新婚のとき保険はどうすればいいの?最適な選び方とおすすめプラン

a1180_015768

結婚をきっかけに保険を検討する人も多いのではないでしょうか。ただ、その時どうやって保険を選んでいいのかわからないですよね。

結婚をしたときに必要な保険は人それぞれ違います。例えば夫婦共働きと妻が専業主婦の場合では違いますし、これから子供が生まれる場合もまた違います。

もちろん家族のためにしっかり保障をしておくのは大事なことですが、保険は無理して入るものではありません。特に子供がこれから生まれてくる場合は大きな保障が必要になるので保険料が高額になりやすくなります。もし、保険料が高くなった場合は優先順位をつけて必要なものから加入をしましょう。

そして今の生活、将来への貯蓄も考えてバランスよく加入をすることを心がけましょう。今日は新婚の時にどう保険を選べばいいのか、また私がおすすめするプランもお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

法人保険で節税を考えるとき必ず押さえておくべきメリットとデメリット

a0002_002746

法人保険で節税を検討されている人はインターネットや書籍などで調べていると思いますが、そこにはメリットがいっぱいと書いてあったと思います。

もちろん法人保険はメリットがたくさんあります。ただし注意しなければいけないデメリットもあります。法人保険を会社にとって最大限生かすためには両方を理解する必要があります。

この記事では法人保険で節税するときのメリット・デメリットを全てお伝えします。これを理解していただくことによって法人保険で失敗することが無くなり、かつ最大限生かすことができるようになります。

続きを読む

独身はどの保険に入ればいいの?最適な選び方と私のおすすめプラン

a0002_010608

社会人になった時に初めて保険を検討する人も多いでしょう。ただ、独身の場合どういうものに入ればいいのか、どうやって選んでいいのか疑問がいっぱいですよね。

独身の場合は大きな死亡保障は必要ありません。医療保険を中心で考えます。特に今営業に勧められて検討している人は注意してください。保険はあくまでも必要なものだけ保障をしておくもので、無駄な保険料を支払う必要はありません。

今日は独身の人がどのような保険に加入したらいいのか、そして私がおすすめするプランもお伝えしてますので今保険を検討して迷っている人は是非参考にしてください。

続きを読む

収入保障保険とは?必ず押さえておきたい特徴と最適な活用法

a0001_009301

生命保険の中でも最近注目をされている商品に収入保障保険があります。

インターネットで調べるとたくさん出てくると思いますが、言葉だけ見ると、どういう保険か非常にわかりにくいですよね。

収入保障保険の特徴は割安な保険料で万が一があった場合に大きな保障を受けることができることです。

私もおすすめしたい商品ですが、すべての人に必要な保険ではありません。あくまでも大きな保障が必要な人におすすめしたい保険です。

今日は収入保障保険の特徴と具体的な活用法を中心にお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

満期保険金を受取ると税金はどうなるの?必ず知っておくべき確認事項

a0002_003098

生命保険が満期になると満期保険金が支払われる保険があります。そろそろ生命保険が満期になる人は、満期保険金を受取ると税金がどれくらい掛かるのか心配になりますよね。

基本的に生命保険の満期保険金や解約返戻金など一時金で受取るお金は所得税の中でも「一時所得」になるので他の金融商品よりも税金は優遇されています。

ただすべてがそうではありません。受取るときの注意点もあります。

今日は満期保険金を受け取った時には税金はどうなるのか、そして注意点など必ず確認しておかないといけないことをお伝えします。

続きを読む

所得補償保険とは?必要性と検討するときに必ず知っておくべきこと

a0055_000844

仕事ができなくなった時に生活に困らないようにしとおきたいと思う人は多いでしょう。その時に活用する保険に所得補償保険があります。

ただ、この所得補償保険は本当に必要なのでしょうか?会社員であれば仕事ができなくなった場合は社会保障制度そして会社から一定の保障が受けることができるので検討するのはそれを理解してからでも遅くありません。

