相続税対策ができる!二世帯住宅の活用法と注意点

ここをお読みの方は、二世帯住宅を建てることが相続税対策として有効だという話を聞いたことがあることでしょう。

たしかに、それは一面で当たっている部分があります。しかし、本当に有効なのかというのはケースバイケースです。また、二世帯住宅と言っても、ライフスタイルの異なる別の世帯が一つ屋根の下に住むことに変わりはなく、トラブルを避けるために事前の配慮が必要です。

この記事では、二世帯住宅で相続税対策をする具体的方法と、注意点について、分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

相続税対策になり孫の教育資金にも役立つ生前贈与5つのポイント

新学期を控え、お孫さんがいる方は、教育資金としてまとまったお金を出してあげたいとお思いのことと思います。そして、教育資金の生前贈与が相続税対策につながると聞いたことがおありではないでしょうか。

実は、子・孫に教育資金を出してあげる趣旨での生前贈与については、一定の条件のもとで相続税法上の優遇措置が受けられることになっているのです。

これは、国の政策として、上の世代が若い世代へと資産の生前贈与をうながすことによって、若い世代の消費活動を刺激し、経済の発展につなげようという方向性の一環です。

ただし、注意すべき点もあります。

この記事では、孫に充実した教育が受けられるようまとまった額の生前贈与を行うことで、贈与税、ひいては相続税の節税になる制度について説明します。

続きを読む

相続税対策に生前贈与を活用する7つの方法と注意点

この記事をお読みの方は、相続税対策に生前贈与が有効だという話を耳にしたことがあることでしょう。しかし、それがどういう意味なのかは、なかなかイメージしにくいことと思います。また、ひとくちに生前贈与といっても、贈与する財産の種類や金額の大きさはさまざまで、それらに応じて、生前贈与によるメリットや注意点が異なってきます。特に「暦年贈与」と「相続時精算課税」は二者択一なので、どちらを選ぶべきか慎重に見極める必要があります。

この記事では、生前贈与を活用することで相続税の負担を軽くできるオーソドックスな7つの方法について、そのポイントと注意点に着目して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

相続税対策と現金の関係|相続税の負担を減らす5つの方法

資産として多額の現金・預貯金をお持ちの方は、相続の時に現金にかかる相続税を軽くすることができないかとお考えになっていることと思います。

現金・預貯金は、不動産や自社株式等と違って、分けることが簡単です。そのため、ある程度残しておいて、相続人の間の遺産の配分の調整のために利用できるようにすると便利ではあります。

しかし、一方で、現金・預貯金はその金額自体に相続税がもろにかかってくることになるため、一定の対策がどうしても必要になります。ただし、お金それ自体の価値は変動しないので、対策は比較的立てやすいと言えます。

この記事では、現金・預貯金についてどのような相続税対策ができるか、整理して分かりやすく説明します。

続きを読む

相続税対策で忘れてはいけない「配偶者控除」のメリットと落とし穴

あなたは、相続税対策で「配偶者控除」の制度を活用しての節税を考えていることと思います。

「配偶者控除」(正式には「配偶者の税額の軽減」)は、よく、「配偶者の相続する遺産が1億6,000万円までなら相続税がかからない制度」という説明がされます。しかし、この説明は、ともすれば誤解を招くおそれのある表現で、実際には、落とし穴があります。

この記事では、「配偶者控除」のメリットと落とし穴について、イメージしやすいように具体例を上げて説明します。

是非とも最後までお読みになって、「配偶者控除」の制度を正しく活用するためにお役立てください。

続きを読む

法人向けがん保険「1/2損金」を有効活用する2つの条件

いわゆる「法人向けがん保険」を「節税商品」として説明しているのを目にしたことがあると思います。

確かに「法人向けがん保険」は、保険料の1/2を損金に算入でき、その点をもって「節税」と呼ばれることがあります。

しかし、「損金」だけに気を取られていると、解約までのトータルで考えると損をすることもあります。

しかも、「法人向けがん保険」は平成24年4月の通達で「1/2損金」とされる以前は、保険料全額を損金算入する扱いが「黙認」されていたものです。もしも損金を多く計上してその時点での税負担を軽くすることを「節税」と呼ぶならば、「1/2損金」扱いは以前と比べてメリットは少ないはずです。それにもかかわらず、現在、敢えて活用するメリットは何なのかという問題があります。

