自動車保険の等級で割引率・割増率は劇的に変わる

自動車保険では等級により保険料が決められます。等級の差により保険料に大幅な差が生じることがあります。

この記事では、自動車保険の等級とは何かといった概要から等級が上下する理由、等級によって割引率・割増率にどれだけの差が生じるのか等について解説しています。

1.  自動車保険の「等級」と「割引率」「割増率」とは?

自動車保険は、交通事故を起こさずに長く過ごした人ほど保険料が安くなるように設定されています。

自動車保険の「等級」とは、その際の保険料の割引率・割増率を定めた区分のことです。

交通事故を起こさずに保険金を受け取っていない期間が長い人の方がより等級がよくなりより高い割引率が適用されます。

逆に交通事故を起こすと等級が下がり、割引率が低く(割増率が高く)なるわけです。

自動車保険の等級制度や割引率・割増率は、契約者間の公平性を保つために定められました。

無事故を継続し保険金を受け取っていない期間がより長い人ほど、保険金を受け取った人よりも保険料を安くするべきというのがこの制度の考え方です。

1-1. 「割引率」「割増率」は実際にどのくらいか

それでは等級によって、割引率・割増率はどのぐらい変わるものでしょうか。

割引率・割増率は保険会社によって異なる可能性がありますが、ここでは参考までにA損保の例を紹介します。

等級 無事故 事故有
20 63%割引 44%割引
19 55%割引 42%割引
18 54%割引 40%割引
17 53%割引 38%割引
16 52%割引 36%割引
15 51%割引 33%割引
14 50%割引 31%割引
13 49%割引 29%割引
12 48%割引 27%割引
11 47%割引 25%割引
10 45%割引 23%割引
9 43%割引 22%割引
8 40%割引 21%割引
7 30%割引 20%割引
6 19%割引 19%割引
5 13%割引 13%割引
4 2%割引 2%割引
3 12%割増 12%割増
2 28%割増 28%割増
1 64%割増 64%割増

ご覧のように等級は1等級~20等級まであり、数字が多い方が割引率は高くなっています。

また長期間交通事故を起こしていない「無事故」の人の方が、数年以内に交通事故を起こし保険金を受け取った「事故有」の人より高い割引が適用されています。

なお、「無事故」「事故有」の判断基準は後ほど改めてお伝えします。

1-1-1.  実際にどのくらい保険料に差が出るのか

実際、どのくらいの保険料の差が出るか、1つ例をみてみましょう。

A損保の例では最も割引率が高い20等級(63%割引)と、最も割増率が高い1等級(64%増)を比べると、保険料に127%もの差がついています。

仮に割引率0%の保険料が年額70,000円とすると、20等級かつ無事故の方の保険料は、割引率が63%なので年額25,200円です。

これに対し、1等級の方の場合は64%の割増率が適用されるため、保険料は年額114,800円となります。

このシミュレーション例では、両者の間に4倍以上もの金額差が生じています。

こういった数字をみても自動車保険の保険料を安くするためには、どれだけ等級制度による割引率・割増率が重要かわかるのではないでしょうか。

1-2. 【参考】2012年に実施された割引率・割増率の改定

自動車保険の等級制度は、2012年に大きな改定が実施されました。

改定のポイントはいくつかありますが、最も大きいのは、上の表にあるように、同じ等級でも「無事故」の方が「事故有」より高い割引率が適用されるようになった点です。

等級が変わらなかったとしても、交通事故を起こさず自動車保険を使っていない人の方が、保険料負担が少なくてすむようになったのです。

2.  等級が上がる要因と下がる要因

次に、等級が上がる要因と下がる要因についてお伝えします。

2-1. 【前提】初めて自動車保険に契約すると6等級からスタート

まず前提として、自動車保険を初めて契約する際は、6等級からスタートします。

6等級が1つの基準となり、1~5等級は、少なくとも1回以上は自動車保険を使った経験があって等級が下がっていると考えることができます。

2-1-1.  2台目以降の自動車では7等級からスタート

個人向けの自動車保険では、自動車1台ごとに1つの保険契約をすることになります。

その上で、2台目以降の自動車に関しては、7等級からのスタートとなります。

1台目より1つ上の等級から開始できるわけです。

2-2.  無事故を継続すると等級が上がる

6等級から開始され交通事故を起こさずに1年間過ごすと、翌年度からは等級が1つ上がります。

たとえば6等級からスタートし、最初の1年間無事故で過ごせば、翌年度は7等級になります。

割引率が最大となる20等級になるためには、単純計算して

20等級-6等級=14年

となり最低でも14年間無事故で過ごす必要があります。

割引率を最大化するためには、このぐらいの長い期間が必要になるということです。

2-2-1.  20等級を継続した場合、割引率は変わらない?

