女性保険の比較するときに大事な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a1180_009238

女性向けの医療保険は女性特有の病気のときに手厚い保障が受けられます。

保険会社も女性向けの医療保険に力を入れており、新商品も発売されていますが、商品がたくさんある中でどこをポイントに比較すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

女性向けの商品はたくさんありますが大きな違いはありません。ポイントを抑えておけば比較できると思います。

今日は女性向け医療保険の比較するポイントをお伝えします。

 はじめに:女性向け保険とは

女性向け保険とは主に医療保険の中でも女性特有の病気・がんに特に手厚く保障があるものになります。ほとんどの商品が普通の医療保険に女性疾病特約が付加されたものが多いです。

1. 女性特有の病気は増加している

厚生労働省「平成23年患者調査」(平成23年10月 総患者数)によると、女性の患者数は男性の約1.3倍になり、女性特有の病気の人は約111万人もいます。中でも子宮頸がん、乳がんは20~30代に増加しています。

女性特有の病気には以下のものがあります。

  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 乳がん
  • 乳腺症
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 帝王切開
  • 流産
  • 卵巣の機能障害
  • 卵巣のう腫など

2. 女性疾病の対象となる範囲は商品によって違う

女性保険とは女性特有の病気について手厚くされる商品ですが対象と範囲が商品によって異なります。ここでは違うポイントについてお伝えします。

2-1   すべてのがんも対象となる商品もある

女性疾病特約はどの商品も女性特有の病気は保障対象になりますが商品によっては女性特有のがんだけではなくすべてのがんも対象となるものもあります。

例えば胃がん、大腸がんなど対象となるものとならないものがあります。

2-2   女性に多い病気についても保障の対象となる商品もある

通常、女性特有の病気はどの商品も保障の対象となりますが、女性に多い病気については保障の対象となる商品とならない商品があります。

女性に多い病気とは以下のようなものがあります。

  • 甲状腺障害
  • 膀胱炎
  • 尿管結石
  • 低血圧
  • 胆のう炎
  • リウマチなど

2-3   女性疾病の手術一時金が出る商品もある

女性特有の病気で手術をした場合に手術給付金が保障の対象となる商品とそうではない商品があります。

ただし、あくまでも基本の手術給付金の上乗せとして支給されるので女性疾病特約から出ないものであっても手術をした場合、通常は基本の手術給付金から給付を受けられます

3. 女性向け保険にこだわりすぎない

女性の場合、女性特有の保険のほうがいいと感じますが、あくまでも基本の医療保険に対しての上乗せの保障となります。女性特有の病気になった時に手厚い保障は受けられますがその分保険料も高くなるので必ずしも必要というわけではありません。

医療保険全体の保障内容と保険料を比較して加入するようにしましょう。

まとめ

女性が医療保険を検討するときには女性向けの商品を検討する人も多いと思いますが各保険会社販売しており、混乱している人も多いと思います。

女性向け保険はそれほど大きな違いはありません。

女性向け保険を比較するときは以下の3つのポイントに気をつけましょう

  • すべてのがんは対象か?
  • 女性に多い病気も対象か?
  • 女性特有の手術給付金は支給されるか?

ただ、女性特有の病気について保障が厚くなっている分保険料も上乗せされています。

女性疾病だけではなく、医療保険全体の保障内容と保険料で比較をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。