがあるファイナンシャルプランナーに相談するのがいいでしょう。

引受緩和型または無選択型は保険料が高い、条件があるなど検討するときは保障内容を確認し慎重に検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。