子供保険は本当に必要?絶対に知っておくべき5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0001_011706

子供が生まれると子供保険を考えることでしょう。ただ、子供保険のことをよくわからず、加入するのが当たり前と思っていませんか?

果たして本当に子供保険は必要なのでしょうか?たしかに子供保険は将来の学費を貯めていくのに有効な方法ですが、すべての人が必要なものではありませんし、学費を貯めていく方法の1つにすぎません。

そして子供保険は適当に契約してしまうと、後で取り返しがつきません。私はこれまで考えずに契約をして後悔した人をたくさん見てきました。そうならないためにも正しく活用しなければいけません。

そこで今日は子供保険の必要性と検討するときに必ず押さえておかなければいけない5つのポイントをお伝えします。これを読んで将来後悔しない子供保険選びにお役立て頂ければ幸いです。

子供保険(学資保険)とは?

子供保険の目的は子供の将来の学費を準備することです。保険会社によって違いがありますが「こども保険」「学資保険」と表現されます。保険料を支払っていくとある年齢になった時に祝い金・満期金などの名目で給付金が受け取れる商品です。

また生命保険会社が販売している商品になりますので契約者(親)に万が一があった場合の死亡保障やお子様が入院したときに給付金が受け取れる医療保険が付いている商品もあります。

ただし、子供保険は必ず入らなければいけないものではありません。あくまでも子供の学費を積立てしていく手段の1つです。「銀行に預けておくよりもメリットがある」というイメージでお考えください。

学費に関しては学費はいくら掛かる?必ず知っておきたい幼稚園から大学までの金額を参考にしてください。

それでは、まず私が考える子供保険の活用をおすすめする人とそうでない人をお伝えします。

子供保険の活用をおすすめする人

  • 自分でお金を貯められない
  • 銀行に預けておくのはもったいないと感じている
  • 毎月安定して積立をしていきたい

子供保険の活用をおすすめしない人

  • 自分で株などの運用で増やしたい
  • 将来の学費がすでに準備できている人
  • こどもの医療保険をメイン考えている

もし、必要だと感じた方はこれからお伝えする5つのポイントを必ず読み進めてください。この5つは外せない知識なので必ず理解しておきましょう。

詳しくお伝えしていきますので是非最後までご覧くださいね。

子供の医療保険が気になる人は子供の医療保険に加入を検討する前に知っておくべき4つのポイントで解説していますので参考にしてください。

1. 子供保険はシンプルで元本割れしない商品を選択する

子供保険で将来の学費を貯めていくときに1番大事なのは「元本割れ」をしない商品を選択することです。
元本割れとは「支払った保険料よりも受け取る金額が少ない」ことです。せっかく将来の学費の積立をしているのに、お金が増えるどころか減ることです。

元本割れとは以下のような契約になります。

例えば、、、

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 210万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

この契約の場合

18年間で216万円支払うことになりますが、満期金は210万円しか受取ることができません。18年間積立をして、6万円減っていることになります。このよう契約が「元本割れ」といいます。せっかく長い間お金を貯めていくので減っているのはおかしいですよね。

逆に元本割れしない契約とは、、、

将来子供の学費を長い間積立をしていくのに元本割れをせずに、できるだけ増える商品を選びたいと思うのは当然です。では元本割れしない商品とはどのような商品なのでしょう。一言でいうと「シンプルで無駄のない商品」です。

例えば、、、

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 240万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)
この契約の場合18年間で216万円支払いをして満期金が240万円受取ることができます。18年間積立をして26万円増えていることになります。

このような商品が元本割れをしていない商品です。この商品の特徴としては医療保険特約や育英年金など必要のない特約が付いていません。

2. 子供保険の商品を選ぶときは返戻率で比較する

前節で「元本割れをしない商品を選択しましょう」とお伝えしましたが、ここからは元本割れをしない商品の中から1番お得な商品の選び方をお伝えします。商品を選ぶときに重要なのは「保険料をいくら払って将来いくら戻ってくるか」です。それを「返戻率」といいます。

返戻率とは支払保険料総額に対して将来いくら受取れるかを%であらわしたものです。100%を超えると元本割れしていない商品で100%を下回ると元本割れです。高ければ高いほどお金が多くもらえるのでお得になります。

返戻率は以下の計算式になります。

学資返戻率
例えばS社の商品だと、、、

  • 年齢:30歳男性 子供0歳
  • 保険料:12,630円(払込総額保険料2,725,488円)
  • 保険料払込18歳まで
  • 受取り総額288万円

学資 細かく受取る

このように12歳時に54万円15歳時に54万円18歳時に180万円と合計で288万円受取ることができます。それに対して保険料が月々12,630円×12か月×18年で総額272.8万円支払うことになり、288-272.8=15.2万円

18年間で15.2万円増えることになり、払込保険料総額に対して返戻率が105.6%となります。この返戻率が高ければ、高いほどお得な商品となります。

ただし比較するときは、同じ条件で比較しなければいけません。例えば満期金などお金を受け取りの後になればその分保険会社の運用期間が長くなるので返戻率はよくなります。、満期金や一時金をできるだけ同じにして商品を比較しなければいけません。

そして、いつ受取れるのかしっかり確認しておかなければいけません。上記の例では中学、高校、大学の入学時に給付金が受けてれる契約になっていますが、契約によって受取れる時期が変わります。自分が使いたいときに使えなければ意味がありません。

3. 保険料の払込が早ければ返戻率が良くなる

前節で「返戻率が高ければ、高いほどお得な商品」とお伝えしましたが、「返戻率を上げる方法はないのだろうか?」と思った人もいたはず。そこでここからは子供保険で、できるだけ返戻率を上げる契約方法をお伝えしたいと思います。

