パソコンの減価償却方法|価格帯によって違う償却方法まとめ

a0002_001949

パソコンはどの会社の業務にも必需品で、重要な資産です。したがって、パソコンがどのように減価償却されるのかということは重大な問題です。

特に、パソコンは技術革新が日進月歩で行われているので、買い替えのタイミングも早く来ます。したがって、早く減価償却できるに越したことはありません。

ところが、厄介なことに、パソコンは価格帯によって減価償却の方法が違います。また、中には平成30年3月31日まで期間限定の、青色申告の中小法人向けの特例があります。

したがって、パソコンを購入する時は、どんなスペック、価格帯のものを選ぶかを決める際に、減価償却の価格帯別のルールを理解しておく必要があります。

この記事では、パソコンの減価償却の方法について、価格帯別に分けて、分かりやすく説明します。

続きを読む

不動産投資による節税のメリット・デメリットと活用法の全て

sin220160717172521_tp_v1

不動産投資は節税になるというセールストークで不動産をおすすめされたことはありませんか。

不動産投資を行うことで、個人所有では所得税・住民税、法人所有では法人税の節税につながることもあります。

それは、不動産には「減価償却」という実際には価値が目減りしているかどうかには関わらず、一定の割合で価値が目減りしていると仮定して、必要経費あるいは損金として認められることがあるからです。

しかし、不動産投資には多くのリスクとデメリットがあり、容易に購入してしまうと大きな損失につながりかねません。

よって、この記事では不動産投資による節税を安易な気持ちで始めて、失敗をする人が現れないように、メリット・デメリットをお伝え致します。

実は私も不動産投資を実際に行っており、所有している物件は全て満室で収入は入ってきていますが、個人の所得税・住民税は平成28年度は1円も支払っていません。それどころか小さな子供を保育園に通わせている保育料まで無料です。

ここでは私の実際に行っている不動産投資での経験もふまえて、不動産投資での節税をお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

マンションと一戸建てはどちらが得?3つの比較ポイント

a1180_010282

現在、マイナス金利の影響で、金融機関の住宅ローン金利も低く抑えられています。そのため、マイホーム購入のタイミングだと考えている方も多いことでしょう。そして、マイホーム選びで、最初に悩むのはマンションにするか一戸建てにするかということだと思います。

結論からお伝えすると、これには確実な正解はありません。なぜなら、お一人お一人ライフスタイルが異なるからです。しかし、それだと尚更悩んでしまいますよね。

そこで、ここでは、ご判断の助けとなるように、ファイナンシャルプランナーとしての観点から、マンションと一戸建てのどちらが良いのかをお伝えしたいと思います。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

なお、マンションか一戸建てかと言っても、新築か中古かで、それぞれのメリットやデメリットが異なってきます。そのため、ここでは新築の場合に限定してお伝えしていこうと思います。また、一戸建ては土地付きのものとして、借地権に関しては除外させていただきます。

続きを読む

遺族年金の手続き|万が一の時にご遺族が知っておくべき基礎知識

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

遺族年金とは、その名の通り、『家計を支える方がお亡くなりになった場合、残された遺族の生活を守るための年金』です。遺族年金を受け取るためには、申請手続きを行う必要があります。

手続きに関しては、様々な必要書類を揃える必要があり、また、加入中の年金種類によって申請する場所も異なります。煩雑な手続きが多いため、社労士(社会保険労務士)の事務所が有料で遺族年金の代行手続きを承っているケースもあります。

この記事では、遺族年金の手続きについて、できるだけ簡単に、分かりやすくご説明させていただきます。遺族年金の手続きが遅れてしまうと、その分、受け取れる時期も先延ばしになってしまいます。これから、お手続きが必要な方にとって、お役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

遺族年金の受給条件|必ず知っておきたい4つのポイント

a1130_000328

遺族年金とは、大黒柱の方に万が一のことがあった際に、残された遺族に支給される公的年金のことです。

残された家族にとっては、生活費を確保するための大切な保障です。ほとんどの人が受けられる保障ですが、受けられない方もいるので受給条件は必ず確認しておかなければいけません。遺族基礎年金と遺族厚生年金は少し受給条件が違うので注意が必要です。

