就業不能保険

就業不能保険とは?知っておきたい保障内容と必要性

就業不能保険とは、働けなくなったときに給付金が受け取れる保険です。

一般的に働けなくなった際には傷病手当金や障害年金といった公的な補償を受けられますが、それらを考慮にいれても、多くの人にとって就業不能保険は大きな助けとなります。

この記事では就業不能保険の概要を紹介した上で、なぜ必要になるかを解説しています。

そのうえで、就業不能保険とよく比較される所得補償保険の違いや使い分けについても解説しているので、働けなくなったときの生活費をどうすればよいか悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む

0

働けなくなったときの保険、所得補償保険と就業不能保険の比較

最近では、病気やケガで働けなくなったときの備えとなる保険が注目されています。

病気やケガで働くことができず収入が大きく減ってしまった場合、治療費がかかる上に、毎日の生活費にも困ってしまうことがあります。

住宅ローンの支払いや、子どもの学費のことも考えなくてはなりません。

そんなときに頼りになる保険が「所得補償保険」と「就業不能保険(特約)」で、それぞれに違いがあり、使い分けが必要です。

ここではこの2つの概要や違いを紹介し、どんな人にどの保険がおすすめか解説しています。

続きを読む

0

就業不能保険とは|保障内容と必要性の判断基準

皆さんは就業不能保険という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

その名の通り、怪我や病気が原因で働けなくなった際に、収入を担保してくれる保険です。

長期間にわたって働くことができなくなった場合に特化したこの保険は、がん保険や介護保険等の医療保険ではカバーできないようなリスクに備えるための保険として、注目を集めています。

ここではまだまだメジャーな存在とは言えない就業不能保険の特徴と保障内容、どういった場合に必要となってくるかについてお話しします。

特に一家の大黒柱である夫が世帯収入のすべてを担っているという方や、ローン等の継続的な支払いがある方は、その特徴や必要性をしっかりと理解しましょう。

続きを読む

0

就業不能保険の必要性|知っておきたい社会保障と受取条件

突然ですが、あなたは病気やケガをして働けなくなった時のことを考えたことがありますか?一家を支える大黒柱が、ある日突然寝たきりのような状態になり、収入が途絶えてしまったら、家族の生活はどのように変わるでしょうか?

最近、話題になっている保険で「働けなくなった時の保険」があります。一般的には就業不能保険といい、その名の通り、働けなくなった時の収入をカバーするための保険です。保険会社によって、お給料保険、家計保障保険など名称は様々です。

この記事では、働けなくなった時に

・就業不能保険を検討する前に知っておくべき社会保障
・就業不能と死亡のリスクの比較
・就業不能保険の基本的な内容

の3点について、順に解説させていただきます。

将来の教育費用がかかってくる小さなお子様のいるご家庭や、ご主人様の収入が家計の大部分を占めているような方には、ぜひお読みいただければと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社