その他

法定福利費とは?種類や概要のまとめ

法定福利費とは、会社が必ず提供する必要がある「法定福利厚生」にかかる費用です。

経団連による「第62回 福利厚生費調査結果報告(2017年度)」によれば、従業員1人あたりにかかる法定福利費の平均は月額84,884円とのことで、決して少ない負担とは言えません。

ここでは法定福利厚生の概要や、具体的にどんな種類があるのかを簡単に解説しています。

続きを読む

0

福利厚生費の概要と損金算入の際の注意点を徹底解説

会計の際に、いろいろと担当者を悩ませるのが福利厚生費です。

損金にできるものとできないもの、損金に算入できる時期などが費用によって異なるからです。

ここでは福利厚生費にはどんな種類があるかまとめた上で、それぞれの会計上の主な注意点を解説しています。

是非ご参考にしてください。

続きを読む

0

退職慰労金とは?|知っていると安心な慰労金の計算と手続き

役員が受け取る退職金として、退職慰労金というものが存在します。

退職慰労金は損金算入について法的な制約もあり、金額をどのくらいに設定すればいいのか、気になるところですね。

今回は退職慰労金について、計算方法や手続きなどを紹介していきます。

これから退職慰労金を定めようとしている経営者の方は、しっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

0

退職金規程とは?|作成するメリットと留意点

会社に勤め上げた従業員に対して支払う退職金。

東京都産業労働局の平成30年度の調査によると、中小企業の71.3%が退職金を支払っているということです。

退職金には明確なルールが存在しないため、会社によって様々な算出方法で金額を打ち出しています。

しかし、ルールを明文化しておかないと、会社・従業員間で思わぬトラブルが発生するかもしれません。

それを避けるため、退職金を支払う会社では、「退職金規程」を定めていることが多いです。

今回は退職金規程について、何のために必要なのか、定める場合は何をしなければならないのかを解説していきます。

経営者の方は特に、しっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

0

従業員に本当に喜ばれる”おすすめ”の福利厚生とは?

自社に福利厚生を導入しようとして、いざどんなものがあるか探してみると、その種類の多さに驚かれる方も少なくはないでしょう。

ここでは、福利厚生をえらびやすくなるように、数ある福利厚生のなかでもどんな種類の人気が高く、重要度が高いのかをピックアップして紹介しています。

また、おすすめを紹介するにあたり、導入する福利厚生を決定するときに重要なポイントを解説します。

このポイントを抑えた上で、まずはおすすめの福利厚生を検討することで、自社でどんな福利厚生を導入すればよいか決めやすくなるでしょう。

なお、おすすめに限らず福利厚生にどんな種類があるかの全体像については「福利厚生の分類と代表的な種類まとめ」で紹介しているので、よろしければあわせてご覧ください。

続きを読む

0

会社が用意する弔慰金まとめ【死亡退職金との違いや相場など】

自社の従業員が亡くなった際に、生前の功労に報いるため遺族に支払う弔慰金の取り扱いについて、経営者の方は迷うことは多いのではないでしょうか。

同じように従業員死亡時に支給される死亡退職金と何が違うのか、相場はどのくらいか、そもそもどのように資金を用意しておけばよいか、知っておきたいところは複数あります。

ここでは、会社が弔慰金を渡す際に知っておきたいこれらの事項をまとめて解説しています。

続きを読む

0

退職所得について|退職所得の計算方法と納税手続きを解説

仕事を勤め上げ、ついに定年を迎える、そんな時に会社から支給されるのが退職金です。

最近では確定拠出年金や小規模企業共済といった、個人で年金を積み立てるような制度も充実してきていますね。

退職金は老後の生活を支える大切なお金ではありますが、やはり経理上は所得として扱われ、受け取ると税金を納める必要が出てきます。

しかし、そこは老後を支える大事なお金、一般的な所得と同じような税金の計算方法にはなっていないのが特徴です。

今回はそんな退職所得について

  • 退職所得にかかる税金の算出方法
  • 納税する際の手続き

の2点を解説していきます。

会社から支給されるにしても個人で積み立てるにしても、いずれほとんどの人が通るであろう道なので、しっかりと理解しておきましょう。

続きを読む

0

中小企業の退職金相場|退職金はいくら出せばいいのか

勤め上げた会社員が退職する際に、御礼の意味も込めて支給する退職金。

受け取る側にとっては、これからの生活を支える重要なお金になります。

そんな退職金を支給する経営者側としては、いくら支払えばいいのか気にあるところです。

勤続年数によっても変わってきますし、役職などによっても当然額に変化があるでしょう。

どのような場合にどのくらいの退職金を出せばいいのか、経営者なら気になりますよね。

今回はそんな退職金の相場について、中小企業に絞ってみていきます。

中小企業の経営者の方は、是非参考にしてみてください。

続きを読む

0

福利厚生を充実させるメリットと優先して取り入れたい福利厚生まとめ

福利厚生を充実させようと努力する会社は少なくないでしょう。

けれど実際に福利厚生を導入しようとすると、「どれだけ効果があるのか」「どんな福利厚生が人気があるのか」など迷ってしまうことが多々あるのではないでしょうか。

この記事では、いくつかのアンケート調査と共に福利厚生を充実させるメリットや、どんな福利厚生が人気が高く効果が高いかを紹介しています。

自社の福利厚生を充実化する際に、参考にしていただける記事です。

続きを読む

0

福利厚生の分類と代表的な種類まとめ

従業員の満足度をあげたり、採用にあたって他社と差別化したりするのに福利厚生を充実させることは有効です。

ただ一口に福利厚生といっても、その種類は多岐にわたるので、なにを導入すればよいかわからない、という経営者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、会社が必ず提供しなければならない福利厚生や、従業員の顕在的・潜在的なニーズの高い福利厚生を整理して紹介しています。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社