専業主婦に保険は必要?小さな子どもがいるなら要チェックの4つのポイント

sengyou-hoken-01

もしかすると、専業主婦は収入がないから「いざというときの保険もそんなに必要ないだろう」と思うかもしれません。

ところが、小さな子どもがいる場合、いま突然入院することになったら、代わりに家事や子育てをしてくれる人を探さないといけません。

また、子どもが小さいうちにお母さんに万一のことがあった場合、子どもの養育のための費用を準備しなければならなくなります。

緊急時に備えて十分な貯蓄などのたくわえがあれば問題ありませんが、それほど余裕がないと、入院や手術にかかる費用、託児所の費用などが重くのしかかってきます。

そこで、今回の記事では専業主婦に保険は必要なのか?また、小さな子どもがいるならおさえておきたい4つのポイントについてお伝えします。

続きを読む

シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

boshikatei-teate-0

最近は、ライフプランも多様化し、シングルで子育てをしている女性も増えています。

実際、日本のシングルマザーは、108 万人以上います(2010年度総務省調べ)。離婚が約80%、未婚が12%、死別が7%程度という内訳です。

中でも、未婚のシングル・マザーの数が急増しているという特徴が見られます。

母子家庭や父子家庭になった場合、「この子に人並みの生活をさせてあげたい」と思う気持ちは人一倍強いと思います。

今回の記事では母子家庭・父子家庭になった時、生活を支援してくれる16の手当てと助成制度を詳しくお伝えします。

申請しないともらえないものも多いので、一通りチェックしてみて下さい。

続きを読む

子宮頸がんは必ず防げる!知っておかなければいけない原因と予防法

a1380_000394

現在20代~30代の女性に急増しているのが子宮頸がんです。毎年約10,000人が発症し、約3,500人が亡くなっています。

子宮頸がんは命はもちろんのこと、出産の機会まで奪ってしまう可能性がある怖い病気です。

怖い病気なのはわかっていても「原因は何なのか?」「どうやって予防をすればいいのか?」わからない人も多いのではないでしょうか?

子宮頸がんは1つだけ他のがんと違う点があります。

それは原因が特定されているという点です。他のがんは原因が特定されていないため確実な予防は困難です。

子宮頸がんは原因が特定されているので定期検診によって予防できます。予防ワクチンもありますが副作用も多く報告されているのでおすすめしません。

今日は子宮頸がんの原因と予防法を中心にお伝えします。子宮頸がんになるのを必ず防ぎましょう。

続きを読む

旦那の保険を見れば分かる!「愛されている度」5つのチェックポイント

danna-hoken

もしいま、旦那さんに万一のことがあった場合、子どもがいれば当面はシングルマザーとして育てていくことになります。

「もしそうなったらどうやって生活していけばいいのだろう?」と不安になる方もいると思います。

そうなってしまったとしても、夫が家族のことを考えて、十分な保障を準備してくれていれば生活面では安心です。

ところがそういった準備がされていないと、大変な事態になりかねません。

今回の記事では、旦那に万一のことがあったらどうなるのか?を現実的に考えてみます。

その時に必要なお金と、世帯主の平均的な死亡保障額や、おすすめの対策など5つのポイントをお伝えします。

ぜひ旦那さんと一緒に万が一の時のことを考えてみて下さい。その後のアクション次第で、愛されているかどうかがわかるかもしれません。

続きを読む

個人年金は本当に必要なの?老後の対策をするときに重要な確認事項

a0790_000860

老後の生活に不安を持っている人はほとんどではないでしょうか?

老後に不安があるときに考えるのは毎月の積立です。

今注目を集めている個人年金保険ですがほんとに加入する必要があるのでしょうか?

他にもっといい商品があるのではないかと疑問を持つ人は多いと思います。

老後の積立ができる商品はたくさんあります。商品によってメリット・デメリットがあるので自分に合った商品で積立をするのが1番いいと思います。

そこで今日は個人年金保険とその他の積立商品を解説いたします。

続きを読む

要注意!実は割高な女性保険の真実と本当にお得な保険を選ぶポイント

jyosei-hoken-3

最近、CMなどで女性向け保険というのをよく聞きます。

女性向け保険は、女性特有の病気への保障を手厚くした保険です。

例えば子宮がん、乳がんや、妊娠高血圧症候群など女性特有の病気にかかった際の保障をしてくれる保険ですので、女性にとっては魅力的に感じると思います。

では、女性にとってお得なのか?といえば、結論としてはお得とは言い切れない部分もあります。

女性特有の病気に対して保障を手厚くしている分、保険料は高めに設定されているといった事情がありますし、女性向け以外のものがカバーされない場合があるという落とし穴もあります。

今回の記事では、女性向け保険とはどのようなものか、そして女性向け保険を選ぶ際に注意する点、参考になるサイトをお伝えします。

続きを読む

個人年金は税金がお得!?知っておきたい控除に関する5つのポイント

a0003_001851最近公的年金への不安がニュースで報じられています。老後は自助努力によって生活する時代がやってくるかもしれません。

将来の積立をできる金融商品はたくさんありますがその代表的な商品が個人年金保険です。

個人年金保険は老後への積立が主な目的ですが税金の控除が目的で加入される人もいます。

会社員であれば年末調整によって還付が受けれます。

これから新たに個人年金保険に加入を検討するときに気になるのは実際どれくらい還付が受けられるのか?だと思います。

今日は個人年金保険に加入をしたときの所得税控除についてお伝えします。

続きを読む

30代女性は知っておくべき「乳がん」早期発見のための5つの方法

nyuugan-shikori-2

映画やテレビで乳がんをテーマにしたものを多くみかけますよね。多くの女性が、20代の後半頃から、乳がんについて少し心配や不安を感じてくるようです。

それは、乳がんが女性の中で最も多いがんであり、年間6万人もの人が毎年乳がんと診断されているからです。

ただ、少しだけ安心して欲しいのは、乳がんは、自分で見つけることができる可能性が高く、また、「早期に発見すれば治る可能性が高いがん」だいうことです。

2センチ以下のしこりだと、転移がない状態であれば約90%の人がほぼ完治しているという結果が出ていて、がんが小さいうちに発見できれば、女性にとって大切な乳房を温存できます。

今回は、乳がんを少しでも早く発見するために知っておくべき5つの方法をお伝えします。

続きを読む

個人年金保険の加入率はどれくらい!?気になる参考データ

a0002_004143

生命保険文化センターの意識調査では老後の最低日常生活費は平均22.3万必要とされ、さらにゆとりある老後を過ごそうとすると平均36.6万必要というデータがあります。

将来公的年金が予定通り支給されても公的年金だけでは不足なのは明らかです。

そこで、これから個人年金保険に加入を検討するときに気になるのが、どれくらいの人が加入しているのか、そしてどのくらいの金額を積立ているのかではないでしょうか?

今日は個人年金保険を検討するときに気になるデータをご紹介します。是非参考にしてください。

続きを読む

妊婦さん必読!知ってると出産費用が大幅に節約できる7つの公的制度

ninpu-hoken

出産やこれから始まる育児にはとてもお金がかかりますね。

妊娠・出産は基本的に健康保険がきかず、妊婦健診や出産費用などで50万円~100万円程度のお金がかかると言われています。

ただし、ここでぜひ覚えておいて頂きたいのは、公的な補助制度を使うと出産にかかる費用をかなり軽減することができるということです。

このページでは、妊娠前に知っておきたい出産のお金のことについて全てお伝えしていますので、ぜひ確認しておいてください。

続きを読む