持病で生命保険を検討するときに知っておくべき重要なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a1180_012111

過去に「入院をした」「持病がある」「健康診断で指摘を受けた」などの健康上の理由で、生命保険への加入を諦めてはいませんか?

持病があると通常の生命保険に入れないと思われがちですが、近年生命保険会社の審査は緩和される傾向にあり、病気によっては加入できます。

そして保険会社によって審査基準が違うので、1社から加入できないといわれても他社で加入できる可能性も十分あります。

最近よくCMで「持病でも入れます」というのを見かけます。たしかに加入はしやすいですが、保険料が高いです。本当は通常の生命保険に入れるのに高い保険料を払うのは非常にもったいないです。

そこで今日は通常の生命保険の審査を通りやすくするポイントを中心に、持病がある人が生命保険を検討するときに必ず知っておかないといけないことをお伝えします。ポイントを細かく解説していますので是非最後までご覧ください。

1. 持病があってもまずは通常の生命保険を検討する

持病がある場合にまず思い浮かぶのがよくCMでやっている「持病があっても入れます」というものではないでしょうか?

しかし持病があってもまずは通常の生命保険を検討することをおすすめします。それは持病でも入れる商品は「引受緩和型」と言われますが保険料が高いからです。後ほど詳しくお伝えしますが保険料が1.5倍~2倍になります。

もちろん通常の生命保険に加入をするときは審査があるので病気によっては入れないこともあります。ただし、持病といってもたくさんあります。

例えば以下の病気は通常の生命保険に入れる可能性があります。

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 痛風
  • 喘息
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 糖尿病(合併症なし)
  • バセドウ病など

※必ず加入できるわけではありません。

逆に通常の生命保険に加入するのが難しい病気は以下のようになります。

  • がん
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 肝硬変
  • 腎不全
  • 糖尿病(合併症あり)
  • 躁うつ病など

※ただし完治して5年が経過していれば可能性があります。

上記の病気の場合は通常の生命保険への加入が難しいので後ほどお伝えする「引受緩和型」もしくは「無選択型」を検討することになります。ただし完治して一定期間(3年~5年)を経過していれば通常の生命保険も検討できる可能性があります。

それではこれから通常の生命保険の審査が通りやすくなるポイントをお伝えしていきます。

医療保険については持病の人が医療保険に加入を検討する時に重要な3つのポイントでお伝えしています。

通常の生命保険の審査を通りやすく5つのポイント

通常の生命保険に加入をするときに重要となるのが健康状態の審査です。もしかすると保険会社に問い合わせをしたら入れないと言われて人もいるかもしれませんが、まず知っていただきたいのが保険会社によって審査基準が違うということです。

例えばA社で断られたがB社では加入ができたということもよくあります。そこで重要なのが健康状態を告知するときに記入するのが告知書といわれるものです。告知書の書き方によって審査結果が変わることもあります。

私が相談を受けた中でも「他のところで聞いたら入れないと言われたが本当にダメなの?」と相談を受けて各保険会社に問い合わせをしたところ可能性があるので、正確に健康状態を告知したら、審査が通ったというケースはいくらでもあります。

それではこれから実際に持病の人が生命保険の審査に通りやすくなる5つのポイントを解説していきます。

ポイント1.告知は正確かつ、細かく記載をする

生命保険に申込みをするときに健康状態を申告します。健康状態の申告をするときに記入をするのが「告知書」です。この告知書の書き方によって結果は大きく変わります。よく適当に書いてしまう人がいますが、保険会社は情報がないと判断ができないのでしっかりと書かないとマイナスになる可能性があります。まずやらないといけないのが告知書を詳しく書くことです。

具体的には以下のものをしっかり記載しましょう

  • 原因→慢性的なものなのか突発性のものなのかによって変わってきます。
  • 服用している薬名→薬が強いものなのか、弱いものなのか。書かないと強いものを使っていると判断される可能性があります。
  •  数値→中には数値で判断される病気もあります。よくなっているのであれば、前の数値も告知しましょう。
  • 手術名→手術の術式によって結果が変わります。

