今年のうちに読んでおいたほうがいい保険関連記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0003_001856

生命保険を検討するときにまずはインターネットで検索して調べるのではないでしょうか?

ただ、ネット上では情報があふれており、どのサイトを参考にしていいのかわからないと思います。

参考になるサイトはまずわかりやすく書いてあることが重要です。

今日は保険関連でわかりやすく参考になる記事をご紹介します。是非参考にしてください。

 1.  医療保険の不要論者だった私がその考えを改めだした理由

医療保険が必要か不要かは意見が分かれるところです。医療保険を検討するときに知っておいたほうがいい情報がわかりやすく書かれています。

医療保険をこれから検討する人は参考になるのではないでしょうか。

医療保険不要論

2. 生命保険を選ぶときに、まずは知っておくべき4つの常識

生命保険を選ぶときは迷うことも多いと思います。

生命保険を検討するときに知っておいたほうがいいことが記載されています。

生命保険を選ぶとき

3. 学資保険は本当に必要か?調べてわかった定期預金にはないメリット

子供が生まれたら学資保険を検討する人も多いと思います。 ただ、学資保険は将来の学費を積立するために加入するものなので必ず加入しなければいけないものではありません。

銀行に積立をしてもいいものですが学資保険で積立をするメリットもあるので学資保険を検討するときには参考になると思います。

学資保険定期預金

4. 節税できる個人年金&老後の貯蓄制度

公的年金不安が叫ばれ、自助努力で老後の生活資金を準備しなければいけない時代がやってきました。

意識調査だと老後に不安を感じている人は85.8%と8割以上の人が老後の生活に不安を感じているそうです。

そこで、どうやって将来の貯蓄をしていくかが問題です。 こちらの記事では老後の貯蓄ができる商品がわかりやすく説明されています。

個人年金一覧

5. あなたは100万円損してる!国からもらえる7つの手当金

日本には社会保障制度があり、大きな保障を受けることができます。

ただ制度を知らない人も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では社会保障や税金を中心にお得な制度が紹介されています。

100万円損してる

6. 親の介護費用が高額になっても大丈夫!医療費の自己負担と合わせて還付金を取り戻す方法

少子高齢化により、介護が社会問題になっています。要介護認定を受ける人も年々増加しています。

こちらの記事では公的介護保険について詳しく書かれています。

介護費用

まとめ

今日は保険関連で参考になる記事をご紹介しました。インターネットは便利で情報収集することができますが参考にできるサイトは少ないです。

是非今日ご紹介した記事は参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。