設備投資した資産の減価償却|節税・資金繰りに役立つ基本

a0006_001251

工場を建てたり機械等を導入したりするなどの設備投資をした場合、その資産については減価償却という処理を行うことになります。

費用を計上するので、効率よく計上すれば節税になります。また、その分だけ税金を支払わなくて済むのでキャッシュを温存でき、資金繰りの役に立ちます。

ただし、税法上、減価償却の期間は資産により決まっていて、償却のタイミングを後ろに伸ばしたりすることはできないので、注意が必要です。また、いついくら償却できるのか、というのを押さえておく必要があります。

この記事では、設備投資して購入した機械等の資産について、効率よく減価償却して節税・資金繰りに役立てるために是非とも押さえておいていただきたい基本的な知識をお伝えします。

続きを読む

障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて

b4a6e7ea40902f15e0fe3365ba25d237_s

障害年金とは、病気やケガが原因で、肉体的・精神的に障害を持っている人が、日常生活や仕事をすることが難しい場合に受け取れる年金のことを言います。

この障害年金については、障害の程度により、1級から3級まで等級が区分けされています。一般的に知られている老齢年金とは異なり、働き盛りの世代の人が、収入を得ることが難しくなった時のための年金なので、受け取れる年金額については、お子様の人数などにより、加算される仕組みになっています。

この記事では、

・障害年金の等級基準と具体的な障害の状態
・職業により異なる対象となる障害年金の等級
・障害者の等級変更

の3点を中心に障害年金について解説させていただきます。

普段は考えることは少ないと思いますが、もしもご自身が障害年金に頼らざるを得ないような状態になってしまった時、どれくらいの年金額が受け取れるのかを知っておくことは非常に大切です。ぜひ、最後までお付き合いください。

障害年金の各基準については、日本年金機構「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」より抜粋となります。

続きを読む

障害年金の受給資格|必ず知っておきたい4つのポイント

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

障害年金とは、公的年金の一つです。障害年金は、病気・ケガで障害によって生活に支障が出てしまった場合に支払われる年金のことです。

障害年金という言葉だけを見ると、事故などで障害状態にならないと受けられない印象があるかもしれませんが、最近では病気でも支給の対象となり、重要な公的保険の一つであり、ほとんどの人が受けられる保障です。ただし、すべての人が保障の対象となるわけではありません。

そこでこの記事では

  • 障害年金の受給資格
  • 障害年金の所得制限
  • 障害年金の認定
  • 障害状態ごとの支給要件

障害年金は年金に加入していれば受けられる保障ですが、自分が障害年金の給付を受けられるのか疑問をお持ちの方は、この記事を参考にして頂ければと思います。

続きを読む

住宅ローンの繰上げ返済を行なうときの2つの注意点

a0002_008747

「住宅ローンの繰り上げ返済は、最高の資産運用術だ。」と言われています。そのため、日本人は、貯金ができれば、すぐに繰り上げ返済という方が多いと感じています。

確かに、繰り上げ返済を行なうと総返済額を減らすことができます。しかし、そこだけにとらわれると、家族でより幸せな時間を持つために買った住宅なのに、節約で頭が一杯になるということにもなりかねません。

また、なんでもかんでも繰り上げ返済にあてていると、預貯金が減り、事故や災害など突発的なことがあった時に、首が回らなくなってしまいます。

答えから言うと、基本的に、繰上げ返済は最高の資産運用などではありません。むしろ、最悪の部類になることもあり得ます。

今回は、繰上げ返済の基本から、どう言う人がどう言う場合に活用すべきかなども解説しています。ご覧いただくと、繰り上げ返済が最高の資産運用なんかではないということを感じていただけることでしょう。

続きを読む

オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術

pp_tobitatuhikouki_tp_v1

法人の節税で「オペレーティングリース」というスキームを聞いたことはありませんか。

「オペレーティングリース」の節税は、航空会社・リース会社・匿名組合・出資者など、様々なお金のやり取りが発生するため、一見わかりにくくなっています。

しかし、支払いは一度きりで、1年目に80%程度、2年目に20%程度の損金算入ができ、リース期間満了時に100%以上の益金が発生する仕組みなので、突発的な利益を将来に繰り延べるにはとても有効な手法です。

また、オペレーティングリースには、航空機・船舶・コンテナの3つのリースがあります。

この記事では、オペレーティングリースの仕組み・メリット・デメリットを具体的にお伝えした上で、航空機・船舶・コンテナの3つのリースの違いと活用方法をお伝え致します。

続きを読む

役員退職金の計算方法|決めるときに知っておきたい4つのこと

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

これから退職金をどれくらいに設定しようか考えているけれど、どれくらいの金額に設定していいのか迷っていませんか?

