うつ病で生命保険に加入をするときに確認すべき事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a1180_010816

うつ病は現代病の一つで年々増加傾向にあります。
厚生労働省が2011年4月にがん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病の4大疾病に加えて新たに精神疾患を加えて5大疾病とすることが決定されました。

うつ病かどうかの判断は難しく、症状にもいろいろあります。

これまでうつ病で生命保険に加入を断られたことはありませんか?

うつ病と診断されると生命保険への加入が難しくなるのは事実です。

ただ、まったく加入できないわけではありません。

今日はうつ病で生命保険(死亡保障)を検討する前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

医療保険に関してはこちらをご覧くださいうつ病の治療法と費用を減らすために知っておきたいうつ病の医療保険

1. うつ病の場合生命保険に加入できるか?

うつ病は生命保険の加入は難しいです。ただうつ病にもいろんな症状があり、どの生命保険にも加入できないわけではありません。最近では保険会社も引受目安を緩和する傾向にあり、前に一度断られたからといって必ず加入できないというわけではありません。

保険会社によっても引受の基準も違うため症状によっては特別条件なので加入できる可能性もあります。

2.うつ病でも加入ができる可能性がある場合

うつ病でも症状はさまざまです。症状によっては加入できる可能性もあります。

以下のような場合は可能性があります。

  • 治ってから5年以上経過している
  • 治ってから数年経過しており、現在健康体である事を証明できる
  • うつ病と診断されたが症状が軽く経過観察中と医師が判断した場合

3.特別条件付き契約とは?

うつ病と診断された場合、生命保険への加入が難しくなりますが診断書などを提出をして症状によっては特別条件付きで保険会社が引き受けることがあります。

生命保険会社は多数の人と契約を行っており、はじめから健康状態等に問題のある人が加入した場合は健康な人との公平性を保つために、この条件を付加します。

生命保険(死亡保障)には以下のような特別条件があります。

3-1割増保険料

生命保険を契約しようとする被保険者に関するさまざまな条件が、生命保険会社の定める基準に合わない場合などに上乗せ分として加算される保険料の事をいいます。特別保険料ということもあります。

3-2保険金削減

被保険者が契約時から一定期間内(5年を超えることはありません)に死亡したときは、経過年数に応じた死亡保険金額を削減して支払うことです。したがって削減期間が過ぎてからの死亡については、保険金額全額が受け取れます。ただし、不慮の事故などによる死亡・高度障害の場合は、削減期間中であっても保険金の全額が受け取れます。

 

削減

※特別条件は保険会社によって異なります。

4.引受緩和型保険とは?

一般の生命保険に加入ができないまたは、厳しい特別条件が付いた場合に次に検討するのが引受緩和型といわれる商品です。

持病や入院・手術の経験がある方が加入しやすいように、告知項目を限定することで引受基を緩和した保険のことを言います。

以下のような特徴があります。

  • 持病があっても加入がしやすい
  • 一般の生命保険に比べて保険料が割高
  • 保障が1年間は半額になる
  • 保障額が低額

うつ病の場合加入できる商品とできない商品があります。

5. 無選択型保険とは?

引受緩和型でも難しい場合は無選択型の保険を検討することになります。無選択型は基本的に誰でも無審査で加入ができます。

以下のような特徴があります。

  • 無審査で誰でも加入できる
  • 引受緩和型よりもさらに割高
  • 契約から2年間病気での死亡の場合払込保険料が戻ってきます
  • 保障が低額

※保険会社によって保障内容は異なります。

まとめ

うつ病は年々増加しており、誰でも可能性がある病気です。うつ病と診断されると生命保険への加入が難しくなります。

ただ数年まではうつ病と診断されたらどこの保険会社も加入できませんでしたが引受基準が緩和されている傾向がありうつ病でも加入できる商品も発売されるようになりました。

まず検討するのは通常の生命保険です。保険会社によって引受の基準が違うため特に症状が軽いまたは完治している場合は各社の審査を受け条件を聞いたほうがいいでしょう。

もし通常の生命保険に加入できなかった場合は引受緩和型・無選択型を選択することになるのですが保険料が割高になるので慎重に検討しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。