満期保険金を受取ると税金はどうなるの?必ず知っておくべき確認事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0002_003098

生命保険が満期になると満期保険金が支払われる保険があります。そろそろ生命保険が満期になる人は、満期保険金を受取ると税金がどれくらい掛かるのか心配になりますよね。

基本的に生命保険の満期保険金や解約返戻金など一時金で受取るお金は所得税の中でも「一時所得」になるので他の金融商品よりも税金は優遇されています。

ただすべてがそうではありません。受取るときの注意点もあります。

今日は満期保険金を受け取った時には税金はどうなるのか、そして注意点など必ず確認しておかないといけないことをお伝えします。

1. 満期保険金に掛かる税金は一時所得

満期保険金がある生命保険に加入している人は満期保険金を受け取った時に果たして税金が掛かるのかどうか不安ですよね。

生命保険の満期保険金に掛かる税金は基本的に所得税の対象となります。そして満期保険金や生命保険の解約返戻金など一時金で受取るものは、所得税の中でも「一時所得」になります。後ほどお伝えしますが、満期保険金がある代表的な商品が「養老保険」と「学資保険」です。さて一時所得はどのように計算するのでしょうか。

それでは早速一時所得はどのように計算するのか確認していきます。

一時所得の計算
このような計算式になりますが、簡単にお伝えすると増えた金額から特別控除50万円引いた金額の半分(1/2)が課税の対象となります。よって増えた金額が50万円を超えなければ課税されません。

例えば以下の学資保険の例を見ていきたいと思います。

  • 年齢:30歳男性 子供0歳
  • 保険料:12,618円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金300万円

学資 大学

この契約の場合、保険料を月々12,618円×12か月を18年間支払うと保険料の支払総額が2,728,080円になります。それに対して満期金を3,000,000円受け取ることができます。

そうすると、、、

3,000,000円(満期保険金)-2,728,080円(支払総額保険料)=271,920円(増えた金額)

増えた金額が271,902円となり、特別控除50万円を超えないのでこの契約においては所得税が課税されないことになります。

2. 満期保険金がある保険の契約形態は要注意

前節で満期保険金は所得税の「一時所得」になるとお伝えしましたが、これは契約者(保険料を支払う人)と満期保険金受取人が同じケースです。もちろんこのケースが圧倒的に多いのですが、違うケースもあります。その場合は課税される税金の種類が変わってきます。

例えば契約者:夫、満期保険金受取人:妻の場合は「贈与税」になります。それは夫が保険料を支払って、満期保険金を妻が受取ると満期金を妻に贈与したとみなされるからです。

このように満期保険金に限らず、生命保険は「契約者」「被保険者」「受取人」がどうなっているかによってお金を受け取ったときに掛かる税金が変わってきます。生命保険の契約をするときには必ず確認しておかなければいけないことです。もし、加入している保険が心配であれば保険証書を見てみましょう。そこにしっかり記載されています。

生命保険の税金に関しては詳しくは生命保険に関する税金まとめで解説しています。

3. 満期保険金がある保険とは

最近は満期保険金がある商品が少なくなっていますが満期保険金がある商品の代表的なのが以下の2つになります。

3-1 養老保険

保険期間を設定し、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に無事生存していたときには満期保険金が受け取れます。死亡保険金と満期金は同額になります。バブル期によく販売されていた商品です。これから満期を迎える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

養老保険

3-2 学資保険

学資保険は子供の将来の学費を準備するものです。保険会社によって違いがありますが「こども保険」と表現されます。保険料を支払っていくとある年齢になった時に祝い金・満期金などの名目で給付金が受け取れる商品です。

また生命保険会社が販売している商品になりますので契約者(親)に万が一があった場合の死亡保障やお子様が入院したときに給付金が受け取れる医療保険が付いている商品もあります。

学資保険の場合、満期金などの一時金で受取るお金については先ほどお伝えした「一時所得」になりますが、たまにあるのが「学資年金」という名目になると年金の受取りという扱いになり、一時所得ではなく「雑所得」となり課税の対象となる可能性があるので注意しなければいけません。

学資保険の税金については学資保険の税金:満期保険金や祝金を受け取った時の所得税の扱いで詳しく解説しています。

4. 満期保険金受取りまでの流れ

それでは最後に実際の満期保険金を受取る流れをお伝えします。保険会社によって違いはありますのであくまでも一例としてご覧ください。

1. 満期保険金請求書の到着

満期金支払い予定日の前々月上旬ごろに、「満期保険金請求書」が手元に到着します。

2. 必要書類送付

「満期保険金請求書」が届いたら必要事項を記入をし、あわせて以下のものを提出します。

  • 保険証券
  • 受取人の公的証明書(免許証・健康保険証・パスポートなどのコピー)

※満期保険金が500万円を超える場合かつ、保険証券の提出がない場合は印鑑証明書を提出が必要となります。

3. 満期金の支払い

「満期保険金請求書」に記載の期日(保障の満了日の翌営業日または翌々営業日)に満期保険金をお支払いします。

まとめ

満期保険金を受取るときは所得税の「一時所得」になります。この場合、特別控除が50万円あるので支払総額保険料に対して増えた金額が50万円を超えなければ、課税はされません。

ただし、契約者と満期保険金受取人が違うと税制上有利な「一時所得」ではなくなるので契約形態は必ず確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。