この記事では、現時点で「1/2損金」の法人向けがん保険について、有効活用するための2つの条件を説明します。

続きを読む

法人のためのがん保険3タイプそれぞれの最適な活用法

経営者の皆様は、法人向けの終身がん保険で解約返戻金のあるタイプが「節税」に役に立つという話を聞いたことがあると思います。

確かに、以前は保険料の全額が損金に算入できるという扱いになっていたため、税負担を軽くする効果が大きく、「節税商品」としてよく売られていました。また、解約返戻金がある程度積み上がっていくことから退職金の資金の積立の方法としても活用されていました。しかし、現在、全額損金扱いは認められなくなり、損金に算入できるのは1/2のみとなっています。そのため、返戻率が低めの「法人向けがん保険」は以前ほど活用のうまみが少なくなったとも言われます。

他方、個人向けと同じ解約返戻金のないタイプのがん保険を、従業員の福利厚生で活用する方法があります。

この記事では、がん保険の解約返戻金のあるタイプとないタイプのそれぞれについて、法人にとって有益な活用法を分かりやすく説明します。

続きを読む

個人事業主が法人化をする時に知っておきたいメリットとデメリット

個人事業主の方であれば、一度は「法人化」「法人成り」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

例えば、「法人化すれば税金が安くなる」「法人化すれば無限に責任を負わなくてすむ」「法人化すれば後継者への事業の引き継ぎがスムーズにできる」「法人化すれば大きな信用を得られる」など、法人化した場合のメリットについての話を耳にしたことが多いと思います。

しかし、それらのメリットが具体的にどういう意味なのかということは、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。また、リスクやデメリットがないのかということも気になると思います。

そこで、この記事では、個人事業主が法人化することを考える上で押さえておくべきメリットとデメリットを、重要な点に絞って説明していきたいと思います。

続きを読む

がん保険は「節税」に有効?経営者が知っておくべき税制改正ポイント

中小企業の経営者などのあいだで全額損金算入できるということで「節税商品」と言われ人気の高かった、いわゆる「法人向けがん保険」は、2012年4月27日に国税庁より税制改正の発表があり、「2分の1損金」に変更となりました。

本来、この保険は事業主や社員の治療費など福利厚生や事業保障を目的とするものでしたが、条件を満たせば保険料を全額損金扱いできたため、課税対象となる利益を保険料に回して税負担を軽減することができました。

しかし、税制改正で「2分の1損金」扱いとなったことにより、その効果は大きく薄れたといえます。

この記事では、事業保障及び税負担の軽減の観点から、「法人向けがん保険」の有用性について考えてみたいと思います。

続きを読む

相続税について必ず知っておきたい9つの重要ポイント

相続税法の改正法が平成27年1月から施行され、相続税の課税対象が広がりました。その結果、これまで相続税を支払わなくてもよいはずだった人も相続税を気にしなければならなくなりました。

不動産等のある程度大きな財産を持っている人や、中小企業を経営している人は、もしも相続税がかかるならばご家族の相続税の負担をなんとか軽くしたいと思っているのではないでしょうか。また、そもそも、相続税のしくみからしてなかなか具体的なイメージが持てず、よく分からなくてパニックになっていたりはしませんか?

相続税対策はいろいろありますが、まずは相続税の基本的なしくみを正しく理解しないと効果的な対策をすることができません。

この記事ではまず、相続税の計算方法について重要なポイントに絞って説明した上で、特に不動産や株式といった高額で分割が難しい財産にスポットを当てて、相続税の負担を軽くできる制度や手段をご紹介します。

続きを読む