これまで紹介したように、自動車保険の等級は20等級が最も高く、仮に無事故で運転を続けたとしても等級が上がることはありません。

ただし、保険会社によっては20等級になった後に、さらに1年間、無事故で運転を続けることによって「長期優良契約割引」を受けられるようになる場合があります。

「長期優良契約割引」とは、20等級の契約者向けの割引で、交通事故を起こさず自動車保険を使わずに運転を続けることにより継続的に割引を受けることができます。

割引率は保険会社によって異なりますが、A損保の長期優良契約割引では3%となっています。

気になる方は、契約先の自動車保険で長期優良契約割引があるか確認してみてください。

2-3.  交通事故を起こすなどして自動車保険を使うと等級が悪くなる

逆に等級が下がる原因となるのは、交通事故を起こすなどして自動車保険を使った場合です。

実際にどのくらい下がるかは、交通事故の種類ごとに以下表でまとめた通りに決められています。

交通事故の種類 内容 翌年度に下がる等級数
3等級ダウン事故 以下の交通事故を起こし、保険金を受け取った場合

  • 他人を死傷させた
  • 他人の物を壊した
  • 自分の物を壊した
1回の事故につき3等級下がる
1等級ダウン事故 以下の原因で保険金を受け取った場合

  • 盗難
  • 落書き
  • 台風による損害
  • 飛来物(飛び石など)との衝突など
1回の事故につき1等級下がる
ノーカウント事故 交通事故を起こし、自分や家族が怪我をしたものの、他人に損害を与えたり乗っていた自動車が傷ついたりはしなかった場合等 等級は下がらない(翌年度は1等級上がる)

ご覧の通り、1回の交通事故で最大3つ等級が下がります。

仮に「3等級ダウン事故」を1年に2回起こしてしまった際には、翌年度には

3等級×2回=6等級

と算出され、一挙に6等級下がることになります。

また仮に自分の非がない「1等級ダウン事故」で保険を使った場合でも、等級が下がってしまう点には注意が必要です。

修理費用が少額で支払える範囲であれば、保険を使わない方が長い目でみてお金の節約になるかもしれません。

このあたりは、修理金額と、保険料がどう変化するかを見比べてどちらが安いか比較してみるとよいでしょう。実際にどのくらいの保険料差が生じる可能性があるか、以下の項で簡単なシミュレーションを行っています。

