女性専用の医療保険と一般的な医療保険の違いと私がおすすめする人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
医療保険 女性

有名なタレントさんなどを起用して女性専用の医療保険をアピールしている保険会社も多いようですが、一般的な医療保険と女性専用の医療保険は何が違うのでしょうか。

女性専用の医療保険は女性特有の病気に手厚いものですが、女性が必ず女性専用の医療保険に加入しなければいけないわけではありません。

今回の記事では、一般的な医療保険と女性専用の医療保険の違いをお伝えしていきたいと思います。「医療保険は何を保障してくれるのかわからない」「医療保険に加入を考えているが、どちらを選んだらいいかわからない」という方はぜひ最後までご覧くださいね。

1. 女性専用の医療保険の保障内容

女性専用の医療保険は、女性特有の病気の保障を充実させるために、入院給付金や手術給付金の保障額が多めに設定されています。一般的な医療保険の入院給付金が日額1万円だとします。しかし、女性専用の医療保険で女性特有の病気で入院した場合、給付金は日額1万5千円から2万円になるのです。

簡単にお伝えすると一般的な医療保険に比べると女性特有の病気のときだけ保障が手厚くなるということです。

以下が保障内容のイメージになります。

jyosei-iryohoken

2. 女性特有の病気とは?

前節なんとなく女性特有の医療保険のイメージができたでしょうか。

ではどのような女性特有の病気が保障の上乗せに該当するのでしょうか。
以下が対象の病気になります。

(例)
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・卵巣機能障害
・子宮脱
・妊娠高血圧症候群
・子宮外妊娠
・乳腺症
・切迫流産
・骨盤位
・卵管炎
・卵巣のう腫
・骨盤腹膜炎
・卵巣がん
・子宮頸がん
・子宮体がん
・膣がん など

女性特有の病気の保障範囲は各保険会社により異なりますので、各女性専用の医療保険の約款で確認しましょう。

女性にも多い病気による入院も手厚く保障される

(例)
・鉄欠乏性貧血
・大動脈炎症候群
・低血圧症
・アレルギー性紫斑病
・バセドウ病
・甲状腺腫
・橋本病
・クッシング症候群
・胆石症
・胆のう炎
・リウマチ性多発筋痛
・腹圧性尿失禁
・尿管結石
・ネフローゼ症候群
・糸球体腎炎
・腎盂腎炎 など

これらは男性もかかる可能性のある病気ですが、女性の方がかかる可能性が高い病気として保障の対象になるものです。これらの病気にかかると、疾病入院給付金にプラスで上乗せされた金額を受け取ることができます。ただこちらも保険会社によって保障の範囲が違いますので、約款で確認しておきましょう。

3. 女性の医療保険は女性特有の病気のリスクを配慮した保険

男性と女性では体のつくりが違うので、かかる病気も当然異なってきます。
「出産」は正常な分娩では医療保険の保障対象になりませんが、帝王切開や吸引分娩などの場合は、一般的に医療保険の保障対象に含まれます。

しかし、分娩の件数に対する帝王切開娩の件数は年々増え続けており、平成23年には一般病で24.1%を超えました。ちなみにWHO(世界保健機関)が推奨する分娩の件数に対する帝王切開娩の割合は10~15%が目安であり、日本では既に数値が大きく上回っていることがわかります。

【帝王切開が検討されるケース】
・へその緒が胎児より先に出てしまう
・胎盤の全部か一部が子宮口を覆っている(前置胎盤)
・分娩に時間がかかるなどして、母子の健康状態が悪化
・胎児の頭が、母親の骨盤より大きい

【繰り返すことで起こるリスク】
・子宮摘出、輸血、前置胎盤の発症 など

帝王切開に関する記事は「帝王切開で医療保険をお考えなら絶対に抑えておきたい6つのポイント」でまとめてありますので、ご参考にして下さい。

まとめ:女性専用の医療保険はこのような方へおすすめ!

最後に、女性専用の医療保険に加入した方が良いのはこのような方です。

女性特有の病気や女性にも多い病気に対して保障を手厚くしておきたい

他の病気やケガの備えも必要だけど、女性特有の病気の保障を手厚くしたいという方は女性専用の医療保険がおススメ。帝王切開も保障に含まれるので、安心度も増すはず。

すでに妊娠している場合は、条件付き(特定部位不担保)になったり、加入できない可能性もあるので、保険会社や営業担当者へ問い合わせてみましょう。
「病気やケガへ広く備えたい」、「三大疾病の保障を手厚くしたい」と考えている方は、女性専用の医療保険より一般的な医療保険に加入し、オプションなどを付加すると良いかもしれません。また、「乳がんや子宮がんへの保障を手厚くしたい」という方も女性専用の医療保険に加入するよりは、がん保険に加入した方がより手厚い保障を期待できるかもしれません。

女性疾病になった場合、女性専用の医療保険に加入していないと給付金がおりないというわけではなく、あくまで給付金が「上乗せされる」というイメージをもって頂ければわかりやすいと思います。あと、女性疾病は各保険会社によって保障の範囲が異なります。病気の保障範囲が狭い保険会社と広い保険会社があるということですので、加入前に約款を見て病気の保障範囲を確認しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。