医療保険の手術給付金はどういうもの?知っておきたい給付内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
N934_karutewomitekangaerudr

「どういう手術が給付金の対象なの?」「手術給付金額はどれくらい支給されるの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

手術給付金というのは簡単にいうと手術をしたときに一時金が受取れるというものですが、これはどの医療保険にも付いています。

医療保険の基本である入院したとき1日当たり○○円というのはどの保険会社も大きく変わりませんが、手術給付金は保険会社によって給付金の対象となる手術が微妙に違ってきます。特に最近の新商品は複雑になってきています。

今医療保険に入っている人も、これから加入を考えている人も知っておかなければいけないことなので、どの手術が給付金の対象になるのか、手術給付金額はいくらでるのか、今回の記事で詳しくお伝えします。

1. 手術給付金の対象となる手術とは?

手術給付金の対象となる手術は2パターンに分けられます。

1. 約款に記載されている88項目型(約600種類)
2. 健康保険連動型(約1000種類)

1. の約款に記載されている88項目型に当てはまる手術は以下になります。

  • 乳房の手術
  • 筋骨の手術
  • 呼吸器・胸部の手術

※もちろんこれは88項目の一部です。
88項目型は手術給付金の対象を88項目に分類してその項目(約600種類)に
当てはまれば給付金がおります。

手術給付金の支払対象となる手術の種類は、主契約である生命保険に付加する特約や、
単体で契約する医療保険に関わらず1から88までの分類に分けている保険会社が多いです。

保険契約のときに渡されるしおりなどに様々な約款が記載されており、
手術給付金の対象となり、88種類の手術内容もその中に載っています。

2. 健康保険連動型に当てはまる手術は以下になります。

  • 子宮頚管ポリープ
  • ものもらい
  • 中耳炎

健康保険の対象となる手術(約1000種類)は基本的に手術給付金の対象に当てはまるというのが
このタイプです。

最近では入院中の手術と入院なしの手術で給付金額が違うケースも出てきているので、注意しましょう。

2. 手術給付金の対象とならない手術とは?

2-1. 公的医療保険対象外の手術

  • 皮膚を切開して膿を取り出す治療法
  • 持続的胸腔ドレナージ
  • 虫歯や親知らずなどの抜歯
  • 経皮的エタノール注入療法
  • 悪性新生物根治放射線照射

※保険会社によってですが、給付金の対象になっていた近視レーシック手術は、
公的医療保険の対象外となります。

3. 手術給付金の給付額

一般的には医療保険や医療特約では入院給付金に手術の種類に応じた給付倍率を乗じた
金額の手術給付金が支給されます。

手術によって給付金額が違う商品と、どの手術も一律の商品もあります。

たとえば、入院給付金5,000円で加入している場合、給付金倍率10倍であれば、
5,000円 × 10倍 = 50,000円(5万円)

20倍なら10万円、40倍だと20万円の給付金がおります。
給付倍率も約款に記載されているので、確認しましょう。

まとめ

  • 給付金の対象となる手術の種類は2パターンに分けられる
    1. 約款に記載されている88項目型 = 約600種類の手術が給付金の対象
    2. 健康保険連動型 = 約1000種類の手術が給付金の対象
  • 手術給付金の倍率は入院給付金の10倍・20倍・40倍に設定されている

公的医療保険対象の手術は日々進化しており、新しい技術が取り入れられ、変化し続けています。
保険会社は将来、給付金がふくらむリスクをおさえるため、「入院を伴わない手術」は給付金の
対象外であったり、「給付金を低くおさえる」などといった傾向があることも知っておくとよい
でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
保険の教科書の購読はSNSが便利です。