生命保険の終身保険を活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

生命保険を検討するときに営業から終身保険の提案を受けることがあると思います。

終身保険は「どういう目的で加入をするのか?」疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

終身保険は多くの活用方法があります。期間が限定される定期保険に比べ保険料が割高になるので加入をするときは目的を明確にすることが重要です。

今日は終身保険4つの活用方法を中心にお伝えします。しっかりと終身保険の使い方を確認してから加入するようにしましょう。

はじめに:終身保険とは

終身保険とは一生涯保障が続く生命保険のことです。定期保険の場合期間が限定されており、保険期間が終了すると保険が終わってしまいますが、終身保険は解約しなければ保障が続いていくので必ずいつか給付金が受取れます。

終身保険

最近注目されている商品に「低解約返戻金型終身保険」があります。

低解約返戻金型終身保険とは一般的に保険料払込期間中の解約返戻金を通常タイプの70%相当額におさえ、保険料を安くした商品になります。

通常の終身保険と比べ、早期解約リスクがありますが払込みが終了すると解約返戻金が払込保険料を越えてきます。その特徴を生かし、多くの活用法があります。

それでは終身保険4つの活用方法を解説していきます。

1. 終身保険で葬儀関連費用を準備する

一般的に葬儀関連費用の300万~500万を準備するのに使うのが終身保険です。定期保険だと期間が限定されるので葬儀代には通常終身保険を活用します。

終身保険で葬儀関連費用を準備するメリットは支払った金額よりも死亡保険金受取額が大きいことにあります。

例 30歳男性 保険金:300万 保険料:月々5,907円 保険料払込:60歳まで

保険料総支払額:5,907円×12か月×30年=2,126,520円

212万円総額保険料を支払ったのに対して遺族が300万受け取れることになります。もちろん60歳までに死亡した場合はそこまでの保険料の支払いになります。

お金に余裕がある場合早めに準備しておきましょう。

2. 終身保険で相続税対策をする

終身保険は相続対策にも活用します。生命保険の死亡保険金には非課税枠があり、税金のメリットがあります。

葬儀代と同じで期間が限定される定期保険ではなく、通常終身保険を活用します。

2-1 生命保険には相続税の非課税枠がある

生命保険の死亡保険金には相続税の非課税枠があります。

相続税非課税枠

2-2 納税のための現金を用意する

遺産のほとんどは不動産で現預金は少ないといった場合、突然多額の相続税を納付しなければならないケースがあります。

通常相続財産は、遺産分割協議が終わるまで凍結されてしまいます。

そのため、受け取るためには相当時間がかかります。それに対して生命保険の死亡保険金なら受取人が書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。

2-3 生命保険金受取人を指定することにより争いを避ける

相続人が複数いる場合争いが起きるケースが多々あります。

死亡保険金は受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。特定の相続人だけに財産を残したいと言う場合に活用できます。

生命保険であれば複数の受取人を指定することもできますので相続財産を分割しづらいときに活用できます。また受取人を指定することで遺言と同じ効果が得られます。

相続税については消費税増税よりも怖い!?相続税改正と生命保険の活用法で解説してます。

3. 終身保険で将来の積立をする

終身保険には貯蓄性があり、老後の積立として活用できます。主に積立の場合は低解約返戻金型終身保険を活用します。

例 30歳男性 保険金:500万 保険料:月々9,640円 保険料払込:60歳まで

保険料支払総額:9,640円×12か月×30年=3,470,400円

保険料支払総額347万円に対して60歳時点で解約をすると約391万円解約返戻金が受取ることができます。

現役のうちは保障をして活用し、保障が必要なくなったら解約をして老後の生活費として使うこともできます。もちろん500万円の死亡保障としてそのまま継続しても構いません。

ただ、デメリットもあります。

  • 早期で解約してしまうと減らされてしまう
  • お金が拘束される

4. 終身保険を学資保険の代わりとして活用する

子供が生まれる加入するのが学資保険です。学資保険は子供の将来の学費を積立していくのに加入するものです。ただ、学資保険は必ず加入しなければいけないものではありません。

そこで最近、低解約返戻金型終身保険を学資保険の代わりとして加入するケースがあります。

例 30歳男性 保険金:300万 保険料:年払115,467円 保険料払込:15年

保険料支払総額:115,467円×15年=1,732,005円

gakushi-osusume-1

子供の大学進学の時(子供18歳・父親48歳)で解約する場合

  • 解約返戻金 1,952,100円
  • 返戻率 112.7%

子供が結婚するとき(子供35歳・父親65歳)で解約する場合

  • 解約返戻金2,363,400
  • 返戻率 136.5%

学資保険を低解約返戻金型終身保険にするメリット・デメリット

メリット

  • 解約して受取りのタイミングを自由に決められる。
  • 解約をしないでそのまま続けると返戻率は上がり続ける。
  • 学資保険に比べて死亡保障が大きい。

デメリット

  • 早期に解約してしまう減らされてします。
  • 商品によっては学資保険よりも受取り金額が少ない。

学資保険を低解約返戻金型終身保険と学資保険を1度比較してみましょう。

平成25年4月以降に大規模な料率改定があったので注意をする

平成25年4月に各保険会社大きな料率改定がありました。

終身保険をはじめ貯蓄ができる商品の保険料が上がっている商品が多いので、もし平成25年4月以前に試算をしたのであればもう一度試算をして比較することをお勧めいたします。

まとめ

終身保険は多くの活用方法があります。特に最近よく使われるのが低解約返戻金型終身保険です。メリットは多いですが早期解約のデメリットもあるのでしっかりと理解してから加入をしましょう。

主な終身保険の活用方法は以下のものになります。

  • 葬儀関連費用
  • 相続税対策
  • 将来の積立
  • 学資保険

終身保険は活用方法はたくさんありますが、比較的保険料は高くなります。目的を明確にして加入をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。