保険会社は以上の情報がないと判断ができないのでネガティブに判断され、厳しい結果になることがよくありますのでしっかり記入をしましょう。

ポイント2.自分にとって有利な情報はすべて書く

告知書を書くときにするべきことは自分にとって有利な情報をすべて書くことです。保険会社によっては評価されることもあります。先ほどもお伝えしたように告知書は詳しく書いたほうが有利になる傾向にあります。そして必ず書いたほうがいいのが自分にとって有利な情報です。

具体的には以下のような情報です

  • 数年前よりも数値がよくなっている。
  • 軽い薬を服用している。
  • 医師からよくなっているといわれている。
  • 原因が突発的、ウイルス性など慢性的ではない。

ポイント3. 健康診断書などが必要ない契約でも提出することによって有利になる

通常一定の保険金額の場合、告知書のみで審査され健康診断書や医師の診断書は必要ありません。しかし、提出することは可能です。提出することによって数値など健康状態がいいと判断された場合、本来の引受の基準ではダメであっても美点評価によって審査が有利に進むケースがあります。

ポイント4. 完治している場合は医師の診断書を提出する

病気が完治している場合に効果的なのが「完治している」という医師の診断書です。医師が完治していることを証明することによって美点評価されることがあります。保険会社によっては診断書のお金も負担してくれるところもあります。

ポイント5.もし審査結果が悪くても再審査をしてもらえる可能性がある

生命保険に申込みをして審査結果が悪かった場合、保険会社によりますが医師の診断書や健康診断書など追加で資料を提出することにより再査定をしてくれるところもあります。告知書だけでの審査によって通らなかった、もしくは厳しい条件が付いた場合は追加の資料を提出して再査定をお願いしてみましょう。結果が変わることもよくありあす。

審査の結果特別条件付になる可能性もある

病気によっては特別条件が付く可能性があります。

生命保険会社は多数の人と契約を行っており、はじめから健康状態等に問題のある人が加入した場合は健康な人との公平性を保つために、この条件を付加します。もし厳しい条件がついた場合は後ほどお伝えする「引受緩和型」商品も検討してみましょう。

例えば以下のような特別条件があります

1. 割増保険料

健康状態などによって生命保険会社の定める基準に合わない場合に上乗せ分として加算される保険料の事をいいます。特別保険料ということもあります。

2. 削減

契約時から一定期間内(5年を超えることはありません)に死亡したときは、経過年数に応じた死亡保険金額を削減して支払うことです。したがって削減期間が過ぎてからの死亡については、保険金額全額が受け取れます。ただし、不慮の事故などによる死亡・高度障害の場合は、削減期間中であっても保険金の全額が受け取れます。

2. 持病があっても入れる引受緩和型は保険料が高い

通常の生命保険に加入できなかった、もしくは厳しい特別条件が付いた場合に検討するのは「引受緩和型」といわれる商品です。よくCMで持病でも入れますとやっているものです。一定の病気があっても加入がしやすくなっています。

例えばA社であれば以下の告知項目がすべていいえになれば加入できます。

持病

このように加入がしやすいですが、はじめにお伝えしたように保険料が高いです。商品によりますが通常の生命保険よりも1.5倍~2倍の保険料になります。また、契約から1年は保障が半分になるので注意しないといけません。

3. 更に保険料が高い無選択型

先ほどの「引受緩和型」よりも更に保険料が高いのが「無選択型」です。文字通り、健康状態にかかわらず加入ができます。保険料の高い無選択型に加入をするのであれば、お金をそのまま貯めておいた方がいいかもしれません。もし加入をする場合でも100万円など保険金額を抑えましょう。

そして、契約から2年以内に病気で死亡した場合の保険金はそれまでの払込保険料相当額となります。

まとめ

もし病気があってもまず検討するのは通常の生命保険です。病気によっては十分加入できる可能性があります。ただし、健康状態の告知書の書き方によって同じ病気でも審査結果が違うことがあります。

審査が通りやすいポイントは以下のようになります。

  • 告知は正確かつ、細かく記載をする
  • 自分にとって有利な情報はすべて書く
  • 健康診断書などが必要ない契約でも提出することによって有利になる
  • 完治している場合は医師の診断書を提出する
  • もし審査結果が悪くても再審査をしてもらえる可能性がある

生命保険に申込みをするときは健康状態を細かく告知するようにしましょう。できれば経験のある専門家に相談するのがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。