使用者賠償責任保険(EL保険)とは?補償内容と必要性

PAK150412400I9A0308_TP_V

従業員が業務災害で身体に傷害を負った場合への備えとして、「使用者賠償責任保険」という保険があります。しかし、果たしてご自身の会社に必要かどうか、悩むところだと思います。

ひょっとしたら、「うちは労災があるから大丈夫ではないか?」とお考えかもしれません。

もちろん、労災で賄えれば、それに越したことはありません。しかし、近年、従業員に対する賠償金の額は年々増加傾向で、最悪の場合、億単位になります。場合によっては多額の賠償金が支払えず、倒産してしまうリスクがあります。

そして、そのような場合に備えられる最も有効な手段が「使用者賠償責任保険」です。迅速な対応で従業員に対する責任を果たすことが、今後の会社経営を守ることに繋がるのです。

この記事では、「使用者賠償責任保険」の補償内容と必要性についてお伝えしていきます。

続きを読む

動産総合保険とは?他の保険との違いと正しい活用法

a1180_009845

動産総合保険という主に法人向けの損害保険がありますが、名前を聞いただけではどんな保険なのかいまいちピンとこないのではないでしょうか。

「動産」というと、「不動産以外の財産」を思い浮かべると思います。しかし、ややこしいことに、動産総合保険は、全ての動産をカバーするわけではありません。

しかも、単に「動産の損害を補償する」と言うならば、そういう保険は他にもあります。特に、「火災保険」と何が違うのか、悩んでしまうところです。

この記事では、他の保険、特に火災保険との違いを意識しながら、動産総合保険とは何か、どんな業種に向いているのか、どんな点に注意が必要なのか、イメージしやすく、かつ分かりやすく説明します。

続きを読む

役員賠償責任保険とは?あなたと会社を守るための備え

a0002_000169

役員賠償責任保険という保険があります。この保険は、会社の経営陣である役員が損害賠償責任を求められた時の賠償金などを補償する保険です。通称「D&O保険」とも呼ばれています。

「D&O」とは「Directors and Officers」の略で、取締役や監査役といった会社役員のことをいいます。

賠償責任が発生するような場合に備える保険というと、上場企業のような大きな会社が対象となるとお考えになる方もいらっしゃることでしょう。しかし、中小企業の場合であっても賠償責任問題が発生するリスクはゼロではありません。例えば、取引先に誤って欠陥商品を販売してしまい、それに対する損害賠償を取締役個人が求められることがあります。その場合、裁判にかかる弁護士費用や敗訴した時の賠償責任金の全額は、訴えられた役員の個人負担となります。

そんな時に役立つのが、役員損害賠償責任保険です。これは、役員個人が損害賠償責任を負った場合にその負担を軽くすることができます。また、会社が保険料を負担して損金にすることもできます。

この記事では、役員賠償責任保険について分かりやすく解説していきます。上場企業の方だけでなく、これから会社を大きくしようと奮起されている役員の皆さまにもお読みいただければ幸いです。

続きを読む

自動車管理者賠償責任保険とは?有効活用のためのポイント

a1180_011007

自動車管理者賠償責任保険は、日常生活では聞きなれない保険で、どんなものかイメージしにくいと思います。

自動車管理者賠償責任保険は、「自動車」とついていますが、自動車保険とは全くの別物です。一言で言えば、自動車をお客様から預かる業務を扱う業者様のための保険です。

たとえば、預かった自動車が盗難されたり壊されたりしたら、お客様から管理責任を問われることがあります。そういった場合に、賠償金等を補償してもらえる保険です。

自動車は高価な財産ですので、お客様から大切な自動車を預かる業者様には加入を強くおすすめしたい保険です。

この記事では、自動車管理者賠償責任保険とはどういう場合に役に立つか、保障内容はどのようなものか、必ず押さえていただきたい点に絞ってわかりやすくお伝えします。

お客様から大切な自動車を預かる業者様にとって役に立つ内容となっていますので、是非、最後までお読みになって、お役立て下さい。

続きを読む

組立保険とは?知っておきたい保障内容と活用場面

N612_kemikarukoujyounoyakei_TP_V

組立保険と聞いても、「なんとなく工事に関する保険かな」というイメージしか持てないと思います。

確かに工事に関係する保険なのですが、全ての工事をカバーするわけではありません。

実際にどんな仕事で必要なのか、保障の範囲や他の保険との守備範囲の違い、保障金額、保障を受けられる期間など、基本的な知識を理解してから加入を検討された方が良いでしょう。

