女性向け医療保険とは?

female-3

最近は女性向けの医療保険が注目されています。

ちょうど結婚や出産など、ライフイベントが起こるタイミングで医療保険について調べてみたら「女性向け」のものがあるということを知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性向けの医療保険と一般の医療保険にはどんな違いがあって、女性の医療保険に入ったほうが得なのか?を知りたいという方も多いと思います。

今回の記事では、女性向け医療保険と一般向け医療保険の違いと、女性は医療保険にいつ加入するのが良いのかについて、注意すべき3つのポイントをお伝えします。

続きを読む

持病の人が医療保険に加入を検討する時に重要な3つのポイント

a0006_000859

過去に「入院をした」「持病がある」「健康診断で指摘を受けた」などの健康上の理由で、医療保険への加入を諦めてはいませんか?

昔はそうした持病があって通常の医療保険に入れないという方の場合、医師の診査や告知を必要としない「無選択型」といわれる保険を選ぶしかありませんでした。

しかし最近では「持病があっても入れる」医療保険が増えてきて選択肢の幅が広がっています。

そして、そこで気になるのが、「果たしてどういう商品があるのか?」という部分ですよね。そこで、今日は持病でも加入できる医療保険について解説します。

続きを読む

医療保険の通院特約の保障例と必要性を見極めるための5つのポイント

tuuin-4

最近は医療制度改革の影響で、入院を長期化させることで病院への費用負担が大きくなるため、従来と比較して入院が短期化し、通院での治療を行う病院が増えています。

「がん」などの重い病気も、通院による治療が拡大しています。

そのため、少し前までは、入院限度日数が1000日以上という医療保険も数多くありましたが、現在では、入院限度日数が60日程度のものが一般的になってきました。

「通院による治療が増えているのであれば、通院保障がある医療保険に入っておきたい」と思われるのが当然だと思います。

今回の記事では医療保険の通院特約の保障例と、その必要性について5つのポイントから詳しく解説します。

この記事を読み終わった時には、通院特約のある医療保険に入るべきかどうか、自分自身で判断できるようになると思います。

続きを読む

医療保険と生命保険の違い

a0003_001726

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、生命保険に加入している人は男女とも多く、男性では79.0%、女性では79.5%となっており約8割の人が保険に加入しています。

その中でも外資系の参入、ネット生保の登場により、保険も多様化していく中で特に「生命保険」と「医療保険」がどう違うのかよくわからないといった人も多いのではないでしょうか?

昔は生命保険も医療保険もセットで1つの契約になっているケースがほとんどでしたが最近では生命保険・医療保険が共に単体で販売されるのが主流となり、複雑になってきました。

そこで今回は生命保険と医療保険の違いを解説します。

是非参考にしてください。

続きを読む

医療保険でがんの治療費をカバーするには?

cancer2-04

生涯でがんに罹患する確率、つまりがんだと診断される確率は、男性58%、女性43%です。もはや2人に1人がかかる国民病といっても過言ではない「がん」は、30代で増加し、特に40代以上の働き盛りの年齢階級で死因の1位を占めています。

がんにかかると会社を長期にわたり休む必要があり、その期間に受ける経済的ダメージは計り知れません。

一昔前までがんは不治の病といわれていましたが、現在では早期発見、早期治療すれば完治する場合も多く、経済的なダメージをどう克服するかは大いに関心のあるところです。そこで、がんになった場合、医療保険でどの程度まで治療費をまかなえるのかをご紹介します。

続きを読む

喘息で医療保険に加入するときに絶対に確認する4つのチェックリスト

a1180_009842

近年、大人になってから喘息を発症する人が増えています。20年前に比べると約2倍になっているといわれています。

小児喘息も30年前は全小児の1%程度でしたが、最近では6%程度といわれ、実に約6倍も増加しています。

さらに、以前は乳幼児の気管支喘息は比較的まれでしたが、最近では著しく増加しています。増加の原因としてさまざまな説がありますが、明確な答えが出ていないのが現状です。

そして、私が今まで保険の相談でよく聞かれる病気の1つが喘息です。喘息で過去に医療保険に加入しようとしたが断られた経験はありませんか?