退職金は法律上上限などはなく、自由に決められます。ただし、会社の損金算入できる金額の目安はあり、あまり大きい金額になると税務署に指摘され、否認される可能性が有ります。

退職金の金額を決めるときには、退職金の損金算入、また、受取時の所得税がどのようになるのか理解することが重要です。

そこでこの記事では

  • 役員退職金を損金算入できる目安
  • 受取り時の所得税の計算
  • 退職金金額の決め方
  • 役員退職金の参考データ

この4つをお伝えいたします。

役員の退職金をどれくらいの金額に設定すればいいのか迷っている人は、この記事をご覧いただき参考にして頂ければと幸いです。

続きを読む

役員退職金を損金にするために必ず押さえたい3つのポイント

a0002_hi00018

経営者・役員の方にとっては、ご自身の退職金をいくら支給していいのか、ということは大きな関心事だと思います。

なぜなら、役員退職金は、損金に算入できる額の上限が決まっているからです。

ただ、重要なのはそれだけではありません。決められた手続を踏まないと、そもそも損金として認められないので、手続もきちんと押さえておく必要があります。

また、意外と見落としがちですが、役員退職金を損金に算入するタイミングが選べるということも重要です。なぜなら、営業利益が大きい年度に計上できれば、赤字のリスクを防ぐことができ、しかも節税にもなるからです。

この記事では、役員退職金を損金として処理する上で押さえておきたい3つのポイント、つまり、損金にいくらまで算入できるかの計算方法、どのような手続が必要なのか、どの年度の損金に計上できるか、といったことに関するルールを分かりやすく説明します。

続きを読む

就業不能保険の必要性|知っておきたい社会保障と受取条件

3226eac96342cdecd9be9ce69d601fcc_s

みなさんは、ご自身が病気やケガをして働けなくなった時のことを考えたことがありますか?一家を支える大黒柱が、ある日、突然寝たきりのような状態になり、収入が途絶えてしまったら、家族の生活はどのように変わるでしょうか?

最近、話題になっている保険で「働けなくなった時の保険」があります。一般的には就業不能保険という名称で、その名の通り、病気やケガで働けなくなった時の収入をカバーするための保険です。保険会社によっては、お給料保険、家計保障保険など名称は様々です。

この記事では、働けなくなった時に

・就業不能保険を検討する前に知っておくべき社会保障
・就業不能と死亡のリスクの比較
・就業不能保険の基本的な内容

の3点について、順に解説させていただきます。

将来の教育費用がかかってくる小さなお子様のいるご家庭や、ご主人様の収入が家計の大部分を占めているような方には是非お読みいただければと思います。

続きを読む

定期保険の経理処理|低い保険料で大きな保障を得られる仕組

a0002_012009

法人向けの生命保険の中で、単に「定期保険」と言うと、一定の限られた期間を保障する掛け捨て、つまり保険料が全く返ってこない保険を言います。

低いコストで、経営者・役員の方に万一のことがあった場合に大きな保障を受けられる保険です。

「定期保険」と名のつく保険は他にも「長期平準定期保険」や「逓増定期保険」等があります。しかし、それらは積み立ての機能もあり、しくみがかなり違うので、ふつうの定期保険とは区別されています。

そして、経営者の方は、ご自身に万一のことがあった場合に会社を守るための保険を検討されるとき、掛け捨ての定期保険か、積み立ての機能のある保険のどちらにしようか迷うことと思います。

ご自身の会社にはどの保険が合っているかを知るためには、それぞれの経理処理を押さえていただくことが役に立ちます。

そこで、この記事では、掛け捨ての定期保険の経理処理について、保険料を支払った時と、保険金を受け取った時に分けてお伝えします。

最後までお読みになれば、どの法人保険がご自身の会社に合っているか判断するのに役立つと思います。なお、積立の機能のある保険の経理処理については2つの記事『長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ』と『逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ』がありますので、ぜひ合わせてお読みください。

続きを読む

船舶のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

ishishi7455_hunehaiku_tp_v

法人の節税スキームを調べていると、船舶(タンカー)のリースが効果的であるという話を聞くことはありませんか。

船舶(タンカー)のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

実はオペレーティングリースと呼ばれるリースで、節税スキームの中では最も歴史が古く、船舶(タンカー)のリーススキームとして、日本では1963年から存在していました。

船舶リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、6~10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。

近期の節税効果が非常に高いため人気がありますが、航空機やコンテナのオペレーティングリースとどのような違いがあるのかまでは理解されていません。

そして、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリット、他のオペレーティングリースとの違いをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。

そこで、当記事では、船舶リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 船舶リースによる節税のメリットとデメリット
  • 船舶リースを活用すべき法人様とその条件
  • 船舶リースの仕組みとお金の流れ
  • 船舶リースで想定されるリスク
  • 船舶リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む