2-4.  交通事故を起こすと、一定期間は「事故有」の扱いになる

上の表で等級ごとの割引率・割増率について紹介した際に、「無事故」「事故有」の基準でも保険料に差が出ることを解説しました。

「事故有」と認定されるのは、上記表の「3等級ダウン事故」もしくは「1等級ダウン事故」を起こしたときです。

3等級ダウン事故を起こした場合には翌年度から3年間、「1等級ダウン事故」を起こすと翌年度から1年間、「事故有」が適用され割引率が下がることになります。

2-5 【参考】1度等級がダウンすると保険料の総額に大きな差が生じることも

等級が上下する要因が理解できたところで、1つ例を出して等級によって保険料にどのくらいの差が生じるのか見てみましょう。

  • 現在の等級:6等級
  • 契約期間:1年間
  • 割引率0%時の保険料:70,000円
  • 割引率・割増率は上述のA損保の例を使用

この条件で「無事故運転を続けた場合」「1等級ダウン事故を1度起こした場合」を比較してみましょう。

6等級の時点で1等級事故を起こすと等級が5等級に下がり翌年度の割引率は13%、逆に無事故運転を続けると7等級(無事故)に上がり翌年度の割引率は30%となります。

両者の間に17%の保険料の差が生じているため保険料の差は以下のようになります。

70,000円×17%=11,900円

さらに翌々年度はいずれも無事故だったとすると、「無事故を続けている方」は翌々年度は8等級(無事故)になり割引率は40%にアップします。

たいして「1等級ダウン事故を1度起こした場合」は6等級(事故有)となり、割引率は19%になります。

両者に21%の保険料差が生じるため、具体的な金額差は以下の通りです。

70,000円×21%=14,700円

仮に両者ともに無事故を続けたとしても、1回保険を使うと常に2等級ずつの差が生じるため、さらに保険料の差が開くことになります。

等級が上がるにつれ割引率の差は小さくなるものの、このように計算してみると1度でも事故を起こすと保険料の総額に大きな差が生じることが分かります。

ここまで保険料の差が生じるとなると、少額の費用で済むなら保険を使わないという選択肢もありえます。

3.  他社に乗り換えても悪い等級がリセットされることはない

交通事故を起こしてしまい等級が下がってしまった場合に、「他の保険会社に乗り換えて、改めて6等級からスタートできないか」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし実際には、他の保険会社へ乗り換えても等級がリセットされることはありません。

日本損害保険協会を通して、等級の情報が保険会社間で共有されるためです。

保険会社を乗り換えても、前の保険会社で適用されていた等級がそのまま有効となります。

なお、現在の自動車保険を解約して、しばらくしてから再契約するとどうなるかは後で改めてお伝えします。

4.  自動車保険を解約すると等級はどうなるか?

自動車保険を解約するにあたって「この契約で適用されていた等級はどうなるのか」という点は気になるところです。

自動車保険の等級は最初に6等級から始まるため、現在の等級が7等級以上で割引率が高ければ「この等級を継続したい」と考えるでしょう。

逆に、6等級より低い等級であれば、「等級をリセットして6等級から開始したい」と考えるのではないでしょうか。

解約すると等級がどうなるかは、現在の等級によって違います。以下、等級ごとに解説します。

4-1.  7等級以上の場合

現在の等級が、スタート時の6等級より高場合(7等級以上)、解約日の翌日から7日以内に別の自動車保険の契約が開始されない限り、等級がリセットされ、新しい契約では6等級からの開始となってしまいます。

自動車保険を乗り換えるつもりであれば、高い割引率がリセットされてしまうのはもったいないです。

この時、保険会社へ依頼して「中断証明書」を発行してもらうことで、最大10年間は元の等級が保持され、改めて自動車保険に加入した際に現在の等級を引き継ぐことができます。

すぐに自動車保険を契約する意思がなくても、将来的に改めて契約し直す可能性があるなら、中断証明書を発行してもらうことをおすすめします。

4-2.  1~5等級の場合

1等級~5等級の場合は、前契約の満期日もしくは解約日から13カ月以内は等級が保持されます。

この期間内に改めて自動車保険に加入すると、前契約の等級が引き継がれます。

一方、14ヵ月以降に再契約すれば6等級からの契約開始となりますが、それまでの間、自動車保険に加入しない状態で自動車を運転するのは危険です。

万が一のことがあった際には、非常に高額な賠償金の負担を背負ってしまうことになります。

4-3.  6等級の場合

現時点で自動車保険の契約が6等級であれば、解約して再契約したとしても6等級からの開始となります。

5.  等級は配偶者や同居家族へ引継ぎできる

自動車保険の等級は、配偶者もしくは同居の家族に引き継ぐことができます。

たとえば、それまで一度も交通事故を起こしたことがなく、自動車保険の等級が最高の20等級だった場合、その有利な等級を、家族に引き継ぐことができます。

6.  等級の確認方法

自動車保険の等級は、保険会社から毎年送付される保険証券で確認することができます。

保険証券には、契約内容や保険金の支払い条件などと一緒に自動車保険の等級が記載されています。

保険会社によってはオンラインから契約情報を確認できる「マイページ」を設けている場合もあります。

また、保険証券を紙で発行せず、契約情報を全てオンラインのマイページに集約して掲載しているケースもあります。

まとめ

自動車保険の等級は、無事故運転を続け過ごしたり自動車保険を使わなかったりする期間が長いほど良い等級となり、保険料の高い割引率が適用されるようになります。

最も良い等級と最も低い等級を比べると、最大で4倍もの保険料の差が生じることもあります。

また、自動車保険の解約時や名義を変更する際には、等級の引継ぎが発生する場合と発生しない場合があります。

損害保険の保険料を平均20~30%削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用火災保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用火災保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用火災保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用火災保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用火災保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る