そこで以下のことが気になる人が多いのではないでしょうか?

  • 喘息でも医療保険に加入できるのか?
  • 医療保険に加入するときに気をつける注意点

今日は喘息の人が医療保険に加入するときに気をつけるポイントを4つご紹介します。

続きを読む

帝王切開で医療保険をお考えなら押さえておきたい6つのポイント

帝王切開 医療保険

胎盤が子宮の出口をふさいでいる場合や逆子など、自然分娩による危険性が高いと判断された場合には、子宮を切開して赤ちゃんを取り出す「帝王切開」での出産となります。

日本では約16%、米国では29%が帝王切開による出産です。ブラジルや韓国では約40%とかなり高い数字となっていて、近年、世界的に増加傾向にあります。

帝王切開で出産をすると、一般的には次回(2回目)以降の出産も帝王切開になります。帝王切開にかかる費用は50万円から75万円くらいと、自然分娩と比べて高額になりますので、2回目の帝王切開時に医療保険は適用されるのか?は気になるところです。

結論から言うと、2回目の帝王切開時には医療保険が適用される場合とされない場合があります。

今回の記事では、2回目の帝王切開でも医療保険は出るのか?など、帝王切開で費用を抑えるために知っておくべき6つのチェックポイントについてお伝えします。

続きを読む

医療保険でレーシック手術の費用を抑えるために確認したい7つのコト

レーシック 医療保険

年間約20万人が利用しているという視力矯正手術のレーシック。最近は身近にレーシックを実施した人も多く、割と評判も良いということで、検討している方も多いようです。

東京など大都市の有名眼科クリニックではレーシックの手術費用は両眼で12万~25万円が相場です。中には両眼で50万円程度かかるクリニックもあります。高額な手術費用が掛かるので、なんとか費用を抑えることができないかを考えている方も多いと思います。

手術に当たり、医療保険で手術給付金が出るのかどうか?は気になるところです。

結論から言うと、これから新規に医療保険に加入してレーシック手術を受けても、手術給付金は出ません。しかしながら、過去に加入されたものであれば対象となる医療保険もあります。

今回の記事では、対象となる医療保険について等、レーシック手術にかかる費用を抑える7つの方法をまとめてお伝えします。

続きを読む

うつ病の人のための医療保険とポイント

a0003_001815

うつ病は、現代を代表する病気の1つと言われており、100人に3~7人がうつ病を経験しているという調査結果もあります。

さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査でもうつ病を含む気分障害の人が近年急速に増えています。そして、今は大丈夫でも、もし、うつ病になってしまった時、治療方法について悩む方はとても多いです。

そして、もしうつ病と診断された時は、以下のような点が気になるという方がとても多いです。

  • うつ病で入院したらどれくらいお金が掛かるのか?
  • うつ病になった場合医療保険の支払いの対象となるのか?
  • うつ病と診断されたら医療保険に加入ができるのか?

そこで、今日はうつ病について知っておきたい6つポイントをお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

がん保険は「節税」に有効?経営者が知っておくべき税制改正ポイント

法人がん保険 損金

中小企業の経営者などのあいだで全額損金算入できるということで「節税商品」と言われ人気の高かった、いわゆる「法人向けがん保険」は、2012年4月27日に国税庁より税制改正の発表があり、「2分の1損金」に変更となりました。

本来、この保険は事業主や社員の治療費など福利厚生や事業保障を目的とするものでしたが、条件を満たせば保険料を全額損金扱いできたため、課税対象となる利益を保険料に回して税負担を軽減することができました。

しかし、税制改正で「2分の1損金」扱いとなったことにより、その効果は大きく薄れたといえます。

この記事では、事業保障及び税負担の軽減の観点から、「法人向けがん保険」の有用性について考えてみたいと思います。

続きを読む