自動車の減価償却で知っておくべき3つのポイント

taxi0i9a3710_tp_v

自動車は減価償却できるということは知っていても、どの程度まで減価償却ができるのかはわからない方は多いです。

しかし、節税などを加味して自動車を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、自動車の減価償却は、「新車・中古車」、「何年前に発売された車種か(○年落ち)」で決まります。

この記事では、自動車の減価償却について、イメージしやすいようにお伝えします。

続きを読む

マンションの減価償却の計算が自分でできる6つのステップ

a0001_013809

投資用、事業用のマンションを持つと節税になるという話を聞いたことがあると思います。

そして、その大きなポイントとなるのが、減価償却です。

マンションは資産の中でも価値が大きいので、減価償却の効果は大きいのです。

ただし、マンションは構造・用途によって減価償却の期間が違います。また、マンション全体を同じ期間で償却するのではなく、構造部ごとに分けて償却することになっています。

さらに、新築か中古かによっても、償却の期間が違います。

したがって、そういったルールをきちんと押さえておく必要があります。ただ、6つのステップにしたがって処理していただけば、それほど難しいことではありません。

この記事では、マンションの減価償却の方法で必ず知っておいていただきたい6つのステップについて、分かりやすくお伝えします。

この記事で紹介するステップを踏んでいただけば、減価償却の方法が理解でき、減価償却費の計算ができるようになることと思います。ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

法人で青色申告にする3つのメリットとデメリット

PAK23_notedentaku20140312_TP_V

青色申告は個人事業主をイメージする人が多いと思いますが、法人でも青色申告があります。法人の青色申告も個人事業主と同じように、多くのメリットがあり、現在検討されているのではないでしょうか。

ただ、どのようなメリットがあり、そしてデメリッがあるのか疑問なのではないでしょうか。

できるだけ、法人税を抑えるために青色申告を検討していると思いますが、具体的なメリットは以下の3点になります。

  • 欠損金の繰越控除がある
  • 欠損金の繰り戻し還付が受けられる
  • 特別償却と特別控除が受けられる

この記事では青色申告のメリットを中心に基本的なものからデメリットまでお伝えいたします。法人を設立して迷っている方は是非参考にしてください。

続きを読む

個人型確定拠出年金の運用リスク、コストや注意点

8729ed0cae8284cec81df0a71cb45a19_s

2017年1月より、個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)の加入範囲が拡大し、60歳未満の方であれば、ほとんど全ての方が加入の対象となりました。2016年の加入者数は約25万人で、年々増加の傾向にあります。

個人型確定拠出年金は、税制面で優遇が受けられたり、運用次第で将来の受取額を大きく増やせたりする一方、投資のように運用結果によってご自身の資産が変動するようなリスクとなりえる部分も存在します。

公的年金や企業年金は国や会社が責任をもって資金を運用していますが、個人型確定拠出年金はご自身の資産を自己責任で運用するので、それなりのリスクとリターンが発生するのは当然と言えるかもしれません。

この記事では、個人型確定拠出年金の注意しておきたいポイントについて順に解説していきます。これから個人型確定拠出年金の加入を検討される方も、既に加入中の方も、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

法人が死亡保険金を受け取るときの税金の処理と軽減方法

a0002_009087

経営者の皆様は、さまざまな目的をもって法人保険に加入されていると思います。中小企業の経営者にとって、事業保障対策、退職金準備、利益の繰り延べなど、会計財務の関心事は尽きないことと思います。

その中でも、法人保険(生命保険)の最大の特徴は、社長に万が一のことがあったときでも、安心して事業を存続できるようになるということにあります。

しかし、せっかく会社を守るために保険に加入されたのに、死亡保険金を受け取った時の税金がどのくらいかかるのかを知らなかったために、「こんなはずではなかった」という事態になる会社様もあります。

会社の大黒柱を失って、会社が一丸となって頑張らないといけないという時に、適正額を超える死亡保険金の税金を支払わなければいけないとなったら、今後の会社存続にも影響しかねません。

そこで、今回は、いざという時に、「こんなはずではなかった」とならないように、事前に、加入されている死亡保険金の税金がどれぐらいになるのか?回避方法はあるのか?についてわかりやすく解説いたします。

続きを読む

職場定着支援助成金とは?申請するときに知っておきたいこと

a0782_000742

インターネットで助成金で受けられるのはないかと、調べていると「職場定着支援助成金」が出てきたけれど、内容がよくわからずいろんなページを見ているのではないでしょうか?

