小規模企業共済とは、小規模企業の経営者や役員、個人事業主向けの積み立てによる退職金制度です。

国の機関である中小機構が運営しています。

掛金を納め続けることで、退職金代わりに掛金総額より多い共済金が受け取れる上に、掛金全額が所得控除の対象となるため住民税や所得税を節税できるのが主なメリットです。

さらに小規模企業共済には、資金繰りに困ったときの貸付制度もあります。

銀行でお金を借りるよりはるかに有利な条件で、かつスピーディにまとまったお金を借入れることができるので、資金繰りに困ったときに頼りになります。

続きを読む