医療費控除で税金を取り戻す!確定申告をするときに大事なポイント

a0002_003094

先日消費税が2014年4月より5%から8%に引き上げが発表されました。

消費税は2015年10月に10%に引き上げ予定となっており、消費税以外でも2015年1月に相続税が増税になるなど、これから更なる増税が予想されます。

そこで少しでも税金が抑えられないかと思っている人も多いのではないでしょうか?

毎年確定申告の時期が近くなると話題になるのが医療費控除です。

言葉は知っていても「どうすればいいのかわからない」という人も多いと思います。

医療費控除は自分で確定申告をしなければ還付を受けることができません。医療費控除の対象となる支払いはたくさんあり、場合によっては所得から大きく控除できる可能性があります。

今日は医療費控除についてお伝えします。こちらを読んで是非、医療費控除を受けられる可能性がある人は確定申告してください。

続きを読む

「資産移転」?「節税」?逓増定期保険5つのポイント

setsuzei-teizou-2

最近はアベノミクスによる利益急増によって、節税を検討しているという経営者もいらっしゃるようです。

そして、決算直前の「節税対策」として生命保険が有効だと言われています。

「節税」という表現が適切かどうかは別として、保険料支払段階で税負担が軽減されるのは事実です。また、実際のところ、法人の生命保険には、税負担の軽減だけでなく、他の金融商品にはない、非常に魅力的な側面があります。そのため、私自身も活用しています。

今回の記事では、多くの経営者に選ばれている逓増定期保険(ていぞうていきほけん)を活用する上での5つのポイントをお伝えします。

逓増定期保険は、上手に活用すれば、退職金の積み立てや万一のリスク補てん等、会社のキャッシュを守り、増やすのに役立ちます。

「逓増定期保険で『節税』対策を」などとお考えになっている経営者の方は、ぜひ読み進めてみて下さい。

続きを読む

学費の進学コースによる違いと参考記事まとめ

a0027_002856

子供が生まれたときに、気になるのは将来の学費です。

学費は高いと言われていますがいったいどれくらい掛かるのだろうと思う人も多いのではないでしょうか?

学費といっても進路によってかかる金額が全く異なります

どういう進路を取ればどれくらい学費が違うのかを把握している人は少ないのではないでしょうか?

今日は将来の進路によって学費がどれくらい違うのか、そして是非読んでおいたほうがいい記事をご紹介します。

続きを読む

はじめて医療保険に加入するときの5つのステップと参考記事

a1380_000047

毎日のようにテレビでは医療保険のCMが流れています。

医療保険は各保険会社が力を入れている商品なので新商品もどんどん発売されて種類も豊富にあり、インターネットでの情報も多様化しています。

特にはじめて医療保険を検討しようと思っている人は何を基準にしてどう選んでいいのかわからないのではないでしょうか?

今日ははじめて医療保険を検討する人でもしっかりと自分にあった医療保険を選択するために知っておかなければいけないこと、そして読んでおいたほうがいい参考記事をご紹介いたします。

続きを読む

児童手当だけじゃない!申請すればタダでもらえる15の手当金リスト

jidou_teate

民主党政権で話題になった「子ども手当」は、いつの間にか「児童手当」に代わり、申請しないともらえない制度になっています。

こういったことは、よくあることです。

世の中には申請しないともらえない、国や健康保険組合などが準備している手当金がいくつもあります。

今回は、申請するだけでタダでお金がもらえるお得な15の手当金についてまとめました。今すぐに利用できなくとも、知っておいて損はない制度ばかりです。

特にお得なものをピックアップしましたので、知らなくて損をしたということがないように、一通りチェックしてみて下さい。

続きを読む

入院費用は抑えられる!入院するときに知っておくべき7つのポイント

a0006_000841

誰もが病気になる可能性があり、いつ入院をするかわかりません。

突然入院をすることになったらパニックになることもあるでしょう。

病気になって入院をしたときに「治療費はいくらかかるんだろう?」と不安になった人も多いと思います。

また具体的に入院をしたとき以下のような不安が襲います

  • 病気はいつ治るのだろうか?
  • 治療費はいくらかかるだろうか?
  • 仕事は続けていけるのだろうか?
  • 仕事ができなくなったらどうしよう?

入院をするとお金だけではなく精神的にも不安になります。

できるだけ不安を和らげるためにも今日は入院をしたときに知っておくべき7つのポイントをお伝えします。

続きを読む

出産準備や分娩費用に活用できる7つの公的補助制度

shussan-jyunbi4

出産にかかるお金っていくらくらいなんだろう?

「会社を休まないといけないから収入は減るし・・・」
「お金のことを考えるとちょっと怖い・・・」

こんな不安を少しでもやわらげるために、国はさまざまな公的補助制度を準備してくれています。

今回の記事では、「おめでた」の際に利用できる7つの公的補助制度をまとめました。
「知らなくて損をした」ということのないように、ぜひ出産前に読んでみてください。

続きを読む

相続税改正と生命保険の活用法

a1180_005280

消費税が来年4月より8%に引き上げられるのはみなさんご存じの通りです。

消費税増税が注目されていますが来年以降に増税になるもので気をつけなければいけないのは平成27年1月からの相続税改正です。

現行の相続税だと大きな基礎控除額があるので一定の富裕層の人だけが相続税の対象となっていました。

今回の改正では基礎控除額が引き下げられ、今まで4%ほどの人しか対象とならなかった相続税が新制度になると7%ほどに上がると予想されています。

相続税対策はどうしようか?と悩まれている人も多いと思います。

今日は相続税改正のポイントと生命保険の活用法をお伝えします。

続きを読む

がん保険より三大疾病保険がおすすめ?

cancer-sandai-4

いまや2人に1人が「がん」になるといわれています。

がん保険は基本的に掛け捨てで、平均寿命の約80歳まで加入すると保険料の支払総額は数百万円規模になるのが普通です。

掛け捨てですから、約2分の1の確率で羅漢する「がん」にならなかった場合には1円ももらえません。つまり、50%以上の確率で何も戻ってこないのです。

「がんにならなかったのはうれしいんだけど、何だか素直に喜べない・・・」

こんな未来が想像できて、何とも言えないもったいなさを感じて加入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、がん保険にこんな不満を持った方に特におすすめする、「三大疾病保障終身保険」ついて、がん保険と比較しながら、そのメリット、デメリットを詳しくお伝えします。

がん保険を契約する前にぜひ読んでみて下さい。

続きを読む

生命保険の解約返戻金で損をしないための6つのチェックリスト

a0001_017623

生命保険には解約返戻金(生命保険を解約したときに戻ってくるお金)がある商品があります。

商品によってたくさん戻ってくるものと、少ししか戻ってこないものがあります。

いざ解約をすると、あれだけ保険料を払ってきたのに「これだけしか戻ってこないの!?」といった経験をした方も多いと多いと思います。

原因は契約時に保障内容を把握してないことにあります。本当は営業がしっかり説明するべきことですが残念ながらそうなっていないのが現状です。

生命保険は住宅の次に高い買い物と言われています。よって解約返戻金も高額になっていきます。生命保険の解約返戻金は重要な資産になりますので契約するとき、そして契約した後も確認をすることが重要になってきます。

また、よく相談を受けるのが解約返戻金を受け取った時の税金です。金額によって税金が掛かる場合と掛からない場合があります。

今日は解約返戻金で損をしないために必ず確認しておかないといけないポイントをお伝えします。

是非参考にしてみてください。

続きを読む