職場定着支援助成金は比較的申請が通りやすく、これから職場環境を良くしたいと考えている経営者の方には是非活用してほしい助成金です。しっかりと制度を作ると助成金が受けられますので内容と申請方法を確認しておきましょう。

職場定着支援助成金は主に以下の4種類があります。

  • 雇用管理制度助成金
  • 介護福祉機器等助成金
  • 保育労働者雇用管理制度助成金
  • 介護労働者雇用管理制度助成金

この記事ではこの4つについて基本的なことから申請手順までお伝えしたいと思います。職場環境を整えながら申請すればお金が受け取れるものなので有効に活用しましょう。

続きを読む

不動産管理会社で節税対策ができるしくみと注意点

PAK_FUKUOKA0I9A4536_TP_V

不動産を持っていて賃料等で大きな収益を挙げている方は、節税対策として、不動産管理会社を設立するのが有効だという話を聞いたことがあると思います。

ただ、本当にお得なのか、落とし穴はないかは気になるところでしょう。

不動産管理会社の活用は、所得税・相続税等の節税対策として非常に有効です。ただし、有効活用するには基本的なしくみを理解していただく必要があります。

また、設立するにあたり、注意していただきたい点もあります。

そこで、この記事では、不動産管理会社で節税ができるしくみと、注意していただきたいポイントについて、大づかみしていただけるように、噛み砕いて説明します。

不動産管理会社を活用しての節税対策をお考えの方は、是非最後までお読みください。

続きを読む

キャリアアップ助成金の3つのコースの特徴とポイント

OZP_micromwomotu1188_TP_V1

『キャリアアップ助成金』という国から返済不要の資金を調達できる制度があります。

名前は聞いたことがあっても、実際にその支給金額や条件までは把握できている方は少ないです。

実はこのキャリアアップ助成金は、支給要件のハードルが低いため、支給の申請を出さなければもったいない制度です。

1年事業所あたり最大で900万円(東京では最大1,650万円)ものキャリアアップ助成金を受けとれる可能性もあります。

この記事では、この『キャリアアップ助成金』の3つのコースの特徴とそのポイントをわかりやすまとめましたので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

経営者が知っておくべき交際費と接待飲食費に関する課税ポイント

a1180_012097

平成26年に交際費課税制度の改正があり、中小企業(期末資本金又は出資金1億円以下の会社)については、交際費が年間800万円まで、全額経費として損金算入とされるようになったことはご存知でしょうか。中小企業にとっては、とても有り難い改正ですね。

また、もし、今まで経理に関して人に任せていた社長様は、交際費の金額を改めて確認することで、損金算入額が増えるかもしれません。

このページでは、特に、中小企業の社長様が活用されることの多い、接待飲食費の損金に算入できる範囲、または注意しておく点などをご紹介します。

続きを読む

保険料はいつから損金算入できる!?必ず知っておくべきこと

a0055_000848

決算期直前で予想以上の利益が出ることが確実になって慌てて法人税の対策を考えていらっしゃるのではないでしょうか?

その時に心配なのが今からでも決算に間に合うのかでしょう。

法人保険は急ぎの場合数日あれば間に合います。ただし、すべての法人保険が損金算入できるわけではありません。たまに勘違いをしている方がいるので注意しましょう。特に急ぎで考えている人には要注意です。

そこで今日は法人保険に加入をした場合の保険料の損金算入のタイミングを中心に法人保険を活用するときに必ず知っておかなければいけないことをお伝えします。

続きを読む