まずは基礎知識として、保険内容から順を追ってご説明しますので是非ご覧下さい。

続きを読む

中小企業倒産防止共済とは?誰でもわかるメリットと注意点

YKYK0I9A1197_TP_V

「中小企業倒産防止共済の仕組みってよくわからないな…。」「倒産防止って名前なのに、どうやって節税になるの…?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

中小企業倒産防止共済(経営セーフティー共済)とは、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。取引先の予期せぬ倒産から会社を守ることができる制度で、掛金800万円までが法人なら損金算入、個人事業主なら必要経費になります。

ただし、注意しなければならないことがあります。

今回は、そんな中小企業倒産防止共済のメリットと注意点について、分かり易くお伝えしていきます。
続きを読む

受託者賠償責任保険とは?対象となる会社と補償内容

2ed3f54c47a8270b62b086d0dbbaf70e_s

受託者賠償責任保険とは、会社がお客様からお預かりした品物を誤って「壊してしまった」「汚してしまった」「紛失してしまった」「盗まれてしまった」等のため損害賠償責任を負った場合に、保険金が受け取れる保険です。

全ての業種が対象となる保険ではなく、倉庫などで品物を保管することを専門としている会社や、展示場やホテルなどで一時的にお客様の荷物をお預かりするような業務がある会社に対する保険となっています。

この記事では、受託者賠償責任保険について

  1. 加入できる会社
  2. 対象となる事故の範囲
  3. 保険金を受け取れる場合と受け取れない場合
  4. 受け取れる保険金の種類

の3点を中心に、分かりやすく解説させていただきます。加入の対象となる事業を営まれている経営者の方にお役に立つ内容となっておりますので、是非、最後までお付き合いください。

続きを読む

法人自動車のフリート契約とは?そのメリットと注意点

miyazakiDSC_0014_TP_V

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

生産物賠償責任保険とは?誰でも分かる中身と使い方

AME_kemurintanabiku_TP_V

生産物賠償責任保険(PL保険)という聞き慣れない保険があります。どういうものか、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

しかし、そういうあなたも、「製造物責任」という言葉ならばたまに聞いたことがありますでしょうか。

生産物賠償責任保険は、大雑把に言えば、この製造物責任を負ってしまった場合に、損害賠償金の額を補償してもらえる保険です。そして、「製造物責任」とは、製品の欠陥のせいで他人の身体・財産に害が生じたら、その製品を作った業者が責任を負いなさいということです。

この記事では、生産物賠償責任保険(PL保険)について、必ず押さえておいていただきたいことを、分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、生産物賠償責任保険について基本的なことが理解でき、また、他の保険との組み合わせ方や使い分け方がお分かりになると思います。どうか最後までお読みになってください。

続きを読む

小規模企業共済とは?誰でもわかるメリットとデメリット

OOK151107010I9A8224_TP_V

「小規模企業共済って、名前だけは耳にしたことがあるけれど、どんな内容なのだろう…?」「節税に良いって聞くけれど、具体的にどんな効果があるのだろう?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

小規模企業共済は、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。掛金の支払い時と、受取り時に節税になるメリットがあり、個人事業主の方の退職金準備には非常に有効な手段です。ですが、もちろん良いことばかりではありませんから慎重に選ぶ必要があります。

今回は、そんな小規模企業共済のメリット、デメリットについて分かり易くお伝えしていきます。

続きを読む