今日は所得補償保険の必要性と検討するときに必ず知っておかなければいけないことをお伝えします。詳しくお伝えしていますので、加入する前に是非ご覧ください。

続きを読む

学費はいくら掛かる?必ず知っておきたい幼稚園から大学までの金額

学費

子どもが生まれて幼稚園から大学卒業まで一体いくらの学費がかかるのでしょうか?
「子どもは1人だし、公立に通わせるから学費は最低限で大丈夫」と考える方もいるかもしれませんが、学費以外にも捻出しなければいけない費用はたくさんあります。

備えあれば、憂いなし。子どもの教育費用以外にもたくさんのお金がかかります。子どもが0歳のときに加入した学資保険があっても、学費を捻出するのは大変だったという話を聞く程です。学費の準備が間に合わず、「子どもの進路を選ばせてあげられなかった…」なんてことがないよう、事前に用意できるお金の目処は立てておきたいところです。

本日は幼稚園から大学卒業までの19年間、いくらの学費がかかるのかお伝えしたいと思います。記事のまとめ部分では「オール国公立」と「オール私立」の19年間の学費の比較や「公立」と「私立」を組み合わせた場合の学費の比較もご紹介しています。これを目安に学費資金の参考や学資保険の検討をして頂ければ幸いです。ぜひ最後までお読みくださいね。

続きを読む

知らないと損をするかも?「日帰り入院」と「通院」の違いとは?

日帰り入院

「日帰り入院から保障!」という内容の医療保険をパンフレットなどでよく見かけるようになりました。日帰り入院から保障してくれるなんてとても魅力的ですよね。

しかしながら、「通院」や「日帰り入院」の区別がよくわからなかったり、「そもそも日帰り入院って何?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

日帰り入院の保障がある医療保険に加入している人で、日帰り入院を知らなかったために、給付金を請求しないで損をしている人もいます。毎月保険料を支払っていても、いざというときの備えにならなければ、保険の意味がありません。そこで本日は「日帰り入院」の定義についてお伝えしていこうと思います。

これから医療保険に加入を考えている方も、既に加入されている方も、これから手術を受ける可能性がある方も必見です。「知らなくて損をした!」なんてことがないよう、ぜひ最後までお読みくださいね。

続きを読む

まだ現金でチャージ?Suicaにクレジットカードを付けるとこんなにお得!

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

電子マネーには様々な種類がありますが、その中でも交通系電子マネーと言われるSuicaは、通勤に電車を利用する人ならぜひ活用したいものになります。Suicaに現金をチャージするだけでは何のメリットもありませんが、この時クレジットカードを併用すると効率よくポイントを貯めることができます。

実際のところ、2017年1月月末時点でSuica発行枚数は約6,300万枚にもかかわらず、電子マネーが貯まるSuicaポイントクラブへの登録者数は約230万人と、電子マネーを活用している人は意外に少ないようです。

電子マネーとは、カードやスマホで支払いができる電子のお金です。貯めたポイントを電子マネーとして利用できるだけでなく、クレジットカードのポイントも同時に貯めることができます。ただし、登録作業に面倒臭さや抵抗を感じる人、どのクレジットカードを選べば1番お得なのかわからない人もいるでしょう。

そこで、この記事ではSuicaを使って貯まる電子マネーの基本と、クレジットカードの選び方について簡単に分かりやすくご案内いたします。Suicaを利用している人なら知っておいて損はない内容ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

がん保険を検討・加入している人必見!抗がん剤の費用はいくらなの?

抗がん剤費用 保険

最近注目を浴びている「抗がん剤特約」。
抗がん剤特約はがんの治療を行ったときに月額10万円など設定した額の治療給付金を受け取れる特約です。

抗がん剤に限らず、がんにかかると治療費が平均100万円ほどかかるといわれています。早期に発見して保険適用の治療ですめば貯蓄などで賄えるかもしれません。しかし、がんの再発予防や検査などで引き続き通院をするケースも多く、長い目で見ると医療費が高額になる可能性があります。

2人に1人ががんにかかるといわれている時代、万が一の時に備えて何かしらの対策をとっておかなければなりません。

そこで本日はがん保険を検討する際の参考となる、抗がん剤の費用についてお伝えしたいと思います。「これからがん保険に加入しよう」と思っている方、「がん保険に加入したけど、実際にがんになったらいくらの費用が掛かるのか心配…」と考えている方はぜひご覧ください。

続きを読む