子宮筋腫で確認したい4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a1640_000235

女性特有の病気の中でも代表的なのが子宮筋腫です。

35歳以上の女性の15~30%に子宮筋腫があるといわれており、最近では若い女性に増加する傾向があります。

これから出産を希望される人が気になるのは子宮筋腫でも妊娠ができるのかどうかではないでしょうか?

子宮筋腫でも妊娠・出産はできる可能性はあります。

ただ、筋腫の大きさ・位置などによっては影響が出ることがあります。

今日は子宮筋腫についてお伝えします。是非参考にしてください。

はじめに:子宮筋腫とは

子宮筋腫は、女性特有の病気のなかでももっとも一般的な疾患の1つです。35歳以上の女性の15~30%に子宮筋腫があるといわれています。子宮は、大部分が平滑筋(へいかつきん)という筋肉でできていますが、その筋肉から発生した腫瘍のうち、良性のものを筋腫といいます。

成人女性の子宮は、ニワトリの卵の大きさですが、そこに筋腫ができると徐々に大きくなり、ときには、成人の頭より大きくなることもあります。また、個数も1個とは限らず、数個から無数に存在する場合もあります。

子宮筋腫

1. 子宮筋腫は無症状のこともある

子宮筋腫は症状が出ずに検査をしてはじめて発見されるケースもありますが、もちろん症状が出る場合もあります。

以下の症状が出たら注意してください

  • 月経(生理)が長引く
  • 月経血にこれまでなかった血の塊が混じるようになった
  • 月経時の大量出血
  • 下腹部を押すとしこりがある
  • 尿が近くなった
  • 便秘がちになった

子宮筋腫によるおもな症状は、過多月経、不正出血、月経痛、貧血症状、下腹部にしこりがあるなどです。しかし、無症状の場合も多く、筋腫の大きさ、個数、発生部位によってさまざまです。

子宮が大きくなることによって他の器官に障害が発生することもあるので早期発見が重要になります。

2. 超音波検査で簡単に発見できる

一般的な診察と超音波を使って簡便に診断できます。

また筋腫が大きい場合やたくさんある場合、サイズや位置関係をより正確に把握するためにMRI 検査 を追加することもあります。MRI検査は主に手術をすることを前提に詳しい情報を得る目的で行うことが多いです。これらの検査結果や症状の有無などを合わせて治療法を検討します。

3. 子宮筋腫は必ず治療が必要になるわけではない

子宮筋腫が発見されたからといって、必ずしも治療が必要とは限りません。症状も全くなく、大きさも10cm以下で妊娠も望んでいない場合は通常は1年に1回超音波検査で大きさの変化を見るだけで済みます。

ただし治療を必要とする場合があります。

治療を必要とするのは以下のようになります

  • 妊娠を望んでいるが筋腫が妊娠の妨げ、または流産や早産のリスクになる場合
  • 過多月経や月経痛の症状がひどい場合
  • 筋腫が大きい、またはどんどん大きくなっている場合
  • 筋腫が大きいため圧迫による症状がひどい場合

4. 子宮筋腫と診断されても出産できる可能性はある

子宮筋腫と診断されても症状がなかったり、筋腫が5㎝以下だと治療をせずに経過観察のケースがあります。しかし妊娠をすると、どうなるのでしょう?

子宮筋腫と診断されても妊娠はできます。ただし妊娠をすると女性ホルモンが分泌され、筋腫が大きく成長する可能性があります。

そして筋腫ができる場所によって変わってきます。

子宮の外側にできた筋腫は出産や日常生活にほとんど支障はありません。問題は子宮の内側にできたときです。

位置によっては妊娠・出産に支障がある可能性がありますので医師と相談して判断しましょう。

まとめ

子宮筋腫は女性特有の中でも代表的な病気です。筋腫ができても症状が出ない場合もあります。初期の段階だと治療をしないケースもありますが大きくなると症状が出てきたり、他の器官に障害が出ることもあります。

特にこれから出産を希望される方は注意が必要です。筋腫があっても出産が可能な場合もありますが出産に支障が出る場合もあります。

検査をして早期発見が重要です。年に1回必ず検査をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。