今年のうちに読んでおいたほうがいい保険関連記事まとめ

a0003_001856

生命保険を検討するときにまずはインターネットで検索して調べるのではないでしょうか?

ただ、ネット上では情報があふれており、どのサイトを参考にしていいのかわからないと思います。

参考になるサイトはまずわかりやすく書いてあることが重要です。

今日は保険関連でわかりやすく参考になる記事をご紹介します。是非参考にしてください。

続きを読む

妻は保険か?それとも県民共済か?

tsuma-hoken-01

妻に保険は必要なのか、またどんな保険に入っておくべきかは迷いますよね。

保険は貯蓄で対応できないリスクを回避するための商品ですから、奥さんに何かあった時どんな出費があるかを考えると、自然と答えが出ます。

特に、子どもがいる場合は教育費だけで1000万以上かかるなど、出費が大きいので保険を検討しておくと安心です。

今回の記事では、奥さんに何かあった場合のために検討しておきたい保険と、意外と魅力的な共済についてお伝えします。

続きを読む

知っておきたい6つの公的医療保険制度

a0002_001423

日本には社会保障制度があり、そこから大きな保障を受けることができます。

病気・ケガをしたときは民間の医療保険もありますが、まずは公的医療保険が基本となります。

大事なのが自分で申請をしないと保障を受けれない制度もあるということです。

まずは公的医療保険制度を知っておくことが大切です。どういう制度があるのかだけでも知っておくことが重要です

今日は役立つ公的医療保険についてお伝えします。

続きを読む

女性が保険に入るなら知っておきたい7つのおすすめタイミングと保障額

jyoseihoken-osusume-1

保険に入るタイミングはいつがいいのか?またどんな保険に入ればよいのか?は、基準がないと迷ってしまいますよね。

女性が保険に入るタイミングとしては、20代、30代が多いようです。

これは、保険には全く興味はなかった方でも、結婚や出産を控えると保険の加入を検討し始めるためです。

生命保険の加入に適した時期は、社会人となって自立した、 結婚した、子供が生まれた、マイホームを購入した、転職・独立した、離婚した、収入が大幅にUP又はダウンした、相続問題をどうすべきかなど、生活設計が大きく変わる時期です。

今回の記事では保険の加入タイミングや何に加入すべきかを迷っている方のために、保険に加入する7つのおすすめタイミングと、どんな保険を検討するのが良いかをまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

持病で保険を検討するときの注意点

a1380_001495

最近注目されているのが「持病でも入れます」とCMやインターネットで見かける「引受緩和型」といわれる保険です。

保険は健康な人しか加入ができないものですが、病気になってから保険の必要性を感じる人も多いのではないでしょうか?

病気になってから保険に加入を検討するときは注意が必要です。

「引受緩和型」の商品は加入はしやすいですが保険料は割高になっています。

まずは一般の保険を検討するのですが、重要なのは各保険会社によって健康状態による引受の基準が違うということです。病気によっては一般の保険に加入できる可能性があります。

今日は持病がある人が保険を検討するときに重要なポイントをお伝えします。

続きを読む

女性保険の比較するときに大事な3つのポイント

a1180_009238

女性向けの医療保険は女性特有の病気のときに手厚い保障が受けられます。

保険会社も女性向けの医療保険に力を入れており、新商品も発売されていますが、商品がたくさんある中でどこをポイントに比較すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

女性向けの商品はたくさんありますが大きな違いはありません。ポイントを抑えておけば比較できると思います。

今日は女性向け医療保険の比較するポイントをお伝えします。

続きを読む

独身女性に必要な保険とは?

a1180_007831

近年、晩婚化が進み未婚率も上昇しています。

総務省の統計によると30~34歳の女性未婚率は1995年には10%だったのが2010年には23.1%に上昇しています。

保険会社も女性向けの商品に力を入れており、新商品もどんどん発売されています。

その中で本当に「自分に必要な保険はどういうものなのか?」わからない人も多いのではないでしょうか?

「本当に生命保険は必要?」という疑問もあると思います。

独身の人には高額な死亡保障よりも必要なのは医療保険が中心となります。

今日は独身女性に必要な保険はどういうものなのかをお伝えします。

続きを読む

子宮筋腫で確認したい4つのポイント

a1640_000235

女性特有の病気の中でも代表的なのが子宮筋腫です。

35歳以上の女性の15~30%に子宮筋腫があるといわれており、最近では若い女性に増加する傾向があります。

これから出産を希望される人が気になるのは子宮筋腫でも妊娠ができるのかどうかではないでしょうか?

子宮筋腫でも妊娠・出産はできる可能性はあります。

ただ、筋腫の大きさ・位置などによっては影響が出ることがあります。

今日は子宮筋腫についてお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

専業主婦に保険は必要?小さな子どもがいるなら要チェックの4つのポイント

sengyou-hoken-01

もしかすると、専業主婦は収入がないから「いざというときの保険もそんなに必要ないだろう」と思うかもしれません。

ところが、小さな子どもがいる場合、いま突然入院することになったら、代わりに家事や子育てをしてくれる人を探さないといけません。

また、子どもが小さいうちにお母さんに万一のことがあった場合、子どもの養育のための費用を準備しなければならなくなります。

緊急時に備えて十分な貯蓄などのたくわえがあれば問題ありませんが、それほど余裕がないと、入院や手術にかかる費用、託児所の費用などが重くのしかかってきます。

そこで、今回の記事では専業主婦に保険は必要なのか?また、小さな子どもがいるならおさえておきたい4つのポイントについてお伝えします。

続きを読む

シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

boshikatei-teate-0

最近は、ライフプランも多様化し、シングルで子育てをしている女性も増えています。

実際、日本のシングルマザーは、108 万人以上います(2010年度総務省調べ)。離婚が約80%、未婚が12%、死別が7%程度という内訳です。

中でも、未婚のシングル・マザーの数が急増しているという特徴が見られます。

母子家庭や父子家庭になった場合、「この子に人並みの生活をさせてあげたい」と思う気持ちは人一倍強いと思います。

今回の記事では母子家庭・父子家庭になった時、生活を支援してくれる16の手当てと助成制度を詳しくお伝えします。

申請しないともらえないものも多いので、一通りチェックしてみて下さい。

続きを読む