ここでは3つの方法をお伝えします。

  1. 年払で契約する
  2. 保険料短期払で契約する
  3. 保険料を一括払で契約する

すべてA社の同じ保険で比較をしていきます。

1. 保険料を年払にする

子供保険を契約するときは月払で毎月保険料を支払っていくケースが多いですが、年払にすると保険料が割引となり、返戻率が上がります。それでは具体的にどれくらい上がるのか見ていきましょう。

以下の条件で比較していきます。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料:13,030円(月払) 153,470円(年払)
  • 保険料払込18歳まで
  • 給付金受取総金額 300万円

保険料月払の場合、、、

  • 13,030円×12か月×18年=2,814,480円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,814,480円×100=返戻率106.5%

保険料年払の場合、、、

  • 153,470円×18年=2,762,460円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,762,460円×100=返戻率108.5%

月払と年払の差は、、、
年払の保険料総額は2,762,460円に対して月払だと2,814,480円と年払のほうが52,020円安くなります。よって返戻率も月払が106.5%となるのに対して年払が108.5%になるので年払にするだけで2%上がります。

2. 保険料を短期払で契約する

保険料払込方法と同じく契約するときにいつまで保険料を支払うか選択します。できるだけ保険料を短く支払いをしたほうが保険料総額が少なくなり返戻率が上がります。

以下の条件で保険料払込期間を10歳までと18歳までで比較していきます。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料(月払):13,030円(18歳まで) 22,420円(10歳まで)
  • 給付金受取総金額 300万円

保険料支払が18歳までの場合、、、

  • 13,030円×12か月×18年=2,814,480円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,814,480円×100=返戻率106.5%

保険料支払10歳までの場合、、、

  • 22,420円×12か月×10年=2,690,400円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,690,400円×100=返戻率111.5%

18歳まで払込の場合2,814,480円に対して10歳までにすると2,690,400円になり、124,080円10歳払込のほうが安くなります。よって、返戻率も18歳までが106.5%に対して10歳までにすると111.5%となり、保険料を早く払込むだけで返戻率が5%上がります。

3. 保険料を一括で支払う

契約時に、保険料払込期間満了までの年払保険料を一括で支払う方法です。一括で支払うことで前納割引率が適用されて保険料が安くなるため、支払保険料総額が少なくなります。よって返戻率が上がります。

以下の条件で保険料を月払で支払った場合と一括で支払った場合を比較していきます。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料:13,030円(18歳まで) 2,525,615円(一括)
  • 給付金受取総金額 300万円

保険料支払月々18歳までの場合、、、

  • 13,030円×12か月×18年=2,814,480円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,814,480円×100=返戻率106.5%

保険料を一括で支払した場合、、、

  • 2,525,615円(支払保険料総額)
  • 3,000,000円(給付金受取総額)÷2,525,615円×100=返戻率118.7%

18歳まで払込の場合2,814,480円に対して契約時に一括で保険料を払うと2,525,615円になり、一括で払うほうが288,865円安くなります。よって、返戻率も18歳までが106.5%に対して契約時に一括で保険料を払うと118.7%となり、12.2%も上がります。

※保険会社によってはできないこともあります。

おまけ:クレジットカード払でポイントを貯める

最近ではほとんどの保険会社が保険料をクレジットカードで支払うことができるようになりました。クレジットカードでポイントを貯めれるのも他の金融商品にないメリットと言えます。保険料を長く支払っていくので、できるだけお得な契約方法を選択しましょう。

4. 子供保険は生命保険料控除の対象になる

他と金融商品にないメリットに生命保険料控除があります。子供保険は生命保険会社が販売している生命保険の1つです。そのため、支払った保険料は生命保険料控除の対象となります。所得税で最大4万円、住民税で2万8000円が控除されます。定期預金など他の金融商品にはない魅力です。

もちろん控除額がそのまま受け取れるというわけではありません。課税所得からそれぞれの保険料控除額を引き、そこに所得税率をかけた金額が最終的に受け取ったに等しい額です。

たとえば課税所得が500万円の世帯で所得税率が10%の場合、最大の4万円分の控除を受けると、4万円×10%=4000円分の所得税が軽減されることになります。

また、課税所得が500万円の世帯の住民税率は10%なので、最大の2万8000円分の控除を受けると、2万8000円×10%=2800円分の住民税が軽減されることになります。

所得税と住民税を合わせると年間で6800円(4000円+2800円)、18年間では12万2400円(6800円×18年)軽減されることになります。
※ほかに4万円以上の生命保険に加入していた場合には、学資保険加入による控除額の増加はないのでご注意ください。

生命保険料控除については新制度で損をしない生命保険料控除の申告方法で詳しく解説しています。

5. 子供保険は無理のない金額を設定する

最後に注意点をお伝えしておきたいと思います。子供の学費は将来必ず必要なものなので、保険にお金を入れて確実に貯めていけるのがメリットとされますが、逆に途中で解約してしまうと減らされてしまうデメリットもあります。早期解約してしまうと損をしてしまうので、今の生活費を考えて、余裕のある金額で積立をしていきましょう。

できれば、他の保険とあわせて考えるといいでしょう。

まとめ

子供保険を検討するときは必ず5つのポイントを抑えておきましょう。

  1. シンプルで元本割れをしない商品を選択する
  2. 商品を選ぶときは返戻率で比較をする
  3. 保険料の払込が早いほど返戻率はよくなる
  4. 子供保険は生命保険料控除の対象になる
  5. 無理のない金額を設定する

低金利の時代となり、大きく増える商品が無くなりました。子供保険もその1つです。ただ、他の金融商品にないメリットもあるので、それをできるだけ生かし、子供の将来の学費を安定して貯めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。