相続税対策で忘れてはいけない「配偶者控除」のメリットと落とし穴

あなたは、相続税対策で「配偶者控除」の制度を活用しての節税を考えていることと思います。

「配偶者控除」(正式には「配偶者の税額の軽減」)は、よく、「配偶者の相続する遺産が1億6,000万円までなら相続税がかからない制度」という説明がされます。しかし、この説明は、ともすれば誤解を招くおそれのある表現で、実際には、落とし穴があります。

この記事では、「配偶者控除」のメリットと落とし穴について、イメージしやすいように具体例を上げて説明します。

是非とも最後までお読みになって、「配偶者控除」の制度を正しく活用するためにお役立てください。

続きを読む

相続税対策の初歩・「基礎控除」について徹底解説

あなたは、相続税の負担を軽くするための制度の一つとして、「基礎控除」の枠の活用を考えていることと思います。

基礎控除の枠は、基本的には法律で固まっているもので、あなたの意思で増減できないものです。なので、その範囲をはっきりさせておくことは、相続税対策の第一歩と言っても過言ではありません。

ただ、間違いやすい点や、分かりにくい点もあります。

この記事では、基礎控除に関して注意すべき点を解説します。また、基礎控除そのものではありませんが、おまけとして、配偶者のための「配偶者控除」の制度についても触れます。

続きを読む

法定相続人とは?必ず押さえておくべき5つのポイント

ここをお読みの皆様は、相続対策について書物やウェブサイトを調べていて、「法定相続人」という言葉をよく目にしていることと思います。

しかし、専門用語がからんできてとっつきにくかったり、「法定相続人」をめぐる法律上のルールが複雑に見えたり、いまいちよく理解できなかったりするのではないでしょうか。

「法定相続人」という言葉を理解することは、相続対策を考える上で、絶対に避けて通れないものです。そして、「法定相続人」に関するルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られているので、根本的な考え方を知れば、理解するのは意外に簡単なものです。

この記事では、「法定相続人」について、絶対に押さえていただきたい5つのポイントに絞って、すっきりと理解できるようにお伝えします。難しい専門用語をできるだけ使わず、細かすぎる知識に立ち入ることもなく、具体的なイメージを持っていただけるよう説明しますので、是非、最後までお読みになってください。

続きを読む

法人保険とはどんなもの?6つの加入目的と基礎知識

会社の保険を検討しようと調べると「法人保険」という言葉が出てきたと思いますがどのような商品なのか疑問なのではないでしょうか?

法人保険とは契約者を法人(会社)にして加入する保険のことです。

法人(会社)で保険に加入することによって保障だけではなく法人税対策、退職金の準備、福利厚生など商品や活用法によってさまざまな効果があります。

今日は法人保険とはどういうものなのか、そして加入する目的をお伝えします。法人保険を検討するときは必ず知っておかなければいけない基礎知識なので押さえておきましょう。

続きを読む

法人で生命保険を考えるとき知っておくべき4つの目的と最適な使い方

法人で生命保険を検討しようと思っても、実際どういった商品があるのかよくわかりませんよね。

生命保険に入る目的はあると思いますが、会社にとってどの保険に入ればいいのかわからないと思います。当然のことながら会社の規模、業種、従業員数などによってニーズが違います。

法人で生命保険を活用するときに1番重要なのが目的を明確にして商品を選択することです。

今日は法人で生命保険を考えるときに重要な目的別にどの商品を選択すればいいのかをお伝えします。商品によって特徴があるのでしっかり把握しておきましょう。

続きを読む

養老保険で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

多くの会社で、従業員の退職金を準備するのに利用されているのが、養老保険(福利厚生プラン)です。

個人向けの養老保険があまりメジャーでないのに比べ、法人向けの養老保険はわりとよく活用されています。それは、保険料の1/2を損金に算入できるという形で税制上優遇されるというメリットがあるためです。ただ、メリットはそれ以外にもあります。また、デメリットもあります。

この記事では、養老保険で退職金を積み立てることのメリット・デメリットについて、実践的な活用法の具体例を交えて、分かりやすくお伝えします。

なお、従業員の退職金を準備するメジャーな方法として、他に中小企業退職金共済という制度があります。そのため、それとの比較も意識しながら説明していきます。

よろしければ中小企業退職金共済についてのこちらの記事も併せてお読みください。

続きを読む

医療保険を福利厚生で活用するとき必ず知っておくべきポイント

福利厚生で保険を考えようと思ったときにまず思い浮かぶのが従業員が病気・ケガになった時の医療保険ではないでしょうか。

法人で医療保険に加入をすると保険料を損金としながら、従業員が病気・ケガで入院をしたときに保障を受けることができます。会社の利益が出たときに考えたい保険です。

ただ正しく活用しなければ会社にとって有意義なものにはなりません。

この記事では医療保険を福利厚生で活用するときに知っておくべきことをお伝えします。最後に福利厚生規定についても解説していますので是非参考にしてください。

続きを読む

法人加入の意味がある養老保険2種類のメリットとデメリット

この記事をお読みの皆様は、養老保険の活用をお考えのことと思います。そして、メリットとデメリットをある程度詳しく知りたいとお思いになっているのではないでしょうか。

養老保険はよく、保険金の受取人を誰に設定するかのパターンが4タイプあり、それぞれ活用法が違うと言われます。しかし、実は、それを全て検討する意味は全くありません。

法人加入の「意味」があるのは2タイプです。しかも、そのうちメジャーなのは「福利厚生プラン」というもので、もう1つのタイプはそれほど多く利用されているわけではありません。

この記事では、法人向け養老保険の商品2種類について、それぞれのメリットとデメリットを端的に説明します。ご自身の会社に合っているかどうかチェックしてみてください。

続きを読む

法人向けがん保険「1/2損金」を有効活用する2つの条件

いわゆる「法人向けがん保険」を「節税商品」として説明しているのを目にしたことがあると思います。

確かに「法人向けがん保険」は、保険料の1/2を損金に算入でき、その点をもって「節税」と呼ばれることがあります。

しかし、「損金」だけに気を取られていると、解約までのトータルで考えると損をすることもあります。

しかも、「法人向けがん保険」は平成24年4月の通達で「1/2損金」とされる以前は、保険料全額を損金算入する扱いが「黙認」されていたものです。もしも損金を多く計上してその時点での税負担を軽くすることを「節税」と呼ぶならば、「1/2損金」扱いは以前と比べてメリットは少ないはずです。それにもかかわらず、現在、敢えて活用するメリットは何なのかという問題があります。

この記事では、現時点で「1/2損金」の法人向けがん保険について、有効活用するための2つの条件を説明します。

続きを読む

低解約返戻金型定期保険を法人が活用するメリット・デメリット

経営者の皆様は、「低解約返戻金型定期保険」という保険の名前を聞いたことがあると思います。ただ、具体的にどのような保険商品なのか、どのように役に立つのか、ということについて、よく分からないのではないでしょうか。

結論から言えば、「低解約返戻金型定期保険」は、低いコストで退職金を準備するのに向いている保険で、それに尽きます。しかし、デメリットも大きく、予めそのデメリットを理解して加入しないと、取り返しのつかないダメージを受けるリスクがあります。

この記事では、法人向けの「低解約返戻金型定期保険」について、その原型である「長期平準定期保険」と比較しながら、活用法とそのメリット、デメリットについて、分かりやすく説明します。

続きを読む