そこでこの記事では

  • 遺族基礎年金の受給条件
  • 遺族厚生年金の受給条件
  • 遺族年金の寡婦年金と死亡一時金
  • 遺族年金の支給目安金額

をお伝えします。遺族年金は年金に加入していれば受けられる保障ですが、ご不安な方は自分が受給対象となるのかこの記事をお読みいただいて確認頂ければと存じます。

続きを読む

リース資産の減価償却|リースによる節税のための基礎知識

a1180_010996

事業用の資産をリースで借りると減価償却できる場合があるという話を聞いたことがあると思います。

リースを利用するのは、分割払いで購入するのとよく似ています。しかし、減価償却の期間・方法は大きく違うので、注意が必要です。

具体的には、償却期間をある程度短くできることと、その間、一定の額が減価償却費として計上されていくことです。

この記事では、リースで借りた資産の減価償却方法とその特徴について、購入した資産との比較を意識しながら、分かりやすくお伝えします。

なお、この記事で扱うリース取引は、名実ともに借りるもの、つまり、リース期間が過ぎたら返さなければならないものをさします(所有権移転外リース)。

同じリースでも、後にそのモノの所有権をもらうことができるもの(所有権移転リース)は、買ったのと同じに扱われます。したがって、「設備投資した資産の減価償却|節税・資金繰りに役立つ基本」をご覧ください。

また、「オペレーティングリース」と呼ばれるものについては、「オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術」をご覧ください。

続きを読む

住宅ローン控除とは|利用するときの2つの注意点

a0002_003677

マイホームを購入で、不動産屋さんから「今なら住宅ローン控除が使えて、お得に購入できますよ」と言われることがあります。しかし、住宅ローン控除の内容については、それほど詳しく説明してくれないし、説明されてもよくわからないことが多いのでしょう。

というのは、私のところに来るマイホーム購入相談者の多くが住宅ローン控除についてなにも知らないからです。

結論からお伝えすると、住宅ローンを利用してマイホーム購入するならば、住宅ローン控除制度をしらないと損してしまいます。特に、「税金を少しでも安くしたい」と思っている方には、住宅ローン控除は、支払った税金が戻せる絶好のチャンスです。

一方で間違った利用の仕方をすると、損をすることもあります。

そこで、まず、「住宅ローン控除」とはなにかについてわかりやすく説明し、その上で、「住宅ローン控除」を正しく利用するために、2つの注意点を指摘します。この2つの注意点を読めば、「住宅ローン」の恩恵を受けられるため、最後まで読んでください。

続きを読む

自動車による節税のメリット・デメリットと5つのポイント

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%80%80%e7%af%80%e7%a8%8e

皆さんは自動車を購入することで、法人の節税につながることがあるのはご存じでしょうか。

「4年落ちのベンツがいい」「節税なら中古車がいい」このような話はよくされていますが、具体的にどのような仕組みなのかはわからないという方はいらっしゃいます。

会社の資産をより多く残すために自動車を購入するのであれば、そのメリット・デメリットを理解した上で自動車を選ぶ必要があります。

ここでは自動車による節税とそのメリット・デメリットをご紹介します。

さらに、最後には選び方のポイントまでお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

設備投資した資産の減価償却|節税・資金繰りに役立つ基本

a0006_001251

工場を建てたり機械等を導入したりするなどの設備投資をした場合、その資産については減価償却という処理を行うことになります。

費用を計上するので、効率よく計上すれば節税になります。また、その分だけ税金を支払わなくて済むのでキャッシュを温存でき、資金繰りの役に立ちます。

ただし、税法上、減価償却の期間は資産により決まっていて、償却のタイミングを後ろに伸ばしたりすることはできないので、注意が必要です。また、いついくら償却できるのか、というのを押さえておく必要があります。

この記事では、設備投資して購入した機械等の資産について、効率よく減価償却して節税・資金繰りに役立てるために是非とも押さえておいていただきたい基本的な知識をお伝えします。

続きを読む

障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて

b4a6e7ea40902f15e0fe3365ba25d237_s

障害年金とは、病気やケガが原因で、肉体的・精神的に障害を持っている人が、日常生活や仕事をすることが難しい場合に受け取れる年金のことを言います。

この障害年金については、障害の程度により、1級から3級まで等級が区分けされています。一般的に知られている老齢年金とは異なり、働き盛りの世代の人が、収入を得ることが難しくなった時のための年金なので、受け取れる年金額については、お子様の人数などにより、加算される仕組みになっています。

この記事では、

・障害年金の等級基準と具体的な障害の状態
・職業により異なる対象となる障害年金の等級
・障害者の等級変更

の3点を中心に障害年金について解説させていただきます。

普段は考えることは少ないと思いますが、もしもご自身が障害年金に頼らざるを得ないような状態になってしまった時、どれくらいの年金額が受け取れるのかを知っておくことは非常に大切です。ぜひ、最後までお付き合いください。

障害年金の各基準については、日本年金機構「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」より抜粋となります。

続きを読む